特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

キュウレンジャー第5話「9人の究極の救世主」

kyuuren5-1.jpg
OPはラプターが追加。
のはずが構えるシーンとポーズ取るシーンではラプターいないしミス?
変身シーンではちゃんといてサビ前の紹介シーンもキュータマ表示はされているんだけど。

ラッキーはテンション上がらず。
確かにチキュウ人の後ろめたさは引っかかるものがある。
選抜はラッキー・ハミィ・スパーダ・チャンプ・ナーガの5人。
ラッキーが選抜に選ばれないのは中盤以降か、以外にも序盤で来たりするのかも。
エリードロン戦での変身は間に合わないんじゃないかと緊迫感ある。
いざ変身しても瞬殺されるしラッキーがいてもなお力の差は歴然。

子供が人質にとられるシーンでは命を奪わないしこの時点で良い人そうな雰囲気を醸し出している。
牢屋に入れているときもご飯与えているし。
スティンガーの回想ではまさかの貴虎(久保田さん)登場ww
鎧武では裏切られたけどキュウレンジャーでは裏切る側に。
また出てきそうだし追加戦士にも怪人態にもなれそうな美味しいポジション。

人質交換で8人とも揃っているし選抜メンバーが絶対という訳ではないのね。
今のところ5人選抜も理由付けとしては弱いと思っているしそのうち常時9人になりそうな感はある。
物語的には基本5人でここぞという時に9人の方が盛り上がりそうだけど。
「子供を殺すのは俺の主義に合わない」でやられても睨み返すのがカッコ良い。
スティンガーは仲間になっても蟠りが残りそうだったけどスパイで全部解決するとはwww
実は正義キャラとか熱い。










kyuuren5-2.jpg
kyuuren5-3.jpg
ついに9人揃っての変身。
ラッキーと一緒に前に出るのはガルじゃなくてスティンガーにして欲しかった。
チキュウ人も1人ずつ声援を口にするのが良いし盛り上がっていたけどOP流して欲しかったな。
あのBGMはBGMでいいけどOPの方が燃えるだろうし。

ロボ戦ではそれぞれの合体を披露。9分割になると見応えがあるね。
エリードロンはこれで退場?

「やはりチキュウに・・・ここからが本当の勝負だ」

ふざけていそうなショウ・ロンポーも真面目な雰囲気になってるし事情を知ってそう。
博士殺しはたまたま居合わせただけで犯人は別にいるのかも。
スティンガーは別行動っぽいのが残念。
「良い曲だ」
「聞かせろ」
のやり取りが面白かったしスティンガーとナーガのやり取りを見てみたい。
今週も凄く面白かったけど仲間集めがピークな作品もあるから来週以降も面白くあって欲しい。










kyuuren5-4.jpg
次回で早くもパワーアップ。
ライダー・戦隊共にパワーアップが早すぎる。
レッドのパワーアップなのにキャンペーン限定ってえげつない・・・
  1. 2017/03/13(月) 21:54:06|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キュウレンジャー第4話「夢みるアンドロイド」

先週スティンガーが仲間にならなかったためOPの変更なし。
一向はついにチキュウへ。ド田舎らしいw
の割りに幹部が多いしい何か秘密が。
「正義の臭いが感じられない」とのことで未来の話だろうから歴代スーパー戦隊は滅んでそう。
キュウレンVSジュウオウはどうするんだろう。

外に出るスタメンは5人までというのが意外な設定。
役者として9人なら毎回揃えるのは大変だから5人選抜という理由も分かるけど今年は役者5人・スーツ4体と役者の人数自体は例年と変わらずスケジュール確保できていると思っていたから。
役者の都合と言うよりは1度の話でドラマを展開するのは最大5人というストーリー的な都合かな。

この時代のチキュウ人は随分後ろ向きになってる。
長い間ヒーロー不在だとこうなってしまうのかも。
以前ハミィを庇った時もだけどスパーダは女性陣のピンチに真っ先に飛び込んでくるからカッコいい。
よくある女の子を口説くようなお調子キャラではなく本当に身を案じての行動だし。
「僕たちが守りきれない時だってある!」も切実。今のところ人間はスパーダとナーガ、スーツ組はバランスが好き。
真面目な話してるのに「ちゃんとモモ買って帰るんだぞ」が酷いw










kyuuren4-2.jpg
M・A・O2度目の変身。またゴーカイイエローが出てくることがあればワシピンクにゴーカイチェンジして欲しいw
スピードスターの名に恥じない空中戦で目で追いきれないほど速い。
ジュウオウイーグルの時よりも迫力あるし1年でここまで進化するとは。
一度柱を踏み台にして方向転換するシーンも好き。
オーブ一話のスペリオン光輪キャッチからのジャンプといいCGと実写の切り替わりが自然で違和感が少なくなってる。
ロボ戦ではカメレオンがお休みでワシボイジャー。ワシの翼が大きいから見た目の変化も大きい。


