特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング 感想

170805.jpg
公開初日ということで映画館へ。
最近のライダー・戦隊映画だと一番人入っていたかも。
面白かったけどちょっと期待しすぎたかな。


まずはキュウレンジャーから。
各ボイジャーが多すぎてどこを見ればいいのか分からないくらい画面密度が濃い。
リュウコマンダーがやられる衝撃のシーンからスタート。
シシボイジャーが突っ込んできた時は助かったのかと思ったらやられてしまった。

マスクオフの出撃シーンは予告以上のものは無かったけどカッコ良い。
ここにラプター加われば完璧だったけれど。
3つのケルベロス星は危険すぎて賞金稼ぎでも行かないという台詞をバランスが言うからキャラ立ってる。

8人もいるから人数分担で。
レッドだけあってラッキー&ガルはケルベロスストーンをゲットするけど他2チームは奪われる。
スティンガーとハミィの組み合わせは珍しいかも。
リングスターのチャンプらしく勝利するも試合に勝って勝負に負ける。
スパーダ・ナーガ・バランスがすぐに見つけられたのは怪盗BN団から培った経験のおかげかも。

11人揃った戦闘シーンでは名乗り無し?と思ったら一度は負けて変身解除しショウロンポーが駆けつけたのは安心。
できればツルギも入れて欲しかったけど間に合わなかったかな。
至近距離から4人がかりでセイザブラスター撃ったりと凄いことやってるw
個人技をたっぷり見るのも久しぶり。

ロボ戦では地球をキュータマに見立てる発想にびっくり。
小中大と3バトルが同時進行なのも面白い。
映画ボスを追加戦士が倒すというのも珍しくこれも人数が多いキュウレンジャーならでは。
ケルベロスのロボ戦で落とされた中にスティンガーいたのが意外。
推されているし合体メンバーにも入るとばかり。既にリュウテイオーに選ばれたから外されたかな。

結果的にシシレッドムーンの力が無かったら超巨大化できなかったわけだけど伝承どおりなら危なかったかも。
11人がかりでもイカーゲンに負けそうになった時もだけどいまいち信憑性にかける伝説。
ここでOP流れるから熱くてフルメンバーが揃って主題化流れたのは初めて。

EDダンスは本編の夏祭りに加えて今後使いそうな12人ver。
映画EDなのに怪人やロボが踊らないのは珍しい。



そしてエグゼイド トゥルーエンディング。
分技エンド、リセットの影響と色々言われていたけど本編最終回後の後日談。
ゲムデウス登場時は(倒したのに復活した!?)って反応しているし。
ウィザード以降の最終話は実質後日談であることがあるけどそれを映画にした印象。

とりあえず本編では死亡者が出ないようで一安心。
最終回後でもバグスター根絶とはならないようでゲーム病があるからかガシャットはまだ持ち歩いている。
ソルティワクチンがどうこう言っていたしバグスターを使った医療があるのかも。
劇中でも「ウイルスは抗体。インフルエンザワクチンみたいなもの」とウイルスが悪と言い切ったことはなく、一緒に生きるべき存在と取れることも言っているし。
するとゲーム病は誰かが企んだとかではなく本当に自然発生した新種のウイルスなのかも。

マイティブラザーズ以降はゾンビ・パラドクス・クロノスといった対ライダー用フォームの側面も強く治療だけならレベル2で十分だからか久しぶりにレベル2の戦いを堪能。
黎斗は檀黎斗、新檀黎斗改め檀黎斗神に。最終回までの間に何かやらかしたのか幽閉されていてバグスターワープでも出てこられないのかも。
仮面ライダークロニクルは破壊されたか回収されたのかニコが変身する展開は無し。
忍者軍団に囲まれた時を始め変身する展開はあったのに変身する気配すらないから。

一番のサプライズは作さんが社長になっていたこと。
「ガシャットを生み出せるのは~」の件でもしや?と思ったら本当に出てきて驚いた。
正宗はゲーマドライバーを渡そうとして失敗したから影成のゲーマドライバーの出所が気になっていたんだけど
ゲンムコーポレーションからデータを盗んで作成していたから問題なかった。

病に冒された少女・まどかの難病は実際にあるようで講習を受けてから撮影に望んだとか。
手術室も本物のようでカメラも除菌してから撮影と言う徹底ぶり。
ケミストリー・堂珍さん演じる影成はやっぱり父親。
VRが発展しつつある現代だからこそ、影成のように「病気が治らないならせめてゲーム世界で」という考えをもった敵や葛藤は増えてきそう。
影成も実は娘のためを思う父親で珍堂さんは演技が上手で良い役貰ってる。

VRガシャットはいつの間にか作っていて仮想世界では大運動会。
「よーい、バン!」「俺に撮れないものはない」「ピッツァ切除手術を開始する」「(夢から覚めて)まどかーーーー!!」など爆笑ポイント多数。
体操着のニコからは犯罪の匂いがする。
まどかがやりたかったことを叶える度に「ゲームクリア!」の音声が流れるから仮面ライダークロニクルを解析、参考にしたのが分かる。
願いを叶えるのがクロニクルにおけるバグスター撃破だろうし。

