特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

劇場版 仮面ライダーゴースト 感想

160807-1.jpg
劇場版ゴースト&ジュウオウジャーの感想。
土曜は忙しくて見にいけなかったけど日曜(今日)は行くことができた。
ネタバレありなので続きからどうぞ



ライダー45周年・戦隊40作品目ということで過去のお祭り映画の映像が。
まさかまた映画館のスクリーンで199ヒーローの映像が見れるなんて。
途中でギンガマンの名乗りがあったりしたけど動物繋がりだろうか。

まずはジュウオウジャー。
いきなりドミドルが操るキューブコンドルとの対決。
コンドル・タイガー・エレファントが合体してコンドルワイルドに。
操縦席の真ん中に敵が来るという変わった構図。
タスクとアムが一撃で気絶され攻撃しづらいとはいえジュウオウキングがすぐにやられてと強敵。

操はテント生活をしていたから洗脳から解けた直後の話かな。
実際には撮影時期的に詳しい設定が決まってなさそうだけど。
落ち込むシーンが本編以上に漫画チックになり一周まわって面白かった。

元はといえばサーカスを見に来ていたようでジューマンが何人も。
当初は鳥男とラリーくらいしかいないと思われたジューマンもサイ・ワニ・オオカミに映画のメンバーと大所帯に。
見つかっていないだけでまだまだいそう。
ペルルを励ますのがアムで良いお姉さんぶりを発揮。
山登りのエピソードからレオに対してはあまり良いイメージがなくなったけど子供を励ますために一輪車乗るシーンはよかった。

大和が乗り込んできたから形成逆転というわけにはいかず防戦一方。
生身でイーグルライザー使う大和が凄くカッコいい反面、せっかくの名乗りがいつものバンクで残念。
せっかく40周年なんだから新しく撮ったのを使ってほしかった。
前期OPの「地球の仲間を守って見せる」で5人が飛び出してくるような映像があったりアクションはサーカス要素があったりと盛りだくさん。
操は釣竿のために待機していたようだけど一緒に突っ込んだ方が良いような。
追加メンバーだから撮影時期的に仕方ないけど一緒に飛び込まない理由としては弱く感じた。

ロボ戦は最新のトウサイキング出戦うも苦戦するほどの強さ。
出てきたばかりのトウサイキングが苦戦するくらいだから敵の強さが伝わってくる。
キューブコンドルは武器にもなるようで武装。
ロボ形態を敵として出して味方のときは武装と分けられるし便利。

EDはエキストラ交えてダンス。ゴリラが踊っている違和感w
ダンスEDだと映画館にいる子供たちが踊ったり歌い始めたりするけど今年はシーンとしていて静かだった。
40作品目ということもあって歴代要素がいくつかあったけど全部は発見できなかった。
映画自体は「いつもの戦隊映画」というのがぴったりなくらい普通だった。
40作品記念なのに歴代要素は殆どないし映画の小物とBD特典のスーパー動物大戦でお茶を濁して終わりそう・・・


続いてはゴースト。
残り何日とは明言されないけどガンガンキャッチャー取得以降なのは確か。
カノンの誕生日から始るけどドアップでエビフライを食べるマコトがやけに印象に残る。
たこ焼きだけを食べ続けるアランが気持ち悪かった。ケーキを盛った皿にたこ焼き数個が添えられるくらいならまだしも。

1分間ストーリーでイグアナに乗ったダークネクロムは映画冒頭に繋がっていたらしく乱戦。
フーディーニ登場に歓喜するも瞬殺・・・
ここで15アイコンが奪われるも変身用アイコンが残っているし危機感は感じず。
オーズ夏もだけどいくら変身用アイテムが取られても最強フォームアイテムが残っているからなんとかなるでしょ、としか思えず。

