特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ゴースト第24話「出現!謎の戦士!」

gost24-1.jpg
春映画に合わせてお馴染みになりつつあるコラボ回。
鎧武&トッキュウ、ドライブ&ニンニンの1時間SPではなく通常放送の中でのゲスト出演なのでディケイド&シンケンジャー式。
OPはグレイトフルが追加されゴースト・スペクター・ネクロムがパーカーと一緒に映るシーンはなし。
今は映画宣伝verだけどそれが無くなったらどうなるかな。

ショッカーの一員であるヤマアラシロイドが登場。
ゴエモンへの直接変身は闘魂ブーストで。
改めてゴエモン・リョウマ・ヒミコは闘魂専用フォームと判明した瞬間。オレ魂でのゴエモンらも見てみたくはある。
サングラッシャーは自動復活したけどタケルの認識としてはもう壊れて使えないものだった。
ここのギャグシーンが寒くて痛々しい・・・

アドニス大帝が生きていたことには驚き。
てっきり身体毎消滅させたのかと。
アデルとしては身体毎消滅させても良かったけど祈りの間のように知らない情報が出てきた時のために生かしておいたのかも。
幽閉しておけば死んだ扱いに出来るし情報も聞き出せてと一石二鳥だから。
アリアのように勘の鋭い人にはバレちゃうけど。

アランはアデルが狙ってくる理由を濡れ切れだと勘違い。
濡れ切れではなく本気で殺しに来ていると知ったらショックは大きそう。
一応変身は出来るものの、すぐエネルギー切れで追い詰められる。
先週もだけど「カノンは逃げろ」はヒーローやっててカッコいい。











gost24-2.jpg
ヤマトがやってきて一緒に変身。
「さっきの」ってことは何日も前に共演したとかではなくつい数時間前の出来事かな。
テンコ盛りのグレイトフルに比べて初期形態のジュウオウイーグルではバランス悪く感じる。
これならジュウオウジャーパートでやったグレイトフル&ゴリラの方がしっくりくる。
サングラッシャーとジュウオウバスターは確かに似てるね。
グレイトフルなら他の武器も使えるようでガンガンセイバーハンマーモードといったようにベンケイ状態の武器も。
ただでさえ少ないショッカー残党がさらに少なくなっていく。











gost24-3.jpg
アランの危機に駆けつけ英雄ゴーストを召還。
黒タイツにパーカー着せれば良いだけだから出番は多そう。
必殺技はロビン・ゴエモンと同じ武器を持って交互に攻撃するのがカッコいい。
攻撃もちゃんと金色になっていて差別化されているし。
英雄ゴーストが殺されてしまったらアイコンに戻るだけなのかアイコン毎消滅してしまうのかが気になる。
フーディーニやグリムのようにまだ心を通わせていない偉人は呼び出せるのだろうか。
初見は微妙に感じたグレイトフルがどんどんカッコよく見えて好きになってきた。

ラストに登場する1号の声は藤岡弘ではなく稲田さん。
3号では及川光博本人が出演したのに代役だから一気にしょぼくなったような。
ロボを見てバカにされる展開が楽しみだったから無いのが残念。
ユルセンの「ガオー!すげーロボットも持ってるんだぜ」はあおちゃんが最後に出た戦隊がガオレンジャーだからかな。

過去2回は話は面白いのに放送タイミングが悪かったせいか、今年は本筋の中に組み込まれている。
「ジュウオウイーグルさんとだって一緒に力を合わせることが出来るんだ。目的が同じならきっと協力できるんじゃないかな」
を聞くとコラボの意味あったように思えるけどこれまでのように1時間SPで見たかった。
ジュウオウジャー出演のゴースト、ゴースト出演のジュウオウイーグルとどちらもこれまでに比べるとコラボ感弱くて本筋に食い込むほどには見えなかったし。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/27(日) 17:42:41|
  2. 仮面ライダーゴースト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ジュウオウジャー第7話「ゴゴゴゴーストが出た」 | ホーム | 映画 仮面ライダー1号 感想>>

コメント

何だかんだでジュウオウイーグルとの掛け合いは良かったと思います。ただ、やっぱりこういうのは本筋ではなく例年通りの合体スペシャルで見たかったですね。流石にこれは「マコトが大変な状況なのにお前ら何やってんの」と視聴者から突っ込まれても仕方ないでしょうし。