この間に黎斗が永夢を連れ出したと思ったらパラド。
黎斗とパラドは2クール目で何度も見た組み合わせだけど久しぶりに見ると懐かしい。
あの頃は「不正なガシャットを回収する」「心が躍るなぁ」で毎週のように2人で登場していたから。
ラスト一ヶ月が激闘だったのか、檀黎斗神のライフも1に。
公開前予告や「私が時間を稼ぐ」の台詞から忍者軍団相手にライフを70以上削る激闘なのかと思ったら違った。
初期ライダーながら、大我と貴利矢もありそうでなかった組み合わせ。
平成ジェネレーションズでは飛彩入れた3人変身だったから2人だけでは初めてかも。

本編にも出演中のジョニーがゲムデウスXへ変身。
東映公式サイトだと「ヒントはテレビ41話のジョニーの行動に隠されています」とあるからバグバイザーを拾って自身にウイルスを打ち込み1年と言う年月を経て抗体を作りバグスターになったのかも。
仮面ライダークロニクルの10体意外に新規バグスターがいるとも考え辛いし。
予告にもあった一斉変身で挑むも一撃でやられる。
プロトジェットコンバットレーザーは分かりやすかったけど、キュウレンジャー冒頭のボイジャー戦のようにライダーが多すぎて誰を見て良いのか分からない。

黎斗とパラドでゲムデウスを押さえ込むシーンは「ライフ1なのに」としんみりする。
コレで人型になった訳だけど本編のゲムデウスも本来の姿は巨大だったりするのだろうか。
二戦目でバンバンシミュレーションズとレーザーターボがやられそうになった時はビルドが助けに来たんじゃないかと思ったけどレガシーで意外だった。
炎の爆発を溜めていたからそこでビルドが出てくるとばかり。
ゲージ回復させたり本編より強そうなレガシーでもゲムデウスXには歯が立たず敗北。
ムテキとの違いはポーズ対応の有無くらいで戦闘能力自体はムテキと同じと思っていたけどムテキが圧倒していたのを見るにそうではなさそう。
極端な話、レガシーのレベルが千でも一万でもレベルの概念を超えない限りはムテキには並ばないんだなと。

ムテキはまさにムテキでちょっと吹っ飛ばされたくらいで完全勝利。
ここにきてキースッシャーを丁寧に映しているし一体何があったのか。
映画のゲムデウスが本編のゲムデウスより強いかは分からないけど1年あってもハイパームテキに対して何の対策もしていなかったのだろうか。

恒例のライダーキックで締めてあまりにもあっけないから何かあるんじゃないかと思ったら最後の最後にビルド登場。
本編中で登場させる余裕がないからか、開き直りとも取れるこの大胆さは好き。
音声がカッコよく見た目もダブルドライバー+アクセルドライバーな感じ。
パラドクスを圧倒してエグゼイドの成分採取と悪役にしか見えない。変身機能まで奪われて無いといいんだけど。
44話(実質最終回)→夏映画→45話ビルド登場→ムービー大戦になりそう。

平成も終りが見えてきたからか、大胆なムービー大戦予告。
平成ジェネレーションズファイナルというタイトルで


という訳でエグゼイド トゥルーエンディングでした。
本編では希薄になっていた患者との命のやりとり、家族を交えて病気を諦めず身体だけでなく心も治療するというのはまさにエグゼイドの集大成ともいえる内容。
反面、盛り上がりがなく淡々としていて「これで終り?」とあっという間に終った。
CGこそ力入っていたけどアクションシーンは忍者との乱闘、ゲムデウスに秒殺、ムテキの活躍くらいしか印象になく本当に夏映画かと疑うレベル。
影成とも和解したんだから一緒に戦って欲しかった。
流石に鎧武サッカーほど酷くは無かったけどウィザード夏映画くらいの面白さだった。

最初にも書いたけどあまりにも期待が高すぎて拍子抜けしてしまった。
トゥルーエンディングも龍騎とは違うと言われていたし後日談であれば予告詐欺ではないけれど正直な気持ちとしては楽しみにしていた作品では無かったという残念感が強い。

残る本編も少なくなってきたけど映画を見てもまだ謎は残っているしまだまだ楽しめそう。
最終回まで見た後に映画を見るとまた違った楽しみがあるようだし。












170805-2.jpg
本日発売のガシャット2つを購入。
ハリケーンニンジャの方が少なく主役だけあってクリエイターの方が多かった。
これで一般発売のガシャットは終了。
まだプロトガシャット3種やムービー大戦、Vシネ、ビルドガシャットと続くけど一つの区切りはついた。
今年は本当に大変だった・・・
もう最終回もすぐそこなのに続々とガシャットの再販が決まり異例の高待遇。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/05(土) 17:24:02|
  2. 仮面ライダーエグゼイド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19
<<ジード第5話「あいかた」 | ホーム | 仮面ライダービルドキャスト発表>>

コメント

サプライズフューチャーとまではいかないものの普通に楽しめた映画でした。確かに自分の上がりきったハードルを越える作品ではありませんでしたがスタッフがエグゼイドで伝えたいものをしっかりと伝えられた良質な作品だと思います。

