特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

小説 仮面ライダー鎧武感想

160324-1.jpg
鎧武外伝2から4ヶ月たちようやく発売の小説。
長く待ったこともあってかこれまでの平成ライダー小説の中で一番面白かった。
待ちに待った待望のアームズが出たりファイナルステージの要素まで拾ったり思わぬ人物が客演したりと驚きの要素多数。
感想は続きから。
ネタバレありなので注意。


○ストーリー
鎧武外伝2の続きからスタート。
最初は貴虎&凰蓮コンビ、中盤以降はミッチ&ザックの組み合わせでストーリーが展開。
鎧武新作に付き纏う問題は「ドライバーとロックシードはどうする?」というもの。
全て処分したから新しい敵を出すのに苦労しているのは最終回やフルスロットルで分かっていることだし。
自分の予想としてはユグドラシル崩壊時のどさくさやビートライダーズが隠し持っていたのが流通したのではないかと考えていたけど案の定。
辺境の地にすら10万台量産できる施設があったりしているし。
「デューク」から「ナックル」までの間に供界が復活しないのが疑問だったけどドライバーが生成されるまでの期間には納得。

怪しい組織リストに財団が出てきたけどシャプールが奮闘していて微笑ましかった。
財団に戻っても抹殺される暗い未来しか待ってないように思われたけどちゃんと生きて頑張っているようだし。
世界中でヘルヘイムの脅威が訪れたけどそれすら乗り切って健全化に勤めているようだし。

中盤からは綺麗なミッチとザックが主役の見事なまでの王道コンビ。
「外伝ナックル」ではネオバロンの巨漢に苦戦した生身ザックも今作はバッタバッタと倒すほどパワーアップ。
素のミッチでも強いし。
チャッキーがザクロロックシードを手にした時はついに仲間内からも操られる人が出たのかと焦ったけど潜入操作で安心したw
セイヴァーシステム=スカラーシステムではなくあのような装置とは。
ヘルヘイムの力が加わっているのでベルトをつけていれば洗脳から逃れられるというのは納得。

供界の視点で色々見れたのは満足度高い。
人間を超越した存在ではあるけれどサガラには及ばず。
供界はロックシード(ヘルヘイム)の影響で今の存在になったからその造物主であるサガラに及ばないのは当然なんだけど。
サガラが言っているようにイナゴの怪人らを操るのはまんまコウガネ。

夏映画関連で気になったのが「光実「たち」は覚えてない」というテキスト。
まるであの場にいたザックらもサッカー世界では本物であるかのような扱い。
紘汰とミッチが訪れた時は戒斗は経験済み?で既に別人に変わっていたけど実は全員が本物で夢の出来事と認識していたのかもしれない。
ミッチが別人の振りをしていたように他のメンバーも別人の振りをして様子見していたのかも。
耀子の勘の鋭さ、真っ先に戒斗を助ける行動はいかにも本編からやってきたような感じだったから。

終盤で過去のライダーたちのテキストが出てくるのは感動。
オルフェノクのことを「ヘルヘイムとは違う進化に至ったものたち」と表現するのが上手い。
ディケイドがはぶられたのは「ディケイドに物語はありません」からだと思ったらまさか士本人が登場!!
こういうのは電王ではなくディケイドの役目と考えていたのでまさかの登場に大歓喜。
士まで出したのはやりすぎかな?と思ったけどウィザード特別編・ライダー大戦とディケイドとの接触は多かったからそれほど気にならなかった。
パラレルである戦国大合戦も加えれば一応武神ディケイドから力は貰ったし。
ライダー大戦で士とミッチは離れたところで戦っていたけど「ブドウのライダーがいる」「ピンクのライダーがいる」程度の認識はしていたのかな。

歴代ライダーのテキストにドライブが入っているのも嬉しい。
こういうのは放送前のライダーまでしか入らない印象があったから。流石にゴーストは間に合わなかったようだけど。
戒斗が駆けつけた時は驚き紘汰まできてくれた時は感動のあまり涙目になりながらページ捲ってた。小説読んで涙目になったのは初めてだ。
やはり外伝になってからは色々なライダーにスポット当たったけど「鎧武」のタイトルがついている以上は紘汰に出てきて欲しかったから嬉しかった。
極スカッシュ=ライダーキックで締めてくれたのが嬉しい。
大好きな「YOUR SONG」の「どんな痛みも越えてゆける」「護るため立ち上がれ。自分じゃなくこの世界のために」というフレーズは感動して胸がジーンとなった。

