FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

らき☆すた第22話「ここにある彼方」

raki22-1.jpg

最近のつかさの空気っぷりは異常


いやね、原作も3巻から背景になってたのは解ってるけどさ、
アニメなら京アニがなんとかしてくれると思っていたが無理だったか・・・



raki22-2.jpg



夜に受験勉強はやっぱり苦手なつかさ。
疲れて寝ようとするが、何かがはずみとなり寝れない。
俺はこうゆう事ないなー


「私語が多いって言われるよ、でもそんなの関係ねぇ!」

キャラ崩壊起こしてね?
そんなこんなで今回のメインはかなたが来る泉家だろう。
こなたにそうじろうは問う。お母さんがいなくて寂しくないか?と
こなたはそうじろうやゆたかがいるので大丈夫と。
ちなみにそうじろうとかなたの結婚理由は――


「お前が振り向いてくれないから、俺はこんなギャルゲー好きな男になったんだ!
と言ったら割とすんなり」
「アナタは最低だ」

自分の父親に向かって「最低だ」とか言っている言っているアナタは
もっと最低だ!!


仮に冗談だとしても、さすがにこれはねーよ。
今まで男手ひとつで自分を育ててきてくれた父親に対してだぞ?


raki22-3.jpg


キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━
ここに来るのが「久しぶり」って事は何回か来てるのか。
そこで見るのは相変わらずの風景。


「どうしてお母さんはお父さんを選んだの?」
「「!?」」


こなたの言うとおり、今でこそオタクというのは(理解はされないものの)認知はされてきているが
昔からしたら、単なる異常者だよな(今でもその認識はかわらないのかもしれないけど)


「・・・ダメ人間な俺でも唯一、絶対自信を持っていたところがあった















俺が、世界中で一番かなたを愛してる、ってことだよ。



raki22-4.jpg

raki22-5.jpg



実にベタな台詞だが、これほどまでに感動してしまうのはなぜだ?
思い出す2人で過ごした青春の日々。
俺の青春の日々は毎日パソコンの前に立っていることさ・・orz




私が一番安心できる場所

私を一番、安心させてくれる場所

私の中にそう君たちがいるように、

そう君たちの中に、私が生きてくれてるなら、

・・・これからも見守りましょ。

私にいっぱいの幸せをくれたそう君たちが、

幸せでいられるように―――――。


raki22-6.jpg


なんていいお話!!


俺は泣きはしなかったが、Bパートだけでは十分俺の中の神回である「夏の定番」に太刀打ちできるな。
最後の「あれが」なければ・・・


raki22-7.jpg

これが・・・腐女子というものなのだな・・・byザムシャーas俺(3回目)



最後のこれと、心霊写真だから消そうってのはいらんだろ
スポンサーサイト



テーマ:らき☆すた - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2007/09/06(木) 00:12:42|
  2. らき☆すた
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<今日のお買い物 | ホーム | 特撮関係者がずらりずらり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/569-bf3efbff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

らき☆すた 第22話「ここにある彼方」

 …がっ! …ぐっ! まだだ!まだ映像的な衝撃に過ぎん!アブソーバを最大にすれば耐えられるっ! (美しい音楽~♪) だひゃるわ゛っ!!
  1. 2007/09/06(木) 00:57:33 |
  2. Old Dancer's BLOG

(アニメ感想) らき☆すた 第22話 「ここにある彼方」

らき☆すた 3 限定版車の中、「今日からガソリン代が2円も上がった」と嘆くゆい。それを見て、「お金におおらかな人でもガレソリン代になると一円単位で拘るのはなんでだろう?」とこなたは首を傾げるのだった・・・。
  1. 2007/09/06(木) 10:43:32 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ
ツイッター:@hishou_103550

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する