特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

特撮感想

東映チャンネル放送分でいくつか最終回になったりレンタルしてきた怪獣映画を見終ったので感想。


○ゴーオンジャー
1話完結で楽しめる作品だけど早輝の姉が出てくる話は今見ても酷い。
アイテム商法・ロボット全合体など今に続く要素はここから本格化したのかと思うと感慨深いw
全合体ロボットの中ではエンジンオーG12は合体シーン含めて見応えあるね。

○デカレンジャー
今ではすっかり栄転して特撮ヒーローから離れた塚田P戦隊。
ラスボスが最初から出ているのに中盤まで戦隊側に認知されないままなのは珍しいかも。
当時も今もテツ関係の敵が印象に残っていてヘルズ3兄弟やジェニオとか。
ジュニオは光の無いところに追い詰めたと言っていたけど、そもそもどうやって追い詰めたのか・・・
デカブライトがバラのタトゥの女を演じた七森美江さんということは当時は気がつかなかった。
スワットモードもカッコいいけど一番好きなのはデカマスター。

○快傑ズバット
宮内さんが主役でバラエティでも「だが日本じゃ二番目だ」しか知らずてっきり明るいコメディ調の作品だと思っていたけど実際は親友の仇を探す暗さもある作品だった。
ヒーローだったり指揮官だったり世代によって宮内さんに対する印象派違うんじゃないかな。
エクシードラフトやオーレンジャーを見て育ったからヒーローとしての宮内さんは新鮮。
通常エピソードの中ではボクシング親子のお話が一番好き。

「飛鳥を殺したのは貴様だな!?」
「違う!」
「嘘をつけー!!」
「(戦いが終って)飛鳥、やはりこいつじゃ無かったよ」

がお約束過ぎて笑うw
EDが凄く良くて味があるから何度も聞いちゃう。
ちなみに東映チャンネル版の最終回は2月2日で物凄い偶然w











170303-1.jpg
○仮面ライダー
初代仮面ライダーがHDリマスターで放送。
BDほど綺麗ではないようだけど普通に見る分には十分綺麗。
ダブル変身を何度かやったけどショッカーライダー戦の変身シーンが好きで何度も見ちゃう。

○怪獣映画
ラドン
モスラ
モスラ対ゴジラ
キングコング対ゴジラ
三大怪獣 地球最大の決戦

を視聴。
単体作品だとラドンが面白かった。
モスラは特撮シーンよりも「モスラ~ヤッ!モスラ~」の歌の方が印象に残っていたりする
モスラはずっとあの蛾の形態しかないと思っていたけど実際は蚕とかもあるのね。
蚕みたいな怪獣がいることは知っていたけどモスラとは知らなかった。

キングコング対ゴジラで背中の尾びれが青く光って熱線吐くシーンは感動。
無駄な溜めがなくスピーディーで迫力ある。
中盤で落とし穴に嵌って凄い勢いで落下するのには笑ったけどw
ゴジラとキングコングの戦い自体は最後の最後だけで意外。中盤から戦い続けるものかとばかり。
やけくそとばかりに熱線出したり岩蹴っ飛ばすのが面白いw
だんだんと岩に埋もれ尻尾で殴打され熱線喰らうキングコングが可哀想だった。

モスラVSゴジラは最後の戦いの特撮が良いね。
夜にミサイル攻撃喰らって炎が上がりながらも歩き続けるゴジラのシーンがお気に入り。
ゴジラは白黒よりもカラーの方が迫力あって好みかな。
ウルトラQのように白黒の方が味があって不気味さが出る作品はあるけどカラーの方が情報量あるし。

三大怪獣 地球最大の決戦はキングギドラの3つの首が自由に動いて光線連発するのは技術の進化を感じる。
キングギドラの特撮シーン見る分には面白かったけど肝心の対決シーンが微妙。
ゴジラとラドンの喧嘩を翻訳しながらやっているからコメディ作品に見えちゃう。
決戦時も股間やお尻狙われてギャグっぽくなっているし。
ゴジラはゴジラで熱線使わず単なる取っ組み合いだからいまいち魅力を感じない。
ゴジラの印象はゆっくりながらも堂々と歩いて熱線を吐く印象が強いから随分イメージとかけ離れていた。

○ジャンパーソン
エクシードラフトに続いて実は子供の時以来の視聴となるジャンパーソン。
子供の時はコウモリ警部大好きで出演シーンを何度も見返していたから序盤で終ったのが残念。
中盤からはカオルが活躍するけど終盤の展開、というか考えやジャンパーソンに対する想いが狂気。
ロボットというより恋人に向ける感情だし。