本編でもちらついていたマコト父・大悟を演じるのは沢村一樹。
マコトそっくりの風貌で本当に親子みたい。
ゼロスペクターは紫ベースでカッコいいけどディープスペクターとダークゴーストには及ばず。
ディープスペクターは海岸からジャンプする時にハシゴに捕まるんじゃなくてゲキコウモードで飛んでくれww
大悟も子供2人を置いて旅立つのはかなり葛藤があったようで絶命間際にはマコトとカノンの手を抱き寄せる。
良いシーンだけに尺不足というか駆け足に。ここまで良かった沢村一樹の演技も急にオーバーに見えちゃうし。

あちらの世界では偉人たちが実体化。
海堂・十臓を演じた唐橋充さんが熱演。俳優にギターにデザイナーと多才すぎる・・・
ヒミコはメレだしジャベルに続いてゲキレンジャーから2人目。
どの偉人も個性的で見ていて楽しい。ベートーベンはお前かよwww 取り巻き偉人も超豪華。
この楽しそうな偉人たちを見ているとつくづく英雄の声を関ボイスで統一したのは失敗だなと。
ムサシはともかくロビンフッド・ゴエモン・ヒミコは何を基準に選んだんだろう。
ニュートンは偉人の姿も出てこないし。

ダークネクロムら3人のゴーストチェンジが面白く、自分の力が襲い掛かってくるという点ではネバーや鎧武アームズを彷彿させる。
一度しかゴーストチェンジしないのは残念だったけどこういうシーンはわくわくする。
本編もこんな感じでアイコン争奪戦にすれば面白くなりそうだったのに。
3人の素性が良く分からなかったり決戦時はあっさり負けてしまったけど良い賑やかし役。

ネクロムブルーの相手は注目のエグゼイド。
変身シーン・フォームチェンジなどはなくアクションと必殺技のみ披露。
HPゲージはないけどゲームの画面みたいになってマリオのようにコイン集めもあり。
雑誌スチールの必殺キックは顔どこ向いているんだって言わんばかりの写真だったけど映像でも同じだったw
カセットふーふーしちゃいけないって任天堂は黙り続けてたよね・・・
電子音声は想像よりはふざけてなくて安心。オーズ・ウィザードほどふざけてなければそれでいいや。

ダークゴーストは通常時で闘魂以上の強さ。
既にグレイトフル並かも。グレイトフルといえばオールドラゴンに次いで春・夏にも登場しない中間フォームに。
見た目がオレ魂以上に幽霊でなかなか不気味。ナポレオン魂になるとさらにカッコよくなる。
ダーウィン魂もカッコいいけど流れ的にマコトの方が良いような。
闘魂ムサシ・ヒミコになる展開が熱いけれどそれ以上にピタゴラス・一休が燃える。
元はDVD限定フォームだけどスーツ自体はあったしそれを夏映画で使ってくるとは。
ここまでくるとガリレオやコロンブス・ナイチンゲールといった他のパーカーも見たくなる。










160807-2.jpg
100のアイコンは進化の力を持つダーウィン以外のアイコンのようで全部で101個。
これだけいる英雄の中からよく15個に絞れたなあ。
1分間ストーリーに出てきたタケルの身体をベースにエクストリーマーのベルト(アイコン)出現。
ベルト・スーツ共に完全新規のライダーでカッコいいけど動く目(アイコン)が気持ち悪い。
自分が夏映画に求めているのは「最強フォームでも勝てない敵」で空中戦が出来ないとはいえ変身直後のムゲン魂を圧倒していたけど、エターナルほどの絶望感は感じられず。











160807-3.jpg
あの局面で「ご飯が食べたい」は見ているこっちが恥ずかしくなってくる。確かにご飯は大事だけれど。
アカリたちから力を貰いパワーアップ。
極アームズがオバロ→神となったようにスーツ自体は変わらないパワーアップ。
空中CG頑張っている。飛翔態VSアークも今やるならもっと良くなるかも。

もう4度目になるタケルの死だけど最後は英雄たちのおかげで復活。
タイムリミットありでこれまで同様の状態なのか、人間としての復活なのかは分からないけど前者かな。
インタビューでもテレビとのリンクが~と意識していたようだし。
復活直前の白装束衣装は「納骨まで」で出回っているあの画像みたいだ。
あれを発見した人凄い!と思った反面、テレビでは最後の姿となる最強フォームとなってもなお、白装束(死んだ衣装)のままなんだから最終的にタケルは生き返らないという暗示かな。
英雄たちの力を借りてもタイムリミットありの復活が限界のようだし。