最終回、フルスロットルに続き当然ラストを締めるのは紘汰&舞。
もう安心の組み合わせだけどそろそろ晶(姉)の元へ会いに行ってほしいw

他に気になったというか小ネタが地下用水路。
ファイズ最終回やディケイドファイズアクセルVSザビーのあそこかな?
ビートライダーズの初期案を拾うかのごとくギャングや危ない不良たちも出てきた。


○ライダー
・斬月
斬月スイカアームズ!←おお!

メロンディフェンダーでサーフィン!←おお!?

メロンエナジー!!←くるか?ついにくるか!?

ジンバーメロン! ハハッー!←うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!


本当にこんな感じのテンションが読んでたw
本編ではやらず夏映画でもやらずフルスロットルでもやらず「外伝斬月」でもやらず一体何時やるんだ!?と叫ばれ続けたジンバーメロンがついに登場。
もうこれだけで感無量。本当に良かった。この手のネタを拾ってこその外伝小説。
ジンバーメロンも嬉しいけどありそうで無かった斬月スイカアームズも嬉しい。
何気に斬月・真でダンテライナーに乗ったのは初めて?
「ソーダ・・・」ではなく「ソーダ!」だしメガヘクス戦以降は強ソーダになっているのかも。
手元に置いているだけで最後まで使わなかったし。ウォーターメロンを使えば完全制覇だったけどそこまでは無理だったけど。

・龍玄
ちゃんと出るキウイアームズに一安心。外伝1・2を除けば出続けている。
フルスロットル(進撃のラストステージ)を見るまで気付かなかったけどキウイ撃輪って手の動きとリンクするように操れるのね。
精神世界とはいえヨモツヘグリには驚き。もう壊れてるから再登場はあり得ないロックシードだけにビックリ。
実質キウイが強化フォームで止まっていたところに龍玄 ジンバードラゴンアームズ。
今のところこれが龍玄最強フォームかな。
進撃のラストステージでは龍玄VSドラゴンフルーツのドラゴン対決であることには気付いていたけど龍玄のジンバーとすることで双龍になる考えはなかったのでやられた。
というかジンバー自体紘汰の専売特許という考えを強く持っていて、ナックルジンバーマロンもランクC+のライダーであるナックルを外伝主役として成立させるための救済措置であり例外中の例外と考えていたからジンバーメロンの後のジンバードラゴンフルーツには驚いた。

・ナックル、グリドン、ブラーボ
外伝2の後なので惜しみなくジンバーマロンに変身。
供界相手ではその強さを発揮し続けることは難しかったけど、ジンバーマロンが出るたびに外伝2の続きであることが強調されているようで嬉しかった。
ゲネシスコアについても触れられていて一応キルプロセスで破壊された扱いになっている。
にも関わらずジンバーユニットとして使えたのは紘汰がカチドキを修復できたように、戒斗も残った者たちのために修復したのではないか?というもの。
キルプロセスがゲネシスコアユニットを傷つけなかったという考えしなかったのでこういう解釈は素敵。
虚淵監修で通っている以上、もう公式設定として見てもよさそうだし。

グリドン・ブラーボのコンビもついに復活。
吉田メタル氏に松田凌くんはフルスロットルまで出演し続けてくれたのに変身しないのが不満だったから本当に嬉しかった。
強化フォームないのが残念だけど供界の誘惑を振り切ってミッチのところに駆けつけただけでも十分すぎるほどの活躍かもしれない。