ビルゴルディとネオギルドの存在感が強すぎてスーパーサイエンスネットワークが空気気味。
終盤でベン・フジナミがちゃんと触れられたのには安心。ビジュアル的には弟の方がインパクトあるし。
序盤の刺客たちにストリートファイターがいたけど色々と大丈夫だったんだろうか・・・

好きなエピソードはセーラ復活のお話。
「夢を語ってるときのあなたは無邪気な子供のよう」
「総裁。あなたはもう私の総裁ではない!悪の魔王よ!」
あたりはグッとくる。それだけに助けられなかったのがなんとも・・・

アクションシーンだと29話のジャンパーソンとガンギブソンのアクションと最終回のVSビルゴルディがお気に入り。
自分を捨ててでもロボット破壊する覚悟が凄い。
「どう生まれたが問題ではない。どう生きていくかが問題なんだ」と名言多いし。
VSビルゴルディは予告からして熱い。
どうやっても勝てないからMX-A1になるという展開になったのには驚いた。
こういうのは視聴者が思いついても作中では触れず仕舞いの展開になると思ったから。


○パワーレンジャー (スーパー)メガフォース
ゴセイジャー・ゴーカイジャーをベースにしたパワーレンジャー。
デカレン・マジレン・シンケンと日本語化プロジェクトは振るわなかったのか字幕で放送。

ゴセイジャー20話、ゴーカイジャー20話で纏めているからとにかく展開が速い。
8話目くらいでゴセイナイトが出てきて気付けばスーパーゴセイジャーになったと思えばマトリンティスが出てくる。
意外なことにブラジラは出ないままザンギャック艦隊が襲ってきたところでスーパーメガフォースに繋がっていた。
てっきりゴセイジャーからゴーカイジャーが数年空いたように、メガフォースからスーパーメガフォースも○年後になるのかと。

そしてお楽しみのゴーカイジャー(スーパーメガフォース)。
ジュウレンジャー以降のゴーカイチェンジはどうするんだろうと疑問だったけど「歴代レンジャーではない新たなモードに!」でクリアしていた。
ザンギャック相手にゴセイジャーの姿のまま戦うこともあるから不思議な感じ。
レジェンドのトップバッターがシンケンレッド(ジェイデン)。日本もアメリカもイケメンすぎる・・・
ゴセイジャーの映像を終盤で織り交ぜたからこそ、ゴーカイジャー(スーパーメガフォース)ラストにスーパーゴセイジャーが出てきたのには謎の感動がある。
オリオン(ゴーカイシルバー)が改造されてダークロボナイト(ゴセイナイト)になるとは。

日本版とは少し映像も変わっていてアクドスギルを艦隊で爆発させた後の脱出がゴセイジャーではなくメガレンジャーだったりアクドスギルは生き残らずそのまま死んだり。
インサーン決着戦はバルイーグルではなくティラノレンジャー。
バスコに相当するキャラはいないけどブラジラは最後の最後に出てくるからラスボス連戦のような錯覚。
最終決戦に至るまでの盛り上がりはパワーレンジャーの方が上で後で放送するパワーレンジャーだからの構成。









170303-2.jpg
歴代パワーレンジャーが駆けつける最終回が素晴らしい。
見ただけで歴代ヒーローって分かるし続々と駆けつけるのがカッコよすぎ。
それこそゴーカイジャーで言えばゴウシが助けに来たところを歴代メンバーが一斉に駆けつけたようなものだし。











170303-3.jpg
役者の顔は全く分からないけどめちゃくちゃ燃える。
ゴーカイジャーにもいえるけど放送終ってから何年も経っているはずなのによく出演してくれるなぁと。
中断があれどアメリカも何十年もやってきたしゴーカイジャーって作品は国に関係なく集大成の戦隊と再認識。
ギンガピンクとゴーピンクが物凄く美人でドラゴンレンジャーとタイムレッドが男前。










170303-4.jpg
揃ったシーンはパワレン新規シーンだけど「伝説を作ろう!」の後にゴーミン軍団に突っ込むシーンは199から。
伝説を作ろうは「伝説を作るぜ!我らスーパー戦隊!」を意識しているのかも。

ゴーカイジャー第1話のレジェンド対戦にはあったけれど199ヒーローのレジェンド対戦には無かった
6人で飛び掛るガオレンジャーに爆発の中から突っ込んでくるゴーゴーファイブなどはパワーレンジャーで使われてる。
ゴーミン倒して終わりだから決着自体はあっさり。パワーレンジャーのOPでも流して欲しかった。
戦う前での盛り上げ方はパワーレンジャー、実際のレジェンド大戦はゴーカイジャーの方が燃える。