仙人に本気でいらつく映画でもありタケルが消滅してるのに「想定外だから仕方ない」と開き直るのはイライラした。
ダークゴースト=アルゴスもある意味無理やり生き返らせたようなもので、龍たちには黙って保険として暗躍させたようなものだし。
ユルセンも闘魂回でタケルが死んだときは悲しんでいたけど今回は割り切っていたのが意外。

ラストはムービー大戦2017の告知。
戦隊側には何の告知もなく空しいヒーローイヤーであった。
ライダーの魂とアマゾンズがあったくらいで例年と変わらないし。

という訳で劇場版ゴーストでした。
平成2期で一番面白い夏映画と思っているサプライズフューチャーの後だし本編もああだから期待はしすぎないようにしていたけど佳作な出来。
めちゃくちゃ面白いって訳ではないけど本編よりは面白い。
個人的にジェネシス・1号と不発だったので単独映画となる夏映画が面白かったのは嬉しい。
アクションシーン多いしダークネクロムらのゴーストチェンジにピタゴラス・一休は燃えた。
それだけにゴースト側もどんどんゴーストチェンジ合戦して欲しくはあったけど。

ゴースト究極フォームは未登場。
鎧武のように姿が変わないままかオーズのようにムービー大戦に登場のどちらかかな。
タケルが完全復活したのなら人間としての力が加わって究極フォームというのはありそうだけど。

パンフレットには公募していたアイコンのイラスト一覧が。
子供が書いた可愛らしいものからプロが応募したのか?と疑うほどクオリティ高いものまで。
子供が書いたものでもペリーの黒船を正面から描く発想は凄い。
スポンサーサイト
  1. 2016/08/07(日) 17:27:19|
  2. 仮面ライダーゴースト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<オーブ第5話「逃げない心」 | ホーム | アメトーーク! 仮面ライダー芸人>>

コメント

最後の行"ペルー"ではなくて"ペリー"なんじゃないかと どうでもいいような箇所ですけど

あとちょっと気になる点で、記事に役者さんの名前を出すとき、さん付け、君付けの方と、呼び捨ての方がいるんですけど、どういった基準で区別してるんですかね?
この記事だと沢村一樹さんが呼び捨てになっているので
  1. URL |
  2. 2016/08/07(日) 18:15:27 |
  3. asasa #-
  4. [ 編集]

>asasaさん
ご指摘ありがとうございます。修正しました。

さん付け・君付けは特に意味ありません。
何となく若い役者はさん・君付けでベテランだと呼び捨てで書いちゃってますね。
竹中直人氏も沢村一樹氏もさん付けよりはフルネームの方が締まるな、という勝手な思い込みというか雰囲気で書いているだけなので。
好きだからさん付け、嫌いだから呼び捨てという事はありませんよ。
  1. URL |
  2. 2016/08/07(日) 18:37:38 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

ジュウオウジャーには他の戦隊から小物やジューマン寄りの?キャラクターが出る事は知ってましたけど。自分はEDのチケット君しか見つけられなかったです。せっかくの40年記念作品なんだからもっとはっちゃけたら良かったのにと思いました。
でも、気合いの入ったアクションシーンやブランコしたいからって理由で地球を壊すドミドルの悪役っぷりと吉村氏の熱演は面白かったです。

ゴーストもやっぱり突っ込み所は多いですが、いいシーンも多く感動しましたね。同じく、ハシゴを登るディープスペクターは見たくなかったですがww
偉人達もやはりそれぞれ人間態があったほうが深みも個性もあり格好いいですね 。本編でも一人の声優に頼らずに、心を通わせる一度だけ人間態出すだけで良かったと思いますね。龍馬役の役者さんとかハマってましたし。タケルに関しては、隣の子供が「また、死ぬの ?」ってつぶやいてて笑いました。
敵に関しては、ダークゴーストやエクトリーマーが格好いいだけに、また、おっちゃんの所為って理由だけで萎えました。深海親子に関してももう少し丁寧に描いてほしかったです。
エグゼイドはフォーゼみたいなコミカル路線に見受けられましたが、ゴーストのように制作陣がゴタゴタにならないように祈ってます。
  1. URL |
  2. 2016/08/07(日) 19:02:39 |
  3. 名無しの特 #-
  4. [ 編集]