・セイヴァー
この小説で一番フォームチェンジ(変神)が多かったのがこのセイヴァー。

蓮華座偽神セイヴァー
ザクロ+ゴールデン
ダークネス
魔蛇アームズ
骸骨恐竜

蓮華座はブラッドオレンジを使っているだけあってその手があったか!と納得のフォームチェンジ。
武神ではなく偽神というのが良い具合に皮肉が効いている。
既に映像化しているのもあってイメージが付きやすい。
金のロックシードとミックスした時に玩具から出る「金!」まで再現されているのには笑ったw
ザクロ+ゴールデン、ジンバーメロン、ジンバードラゴンフルーツ、ジンバーマロンとゲネシスコアユニットが4つも揃ったシーンを想像するだけで楽しくなる。
ダークネスはボロボロになった金のリンゴロックシードという解釈をしているのでゴールデン→ダークネスと劣化していくのは納得の流れ。

ある意味ジンバーメロン以上の驚きが魔蛇。
アームズが同じと言うだけで魔蛇本人というわけではなさそう。
ファイナルステージを見た人は「まさか!?」で驚いて見てない人は「なにこれ?」と反応が両極端に分かれそう。
ファイナルステージの要素を出すあたり完全にファン向けに割り切ってるし小説じゃないと出来ない要素。
現実では本編最終回→1週間後→ファイナルステージの順番だから本編で出来なかった要素をファイナルステージで実現することはあれど、その逆は初めてじゃないだろうか。

骸骨恐竜はライダー大戦のあれ?
暗にバダンへ技術提供したのは供界と匂わせている。
最後まで15に関する技術は不明だったけど供界がもたらしたと考えれば納得。
一度は死んだ供界が柊の死に苦悩する連に黄泉の力を渡すというのはなんとなく分かるし。



という訳で鎧武外伝小説でした。
終盤の展開は外伝2ですら序章に見えるくらいのスケールの大きさ。
これまではフォーゼ・ダブルの2作が面白かったけどそれらを越えて平成ライダー小説の中で一番好きになった。
元々好きなライダーだからかもしれないけどページをめくる手がとまらなかったし脳内再生も余裕で文章も読みやすくと良い意味で流石エロゲ屋だなと実感。
オタクの妄想(ジンバーメロン)を叶えるどころかそれを越える要素のオンパレードであっという間に読み終わってしまったし。

外伝2では楽しだ気持ち以上にモヤモヤの方が強くてこの4ヶ月間すっきりしなかったけどこの小説のおかげで気持ちが晴れた。
これで安心して掌返しができるw
本当に面白かったからこそ映像化して欲しいけど、たとえ映画枠の予算があったとしても厳しそうだしやっぱり小説が妥当かな。
フォームチェンジのオンパレードはいかに映画の予算であっても追いつきそうにないし海外ロケやCG考えるととてもとても。
ドラマCDならいけそうな気はするけど。
気になっていた音楽との連動要素は外伝2の主題歌配信だった・・・
いや曲は好きだけどそれこそドラマCDだったりなんなりでもっと大きく展開していくものとばかり。

まだまだ鎧武は続いて欲しいけど残念ながらこれで終りかな。
外伝2で広げた風呂敷を綺麗に畳んで鎧武全体で見ても最終回といっても過言ではない終わり方だったし。
ブルーレイ・玩具も売れていたはずだけど超英雄際でも発表せず小説の帯に載るかと思ったらそれも無かったから絶望的。
けれど鎧武が始まってからの2年半は十分すぎるほど楽しませてもらった。
こんなにはまるライダーがくるなんて思わなかったし本当に鎧武が好きで良かった。
まだ5月発送のダークネスロックシードがあるからそれに合わせてワンチャンあるかもしれないし、あわよくば小説枠で外伝ブラーボやグリドンも出るかもしれないからそれまでは諦めずに待ち続ける。


・ダウンタウンDX
小説読み終わったタイミングで佐野くんと小林くんが出てきたから驚いた。
今になってもライダーの話題出して「変身!!」をやってくれるのが嬉しすぎる。
「元から持ってる素質だけ(でバク転してる)」はワロタw
小林くんの6歩歩いて両足挫くはもう鉄板ネタww
佐野くんがドンドンドン!で小林くんの家に押しかけるエピソードがほほえま。
佐野くん来るのを見越して小林くんが食材用意してあるって凄すぎるわw
スポンサーサイト
  1. 2016/03/24(木) 22:49:51|
  2. 仮面ライダー鎧武
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23
<<伝説!ライダーの魂! 第6章「ウィザード編」 | ホーム | 雑記>>

コメント

初めてコメントさせていただきます!

