FC2ブログ

特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ウルトラマンR/B(ルーブ)第12話「俺たちの守るべきもの」

立った!ホロボロスが立った!
って元ネタはクララ?
オーブダークが貫かれるシーンが痛そう。
O-50の光の意思があるのかは分からないけどオーブリングNEOは何故かアサヒの元へ。

ここで正体バレは速い展開。
「お兄ちゃんたちがウルトラマンだったなんて」
はどことなく棒読みのような。
演技する必要の無いところで「これって・・・」で回想入るからまだ救いはあるかも。
病院では「私たち兄弟でしょ?」と口調がいつもと違うのが良い。

「俺たちはウルトラマンだ」2人で飛んできた時のCGがカッコいい
土は火で熱すると硬くなるはポケモンの影響からか相性悪い組み合わせとしか考えてなかったから思いつかなかった。
作戦実行しても効かないし強敵ぶりは相変わらず。
アサヒのピンチにすぐクリスタルチェンジしてフレイム・アクア。
見栄え的にトリプルオリジウム光線に合わせるためだろうけどウインド・グランドじゃない事は2人の中で相性の違いはあれど優劣の違いは無さそう。

そしてスペリオン光線・ゼットシウム光線の連発後にトリプルオリジウム光線。
ルーブナイトでやっていたポーズはこれだった。
エフェクトも綺麗でカッコいいんだけど配信サムネでネタバレ見てしまったしオーブの大きさ同じにして欲しかった。
待望の本物のオーブ(のエフェクト)なのに大きさが違うだけでギャグっぽく見える。
配信サムネ見るまではオーブダークと一緒にトリプルオリジウム光線使うのかと思った。
カツミたちの手元にある限りマコトは変身出来ないしそのうちまた取られそうな気はする。

マコトには神秘性が無いと言われている最近のウルトラマンだけど勝った2人がアサヒを見て頷く姿は十分に神秘性ある。
サキがコスプレしてやってきたけど古き友?オスカーワイルドって誰?
てっきりエンペラ星人とかベリアルとか言い出すのかと焦った。
今のところ歴代要素はかなり薄いしオーブダークも姿形だけが同じの別人だからこのまま歴代要素無しでやりきって欲しいところではある。

子供時代の家族写真にいないアサヒ。
以前は記憶だけが頼りで写真のような記録媒体に残っていないから確認する話がきそうと思ったら意外と早かった。
潮がアサヒと一緒に映って終るシーンはちょっとしたホラー。
けれど病院では涙していたし心から心配しているように見えたから、何か目的はあれど悪人ってことはなさそう。

次回は恒例の総集編だけど怪しい疑惑のあるアサヒに予告をやらせるのが白々しいw
再来週からはOPが2番になるだろうし「家族なんだ 想いを繋ぐ物語!」だから悪人ではないと信じたいところ。
スポンサーサイト
  1. 2018/09/22(土) 20:59:49|
  2. ウルトラマンR/B(ルーブ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ジオウ第4話「ノーコンティニュー2016」 | ホーム | 雑記>>

コメント

オスカー・ワイルドは1800年代後半に活躍した実在の詩人です。1900年没で、時代的にオーブ原典のルサールカの激闘の少し前にあたるという繋がりですかね?
海外ドラマを見てるとたまに彼の言葉を引用する作品に出会うのですが、まとめサイトやTwitterを見る限り特撮ファンには馴染み薄くラスボスか?とも混乱させてるようですね。
  1. URL |
  2. 2018/09/23(日) 16:34:52 |
  3. Neg #-
  4. [ 編集]

>Negさん
実在の人物でしたか。てっきりルーブ(ウルトラ)世界の人物かと。
海外ドラマは殆ど見ないので全く分かりませんでした。
それを踏まえるとルサールカ関連はありそうですね。
時代的にもガイが戦っていた頃とピッタリですし。
  1. URL |
  2. 2018/09/23(日) 21:56:28 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3960-5eba4c26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ
ツイッター:@hishou_103550

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する