ジュウオウジャーの方にトリンやマスターシャーフが出てたらしいですけど自分は見つけれませんでした
EDのチケット君は露骨だったのでわかりましたが
戦闘シーンはイーグルの空中戦が印象に残ってます
キューブコンドルは冒頭みたいに合体してほしかったですね
武器に変形するだけって・・・

ゴーストの方はマコト、カノンと大悟のやりとりが一番良いシーンだと思いました
アルゴスはタケルと同じ境遇というのがポイント高いですね
「お前はゴーストで何か不便があったか?」や「お前の理想はお前が生きてる内に実現できるのか?」は中々深いセリフだと思いました
ナポレオンは劇中でのバトルもかっこよくキックも使ってくれたので好きな形態ですね
エクストリーマーもグレイトフルとムゲンを合わせたようなデザインですし(全身に目の紋章+長パーカー)
最後の空中戦見て思いましたがやっぱり自分は巨大な敵が好きではないようです
今回のCG戦もライダー同士だったので見応えありました
特に最後のキックはカメラの回転も相まって劇場で見て良かったです
タケルの「ご飯が食べられない」に関してはタケル自身が2話で高校生を見て「俺も少し前までああだった」って言ってましたし普通に戻りたいが故の台詞だったと考えると良かったかと
最後にタケルが蘇るのが唯一の不満点でしたね
これがなければ夏映画で一番好きな映画だったのに
とはいえ総合で見ると夏映画でもトップクラスに好きな作品になりましたね
冬の予告でスーパーヒーローイヤークライマックスとか言ってましたけど正直何もなかったように思います
アマゾンズとか1号とかあったのはあったのですが
正直ディケイドの平成ライダー10周年の頃が一番盛り上がってたように感じます
  1. URL |
  2. 2016/08/07(日) 19:35:45 |
  3. キングフォームRSF #-
  4. [ 編集]

まさにゴーストの集大成と呼ぶにふさわしい映画だったように思います。 いい意味でも悪い意味でも。
「命テーマなのに軽い扱いの人命」「重要な設定の割にサラッと流す」「面白くなりそうなキャラの描写が浅い」「燃えそうで燃えない展開」全てが存分に詰まっていました。
ゴーストに関してはゆるい気持ちで見るように望んでいたのですが、唐突に出てきたタケルの本当の体に驚き、普通に倒して爆散させた時は本気で唖然としました。
タケルと同じ立ち位置だったアルゴスや大吾も、掘り下げれば面白くなる要素満載なのにただ出てきただけに近いのが残念です。 敵ネクロムも雑魚のように処分されますし。
また本編で残念だった闘魂ムサシの扱いも、今回は武蔵本人との合体で盛り上がったのに即ヒミコに変わったりと本当に盛り上げるのが下手だなと。
あと「ご飯が食べたい」は寒かったですね。 言いたいこともやりたいこともわかるんですけど積み重ねができてないので「この局面で言うことがそれ?」としか思えず。

ただ本編よりは確実に面白かったです。 特に最後のムゲン魂のCG戦闘はディティールが甘い以外は牙狼レベルの動きで今週のネタバレ予告は何度も見てしまいました。
コートたなびかせながらのキックと着地後の羽が舞う演出は惚れ惚れするくらいで、このワンシーンだけなら今までのライダー映画の中でもかなり気に入っています。
英雄の村もあれだけの数が一集まりになっていたのは壮観でしたし、ほとんどがコスプレの一般エキストラというのも気合が入っていて面白いなと。
まあ英雄がタケルの記憶ないという下りはいらなかった気がしますが。 ただでさえ尺足らずな映画なのに無駄に時間食うことをするのがゴーストらしいです。

