特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ルパンレンジャーVSパトレンジャー第1話「世間を騒がす快盗さ」

戦隊史上初となるVS戦隊がスタート。
ゴレンジャーが2年やった影響でキュウレンジャーまで42年目・41戦隊と1つのズレがあったけど今作からは43年目・43戦隊目に。
1話目はルパンレンジャーを中心に描かれる。
コレクションを取り返しているだけ、というボウケンジャーと似たようなスタンス。
視点を変えるとヒーロー側ですら悪党に見えるところまでそっくり。
作中では義賊のように好意的に扱われているルパンレンジャーだけど世間の評価が逆転する日もくるかもしれない。
魁利・初美花とどことなく偽名っぽい名前。透真・初美花は「透」き通る。「真」実、美しい花と善人であることが伝わるけど魁利は禍々しい雰囲気。

パトレンジャー側はみんな真面目そう。
特に圭一郎役の人は良い意味で今時こんな人いるんだ、って人をキャスティングしてきた。
変身講座見ても圭一郎のキャラは礼儀正しく真面目みたい。
つかさはお姉さんキャラと思ったからあんな口調で意外。
警察のパトレンはもちろん、ルパンレンジャーもメンバーの職場は同じ。










rupato1-2.jpg
ギャングラーの怪人はいっぱいいて豪華。
最初にこれだけ見せられると力の入れようを感じる。
声優陣も中川・タケシ・カロリークイーン・くぎゅ・チャドと豪華。
ゲーム感覚だからジニスと似たようなタイプ。










rupato1-1.jpg
思ったより近くにいたw
魁利のほうは圭一郎のこと分かっているはずだけど平然と話しかけている。
それとも会ったのが一瞬すぎてもう覚えていなかったのかな。
圭一郎のトレンチコート姿に加え「おのれルパンレンジャーーー!!」がまんま銭形のとっつぁん。「こういち」と「けいいち」ろうで何となく似ているし。











rupato1-3.jpg
透真と初美花が捕まった時は本当に助けないとは思わなかった。
力を分かっているからこその戦法。
そして変身シーン・バンクがカッコよすぎ!
名乗りは前口上が無い短いのが好きだからこれは嬉しい。
スポットライト当てられるのもカッコいいし、これだけ魅力的ならバンク不要派の自分でもこれにはニッコリ。
「ルパンレンジャ~♪」は「ルパンザサ~ド♪」に通じる物がある










rupato1-4.jpg
アクションは360度回るカメラに長回しのカットが素晴らしい。
シンケンレッドのような剣で背中止めもある。
ルパンソードは赤だからブルーとイエローが使うと浮いちゃうね。
靡くマントがカッコよく宇都宮戦隊特有のコート/ローブ系。
自分もマントやコート系が好きだからルパンレンジャーのデザイン見た瞬間「あ、宇都宮Pだ」と察したw
変身時は腰周りの裾部分も大きく靡くのが良いね。










rupato1-6.jpg
このままロボ戦と思いきやパトレンジャー登場。
変身はバンク無し。
今回だけの演出なのか次週以降もなのか分からないけどバンク無しだとしたらルパンレジャーと区別するためかな。ゴーバスターズのようなリアルタイム式かも。
ルパンコレクションの中にモーフィンブレスがあったし少なからず意識しているのかもしれない。
キュウレンジャーの全員揃った名乗りもエンブレム被せるだけだったりするし、一時期のバンクだけって時期に比べれば大分ゆるくなってきた気がする。
正統派の音声で肩幅がガッチリしているデザインのせいかパトレン3号のような女性ヒーローであっても力強く見える。










rupato1-5.jpg
ロボが出ないまま2話目に続くのは90年代の戦隊を見ているようだ。
予告見るとロボ戦はCG使った豪華な戦いになりそうでパトレン3人合体とゴーカイクリスマスのような真似もあるし面白そう。

エンディングは完全廃止。近年はダンス主流だったけど宇都宮Pの時はダンスが無いかそもそもトッキュウジャーのようにサビだけの時もあったし好きじゃ無さそう。
自分もダンスEDは好きじゃないから止めても困らないけど流石にED自体が無くなるのは寂しいからトッキュウジャーのようにサビだけでも良いから流して欲しかったな。
アイキャッチも無くなって久しく話も重そうだから少しずつ一般ドラマ寄りに。
時間帯変更後初となる1話目からの戦隊のためか、従来よりは対象年齢上げた作品に感じる。
ビルドも戦争絡みで重たくなってきたし今年は実験的な意味合いが強そう。

