特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ジュウオウジャー第42話「この星の行方」

操を探すレオ&セラの前にナリアが。
開放してあげるのは分かってたけど即攻撃喰らうとは思わなかった。
これでレオとナリアの間にちょっとしたドラマが生まれることに。

操は重症。身体の怪我よりも鎖に繋がった状態の方が痛そうに見えた。
搬送された病院にいるのは大和の父。
母親のエピソードはやったけど父は初めて。この人がバドと交流あったりしたのかな。
操の傍にいたいを強要する大和の幼さが目立つことも。

極限まで追い詰められたクバルは街を破壊することで命乞い。
ここまで凄い命乞いは初めてみたw
仮にジュウオウジャー倒しても本当に助けて貰えたかは気になるところ。
あまりの精神的プレッシャーからかコピーを出す考えも無くなり本当に暴れているだけ。
ジュウオウジャーとの対決でも押されホエールの必殺技を受けて敗北。

ここでコンティニューさせるんだからジニスの考えが読めない。
部下(ナリア)が卑劣な目にあったという事情は考えずあくまでゲームを面白くするため?
1枚だったコインを5枚も投入。その分パワーアップしたのかロボ3体がかりでも手に負えない。

操の逆転劇が始り精神的にも悪夢を振り切り駆けつける。
「俺に怯えている資格はない!」とこれまではネガティブだった台詞が自分を奮い立たせる台詞に。
コックピットで操から名乗りを始める変則的なパターン。
2人セットになって操縦ロボが映ったりするしなかなか無い。
特にホエールはホエールチェンジガン無しの名乗りだしレアな名乗り。

今週はバドVSアザルドにクバル退場などストーリーも動く。
クバルの復讐はバングレイ生存時からネタ振りがあった割りには呆気ない。
敵幹部がボスの命を狙うっていう設定には驚いたしちょいちょい暗躍するのは見ていて楽しかったんだけど思ったほどでは無かったというか。
バングレイの腕使った渾身の作戦もたった数度で終り後は今週は1話丸々使って醜態を晒し続けているし。










juuou42-1.jpg
ジュウオウVSニンニンの予告はOPサビに入っていて驚いた。しかもSE付き。
歴代2号ロボ・パワーアップロボに全レッド集結など40周年だけあってなかなか豪華。
特にレッド集結は予想外。先週までの予告にあったアカレンジャーや動物系レッドくらいかと。
レッドだけの集合はガオVSスーパー戦隊以来かな。
歴代2号ロボ・パワーアップロボ集合に関しては199よりも豪華な気がする。
スポンサーサイト
  1. 2016/12/19(月) 22:50:21|
  2. ジュウオウジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ローグワン 感想 | ホーム | エグゼイド第11話「Who’s 黒い仮面ライダー」>>

コメント

今まで幼い印象を持たせるエピソードが目立った操の活躍でクバルのドラマが殆ど無いあっさりした退場回でしたね。
バングレイの手を活用しないまま退場したのは今後の活用フラグの様にも感じる程不自然でしたね、バングレイの手は今後もゲームに役立てられそうなものですからアピールしていてもおかしくなかったはずです。

元からゲーム目当てではなく、復讐の為にブラッドゲームをしてきたクバルは自分の立場が危うくなると命乞いとして破壊活動を始めましたが、それすら許容して楽しむジニス様がどう取り乱すのか、そもそもそれすら無い気もあって楽しみです。

久々に登場した3人のジューマンですが、精神的克服をしても普段通りの描写で本当に操の中に生きているか、ただの妄想なのか今回ではわかりませんでしたね。
トラウマに立ち向かい操が成長したことで大和が自省する描写は、これからのエピソードへの繋ぎでもありますがチームの中にある個々を感じさせていてリアリティがあり大和らしい冷静な台詞でした。
  1. URL |
  2. 2016/12/20(火) 00:21:43 |
  3. ドロー #-
  4. [ 編集]

大和の親父さん、医者さんなんですね。いろいろありますが、友を頼むというあたりそこは理解してんですよね。

操は内心まだ恐れてるも昔の自分とはレベルが違う! 変わりたいではなく変わる。

そして、クバル。岩田さんの発狂怪演もあいまってwwwwwwww それほどジニス様は恐ろしい。

もはや策を考える事もなく、仇であるジニス様に命乞い、地球を生贄にするという暴走行為。

つくづく哀れです。そして慈悲と称したコンティニュー。どこまでも玩具でしかないクバル。

最後の叫びは仇の名を様付け。個人的にはクバルが主役でした。
  1. URL |
  2. 2016/12/20(火) 13:58:21 |
  3. 蟹 #/02qLiNA
  4. [ 編集]

>ドローさん
>バングレイの手を活用しないまま退場したのは今後の活用フラグの様にも感じる程不自然でしたね、バングレイの手は今後もゲームに役立てられそうなものですからアピールしていてもおかしくなかったはずです。
何となくですがもう本編では使われない気がします。
VSなどの番外作品なら出番があるかなと。
不自然ではありますがバングレイ・クバルと2度も使われたのに残り話数で3度目の正直がくるとも思えないので・・・

>久々に登場した3人のジューマンですが、精神的克服をしても普段通りの描写で本当に操の中に生きているか、ただの妄想なのか今回ではわかりませんでしたね。
これまでの回想シーンもですがどちらとも取れるような作りになっていますよね。
個人的にはどちらであっても問題ないというか本筋には影響無さそうなのであまり気にしていません。
最後の大和のシーンはよかったですね。父親も出てきてバドとの関連性を含めラスト1ヶ月が楽しみですね。
  1. URL |
  2. 2016/12/21(水) 00:44:24 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>蟹さん
>そして、クバル。岩田さんの発狂怪演もあいまってwwwwwwww
岩田さんというとアニメでも戦隊怪人としてもよくご出演されますが
陽気なキャラが多いだけにジュウオウジャーでのクバル出演当時は驚きました。
今回の豹変ぶりもシリアスな岩田ボイスで聞けたので過去作の陽気キャラとのギャップもあり面白かったです。
  1. URL |
  2. 2016/12/21(水) 00:45:35 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3392-e79dcec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する