意外に楽しめたゴーストと違いジュウオウは期待外れでした。 悪くはなかったのですが柴崎監督の割に見所も少なくコンドルの出番の少なさと話の盛り上がらなさがどうも。
今週のジュウオウは切なさ重視で久々に面白かったなと思った反面、映画のようなストレートな燃え重視の時はやはり一味足りない感じがして地味に感じます。
また戦隊40周年も特に何もなく終わりそうですね。 ゴーカイであれほどやったのでこうなるのは見えてましたが、レジェンド関連はニンニンの方がお祭り感はありました。
スーパーイヤーだの言っていますが今のところいつも通り○○年記念とダシにしているだけですね。 去年もVシネやネット配信自体はしていたので特に豪華感は感じられません。
  1. URL |
  2. 2016/08/07(日) 20:57:55 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

>名無しの特さん
>自分はEDのチケット君しか見つけられなかったです。せっかくの40年記念作品なんだからもっとはっちゃけたら良かったのにと思いました。
自分もそれくらいでしたね。
ネットの感想見てると随所に散りばめられているくらいなのでもう1度見るとさらなる発見があるかもしれません。
それよりはゴーカイジャー程でなくともいいのでニンニンジャーくらいの歴代要素はあっても良かったかなと。
せっかくのお祭りなのに寂しすぎますよ。

>タケルに関しては、隣の子供が「また、死ぬの ?」ってつぶやいてて笑いました。
やっぱり子供も気にしてたんですねw
1話はノーカウントにしても同じようなことを3度もやれば子供でも気になりますよね。

>敵に関しては、ダークゴーストやエクトリーマーが格好いいだけに、また、おっちゃんの所為って理由だけで萎えました。深海親子に関してももう少し丁寧に描いてほしかったです。
デザインや映画キャラ要素がよかっただけに明らかに尺不足が目立つ結果になりましたね。
わざわざ本編でも触れられていた大吾に関してはもっと掘り下げて欲しかったです。
子供2人を置いて旅立つ葛藤とか色々描けそうなだけに。

エグゼイドはあの見た目通りの明るい作風なのか、逆に暗くなるのかが見物です。
  1. URL |
  2. 2016/08/07(日) 23:40:33 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>キングフォームRSFさん
>戦闘シーンはイーグルの空中戦が印象に残ってます
イーグルの空中戦はカッコよかったですね。
映画ならではの予算でもう少しだけ長く見ていたかったです。
すぐにやられて変身解除するのでギフト線を思い出しましたよ。
キューブコンドルは合体があっても良かったかもしれませんね。
ロボ・武装の両方を見せるのは上手ですがロボ形態としては最初の敵として出てきたままなので。

>「お前はゴーストで何か不便があったか?」や「お前の理想はお前が生きてる内に実現できるのか?」は中々深いセリフだと思いました
タケルが完全に黙ってしまうくらいのインパクトはありましたね。
そういうのを吹っ飛ばすくらいの「ご飯が食べたい」は説得力があって良かったと思うのですが流石にあのタイミングは・・・

>最後の空中戦見て思いましたがやっぱり自分は巨大な敵が好きではないようです
>今回のCG戦もライダー同士だったので見応えありました
自分は主役よりも巨大な敵が好きかどうかは作品によって分かれますね。
ライダーは等身大の敵を相手にして欲しいですがウルトラマンや牙狼は巨大な敵の方が好きなので。
今作に限っては同スケールの敵にして正解だったかと。

>最後にタケルが蘇るのが唯一の不満点でしたね
>これがなければ夏映画で一番好きな映画だったのに
本編で何度もやっている要素だけに脚引っ張ってる感はありますよね。
タケルが消滅する展開を売りにせず、100のアイコン登場という宣伝でも問題無かったと思うので。
本編で消滅し続けているのもそうですが、ちょっと前のニンニンVSトッキュウで「さらば天晴」と何回消えるんだという突込みしか出てこなくて。