魁利の滑舌が怪しかったけどそのうちよくなるだろうし宇都宮戦隊の中でもかつてない高スタート。
キャラ描写や2人の戦隊の激突、いずれはロボ同士の合体?など見てみたい要素は多い。
なぜかパトレン側にVSチェンジャーがやってきたりと謎要素も多いし今年は面白そう。
  1. 2018/02/12(月) 12:34:10|
  2. ルパンレンジャーvsパトレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ビルド第22話「涙のビクトリー」

birudo22-1.jpg
アバンの「良い声してんだろ?声の仕事は得意なんだよ」はどこまで脚本かアドリブなのか気になるw
先週の決戦シーンは変身済みからスタートだったけど今週は変身から描かれる。
チラ見せしたローズコプターを始め、トラユーフォー・クジラジェット・キリンサイクロンなど新ベストマッチ連発。
ローズコプターの後ろで中継用ヘリ飛んでいる演出が上手い。
先週のyoutube配信よりも豪華に見える。よくこんなにスーツ作ったなぁと関心するばかり。
このラッシュをyoutube配信でこそ見たかったけど後半にお預け。配信される頃には新鮮味も驚きも無くなっていそう。

グリスからすると自軍の北都のベストマッチが相手だから自分対自分と言ってもおかしくはない戦い。
以前逃げる時に使ったヘリコプター(単体使用)が敵の手に渡っているわけだから。
スパークリングの必殺技は武器とベルトの重ねがけ。
同時使用なら強すぎてリスクありそうだけど特に何も無く。
使っているのはビートル?ビートルカメラは本編に出ないのかな。

一方北都組の過去も明らかに。
記憶を消された振りをしていたとは。
既に大量破壊を招いている4人とはいえこういった過去を見せられると情が移る。












birudo22-3.jpg
youtube配信で触れられたハザードの制御装置は消滅のスイッチ。
てっきり暴走状態から強制的に変身解除して生身の姿に戻る物と考えていたから意外だった。
しかもそれを美空に使わせようとするからまた恐ろしい。
ハザードトリガー登場以降、ネビュラガスを浴びた者はレギュラーキャラであっても「兵器」である事が強調されているけど、
人間じゃないから壊しても大丈夫という理屈ではなく感情の問題。
本来ならヒロインに押させないようにするのが王道だけど
「お前にもその責任がある」
とヒーローがヒロインに言うとは思えぬ台詞。
裏切ってからの惣一が真実を語り始めた時、遠まわしに「美空は無関係」を貫き通して争いから遠ざけようとしていたけど逆に戦兎は逃げ場をなくして巻き込んでいく。
しかも最初は動きを止めるだけと嘘まで付いているし。
同じ嘘をつくにしても惣一は美空を庇うため(店内の別れシーン)、戦兎は自分のためだけとこういったところにも対立・対比要素があるし最終的に惣一との決戦は避けられないのかも。










birudo22-2.jpg
グルリと一周して変身するシーンが良い。
ハザード3つ目のベストマッチとなるホークガトリングハザードも登場。
youtube配信だとホログラムに突っ込む単細胞ぶりというか目の前の敵にしか目が向かない兵器らしさが強調されていたけど
今回は冷静かつ最適なベストマッチを選んでいるようにも見えて冷酷さが出ている。
玩具的にはベストマッチしか「スーパーベストマッチ!」と反応しないけど本編でトライアルフォーム+ハザードが出来るかどうか気になる。
戦兎が勝ったけど避難所はおろか東都政府ですら歓喜に包まれているのが悲しい。事情知らないから当然の反応ではあるけど。
特にここ最近東都側は押されっぱなしで絶望的な状況が続いていたし。

「ダメー!戦兎ー!」
普通ならヒロインの叫び声で目を覚ますけど効果はなく。
サンダーブレスター同様、最近の暴走フォームはヒロインの叫び声ですら効果が無く恐ろしい。
助けに入るクローズチャージがカッコよく一海も「今のお前じゃ無理だと」と止めるしみんな良い奴。
特にクローズチャージが良いところを見せられたのは初登場以来。ずっと負けっぱなしだったからね・・・

今週は全編バトルながらドラマも面白くて見応えあるし役者みんな演技上手すぎて引き込まれる。
オーバーリアクションではない、繊細な人物・心の描写が求められるシーンに応えているから朝から集中して見ていられる。
上堀内監督のアクションも輝いて新ベストマッチラッシュやホークガトリングハザードの動きが好き。
映画よりもVシネや本編のような限られた予算の方が力発揮するタイプかも。










birudo22-5.jpg
そんなこんなで囲まれる北都首領。
全勢力を向わせるほどの決断をスタークの言葉に従って行ったくらいだし信頼関係は相当のもの。にも関わらずあっさり裏切る。
実際は西都すら掌の上だろうけど。
北都を落せるところまで来ているのに予告で「東都に宣戦布告」なのは既に落とした後だからか北都との戦いで疲労しているところを狙う作戦なのか。











birudo22-6.jpg
割れ物注意www

カッコいい登場だったのに台無しw
東都がビルドドライバーで60本のフルボトルに対応したシステムを作っていた一方で北都も西都もパンドラボックスのフルボトルに捕われない独自のシステムを開発している。
20本のフルボトルが奪われる事を想定して独自のシステムを作っていたのだとしたら東都よりも考えが一歩進んでいるようで面白い。