鎧武小説、まさに今までの集大成と言うべき内容で滅茶苦茶満足度高かったです。
ジンバーメロン、ドラゴンフルーツ、鎧武のほぼ全ての派生作品から拾われる要素の数々に『これが読みたかったんだ!』という気持ちになりました。

特に本編からのブラグリ好きとしては、斬月とブラーボの共闘やグリドンのイナゴ怪人への雪辱戦には胸が熱くなりましたね。

『それぞれの歴史が輝いている』なんて表現が出てきた時にはまさか、と思いましたがまさかのディケイドの登場! 鎧武の世界観に入り込み過ぎず、尚且つ凄く士らしい出方だったと思います。

鎧武もウィザードと似て、テレビ、劇場版、小説とどれも良い終わり方をしてるので続きが想像しにくいところはありますが、ファン的にはもっと続いてくれたらなーとは思いますね!
  1. URL |
  2. 2016/03/24(木) 23:50:45 |
  3. ペングー #-
  4. [ 編集]

完成度高そうですね!
鎧武ファンの飛翔さんがそこまで仰るとなると…財布の命、燃やすか…?(笑)

自分はとりあえずハマったライダーの小説しか買っていないんです。
1期は電王にどハマりしたので、電王は買いました。面白かったのですが、設定やキャラが少し違っていたんですよね。
ドライブももちろん買うつもりなのですが、テレビシリーズを楽しんできたいちファンとしては、やはり本編と繋がっていてほしかったりします。
鎧武小説はまさしくこれまでテレビ、ファイナルステージ、Vシネと応援し続けた鎧武ファンのための小説、ということか…。
噂では呉島兄弟がまたメインになるというような話を聞きましたが、実際はその他のメインキャラ(死亡していないアーマードライダー)全員に見せ場があるようですね。

個人的に、シャプールにも触れらていることにびっくりw
  1. URL |
  2. 2016/03/25(金) 00:46:49 |
  3. SUBARU #-
  4. [ 編集]

まさか魔蛇まで取り入れてくるとは思わず驚きました。 拾わなくてもいいような小ネタまで強引に詰め込み燃える内容にしてくれるのが鋼屋節全開で最高でした。
サムズアップなど平成ネタに留まらず、無駄に詳しい銃器解説やインフェルノなどの虚淵ネタまでガンガン入れてくるごった煮感もニトロノベルらしくて満足です。
微妙なサッカーや大合戦はあまり正史にしないで欲しいなと以前は思っていましたが、強引にとはいえここまで理屈付けをしてくれると正史でもいいなと思えてきます。
待望のジンバーメロンも「ゲネシスがあるなら使う必要がない」という欠点を、スイカアームズからの乗り換えで使用と納得のいく流れで使っているのも芸が細かいなと。
綺麗に決着をつけたフォーゼ、本編の空気そのままのW、引っかかるところはありながらも面白かったクウガのトップ3を抑えて一番好きな小説になりました。

ただ色々理屈付けしているのにマロンエナジーの出自が未だ曖昧なのが気になりました。 ELSは戦極お手製のイメージがあるので新しく作るというのもピンときませんし。
またペコとミッチの関係修復は嬉しかったのですがどうもついでにやった感が…。 ペコにゲネシスを使わせるメリットが薄いので当然ですが黒影・真も出なかったなと。
あと時系列表やキャラ表もわかりやすくて良かったのですが、魔蛇の名を出すのならファイナル関連もここに表記しておいても良かったのになとも。
とはいえ気になったのはこのくらいで後は全く文句なしですが。 特に序盤の凰蓮の活躍は短いながらも主役外伝の代わりといえるくらいの内容だったので気に入っています。