>正直ディケイドの平成ライダー10周年の頃が一番盛り上がってたように感じます
(最終回はともかく)あの頃に盛り上がりは本物でしたね。
忘れもしない、5月1日に全ライダーが並んだ映像は衝撃でしたよ。
そこから8月公開までの3ヶ月間は本編の盛り上がりも含めてワクワクしっぱなしでした。
ライダー放送の中で毎週心から盛り上がったのはディケイドの時でしょうね。
  1. URL |
  2. 2016/08/07(日) 23:41:16 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
>まさにゴーストの集大成と呼ぶにふさわしい映画だったように思います。 いい意味でも悪い意味でも。
良くも悪くもゴーストの集大成でしたね。
ゴーストチェンジ(バトルシーン)は良かったのですがタケルの身体本体を出して消滅させる展開はいかがなものかなと。
散々言われていることですが、これまで本編で何度も死んでいるのに映画でやらなくとも。
ゴースト独自の99日消滅がテレビでも映画でもマイナス要因になっているなと。

>あと「ご飯が食べたい」は寒かったですね。 言いたいこともやりたいこともわかるんですけど積み重ねができてないので「この局面で言うことがそれ?」としか思えず。
台詞自体は良いと思うのですがタイミングの問題ですよね。
何もあの局面で言わなくとも・・・
せめてムゲン魂に変身する前に言えなかったのかと。

>特に最後のムゲン魂のCG戦闘はディティールが甘い以外は牙狼レベルの動きで今週のネタバレ予告は何度も見てしまいました。
仰るようにCG戦は見応えありましたね。
確かにディティールが甘いだけで動きそのものは牙狼レベルでスピーディーでした。
DVDが発売されたらもう1度チェックしたいですね。本当にアクションシーンは良かったので。

>ほとんどがコスプレの一般エキストラというのも気合が入っていて面白いなと。
ある意味これが一番驚きましたよ。
参加された人たちのレベルが高いこと高いこと。
ムサシやヒミコのようなプロが手掛けた衣装・メイクにも負けてないくらいの存在感でした。

>意外に楽しめたゴーストと違いジュウオウは期待外れでした。 悪くはなかったのですが柴崎監督の割に見所も少なくコンドルの出番の少なさと話の盛り上がらなさがどうも。
戦隊映画としては普通でしたが柴崎監督が手掛けたことを考えると期待外れでしたね。
生身でイーグライザーを振るったりカッコいいシーンもあるにはあるのですが。
子供たちが泣いてばかりの映像が続いて画面的にも面白みに欠けた気がします。
またレジェンド要素に関してはニンニンジャーの方が豪華でしたね。
ニンニンジャー放送中は40年目でこんなにゲストがいるんだから次の戦隊は凄い事になりそう!と楽しみにしていたらこのガッカリ具合ですよ。
戦隊側に大きな動きも無くヒーローイヤーも終わりを迎えますしこれは45年目の戦隊に期待ですね。
  1. URL |
  2. 2016/08/07(日) 23:44:10 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

○ジュウオウジャー
操(ワールド)が絡まなすぎなのを除けばいつもの戦隊映画。
6人目が別行動なのはいつものことなんだけど、いくらなんでも何もせず待機ってのは・・・。
冒頭の落ち込みシーンは『みんなでサーカス見に行ったのに自分は誘われなかった』と落ち込んでるのかとww

○ゴースト
凄く面白いわけでもないし、つまらないわけでもない、普通に面白い映画かな。

アルゴスは元は病気で亡くなったそうだけどゴーストとして復活後は犠牲者でもありますね。
グレートアイは本編以前に起動してないようだからアイコンを15個集めたわけでもないのにどうやって仙人達の計画に気付いたのか気になる。
大悟が失言でもしたのだろうか?
大悟といえば詰め込みすぎな部分は否めないですね。マコトにも活躍の機会を与えたかったんでしょうけど、ストーリーはアルゴスとタケルの関係に絞った方が良かったんじゃないかと。
とはいえ昨年は「チェイサー出番なさすぎ」だったし難しい問題ですけどね。