今回の映画は自分にとって仮面ライダー大戦を思い出すような内容でした。娘のために悪の道を走った南雲はまるでフィフティーンのようでしたし、永夢の「子供の未来を守るのは大人の義務」という言葉は敬介の言葉を思い出しました(ライダー大戦の敬介も永夢のように医者になっていましたしね)

今回の映画は作さんが社長になれたことや大我がゲーム病の専門医になったことや永夢が小児科医になっていることで本編では困難がどれだけ待ち構えていようと彼らは素晴らしい未来を勝ち取ることができたことが自分にとっても収穫でした。特に作さんが社長なら幻夢コーポレーションはもうブラック企業にはならないでしょう

自分が驚いたのはビルドの先行登場です。今までの初登場は「ストーリーの途中で主人公を助けるために登場する」でしたが「全てが終わった後に主人公と戦うために登場する」というのがとても斬新で新鮮な気持ちになりました。ただこの映画の活躍をみた観客の声に「悪い仮面ライダー」という声を聞いたので子供の人気について少し心配しましたが

今回の時系列やビルドの件を考えると44話と最終回の間の話がこの映画らしいのでどういう風に今回の映画に繋がるのかを楽しみして、44話が終わった後にもう一度映画を見たいと思います。

そして次のmovie大戦ですが平ジェネfinalということで自分はオリキャス祭りを期待しております。たくさんのオリキャスも呼び出して最高の映画になってほしいと思っています(ただクウガやカブト、ドライブやフォーゼは間違いなくライブラリ出演でしょうけど)
  1. URL |
  2. 2017/08/05(土) 18:27:01 |
  3. 獅子頭 #-
  4. [ 編集]

内容自体は面白かったのですが求めていたものとは違うなと。多くの視聴者は衝撃の新事実や展開を求めてたのだと思うのですが特にそんな事はなく普通の正統派後日談でしたからね。

この面白いのに求めていたものと違う肩透かし感はサプライズフューチャーに近いかも。アレも予告では未来と現代を股に掛けた壮大な話に見えますが実際は未来の映像はイメージ図で終わって期待していたものは観れなかったですし。

また最強の戦力なのにムテキとレガシーを6人同士変身で使わない理由が分からない...風魔襲撃はバガモン回同様レベル2ガシャット以外置いてきたのかなーと気にならなかったのですがここは本当に分からないです。あと仰られる様に話が淡々と進む+ムテキ強すぎであまり話に絶望感がなかったのもマイナス。

ただ本編の後日談が初期の展開に戻って患者にスポットを当てたのは良かったなと。ネギや大我先生、飛彩パパ等ギャグもキレキレで劇場でもチラホラ笑いが出てました。他にはプロトマイティの活用やレーザーレベル2登場は予告で全く映ってなかったので驚き。

そしてポッピーの「ハッピーエンドだね」は単純に映画単体の話の事を指したのかそれとも映画までの話を含めた本編全体の話の事を言ったのか現状謎なのでそこに注目してます。
  1. URL |
  2. 2017/08/05(土) 18:47:24 |
  3. 鶏の卵 #-
  4. [ 編集]

確かに平成ジェネレーションズの時に比べると盛り上がりがちょっと欠けるかな?と思いましたが、自分としては問題なく楽しめる内容でした。本編が面白い分、変にハードルを上げ過ぎちゃったのもあるんでしょうね。
しかし本編ではあまりなかった実在する病気の手術シーンなど医療面はバッチリで、キャストやスタッフが伝えたいと思っている事はちゃんと伝わってきたのでそこは良かったなと思っています。

個人的には戦闘面よりも、変装パラドを囮に永夢を敵から遠ざけるシーンや、プロトガシャットオリジンのウイルス抑制機能で少女のゲーム病を一時的に抑えるシーン、影成を送る為に貴利矢が懐かしのバイクゲーマーに変身するシーンなど、要所要所でキャラやアイテムの使い方が上手いシーンが多くて良かったですね。
しかも作さんが社長の座に就いていたのは納得でしたね。これまでの社長がどいつもこいつも頭のおかしい(※褒め言葉)連中ばかりだったので、彼が社長なら幻夢コーポレーションは安泰でしょう。
他にも、永夢が診察に向かおうとして転ぶシーンはかなり久々で凄い懐かしさを感じました。

個人的に疑問に思ったのが、ゲムデウスXが現れた時にすぐにムテキゲーマーに変身しなかった事ですね。実際にムテキゲーマーに変身する時は近くにいたパラドが同調して赤目になってから変身してたので、もしかしたら今後のTV本編でムテキゲーマーの変身にまた何か制限が付いてしまうのだろうか?
そんな感じの予想はしています。まぁ本編の脚本は全話高橋さんなので、そこらの辻褄もちゃんと合わせてくるだろうから心配はいらないでしょうね。

そして今回も違う見せ方で登場したビルド。今までのように最終決戦中(ダブル、オーズ、フォーゼ、ゴースト)、現行ライダーを目的に向かわせる場面(ウィザード、エグゼイド)などではなく、本筋の話を終了させてから登場させたのは結構な思いきりで良いと思います。
個人的にはビルドの対戦相手は普通にバグスター戦闘員達で良かったんじゃないかとも思ってはいますが、今回こんな見せ方で登場させたという事は、敢えて仲が悪くなるような出会い方をさせる事で、TV本編コラボ回や冬劇場版でのビルドとの共闘場面がより映えるようにさせる為なのかな?という推測をしています。合っているかどうかは分かりませんけども。

