特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

パワーレンジャー(2017年版)感想

170715-1.jpg
アメリカから遅れること4ヶ月、本家本元の日本でもついに公開。
以下ネタバレありの感想。



映画大国アメリカで完全新作として作られただけあって映像は超クオリティ。
パワーレンジャーでもアメリカでの新撮も増えてきたとはいえ半分は日本からの流用だから完全新作は珍しいかも。
吹替えはレッドレンジャーに勝地涼さん、ピンクレンジャーに広瀬アリスさん。
勝地さん以外は何かしら特撮経験あって広瀬アリスさんはディケイド完結編でのタックル、
ブルーはキバット・ギンガ、イエローはサイコロン、ブラックはウサダにグリーンヒポポタマス・エタルガー、リタはキバーラなどなど。
芸能人枠の2人もは良くて本家の声優陣もアニメ声じゃないというか自然なドラマとしてはまっていたかと。

ブルーが自閉症、イエローがレズ設定でブラックが母親介護と現実で話題になっているニュースも盛り込んでいる。
自閉症は冒頭のペンの色だったりユーモアが分からなかったでアピールされていたけどレズはよく分からなかった。
「男問題だけじゃなくて女も?」って会話があったけどそこくらいしか思いつかない。


「スーツってアイアンマンやスパイダーマン!?そういえばクモに噛まれたような!」
「oh・・・バンブルビー」

と洋画ネタも豊富。
忍者がどうこうって台詞があったけど初代パワーレンジャーはジュウレン~カクレンがベースになっているしそれも意識してそう。

冒頭のスーツの質感が凄くてお金かかっていることが分かる。
一般向けを意識してかいかにも戦隊な見た目は少なくなってる。
イエローとピンクもスカートないし1作目のパワレン映画を彷彿させるデザイン。

超人の力を発揮したりビリーが一瞬ブルーレンジャーになったりとアクション・変身シーンはあったけど本格的に動き始めるのは開始から1時間以上経ってから。
変身はもう少し早くても良かったけど5人のドラマと変身までの特訓も面白かったからこれはこれで良いかな。
初変身シーンは字幕版(予告にもあった)のように「イッツモーフィンタイム」って言ってほしかった。

ただロボ戦がメインで等身大戦が少ないのが不満。
リタにやられたままだからスーツ姿でも勝って欲しかった。
せっかく映画にあわせてパワモーファー売ってるのに変身には使わなかったし。
レッドレンジャーが龍撃剣に値する武器を使っていて他の4人にもフィギュアではあるようだけど映画本編には出ないで終った。
等身大アクションシーンが多ければ見れたのかもしれないけど


金塊の見た目的にグリフォーザーが元になってそう。
リタ自体ラミィ+ブライなところがあるし。パワレンにおけるリタという名前はバンドーラポジションみたいだけど。
ゾードが落とされるのは大獣神とドラゴンシーザーらが沈む「神が負けた」の話を思い出す。
合体ゾードはバンクではなくいきなり出てきた。せっかくなら大獣神と同じ配置にして欲しかったけど。
逆転はまさかで特訓の時にしていた避けて掴んで投げるになるとは。それこそ超伝説・雷光斬りのような技があるのかとばかり。
ハエのように叩かれて宇宙空間で凍った?

最後は続編を示唆するようなシーンがあって転校生が6人目かも。パワーレンジャーのマークも出てきたし。
もし人気作になってスピンオフやるならリタが仲間だった頃の話とかやりそう。
冒頭で杖持ったグリーンレンジャーらしき影もあったしスーツ自体は作ってそうだから。


という訳でパワーレンジャーでした。
あまり期待していた訳では無かったからか、かなり楽しめた。
変身まで長かったけど5人のドラマも面白かったし。
夜焚き火しながら自分たちの悪いところを言い合うのがアメリカドラマっぽくて好き。
ゾードンにもオチこぼれ呼ばわりされた5人がヒーローになる過程が良くてドラマとして面白かったし。

映像はこれまでのどのスーパー戦隊/パワーレンジャーよりも凄くて満足。
崖から湖にジャンプする時はジェットコースターの急降下の感覚でびびった。
5人で車乗って逃げる時の「間に合う!」連呼で結局ぶつかったりシリアスな笑いもあったりしたし。
キンバリーの写真の件はボカされていたけど乱交写真とかかも。

映画のピークはゾード5体で出撃して「ゴーゴーパワーレンジャー♪」って流れてきたところ。
あそこじゃなくて合体してから流しても良かった気がするけど。
一般向けということでか分かりやすい盛り上げは避けたとか?
日本のヒーロー物にあるOP流しながらフォームチェンジ・武器ラッシュの盛り上がりに慣れてしまうと
例えアベンジャーズ系のような大ヒット映画の燃えるシーンであってもアメリカとは盛り上がるツボが違うのかなと思っちゃうし。