エグゼイドはダークネクロムを1人倒しただけで帰ったんですかね?
例年と違って次作ライダー救援後から最終決戦まで時間が空いてるので気になる。
  1. URL |
  2. 2016/08/11(木) 21:51:01 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

ジュウオウジャーは無難な作りでしたね。面白かったので良かったとは思います。劇場版ウィザードの時にキョウリュウジャーのエンディングに晴人さんが出てきたのが衝撃的だったので、毎回今回はライダーの人出るかなと凝視してしまう自分がいますw

ゴーストは見る前のハードルが低かったので良い意味で裏切られました。
アルゴス、ダークゴースト、ナポレオン魂、エクストリーマーと、カッコ良い劇場版の敵が見れて満足しています。(劇場ライダーが好きなので…)

これだけお聞きしたい、アルゴスは「ゴーストに何か不便があったか?」と言ってましたが、日数制限はあったと思いますか?
  1. URL |
  2. 2016/08/12(金) 12:41:40 |
  3. 白銀 #-
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
>ジュウオウジャー
いつもの戦隊映画って言葉がぴったりなくらいいつもの戦隊映画でしたね。
近年は6人目の出演時間が長かったり出番を増やしたりしていたので
外で待機していたという理由が弱く感じてしまいました。
同じ時期に加入のトッキュウ6号は頑張っていただなと実感します。

>ゴースト
>大悟が失言でもしたのだろうか?
おそらくこれかと。
それか隠れて仙人とグレートアイについて話していたところを盗み聞きされたとか。
とても導ける器ではなかったということですね・・・

>ストーリーはアルゴスとタケルの関係に絞った方が良かったんじゃないかと。
自分もこれは思いました。
内容が良かっただけに駆け足すぎて尺不足が目立ってしまったので。
マコトVS偽マコトをやるくらいならテレビでやっても良かったような。

>エグゼイドはダークネクロムを1人倒しただけで帰ったんですかね?
おそらくあれっきりかと。
フォーゼでのウィザード参戦は宇宙に行ってしまったという理由付けはありましたが今回は時間空いてますね。
それを言ったらドライブでのゴースト参戦もですが。
終盤で強力な敵幹部を倒すよりはまだ中盤で中ボスを倒した方が集中出来るのが今の方が好きではあります。
未だにダブルがシャドームーンを圧倒した件がトラウマで夏映画先行登場が好きになれませんし。
  1. URL |
  2. 2016/08/12(金) 14:41:47 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>白銀さん
>劇場版ウィザードの時にキョウリュウジャーのエンディングに晴人さんが出てきたのが衝撃的だったので、毎回今回はライダーの人出るかなと凝視してしまう自分がいますw
たまに戦隊側からライダーへのバトンタッチ的な遊び演出がありますが今年はありませんでしたね。
トッキュウ→鎧武の時も「次は~仮面ライダー鎧武~仮面ライダー鎧武~」なんてのもありましたし。

>アルゴス、ダークゴースト、ナポレオン魂、エクストリーマーと、カッコ良い劇場版の敵が見れて満足しています。(劇場ライダーが好きなので…)
自分も劇場ライダーが好きなのでこの点は良かったですね。
特にダークゴーストのフォームチェンジがカッコよくナポレオン・ピタゴラス・一休は燃えました。
平成ライダーの映画16作目にしてようやく敵ライダーもフォームチェンジしてきましたね。

>これだけお聞きしたい、アルゴスは「ゴーストに何か不便があったか?」と言ってましたが、日数制限はあったと思いますか?
おそらく無かったかと。
劇中でアルゴスと大吾がどれだけの期間旅をしていたか明言はされていませんがなんとなく99日以上は旅をしている雰囲気があったので。
マコトとカノンが眼魔世界に行く前に2人の元を離れましたし
ダーウィンを庇って10年近くあの洞窟に逃げ隠れしていたとも思えないのでそれなりの帰還アルゴスと過ごしたのではないでしょうか。
  1. URL |
  2. 2016/08/12(金) 14:42:55 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