次回でスティンガーが仲間になって9人になるみたい。
「9人の究極の救世主」は1話目で使われても良いタイトルだけど5話目にしてようやく。
敵だった過去もあり仲間になった後も一悶着ありそう。
9人揃ったシーンよりも貴虎出てきた時のほうがインパクトあったww
  1. 2017/03/06(月) 22:39:33|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キュウレンジャー第3話「砂漠の星からきた男」

kyuuren3-1.jpg
バランス・ナーガが加わりさらにOPが変更。
変身シーンはもちろん、最初の人物紹介ではキュータマが画面アウトしないで止まって数字が分かるようになって
最後の9人が続けざまに出てくるシーンではジャケット着てるしスーツ組の着こなしは個性ある。










kyuuren3-2.jpg
いきなり7人同時変身が実現。
例年の戦隊なら追加・番外戦士後の最大人数。
スタッグバスター/Jで通った道だけどスーツ組は変身前の方が強そうw
9人もいるせいか名乗りが早くて見やすい。
前面に出てくるのがオオカミブルーだけどオレンジ・ピンクが加入したらまた配置が変わったりするのかな。
一つの武器で7モードに変えられるから色々な形態を見れて楽しい。

8人目となるサソリオレンジ・スティンガーが登場。
本人の格闘能力も高いけど尻尾の毒が強力。
人間ならまだしもアンドロイドにも通用するのが意外だった。
こういうのは機械相手には意味が無いと思っていたから。
冷静そうなチャンプがあそこまで取り乱すとは。

スティンガーは最初から変身出来て敵サイド。
明も元はシャドーラインだったりとオレンジの戦士は癖がある。
キュータマは88個?あるだろうし夏映画あたりに敵戦士も出てきそうだね。
レンジャーキー購入している身としては嬉しいような悲しいような・・・w










kyuuren3-3.jpg
サソリオレンジとオウシブラックの戦いはサソリオレンジが優勢。
明らかなパワーファイターであるオウシブラックを押しているあたり強い。
「俺がお前の敵討ちを手伝ってやる!」と止める割に復讐自体は否定しないラッキーであった。
2人とも長い武器だからアクション映えする。
ふたごキュータマは全く同じ動きという訳ではなくそれぞれ独立した動きが出来る。
キュータマの数が数だけに後1・2回使われて終りそう。


ロボ戦ではカメレオンとへびつかいがチェンジ。
見た目としては代わり映えしないけど戦闘に限れば戦略の幅が広がるんだなと納得。
次回はスティンガーが仲間になるよりも先にラプターが変身するとは。
  1. 2017/02/27(月) 23:09:54|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キュウレンジャー第2話「いくぜっ!怪盗BN団」

kyuuren2-1.jpg
OPのサビではさらにメンバー追加。
キュータマ構えるシーンではラッキーが真ん中なのに変身シーンで端になってるw
グリーンバック合成だろうから9人verや今後の追加戦士にも対応できそう。

改めて説明シーンが入る。
88の星座系の頂点に立つのかショーグン・ドン・アルマゲ。
ラッキーたちもそれぞれの星座の出身でラッキーはしし座。
星座を取り扱う作品はしし座が主役になりやすい気がする。
恐竜系戦隊におけるティラノサウルスみたいなもの。

今回仲間になるのはてんびん座のバランスとへびつかい座のナーガ。
「面白くなくなくなくなーい」
「ハハハハハハ 感情とは難しい」
と最初の会話だけで引き込まれる。
スーツ組最後の声優は小野友樹さん。最近のアニメだとはたまの芦屋とバッテリーの門脇くらいしか知らない・・・

ハミィらは幹部のエリードロンとの対決。
声の黒田さんはボウケンジャー以来11年ぶりのレギュラー。
幹部の強さは別格でこんなのが何人も・・・と早くも不穏な雰囲気。
「私たち、神ってるでしょ!」
流行った覚えはないけど流行の台詞も取り入れてる。