なんとかヒットして続編に繋いでほしいけど難しそう。
ヒーローになるための5人のドラマは描いたし次からはバリバリのアクション物で面白くなりそうだし。
ポケモンやパイレーツオブカリビアンと被っている時点で・・・
前後に1週間ずらしていればヒットしていたかと言われるとそうでもなさそうだけど。
日本で70億くらい出せば続編いけるらしいけど悲しい事に戦隊=子供の物(事実だけど)が強く根付いている日本では10億超えれば御の字そうなのがなんとも・・・
70億どころか最近の日本ヒーロー物では一番のヒットであるディケイド夏映画の19億円にすら届かないだろうし日本の特撮ヒーローファンは数字持ってないからね・・・
スポンサーサイト
  1. 2017/07/15(土) 21:48:18|
  2. その他特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<エグゼイド第39話「Goodbye俺!」 | ホーム | ジード第2話「怪獣を斬る少女」>>

コメント

 僕は、字幕版を見てきました。パワレンは一回も見たことなかったのでこれが日本以外の戦隊初体験になりました。また、ジュウレンジャーも少し話を見たことがあるていどなので予備知識無しで見に行きました。

 感想としてはバトルものというよりはヒューマンドラマみたいだなと思いました。正直らトランスフォーマーやアベンジャーズみたいにバンバン戦うものとばかり思っていたんで物足りなかったです。
 巨大戦のCGはCMでも流れていたし超クオリティなのはわかってたんですけど対人戦が少なすぎましたね。変身シーンや合体シーンも大々的に流して欲しかったです。

 変身する前の特訓シーンはアメリカならではかなと思いましたし、好きなんですがゾード内とはいえ顔だしはあまり好きではありませんね。俳優の顔を出さないといけないのは分かるんですけどね。まあ、特訓の活用は微妙でしたが
 あと、字幕版では「なぜ、変身できない」ではなく、「スーツを着れない」みたいな表現が混じっていたのが印象的でした。

基地が湖の底の先にあることがアメリカから海を越えて日本の戦隊文化に触れるということを比喩しているみたいでした。

自分が戦隊ものをハリウッドクオリティになったものとして見に行ったのが間違いでした。ハリウッド映画なんで、様々な人に受け入れられるよう改変されていることを念頭に置いておけばよかったと後悔もしています
  1. URL |
  2. 2017/07/16(日) 07:53:27 |
  3. クロネコライダー #-
  4. [ 編集]

 僕は、字幕版を見てきました。パワレンは一回も見たことなかったのでこれが日本以外の戦隊初体験になりました。また、ジュウレンジャーも少し話を見たことがあるていどなので予備知識無しで見に行きました。

 感想としてはバトルものというよりはヒューマンドラマみたいだなと思いました。正直らトランスフォーマーやアベンジャーズみたいにバンバン戦うものとばかり思っていたんで物足りなかったです。
 巨大戦のCGはCMでも流れていたし超クオリティなのはわかってたんですけど対人戦が少なすぎましたね。変身シーンや合体シーンも大々的に流して欲しかったです。

 変身する前の特訓シーンはアメリカならではかなと思いましたし、好きなんですがゾード内とはいえ顔だしはあまり好きではありませんね。俳優の顔を出さないといけないのは分かるんですけどね。まあ、特訓の活用は微妙でしたが
 あと、字幕版では「なぜ、変身できない」ではなく、「スーツを着れない」みたいな表現が混じっていたのが印象的でした。

基地が湖の底の先にあることがアメリカから海を越えて日本の戦隊文化に触れるということを比喩しているみたいでした。

自分が戦隊ものをハリウッドクオリティになったものとして見に行ったのが間違いでした。ハリウッド映画なんで、様々な人に受け入れられるよう改変されていることを念頭に置いておけばよかったと後悔もしています
  1. URL |
  2. 2017/07/16(日) 07:53:43 |
  3. クロネコライダー #-
  4. [ 編集]

コメント重複してしまいました
  1. URL |
  2. 2017/07/16(日) 18:26:09 |
  3. クロネコライダー #-
  4. [ 編集]

>クロネコライダーさん
>感想としてはバトルものというよりはヒューマンドラマみたいだなと思いました。正直らトランスフォーマーやアベンジャーズみたいにバンバン戦うものとばかり思っていたんで物足りなかったです。
アクション物として期待するとかなりガッカリしちゃいますよね。
アメリカ公開時の評価でドラマ寄りと分かっていたのであまり期待せず見に行ってそれなりに楽しめましたが戦隊映画ではないなぁと思ったので。

>俳優の顔を出さないといけないのは分かるんですけどね。まあ、特訓の活用は微妙でしたが
役者の顔売りたいのか常時マスクオフなのは気になりました。
それこそアイアンマンのようにマスクの中の顔を映すとかでもよかった気がします。
マスク付けたままのアクションが数分で終った時は驚きましたよ。

>基地が湖の底の先にあることがアメリカから海を越えて日本の戦隊文化に触れるということを比喩しているみたいでした。
これは思いつきませんでした。
あの湖も特徴的でしたしそういう狙いがあるのかも知れませんね。
ジード出撃シーンも守護獣たちが出てくるシーンと全く同じで嬉しかったですよ。
  1. URL |
  2. 2017/07/16(日) 20:00:36 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3575-656c6993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する