この次は最後の平成ジェネレーションズ。せっかく平成最後なんだから、せめて二期の主役ライダー達は揃って欲しいなぁという叶わぬ願望を言ってみたり。
  1. URL |
  2. 2017/08/05(土) 19:03:54 |
  3. 掛布団 #-
  4. [ 編集]

キュウレンジャーは期待通り面白かったです!
バイクアクションが物凄くてビックリしました。ライダーすら越えてるようなw
夏のダブルもバイクは凄かったですが個人的にはそれ以上でした。パワーブースターからの空中でバイクを横にしてのキャッチは思わずおぉ!と言ってしまいました!
ここで主題歌流してくれたら熱いな〜ってタイミングで流れたのも素晴らしい。

エグゼイドは面白かったのですが、期待していたものと違ったテイストだったのが肩透かしでしたね。
衝撃の展開(事実など)と燃えるシーンを期待していただけに、方向性がそれとはまた違った映画でしたね。(もちろん良い部分もたくさんあります)

風魔がカッコ良かったのは非常に良かったです(^o^)演技も上手かったですし、ここ数年のクールでダークでカッコイイ劇場ライダーは見惚れますね。
  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 01:48:54 |
  3. 白銀 #Tj1r2rQU
  4. [ 編集]

>獅子頭さん
>サプライズフューチャーとまではいかないものの普通に楽しめた映画でした。確かに自分の上がりきったハードルを越える作品ではありませんでしたがスタッフがエグゼイドで伝えたいものをしっかりと伝えられた良質な作品だと思います。
普通に面白かったという言葉がピッタリでしたね。
アクション面ではイマイチでしたが命を交えたストーリーとしては非常に完成度が高くまさにエグゼイドの映画でした。

子供の命を守るためということで自分もライダー大戦を思い出しましたよ。
永夢の台詞もですが髣髴させるものが多いですよね。
研修医ではなく1人の意思になった永夢の「僕たち大人の義務じゃないか!」はカッコよかったです

>今回の映画は作さんが社長になれたことや大我がゲーム病の専門医になったことや永夢が小児科医になっていることで本編では困難がどれだけ待ち構えていようと彼らは素晴らしい未来を勝ち取ることができたことが自分にとっても収穫でした。特に作さんが社長なら幻夢コーポレーションはもうブラック企業にはならないでしょう
この映画で一番の収穫はこれですね。
ムービー大戦やVシネでどうなるかは分かりませんが少なくともテレビシリーズは全員で生き残ることが分かりそれぞれの未来を歩むことが分かったので。
ゲンムコーポレーションの社員たちもようやくまともな社長がきて一安心でしょうね。
もうブラック企業に振り回されることがなくなりますし。

>今までの初登場は「ストーリーの途中で主人公を助けるために登場する」でしたが「全てが終わった後に主人公と戦うために登場する」というのがとても斬新で新鮮な気持ちになりました。ただこの映画の活躍をみた観客の声に「悪い仮面ライダー」という声を聞いたので子供の人気について少し心配しましたが
全部終った後に登場というのはムービー大戦と同じですが主人公と戦うのは斬新ですよね。
ちょっと前まで「ライダーは助け合いでしょ」路線でしたが鎧武からテレビシリーズでもライダーバトルが解禁になりついには先行登場の夏映画でも・・・と驚きました。
あれだけ見ると完全に悪役ですし子供たちの第一印象は良くないのかもしれません。
ビルド1話が始ると良い人になっていて今回の悪行?は無かった事にされてそうですけど。

>そして次のmovie大戦ですが平ジェネfinalということで自分はオリキャス祭りを期待しております。たくさんのオリキャスも呼び出して最高の映画になってほしいと思っています(ただクウガやカブト、ドライブやフォーゼは間違いなくライブラリ出演でしょうけど)
1期含めた総登場は20作目のディケイド2(仮)でありそうですし今年は2期の総登場かもしれません。
ダブルと共演しそうな雰囲気もありますし一部出れそうにない人がいますが
ライブラリ出演なら出来そうなのでスーツだけでも良いので実現して欲しいですね。
  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 12:47:17 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>鶏の卵さん
>この面白いのに求めていたものと違う肩透かし感はサプライズフューチャーに近いかも。アレも予告では未来と現代を股に掛けた壮大な話に見えますが実際は未来の映像はイメージ図で終わって期待していたものは観れなかったですし。
仰るようにサプライズフューチャーのような感覚ですね。
サプライズフューチャーは予告で受けた印象とは別物でも映画自体はとても満足していたのですが
今回はドラマ・ストーリーメインでアクションシーンはイマイチだったので肩透かしくらいました。

>また最強の戦力なのにムテキとレガシーを6人同士変身で使わない理由が分からない...
デザインとしてはマキシマムマイティとファンタジーの方が好きなのですがあの局面でムテキとレガシーにならないのは謎ですよね・・・
結果論とはいえ最終決戦のムテキの無敵ぶりを見るにあそこで変身していればそのまま勝てたんじゃないかと。