今の戦隊はゴレンジャー(HDマスター)・マジレンジャー・ボウケンジャー・シンケンジャーでライダーはアギト(超解像版)。
他にはロボット刑事・バイクロッサー・七色仮面・ブルースワットなどなど。
来月からはアマゾンズ(プライム版)が放送されるしBS朝日版の方がレアになりつつある。
結構東映特撮ヒーロー見てきたつもりだけど、一時的にTTFCに加入して作品一覧を見るとまだまだ見ていない作品が多いことを実感する。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/03(金) 21:15:51|
  2. その他特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<今日のお買い物 | ホーム | 今日のお買い物>>

コメント

>ゴーオンジャー
オタ目線だとシンケン以降の戦隊の方が好きですが、対象年齢向けの戦隊としてはこの作品が一番完成度高い気がしますね。 早輝の姉以外は特にケチを付けるところもなく映画連動もちゃんとしてますし。
要所要所での盛り上がりも丁寧でしたし最終決戦で初期の3人が追加4人の武器を使って戦うのに燃えました。 まあ一瞬でそれらの武器の出番が終わったのが残念ですが…。 
あとメモリなどに続く小物もですが単独Vシネもシンケンが始まりで小説は元祖がジェットマンだったりと、今では展開の多い平成ライダーのやってることも思い返せば大体戦隊の方が先にやっていたんだなと。

>ジャンパーソン
子供の頃好きだった作品も大人に見返すとガッカリすることが多いですがジャンパーソンは今見ても面白いなと。 初っ端から敵組織を壊滅させたりズバット同様展開が早くて思わず笑ってしまいます。
メインストーリーも面白いですがエンジェルなど人間社会内でのロボットを描いたドラマ自体の質も高かったように思います。 小林さんのデビュー脚本も実に無情でらしさが出ているなと。
敵組織が複数あるのもボウケン同様に面白く、特に帯刀が強烈でライダー大戦でZX復活した時なんかは風貌のせいで帯刀としてしか見れなかったです。 麗子は出番は少なかったですが散り様は一番印象的でした。
あとかおるは歴代女キャラの中でもマッドさが頭一つ抜けてますよね。 「ロボはモノじゃない!」的なこと言っていたのに身代わりにロボを犠牲にしたりかなり気が狂っていて今見ても怖いです。
最終回は試作状態に戻ってからの雨の中での決戦やその後の顛末などクライマックスに相応しかったですね。 ただガンギブソンがあまりに普通に再登場しすぎて「もっとカッコよく演出できただろ」と残念に思いました…。

>スーパーメガフォース
視聴はできていないのですがクライマックスはそんにすごい展開なんですね。 最終決戦でレジェンドがいっぱい登場するのはゴーカイの時に期待していたのですが向こうではやっていたとは。
ゴーカイは「先輩に頼らず6人で倒すのが35番目の戦隊」ということでしょうかね。 まあそれ抜きにしても最終回は一機乗っ取られるだけで壊滅する敵艦隊など引っかかる部分はありましたが…。
あとキョウリュウの続編?が韓国で制作されるのようなのが予想外でした。 全体的にすごいリデコ感ですがVシネに慣れ親しんだ今では特に変に感じなくなってきたなと。
面白そうですしキャストによる吹き替えを期待したいですがメガフォースは字幕なんですか…。 字幕でTTFC配信とかでもいいので視聴形態を作って欲しいですね。
  1. URL |
  2. 2017/03/04(土) 00:23:48 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
>要所要所での盛り上がりも丁寧でしたし最終決戦で初期の3人が追加4人の武器を使って戦うのに燃えました。 
オタク要素に限るとシンケンジャー以降なのですがゴーオンジャーも凄く好きなんですよ。
1話完結の話が覆いながらも1エピソード毎が面白いですし映画をはじめ走輔がカッコよくて夢中になってみてました。
特に終盤の強敵ラッシュが好きで「こいつでもラスボスじゃないのか!?」と言わんくらいの連戦は燃えます。
アバレンジャーからはほぼ毎年のように強化フォームが出てくるようになりましたがボウケンジャーと同じく強化フォームがない珍しい作品でもありましたね。
ボウケンジャーもデュアルクラッシャー時はプロテクターが出てくるのにゴーオンジャーはそれすらありませんし。