最初のコメントに若い人は君付けさん付け~と返信してもらったんですけど
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/blog-entry-3180.html
とかhttp://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/blog-entry-2854.html
の記事見ると、若手の人に対しても呼び捨てじゃないですか
特撮関係に出ていない人というか、一般的に知られている人は呼び捨てなんですかね(森カンナさんと新川優愛さんは出ているので別だと思いますけど)

別にすべての人に君付けさん付けをしてくださいというわけではないですが、過去の記事見てたら気になったんで
  1. URL |
  2. 2016/09/13(火) 09:10:49 |
  3. asasa #-
  4. [ 編集]

>asasaさん
>の記事見ると、若手の人に対しても呼び捨てじゃないですか
あ、本当だ。
特撮に出た人とそうでない人で分かれてるんですね。
ちなみに藤原竜也さんを竜也呼びしてるのは、藤原竜也さんが好きな声優さんのラジオで竜也竜也連呼していたので真似て竜也と呼んでいます。
演技力が高い方ですし藤原竜也さん自体は好きですよ。
何度も気にさせるようなことになってしまい申し訳ありません。
  1. URL |
  2. 2016/09/14(水) 00:15:04 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

特撮に出てない人をベテラン、若手問わず呼び捨てにしてるのはなぜでしょうか
  1. URL |
  2. 2016/09/19(月) 19:51:20 |
  3. ねっしー #-
  4. [ 編集]

>ねっしーさん
>特撮に出てない人をベテラン、若手問わず呼び捨てにしてるのはなぜでしょうか
特撮に出ていない役者さんを呼び捨てにしている時点で説得力はありませんが、特に理由や悪意はありませんよ。
嫌悪感を与えてしまったようであれば申し訳ありません。
  1. URL |
  2. 2016/09/19(月) 23:56:52 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

レンタルで借りれたので、遅過ぎる感想を。
ゴーストにしてはそれなりに面白い映画でしたね。死ぬ死ぬ詐欺はもう割り切るべき話だとして。

ゴースト以上に亡霊っぽいダークゴースト、紫色でカッコいいゼロスペクター、単なる雑魚かと思いきや意外と強かったダークネクロム軍団、大量の眼魂が不気味なエクストリーマーと、映画ライダーはどれも非常にカッコ良かったですね。
ダークゴーストはナポレオンだけでなく、まさかHBVの一休やピタゴラスまで使って来たのは予想外。ダークネクロムは劇中無敗のベンケイを使って来たのが一番恐怖でした。
だからこそ、ゼロスペクターにも何か1つくらいゴーストチェンジして欲しかったのが個人的な意見だったり。
  1. URL |
  2. 2017/01/23(月) 19:09:48 |
  3. 掛布団 #-
  4. [ 編集]

>掛布団さん
>映画ライダーはどれも非常にカッコ良かったですね。
本編の予算が映画に?というくらいスーツ数が多くカッコいいライダーが多かったですね。
特にレポレオンとエクストリーマーはお気に入りです。
今週にはGCのダークゴースト・ナポレオン・ダーウィンが届くので楽しみですよ。

HBVの一休とピタゴラスは燃えました。
本編や映画にHBVのフォームが出ないのはお約束でしたしまさかの登場は嬉しかったです。
おそらくタケルらから奪ったほかのアイコンでゴーストチェンジしてもここまでは燃えなかったはずなので。
反面、ダークネクロムらが使い自分たちの力が襲い掛かってくるのはなかなか怖かったです。
仰るようにベンケイあたりは恐怖ですね。パーカーがそのまま顔となるゴーストライダーではまさに自分自信が襲い掛かってくるような相乗効果もありますし。

>だからこそ、ゼロスペクターにも何か1つくらいゴーストチェンジして欲しかったのが個人的な意見だったり。
何かしらゴーストチェンジはして欲しかったですね。
スペクター以上、ディープスペクター未満の強さでしたのでツタンカーメンでもノブナガでも何か一つ使えばディープスペクターをも倒せそうな気がしました。
  1. URL |
  2. 2017/01/23(月) 23:17:12 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3286-b0fdb3e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する