一緒に強盗したラッキーもバランスの裏切りに。
ナーガが裏切るのは予想外だったようで「もう処刑が!?」と本気で焦っている。
それよりも
「俺はバランスを信じる。だからおまえも俺が信じるバランスを信じろ!」

「まさか本当にこない!?」
の落差よww










kyuuren2-2.jpg
結果的に助けてくれたからまさにラッキー。
レッド入れた初名乗りがこの3人とは。スターチェンジで腰を落とす時のナーガの動きキレッキレ
武器は9形態あって1人1形態なのが豪華。
最初から自分の形態を使うのではなく、他の人のは使いづらいからっていう理由付けもされてる。
ナーガは一瞬ながら他人を操れる能力があるけど幹部には通じなさそう。
ロボ戦で両腕換装するも代わり映えしないね。
キョウリュウジンもだけどメインとなるレッドロボの割合が印象が強いから。

次回でサソリ座のオレンジが仲間入りのはずが対立。
2話くらい引っ張るのか次回で和解かは分からないけど。OPラストでも1人だけ背を向けているし1人で行動するタイプかも。
最後の9人目が初期メンバーのラプターになるとは。
まだ2話目なのにかなり面白いし9人揃った後も面白さが続いて欲しい。










kyuuren2-3.jpg
超スーパーヒーロー対戦の予告は戦隊側から。
何度見てもこの強化レッド揃い踏みが好き。
戦隊VSでも先輩・現役の強化レッドが並び立ったのはゴセイVSシンケンが最後だからまさか春映画で見れるなんて。
果たして何人声を当ててくれるのだろうか。ライトは無理だろうから残りのメンバーはなんとかなりそう。
  1. 2017/02/20(月) 23:45:21|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

キュウレンジャー第1話「宇宙一のスーパースター」

s-kyuuren1-1.jpg
スーパー戦隊41作目・キュウレンジャーがスタート。
記念作の次の戦隊は3人になることが多いからいきなり9人は驚き。
OPが良くて何度も聞いてる。サビのところや9人で円形組んでいるシーンがカッコいい。
サビ前のシーンは明らかに9人揃いそうwww
マスクに唇あるの好きだからゴセイジャー以来の復活が嬉しい。


全ての惑星が侵略されたところから始る衝撃の展開。
歴代敵組織でもなかなかないインパクトと組織力。
ラッキーはどことなくダイゴを彷彿させる。
レッドだからこその雰囲気や説得力が似ている。










s-kyuuren1-4.jpg
キュータマセットするとカメレオン!だけでなくキュータマまで言うんだ。
今作で正式に女性グリーンが実現。
ゴーカイチェンジにトッキュウチェンジ・ミドニンジャーと番外枠で試している感はあったけれどようやく実現。
自分の中では緑=自然=優しいの印象があって女性グリーンには違和感無かったから40年間採用されていないことが意外。
ハミィが水瀬いのりちゃんに似ている、気がする・・・
スパーダはどこかで見たことあると思ったら新撰組リアンだった。

初期メンバーの3(4)人+ラッキーを描くのかと思いきやブルーであるガルのことも深く描いている。
一族がやられた話は後々展開できそうなネタ。指示を出していた幹部との因縁の対決とかで。
シシレッドへの初変身はバンク無し。
1話で9人揃わなかったし全員揃ってのバンク、名乗りはもうちょっと先になりそう。
ラッキー役の岐洲くんは変身時に手元ガン見してたけど終盤では見ないでセットしてそう。










s-kyuuren1-2.jpg
代わりに5人は揃ったのでロボ戦は実現。
換装し放題だから色々な組み合わせができるようだけどベースとなるシシボイジャー自体は変わらず。
玩具だとキュータマがそのままDXロボにも使えるようだし遊び甲斐はありそう。集められるかはともかくとして。
ジュウオウジャーでコレクション要素無かった反動かとにかく凄いことになってる。










s-kyuuren1-3.jpg
EDは洗脳されそうだw
次回からは仲間集め。追加戦士の色としてはお馴染みの金と銀が2話目から登場するのは変な感じ。
1話目から目玉である9人揃い踏みをやらなかったのが意外だけど面白かったし毎週楽しめそう。

  1. 2017/02/15(水) 22:33:33|
  2. キュウレンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する