>ジャンパーソン
>子供の頃好きだった作品も大人に見返すとガッカリすることが多いですがジャンパーソンは今見ても面白いなと。 
リアルタイム以降の視聴だったこともあり思い出確認含めて見ていましたが面白かったです。
ガンギブソン・ビルゴルディとどれもカッコよくフィギュアーツで出して欲しいですね。
ビルゴルディは思い出補正がかかっていたのか、要所要所でしか出ないイメージでしたがかなり登場回数が多いキャラなんですね。
膝からミサイル発射バンクなどが多用されていたのが残念ですがデザイン的にはかなり好きです。アイアンマンを東映ヒーロー風にしたようにも見えます。
カオルですが子供の頃はよく分からない人でしたが今見ると狂気の塊ですね。
狙ってやっているのかたまたまこうなったのか・・・

>最終決戦でレジェンドがいっぱい登場するのはゴーカイの時に期待していたのですが向こうではやっていたとは。
ゴーカイジャーで出来なかったことをパワーレンジャーでやってくれて大満足ですよ。
ゴーカイジャー最終回でも「35ゴーカイチェンジは凄かったけどレジェンド大戦の方が凄かった」というのはよく耳にしたのですが実際に最後の戦いでレジェンド大戦を持ってくると凄い盛り上がりですよ。
レジェンド大戦自体は199ヒーローの方がはるかに燃えるのですがそこに至るまではパワーレンジャーが素晴らしかったです。

>面白そうですしキャストによる吹き替えを期待したいですがメガフォースは字幕なんですか…。 字幕でTTFC配信とかでもいいので視聴形態を作って欲しいですね
最近のパワーレンジャーはアレンジ要素が少ないようです90年代戦隊は独自要素が入りまくっているようですし見てみたいですね。
仰るように字幕でも何でもいいので放送/配信して欲しいです。
パワレン映画が日本でも公開されますしタイミングとしてもピッタリなので。

キョウリュウジャー続編が韓国というのは驚きですよね。
以前バレた?白いキョウリュウジャーは春映画枠と思われましたがまさか韓国とは。
いずれは日本でも展開するようですが吹き替えは気になりますね。
その気になれば全員集まりそうなだけに。
  1. URL |
  2. 2017/03/04(土) 01:42:42 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

○快傑ズバット
面白いですよね。早川さんの物理現象を超越した技も見どころ。
ダッカーがかなり凶悪な組織なのもポイント。戦隊やライダーだと現実離れした敵組織だからあまり気にならないんですけどダッカーはマフィアとかのノリで地に足の着いた感じ。
容疑者(仇)のアリバイも笑いどころ「その日はシシリー島でスパゲティを食ってたんだ」とか笑うしかない。
ボクサー回というと「日本じゃ三番目」という珍しい回ですよね?

○ジャンパーソン
スーパーサイエンスネットワークが空気なのは麗子役の高畑さんの産休で出番がなくなっちゃたから仕方ないですね。
まあ、出番があったとしても3組織の中では一番下になりそうですが。最終目的を考えると戦力は最低限で良いのでしょうけど戦闘力は貧弱と言わざるを得ない。


  1. URL |
  2. 2017/03/04(土) 21:12:37 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>仮面ライダー
今見ると、確かに脚本面では残念に感じてしまう反面、それを覆すほどのパワーに溢れた作品だなとニコニコ動画で配信された際に思いました。
変身ポーズもダブルライダーも怪我の功名で得られたものだと思うと感慨深いです。
自分は2号対黄金狼男戦が好きです。
お互い泥塗れのフラフラになっても殴り合うところが死闘って感じで渋い

>ジャンパーソン
カオルもですが、ジャンパーソンも時々狂ってるのがなんとも(笑)
ロボットにも権利が認められている世界観で日本中のロボットを壊すジーザスエンドを肯定したり、法律を物理で破ったり……
でもこれも全部正義のためなんです!(待て
実際、ラスボスがビルゴルディとなり物語が純粋な悪と狂気の正義の戦いに移行したのが面白いところです
  1. URL |
  2. 2017/03/05(日) 01:26:51 |
  3. αくん #-
  4. [ 編集]

追記

>ジャンパーソン
個人的に序盤の「謎のヒーロー、ジャンパーソン!」が、劇中において正体が明かされないヒーローと言うのを疑似体験できた気分でした。
正体が分からないと結構もやるなと(笑)
正体こそ特捜ロボから想像できる警察が作ったロボットでしたが、そこにMX-A1というトラウマを組み込むことでジャンパーソンと視聴者の距離を近づけることに成功したことが印象強いです