>他にはプロトマイティの活用やレーザーレベル2登場は予告で全く映ってなかったので驚き。
今回は予告ネタバレも少なかったためか、このシーンは驚きましたよ。
平成ジェネレーションズでマイティ・プロトマイティの同時使用ですがプロトは使い方が多くて面白いです。
ウイルス抑制効果を実際の手術に使うとは予想もしませんでしたよ。
バイクのレーザーも明日出てくるとはいえいきなり出てきたので驚きました。
爆走バイクガシャットは2つあるのでそのあたりも疑問も分かるといいんですけど。
  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 12:47:44 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>掛布団さん
>しかし本編ではあまりなかった実在する病気の手術シーンなど医療面はバッチリで、キャストやスタッフが伝えたいと思っている事はちゃんと伝わってきたのでそこは良かったなと思っています。
ちょっと期待しすぎた感はありますがメッセージ性はかなり高かったですね。
仰るようにキャスト・スタッフが伝えたいことはとても伝わってきたので。

>しかも作さんが社長の座に就いていたのは納得でしたね。これまでの社長がどいつもこいつも頭のおかしい(※褒め言葉)連中ばかりだったので、彼が社長なら幻夢コーポレーションは安泰でしょう。
>他にも、永夢が診察に向かおうとして転ぶシーンはかなり久々で凄い懐かしさを感じました。
一番のサプライズシーンは作さんが社長になっていたことですね。
技術職の人が社長になるあたり本当に人望があったんだなと。
これでゲンムコーポレーションもしばらく安泰でしょう。
また1話のシーンが再現されているのも嬉しかったです。
研修医から医師になっても子供に好かれるゲーム好きという、永夢は永夢なんだというシーンだったので。

>個人的に疑問に思ったのが、ゲムデウスXが現れた時にすぐにムテキゲーマーに変身しなかった事ですね。実際にムテキゲーマーに変身する時は近くにいたパラドが同調して赤目になってから変身してたので、もしかしたら今後のTV本編でムテキゲーマーの変身にまた何か制限が付いてしまうのだろうか?
あのシーンは本当に謎ですよね。
確かにムテキは何らかの制限が出来てしまうのかもしれませんがレガシーにならない理由はありませんし。
既にゲムデウスを倒した本編後なら様子見という理由も通用しませんし。
なんと言うかやることやらないでただ変身して負けましたってシーンだなと。
あれ以上強くなりようが無いスナイプとゲンムはともかく、エグゼイドはムテキ、ブレイブはレガシー、パラドクスはエナジーメダル連発とやりようがあるのに。
その点レーザーターボはプロトコンバットになっている分必死さが伝わってきましたよ。

>今回こんな見せ方で登場させたという事は、敢えて仲が悪くなるような出会い方をさせる事で、TV本編コラボ回や冬劇場版でのビルドとの共闘場面がより映えるようにさせる為なのかな?という推測をしています
先に印象悪くさせる手法というのも面白いですね。
衝突からの仲直り、共闘は王道展開ですし。
エグゼイド45話でビルドガシャットが出てくるあたり、映画の後日談にもなりそうなのでそこでの共演が楽しみです。
  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 12:48:07 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>白銀さん
>キュウレンジャー
ガルバイクのアクション凄かったですよね。
加速してのアタックはカッコよかったです。
主題歌も熱く地球がキュータマになるという演出も良かったのでなおさら燃えます。
特にフルメンバーが揃っての主題化は本編では実現していなかったのでようやく実現して満足です。

>エグゼイド
>衝撃の展開(事実など)と燃えるシーンを期待していただけに、方向性がそれとはまた違った映画でしたね。(もちろん良い部分もたくさんあります)
こういうのを期待していただけに肩透かし喰らっちゃいましたね。
医療ドラマとしては素晴らしかったのですが熱いヒーロー展開を期待していた身とするとうーん、とちょっと残念です。
ただ風魔はカッコよかったですね。珍堂さんの演技も素晴らしく良い役でした。

  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 12:48:41 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

期待しすぎていたことを省いても物足りない映画だったかなと。 並みの夏映画くらいの面白さはありましたが煽ったわりには…というのが本音です。
後日譚としての面白さも先行公開のためか例年の冬映画よりも劣るなと。 これなら普通に例年通りの大きな番外編でよかったような…。
風魔もドラマ自体は悪くなかったものの善玉化するからか映画の敵としては地味だったなと。 結局派手なバトルをすることもなく父親に戻ったので…。
忍者設定も社長が好きという設定で無理やり押し込めていましたが、クロニクルや世界の破滅と特に繋がりが感じられなかったのもイマイチでした。
映像面だとムテキとVRは素晴らしかったですが、あとはどのライダーもかませだったので満足度低いです。 カッコいいシーンは大体CMで出尽くしてたんですね…。