>供界の視点で色々見れたのは満足度高い。
外伝2の時はセイヴァーの見た目や設定に反して供界がイマイチだなと思っていましたが、彼の過去や思想を見るとなかなか面白いキャラでしたね。
舞の「供界の気持ちはわかる」というのも道理だなと。あんな空間でずっと置き去りにされたらもう悟りを開くしかないでしょうし。
偽とはいえ神に到達している辺りやはり始まりの男と共通ずる部分もあったのかなと。 舞同様に人間ゆえの精神の脆さは持ち合わせていたようですが。
紘汰も舞も供界同様に1人だけで生きることになっていれば小説ブレイドの剣崎のようになっていそうな気もしますし。 「仲間がいたかどうか」というセリフが沁みます。
まあ舞の元ネタキャラの「何千年も生きてきたけど親しい人間が死んでいく最初の100年が一番つらかった」というセリフ通りこれから2人とも傷ついていく可能性もありますが…。
あと今回も大本の原因は安定の戦極でしたね…。 記録映像だけでの登場なのに絶妙に彼らしさが出ていて、本当に物語の最初から最後までひっかきまわしてくれたなと。

>士まで出したのはやりすぎかな?と思ったけどウィザード特別編・ライダー大戦とディケイドとの接触は多かったからそれほど気にならなかった。
この辺は想像の余地が多い小説という媒体が上手く活きていましたね。 ディケイド好きならば嬉しいですし、気に入らないならば何らかの幻影として受け取ればいいので。
映像で見たかった部分もあるとはいえ、地の文だからこそできる長々としたオタ好みの設定開陳やスピリチュアルな展開も違和感なく受け取れたなと。
ブラーボが変身した時には「これはVシネ新作ないな…」としょんぼりしたものの、読み終わってみれば最高の形で作品を閉じてくれて満足です。
最後は映像の形で締めて欲しいという思いが終始ありましたが、これだけのものを見せられると「むしろこれで終わって欲しい」とすら思えてきます。

>この小説で一番フォームチェンジ(変神)が多かったのがこのセイヴァー。
今回の連続チェンジを見据えてセイヴァーはゲネシスコアを付けていたのでしょうか。 こういう使い方は全く想定していなかったので本当に良く思いつくなと。
自由度の高い小説なのに各種ジンバーやセイヴァーの各形態含め、ちゃんと既存のスーツなどで対応できるようにしているのにこだわりが見えるのが個人的に好きです。
小説を読んで早速ベルトやACでジンバードラゴン&メロンや金!を再現して遊んでいますが、今まで何度も遊んだ組み合わせでも公式で登場すると思い入れが全然違います。
マスコレのインタビューで玩具の質がいいことともっと活かしたかったという発言がありましたが、今回はそれをかなりいい形で再現できたのではないかなと思います。
新作ロックシードがないのは少々残念でしたが、小説媒体でもロックシードの拡張性と自由度の高さが発揮されていて玩具の質の高さが再確認できました。

>気になっていた音楽との連動要素は外伝2の主題歌配信だった・・・
試写で「キャラソン関連」と言っていたので間違ってはいませんでしたが、「わざわざ宣伝しておいてこれだけ?」と思わざるを得ないですね。
外伝2の発売時に配信しても何の問題もなかったですし、さすがにしょぼすぎるので元々はもっと企画があったのに流れたのかな?と思ってしまいます。

>現実では本編最終回→1週間後→ファイナルステージの順番だから本編で出来なかった要素をファイナルステージで実現することはあれど、その逆は初めてじゃないだろうか。
今までの作品だと小説オーズに出てくる会長に似た王はファイナルステージが初出→小説で登場だったりするくらいでしょうか。(声も宇梶さん)
とはいえあれは同一人物のようでしたが、こちらはどうなのか解釈によりますね。 しかしこれで魔蛇ロックシードの道筋が微妙に見えて来たのは嬉しいです。