ところで、フィギュアーツのウインスペクターを見てると、ジャンパーソンの下準備をしてると思うのは自分だけでしょうか……?
膝が深く曲がる(ニーキックミサイル)、武器セットが別売り(当時のフィギュアもそんな感じ)、極め付けにジャンバルカンに使い回せるギガストリーマー!
無理矢理感は否めませんが、絶対出ると信じたいです。
  1. URL |
  2. 2017/03/05(日) 04:35:01 |
  3. αくん #-
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
>快傑ズバット
>面白いですよね。早川さんの物理現象を超越した技も見どころ。
今放送されるならCGのおかげでさらにトンデモ技になってそうですね。
あまりのあり得ない動きに毎週の見所でしたよ。
ボクシングの話は仰るように三番目のやつです。
通常エピソードの中では一番面白かったので印象に凝ってます。

>ジャンパーソン
>スーパーサイエンスネットワークが空気なのは麗子役の高畑さんの産休で出番がなくなっちゃたから仕方ないですね。
3組織の中で妙に出番が少ないと思ったら産休でしたか。
ビジュアル的にも他2つがインパクトあっただけに空気気味に感じました。
スーパーサイエンスネットワーク→ネオギルド→ビルゴルディと幹部三連戦でも最初に退場してますし。
  1. URL |
  2. 2017/03/05(日) 17:29:43 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>αくんさん
>変身ポーズもダブルライダーも怪我の功名で得られたものだと思うと感慨深いです。
今見ると辛いシーンがあるのも事実ですがカッコいいところは本当にカッコいいですよね。
怪我からの2号登場は語り草ですがここから全てが始まったともいえるので。

>ジャンパーソン
>カオルもですが、ジャンパーソンも時々狂ってるのがなんとも(笑)
結構ジャンパーソンもおかしなところありましたねw
ロボットの存在意義について触れるドラマが見応えはありましが最後はビルゴルディとの戦いに移ったのは良かったかと。
MX-A1という過去があったことで数々の発言に説得力や思うところも増えたので。


>個人的に序盤の「謎のヒーロー、ジャンパーソン!」が、劇中において正体が明かされないヒーローと言うのを疑似体験できた気分でした。
子供の頃はこれを感じていました。
正体を知っていて主役で当たり前のはずのヒーローが謎だらけなんですから。
本当にジャンパーを着て現れるシーンを見てギャグと感じるかどうかで作品に対する感想が決まるらしいのですが
自分は子供の頃も今見返したときも「カッコいい」でしたw

>ところで、フィギュアーツのウインスペクターを見てると、ジャンパーソンの下準備をしてると思うのは自分だけでしょうか……?
最近情報が前々無いので戦隊と一緒に終ってしまったのかとばかり・・・
メインのライダーですらあまり出ずに今は洋画に漫画と色々手を出してますし。
とはいえ試作までは出したので他のメタルヒーローよりは可能性ありますし是非発売して欲しいですね。
  1. URL |
  2. 2017/03/05(日) 17:44:44 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>三大怪獣 地球最大の決戦
前作まではゴジラは人類の敵、という扱いだった訳ですが、この辺りからゴジラ=人類の味方という構図にシフトしていくんですよね・・・。
この構図は『メカゴジラの逆襲』まで続く事になります。
ただ、次作の『怪獣大戦争』ははっきり言って傑作ですよ!
『空の大怪獣 ラドン』に登場したメガヌロンですが、30年後の『ゴジラ×メガギラス』でゴジラの対戦相手になると、この時点で誰が予想したでしょうか(笑)
  1. URL |
  2. 2017/03/05(日) 22:45:39 |
  3. taka #-
  4. [ 編集]

>takaさん
>前作まではゴジラは人類の敵、という扱いだった訳ですが、この辺りからゴジラ=人類の味方という構図にシフトしていくんですよね・・・。
ゴジラが正義側になっていた時期もあるとは聞いていましたがまさにこの辺りでしたか。
最初のゴジラとシン・ゴジラの影響で怪獣映画見返している自分としてはゴジラには敵であって欲しいです。
味方になるとありがちな作品に見えてしまうというか。

>ただ、次作の『怪獣大戦争』ははっきり言って傑作ですよ!
凄く評判良いですし次にレンタルするつもりなので楽しみです。
今週にでも借りてきて見てみようかと。
  1. URL |
  2. 2017/03/06(月) 00:55:49 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3456-646fdb05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する