ゴエモンのタケルに対して語りかけた言葉はそれなりに良いなぁと思えた分、御成に対する「一度も対話などしとらん」は地味にひでぇと思いましたw
そういえば今回はゴエモンの解説が表記されてましたが、もしかするとまだ解説が表記されていないニュートン、ツタンカーメン、グリム、サンゾウの4人も、いずれ何らかの形で解説が表記されるのかもしれませんね。

グレイトフル魂の戦闘シーンは、個人的には気に入ってる方ですね。英雄ゴーストを召喚するところはディエンドを、英雄ゴーストと一緒に必殺技を繰り出すところはコンプリートフォームを思い出しました。今回はゴエモン&ロビンフッドの義賊コンビが召喚されましたが、次回以降はどんなコンビの英雄ゴーストが召喚されるか楽しみです。
  1. URL |
  2. 2016/03/27(日) 18:55:57 |
  3. 掛布団 #-
  4. [ 編集]

やはりジュウオウジャーとゴースト、別々の話でしたね。
どちらもあっさりに感じました。
そしてどちらのパートも、シリアスとコミカル(コラボパート)の振り幅が極端すぎてちょっと違和感が。

ゴーストの方は、アランとマコトは命の危機なのにタケルは遊園地で遊んでたり、大和と和気あいあいなトーク(言い方変かもしれませんが、和気あいあいとしてたのでw)をしていて、何やってんだとツッコミたくなりました。

対照的に、シリアスパートのアランとカノンは良かったです。
「死」への恐怖と、マコトから受け取った想いに葛藤するアランと、タケルとアランを和解させようと奮闘するカノン。
カノンは唯一タケル、マコト、アランの3人全員と面識がある存在なんですよね。
共闘ルートだとすれば、カノンがしっかり架け橋になれそうな強い意志を感じました。

30分ずつ別々でも1時間SPでもどちらでもいいのですが、やはりコラボ回ならコラボに集中した話が見たいですね。
せっかくの1回限りのクロスオーバーなら、まるまる1話使っての交流・共闘を楽しみたいなぁ。

  1. URL |
  2. 2016/03/27(日) 21:05:25 |
  3. SUBARU #-
  4. [ 編集]

>掛布団さん
>何だかんだでジュウオウイーグルとの掛け合いは良かったと思います。ただ、やっぱりこういうのは本筋ではなく例年通りの合体スペシャルで見たかったですね。
過去2回分は放送タイミングが悪かっただけで内容自体は良かったので今年も合体1時間SPで見たかったですね。
本格的にコラボ初めてまだ3年目ということで試行錯誤しているのかもしれませんが。

>御成に対する「一度も対話などしとらん」は地味にひでぇと思いましたw
一方的に御成が好意持ってるだけですもんねw
ゴエモンが憑依しても普段とそこまで違和感が無かったので驚きましたよ。
解説の件ですがいずれは他の偉人にも触れて欲しいですね。
一瞬で映る程度とはいえやるとやらないとではやってくれた方がいいので。

>グレイトフル魂の戦闘シーンは、個人的には気に入ってる方ですね。
そういえば義賊コンビだったんですね。気付きませんでした。
グレイトフルは前回は酷くて目も当てられませんでしたが今週はカッコよかったです。
先週は先週で攻撃を素手で弾くのはカッコよかったのですがぶつ切りや即ライダーキックで終ってしまったのがなんとも。
  1. URL |
  2. 2016/03/28(月) 22:20:25 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>SUBARUさん
>そしてどちらのパートも、シリアスとコミカル(コラボパート)の振り幅が極端すぎてちょっと違和感が。
ビックリするくらい極端でしたね。
ジュウオウジャーのギャグパートはゴースト客演の時くらいで後はアム関連でシリアス大目でしたがゴースト側は本当に極端というか。
遊園地での追いかけっこは堪えますね。

反面シリアスパートは自分も好きでした。
本筋は盛り上がりにかけますが最近のアラン描写はとても好きです。
時間かけて少しずつやっているだけあって毎週の楽しみです。
これなら味方になっても唐突感を感じないかもしれませんし。
確かにカノンが架け橋になっているんですよね。
兄であるマコト、小さい頃からの友人であるタケル、長い間眼魔世界で共にしたアランと面識があるので。
今のカノンはちょっと危なっかしいところもあるのでちゃんと架け橋になって欲しいですね。
  1. URL |
  2. 2016/03/28(月) 22:21:28 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3188-25d710aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する