ライダーローグもブロス2体もカッコいいけどあのカタログバレ見るにすぐにインフレにおいていかれそう。
東映公式にも「ハザードフォームさえも凌駕する勢いのその強さ」とはっきり書かれていてハザードすらすぐ負けるようだしインフレがエグゼイドの比ではない。
まともに制御すら出来ず新フォームが出てきてノーリスクだったらハザードの出番は無さそう。
終盤や夏映画、ムービー大戦のどれかでやるであろう全フォームチェンジラッシュの中に出てきたら御の字かもしれない。
来年は平成ライダー20周年だし毎月のように主役の強化フォームが登場しそう。










birudo22-7.jpg
三羽烏もみんな死にそうだし一海が遺志を継いで共闘はありえそう。
スーパーヒーロータイムのこれを見る限り、3人×3チームに分ける以外の意味もありそうだから。
カタログバレ見ると全くインフレに付いていけなさそうなのが泣けてくるけど・・・
  1. 2018/02/11(日) 22:51:18|
  2. 仮面ライダービルド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日のお買い物

180210-1.jpg
ハザードトリガーを購入し注文していたすクマテレビとエグゼイドファイナルステージのDVDが到着。
まだDVD2枚は見ていないからこの3連休で見ないと。
ハザードトリガーは光る!が無くなって相変わらず爪が甘いビルド玩具のまま。
ハザードトリガー側での認識がないから今どのフォームか分からなくなることがある。
スパークリングを付ければベルト・スパークリング・ハザードトリガーの3つから音が流れるから楽しくなる。

カタログバレが凄い事になっていてもう60本のボトルを集めている場合じゃ無さそう。
このままだとグリスはネクロムコースに・・・大我クロノスのように土壇場でパワーアップはありそうだけど。

○スターウォーズストーリー ハン・ソロPV
公開日も決まり新PV
ハン・ソロ役のプレッシャーは物凄いだろうけど頑張ってほしい
ランドは似すぎwww
チューバッカのような全く変わらないキャラが出てくると安心する。
年代的にダースベイダーは出てくるかもしれない。

○名探偵コナン ベイカー街の亡霊
コナンの映画で一番好きなベイカー街の亡霊が放送。
カットが酷かったけど元の映画が面白いせいか楽しめた。
今見るとSAOの原点とも思える映画。
ヒロキくん(ノアズアーク)の「まだ人工知能なんて生まれちゃいけなかったんだ」の台詞が感慨深い。
公開から15年経った今、現在は正しく使えているのかと言う問いにもなっているよう。

○牙狼<GARO> VANISHING LINE
懐かしいガルム登場!
アニメ版は世界繋がっていると明言されたからこれは嬉しいサプライズ。
VANISHING LINEのガルムはレオンやアルフォンソが魔戒騎士として戦った一生を知っているのかと思うと感慨深い。

バイクアクションは早すぎて訳が分からないw
これは劇場版クオリティですわ。
ルークの助太刀がカッコよく弾丸装填がスタイリッシュ。

いつでも傍にいるザルバがいなくなるシーンは珍しいけどそのうち復活しそう。
敵と圧倒的差があるわけでもなく精神的にどん底に落とされた訳でもないのにパワーアップ。
光覚獣身を人間の身長サイズにしたようなムキムキ感。
禍々しい紫・ピンクのラインが無くなって明るい光に。
バイクアクションの動きが凄かったから鎧召還後は急にゆっくりになったような。

○ポプテピピック
少女マンガ風の絵とポプテピピックで差が酷いww
双子お前らかよww
ベテラン枠と思われた後半が杉田&中村ペアwww
糞アニメの力、お借りします。
椿さん(ブレイド)、井上くん(ディケイド)出演の噂まであるしポプテピピックの世界をも破壊してしまうのか今後に注目。

○カードキャプターさくら クリアカード編
中学生だけでお花見と言うのも珍しい。今は冬だから季節はずれだけれど・・・
「僕が乾杯前の一言を「かんぱーい!」が面白いwカステラは理屈は通ってるw
魔法を解いて自分から桜の木に突っ込んでいく勇気が凄い。
ラストのお弁当のシーンはニヤニヤするw
知世ちゃんの歌は「ここにきて」と思ったら違った。
  1. 2018/02/10(土) 16:28:06|
  2. 玩具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東山奈央 1st LIVE “Rainbow” at 日本武道館 感想

touyamano1stlive01.jpg
武道館で行われた東山奈央ちゃんの1stライブ Rainbowに参加したので感想レポを。



[東山奈央 1st LIVE “Rainbow” at 日本武道館 感想]の続きを読む
  1. 2018/02/09(金) 22:45:19|
  2. ライブ&イベント 感想レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊藤かな恵 LIVE TOUR 2018 "デアエタケシキ" 東京(2月4日) 感想

180208-1.jpg
伊藤かな恵ちゃんのライブ・デアエタケシキ(東京2日目)に参加したので感想レポ。


[伊藤かな恵 LIVE TOUR 2018 "デアエタケシキ" 東京(2月4日) 感想]の続きを読む
  1. 2018/02/09(金) 01:28:03|
  2. ライブ&イベント 感想レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する