個人的に引っ掛かったのは待望のレーザーレベル2が映画ゲストを乗せるだけの役割でガッカリしました。 ムテキでも乗せて戦闘すればそれだけで最高だったんですが…。
あと宣伝で使われていた黎斗の残りライフ1も春映画の貴利矢復活並みの詐欺だったような気が…。 1になっても即変身するところはすごくカッコよかったんですが…。
ゲムデウスに取り込まれたときもパラド共々どう復活するのか楽しみだったのですが、普通に吐き出され唖然としましたしその後活躍もなくエンディング…。
ラストバトルもムテキ一人だけで倒せるのかよと。 6人同時変身の時にやっていればゲムデウス倒せていたんじゃ?という思いは消えません。
せっかくほぼ全キャラ集合したんだから風魔含めて全員でバトルすれば最高の見せ場になったのになと。 まあキャラ一人の方がCG作りやすいんでしょうけれども。

本編は歴代トップ3に入るくらい好きですし今後も面白いとは思うのですが、平ジェネ・ゴライダー・今回と映画関連はどれもドライブの年と比べると一段ずつ落ちるのは残念です。
残りの本編を見ていくと謎が解けていくという仕掛けも今週分を見るに、先行ネタバレされていた内容を補足していくだけのような感じで正直期待外れかなと。
逆に最終回まで見るとこの映画の評価が爆上げするぐらいの仕掛けがあれば大手を振って掌返しをしますが、多分そんな大掛かりなネタ自体は残ってないような気がします…。 
エンディングの文字が意味深でしたがビルドが同じ大森Pなので、平成ジェネレーションズFINALでエグゼイド完結でしょうか? 布石として出していた財団Xも使えそうですし。
  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 13:14:22 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

すみません訂正です。 「ムテキでも乗せて」ではなく「エグゼイドでも乗せて」でした。 設定的にはムテキの方が早いようなので…。
  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 13:21:33 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

書き忘れたことを2つだけ(`>ω<´)

永夢の影武者役だったとはいえ、『白衣を着たパラド』というのは視覚的にいかにも本編後っぽくておぉって思っちゃいました。

風魔は夏映画ライダーではかなり珍しく最後まで生き残りましたね。珍しいというか初?
風魔としてのラストバトルも主人公とではなくスナイプとレーザーの所謂サブライダーとだったというのも異例な気がします。
  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 18:19:08 |
  3. 白銀 #Tj1r2rQU
  4. [ 編集]

自分も公開初日に観てきました。
自分なりの感想は、

◯キュウレンジャー

とにかくずっとアクションしてて、でもそれぞれに見せ場がありました。個人的にはリュウコマンダーが一番カッコ良かったですね。相変わらず抜けてるようで、オイシイ所は持っていく。
そうそう、ラッキー&ガルは、まるで仮面ライダーのようなシーンがありましたね笑

ただ短い尺の中であの人数なのもあって、ストーリー的にはいつも以上に駆け足になってしまったかな?

とはいえ、普段見られない全員集合での、しかも大スクリーンでの変身はカッコよくて、テンション上がりました。

あと、地球をキュータマとして表現する演出は、個人的には面白いし、粋な演出だなと思いました。



◯エグゼイド

面白かったです。ただ、個人的にはもう少し〝熱さ〟が欲しかった!無難な作りだった印象です。


◯良かった所

・共闘
やっぱりエグゼイドはライダー同士の共闘の描き方が本当に上手いと思います!
今回の映画でも、序盤から貴利矢と黎斗が2人で捜査していて思わずニヤリ。中盤では黎斗の車からパラドが出てきて2人が共闘。後半では大我が乗り込もうとする所に貴利矢が助太刀(平ジェネでもありましたが、ああ、今はしっかり味方になったんだなぁとしみじみ)。
予告でわかっていたとはいえ、ライダー6人同時変身もたまりませんね。初期の頃からは考えられない…。感動です。

・シリアスとコミカルのバランス
ストーリーは基本シリアスですが、合間合間にクスッと笑えるシーンがあって、テンポ良く飽きさせない作りになっていたと思います。運動会のシーンでの飛彩さんは本当に面白かったwゲームマスター檀黎斗神も絶好調でしたね。


★気になった所★

・アクション
エグゼイドの新フォーム、VRゲーマーは本当に〝作って戦う〟感じで面白かったですが、前半戦のみの活躍でしたね。
結局ムテキが勝負を決めるのですが、若干ムテキがいればいいじゃん感があったかな…。最後のCG戦いもCG感強くて個人的にはあまり…。

・思った以上に風魔の物語
風魔と家族の絆はすごく良かったのですが、トゥルーエンディングということだったので、永夢達レギュラーメンバーをもっと掘り下げて欲しかった…。結局、黎斗のライフが少なくなってた理由も映画だけではよくわからなかったので。

・もっと燃えたい!
いや、共闘という意味ではすごい熱くて良いんですが。
全体的にクオリティは高くて見ていて楽しいんですが、うおーーー!ってテンションぶち上がったり胸が熱くなる所も無いかなーと(サプライズフューチャーのベルトさん復活や親子同時変身、AtoZのフィリップが翔太郎の肩に手を置いて倒れる変身、俺誕生の最後までクライマックスって意味だろ?など…)。

なので、映画単体としては、自分もウィザード夏映画くらいの印象です。無難で堅実な作りという感じ。面白いんですけど、熱さがもう少し欲しくなっちゃいますね。
ただ、夏映画で本編の後日談ということは思いつかず、皆さんの感想を読ませて頂いて気が付きました。本編とどのようにリンクしていくのか、本当にレギュラーメンバーは全員生き残るのか、自分はまだわからないと思っているので…。引き続き本編は楽しみです。
  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 21:19:53 |
  3. SUBARU #-
  4. [ 編集]

本日見てきました
キュウレンジャーの方は等身大戦は司令がタイマンしたりバイクアクションも見れたりで中々楽しめました
チキュウをキュータマにする演出も予想出来ませんでしたし
ただロンブーの演技は微妙でしたかね・・・

エグゼイドの方は自分も期待してたのは違うなといった感想ですね
面白かったのは面白かったんですけど
黎斗が幽閉されたり貴利矢がドクターになってたり作さんが社長になってたので新鮮さはありましたね
風魔のキャラもフィフティーンみたいで大好きになりました
こういう父親キャラ好きなので今後も出して欲しいですね
ストーリーは面白かったんですけど戦闘シーンは気になるとこが多かったですね
特に予告で写ってた6ライダーの同時変身シーンはあっさりみんな変身解除されちゃいましたし
ゲムデウスVSムテキもなんかうーん・・・って感じでした
ムテキ視点になるのはVRみたいで面白かったですが
個人的にはクリエイターゲーマーVS風魔が一番見応えありました
やっぱ巨大な敵は微妙に感じます
仰るようにラスボスもアッサリ気味でしたし

思ってたのと違っただけで個人的には楽しかったです
キャラクターが色々面白い立場になってたり風魔のキャラも大好きですしブラザートムもラスボスにピッタリなくらい重量感のある声だったので
平成2期の夏映画の中だと去年のゴーストやサプライズフューチャー並に好きな作品です
でもビルドの演出はどうかと思いました
言っちゃあれですけど悪役にしか見えなかったです・・・
  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 21:38:44 |
  3. キングフォームRSF #-
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
>並みの夏映画くらいの面白さはありましたが煽ったわりには…というのが本音です。
>後日譚としての面白さも先行公開のためか例年の冬映画よりも劣るなと。
あの壮大な予告からすると・・・と残念な映画ではありましたね。
予告がピークと言われればそれまでですし後日談といってもムービー大戦の方が盛り上がりますし。

>あと宣伝で使われていた黎斗の残りライフ1も春映画の貴利矢復活並みの詐欺だったような気が…。 1になっても即変身するところはすごくカッコよかったんですが…。
かなり煽っていた割にはあっさりでした。
もう後がないにも関わらず迷わず変身するシーンはカッコよかったのですが期待していたほどではなかったというか。

6人変身のシーンはムテキになれば、と突っ込んじゃいますよね。
事実あの無敵ぶりを見るにあそこで変身すれば勝っていたはずなので。
もしかしたら本編で何らかの制限が出来てしまっているのかもしれないので最終回待ちになりますけど。
ラストバトルは風魔入れて全員で変身、戦って欲しかったです。
鎧武夏ほどではありませんが燃えるツボを外していた映画だなと。

>本編は歴代トップ3に入るくらい好きですし今後も面白いとは思うのですが、平ジェネ・ゴライダー・今回と映画関連はどれもドライブの年と比べると一段ずつ落ちるのは残念です。
本編意外も面白いのですが鎧武・ドライブと比較すると痒いところに手が届かない作品が多いですね。
余計な制約が少なくなりそうなVシネや小説だとさらに磨きがかかりそうなので楽しみではあります。
本編は本編で今週も面白かったのですが、映画との関連性が明かされるというよりは答え合わせに近いかなと。

平成ジェネレーションズファイナルで2期ライダーたちが駆けつけるならここで財団Xと決着つけて欲しいですね。
風都探偵も始りダブル関連の要素も出しやすい時期ですしせっかく裏技ブレイブに出てきたのだから再登場して欲しいなと。
  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 22:07:14 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>白銀さん
>白衣を着たパラド
あのシーンは騙されましたよ。
確かに本編後が強調されているようにも見えて良いですよね。
ラストシーン見るといよいよパラドとも融合?が進んでいるようですし。

>風魔は夏映画ライダーではかなり珍しく最後まで生き残りましたね。珍しいというか初?
確かに敵対していたライダーが生き残るのは初めてですね。
他の映画も入れて良いのであればライダー大戦のフィフティーンなどが生き残ってますけど。
その風魔も実質バンバンシミュレーションズとレーザーターボが倒すのも意外でした。
本編では良いところが少なくなってきたので美味しいところを譲ってくれたのかもしれません。
  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 22:07:32 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>SUBARUさん
>キュウレンジャー
戦隊映画は30分しかないので元々アクションが多めな傾向はありますが今作は郡を抜いてアクションシーン多くて退屈しませんでしたね。
ドラマパートもショウロンポーが死んで落ち込むシーンとケルベロスストーンの取引をどうするかと悩んでいた2回くらいしかありませんし。
チキュウをキュータマに見立てるのには驚きましたよ。
それこそ最終回でやっても良さそうな演出を惜しげもなく入れてきましたね。

>エグゼイド
>◯良かった所
>やっぱりエグゼイドはライダー同士の共闘の描き方が本当に上手いと思います!
懐かしかったり思わぬ組み合わせがあったりで共闘の描き方が上手ですよね。
黎斗とパラドの絡みは久しぶりだったので白衣姿で出てきた時は驚きましたよ。
貴利矢の助太刀で大我と一緒になるのは平成ジェネレーションズ以来ですがあの時に比べてもう仲間なんだなと実感します。
平成ジェネレーションズの頃も楽しんで見ていましたが話数(ストーリー)が進みさらに仲が進展していくのを見ると感慨深いものがあります。

>予告でわかっていたとはいえ、ライダー6人同時変身もたまりませんね。初期の頃からは考えられない…。感動です。
すぐに負けてしまったのは残念ですが待ちに待った一斉変身は嬉しかったです。
フォームもマキシマムマイティとファンタジーで好きなフォームでしたし。
欲を言えばレーザーターボはレベル3の兜ありの方が好みなのですが、さすがに無理でしたね。


>★気になった所★
>結局ムテキが勝負を決めるのですが、若干ムテキがいればいいじゃん感があったかな…。
ムテキがあまりにも強すぎてどうしても6人変身の時にムテキになっていれば・・・と思ってしまいますね。
それくらい圧倒的でしたしちょっと吹っ飛ばされたくらいしかダメージ追ってないので。

>全体的にクオリティは高くて見ていて楽しいんですが、うおーーー!ってテンションぶち上がったり胸が熱くなる所も無いかなーと
せっかく1年の集大成なのに「うおおおおお!」っていうのは無かったですね。
それこそドライブ始め他の夏映画の方が燃えるシーン多くて見に行って良かったと思える映画でしたよ。
ドラマとしての完成度・満足度は非常に高いのですがヒーロー物として見ると不完全燃焼でした。
  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 22:08:32 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>キングフォームRSFさん
>キュウレンジャー
チキュウをキュータマにする演出は驚きましたね。
OPも流れてかなり熱いシーンに仕上がっていました。
ロンブーの演技は・・・悪役感は強かったと思います。

>エグゼイド
>風魔のキャラもフィフティーンみたいで大好きになりました
>こういう父親キャラ好きなので今後も出して欲しいですね
求めていた物と違う映画でしたが風魔関連はフィフティーンに似ていて自分も好きです。
同じく父親キャラが好きなので今後も出して欲しいです。
子のために戦う親はカッコいいですし。だからこそ風魔には最後に駆けつけて一緒に戦って欲しかったです。

>ゲムデウスVSムテキもなんかうーん・・・って感じでした
>ムテキ視点になるのはVRみたいで面白かったですが
夏映画の敵は最強フォームでも勝てないくらいの強さを求めていて本編でも映画予告でも
あれだけ煽っていたゲムデウスならやってくれるだろうと信じていましたが引くレベルでムテキが強かったですもんね・・・
キースラッシャーを丁寧に映しているのが謎でしたがVR視点と言われると納得です。
一時期ライダー夏映画も3D押しの時期がありましたがその時にやっていれば立体的に見えたんでしょうね。

>でもビルドの演出はどうかと思いました
>言っちゃあれですけど悪役にしか見えなかったです・・・
実際は良い人なんでしょうけどあそこだけ見ると完全に敵ですよね・・・
45話やムービー大戦での巻き返しに期待しています。
  1. URL |
  2. 2017/08/06(日) 22:09:30 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

〇キュウレンジャー
12人もいるから例年以上にいっぱいいっぱいなので、こういう作りがベストでしょうね。撮影時期的にツルギは仕方ないけど、変身後のホウオウソルジャーはもう少し出番があっても良かったんじゃないかと思わなくともないですが。
〇エグゼイド
面白いのは面白いんだけど、MOVIE大戦のつくりですね。エグゼイド編終了後、ビルドが成分採取してビルド編が始まりそうな終わり方。
これが冬映画なら凄く楽しめたと思いますよ。
後日談ということでTV本編で全員無事と分かって安心した反面、この先のスリルも無くなって複雑な気分。
  1. URL |
  2. 2017/08/12(土) 22:15:02 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
>キュウレンジャー
ホウオウソルジャーの出番は少なく感じましたね。
同じ時期に登場のトッキュウ6号がかなり頑張っていたのを見るとツルギの出番ももう少し増えなかったのかなと思いまして。
キョウリュウゴールド・スターニンジャーのように本編登場が速いとそれはそれで不満もありますが
夏映画で活躍することを考えると登場タイミングは早い方が良いのかもしれませんね。

>エグゼイド
>後日談ということでTV本編で全員無事と分かって安心した反面、この先のスリルも無くなって複雑な気分。
レギュラーキャラが無事で一安心した反面、「最終回までに死ぬかも?」という緊張感は無くなってしまいましたね。
仰るようにスリルが無くなってしまったので残り話数でどれほどの強敵が出てきても「どうせ死なないんでしょ。勝てるでしょ」感は出てきました。
逆に考えればVシネを展開する時は死んだキャラを復活させる理由付けもいらずかなりやりやすくはなりそうですけど。
  1. URL |
  2. 2017/08/12(土) 23:29:35 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3594-d4bd5714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する