>ブルーレイ・玩具も売れていたはずだけど超英雄際でも発表せず小説の帯に載るかと思ったらそれも無かったから絶望的。
セル売上とスタッフの熱だけでやれるならWでやっていたでしょうし色々難しいのでしょうね…。(日笠Pの証言 https://twitter.com/k_yonabal/status/599609688292917248
最終回・ファイナル・フルスロットル・外伝・小説と本当に楽しませてもらいましたが、やはり終わりがほぼ確定となるとさびしいです…。
2弾で初瀬まで出た辺りで映像はこれで終わりかなと思っていましたが案の定。 映像展開が終わるなら一瞬でも2弾に佐野さんも出ていて欲しかったです。
思い返せばVシネや小説の数はWの時と変わってはいないものの、ファンの力での2作目決定や連動する新作玩具の発売など熱の継続は今までで一番強かった気がします。
今回の小説で自分の中でツートップのクウガやWに並ぶどころか超えるかもというくらい鎧武がさらに好きになれました。 3年近く夢を見せていただきスタッフには感謝の一言です。
  1. URL |
  2. 2016/03/25(金) 19:19:28 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

>ペングーさん
初めまして。コメントありがとうございます。
今回の小説はテレビ・映画・外伝・ファイナルステージの内容をふんだんに詰め込んでいて面白かったですね。
特にファイナルステージネタ(魔蛇)は本当に驚きましたよ。
ファイナルステージは見る人が少ない分、ある意味小説や外伝よりもマニアックな部類ですから。

>『それぞれの歴史が輝いている』なんて表現が出てきた時にはまさか、と思いましたがまさかのディケイドの登場!
平成ライダー小説だとディケイドを除けばフォーゼでウィザードについて軽く触れられる程度はありましたが
ここまでインパクトのある登場するなんて考えもしませんでしたよ。
仰るように(まさか・・・)と息を呑んだところで「通りすがり」で燃えましたよ。

>ファン的にはもっと続いてくれたらなーとは思いますね!
今回の小説で終ってもおかしくありませんが、出来るならどこまでも続いて欲しいですね。
BDも玩具も買い支えるので諦めずに今後の展開を待っています。
  1. URL |
  2. 2016/03/25(金) 23:53:47 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>SUBARUさん
今回の小説はとても面白かったのでオススメです。
金銭的に難しくともなんとか700円出せれば楽しめるかと。

>自分はとりあえずハマったライダーの小説しか買っていないんです。
>1期は電王にどハマりしたので、電王は買いました。面白かったのですが、設定やキャラが少し違っていたんですよね。
平成ライダー小説って案外自分の好きな作品よりもそうではない作品の方が楽しめたりしますよ。
自分はフォーゼが好きではないのですが小説は今回の鎧武が発売されるまで一番楽しめたので。
基本的に平成2期ライダーの小説はどれも楽しめました。本編とリンクしているので。
1期だと再構成ですがキバやディケイドが好きです。

>噂では呉島兄弟がまたメインになるというような話を聞きましたが、実際はその他のメインキャラ(死亡していないアーマードライダー)全員に見せ場があるようですね。
誰が主役かと聞かれたら呉島兄弟と答えますが見せ場自体は全員にありますよ。
外伝2のザックに続き凰蓮と城之内がまた変身してくれたのは本当に嬉しかったです。
これまで変身しなかった鬱憤を晴らすかの如く活躍したので。

>個人的に、シャプールにも触れらていることにびっくりw
「外伝 バロン」で終りではなく触れられていて驚きましたよ。
数行程度のテキストでしたが生き残っていることに安心しました。
  1. URL |
  2. 2016/03/25(金) 23:54:05 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

鯖缶さん
>まさか魔蛇まで取り入れてくるとは思わず驚きました。
魔蛇は本当に驚きましたね。
魔蛇って文字が出てきた時は目を疑いましたよ。
ゴールデン→ダークネスと順調に劣化していくなかでまさかのファイナルステージ要素ですし。

>待望のジンバーメロンも「ゲネシスがあるなら使う必要がない」という欠点を、スイカアームズからの乗り換えで使用と納得のいく流れで使っているのも芸が細かいなと。
これまでは「ジンバーメロンを出して欲しい!」と願っていた反面、斬月・真がいる以上変身する理由が無かったので難しかったんですよね。
外伝斬月でメロンエナジーそのものが奪われ機会を無くしましたし。
その点今回はスイカアームズからの変身ということで全く違和感無かったですね。
ここまでくるとバナナ→レモンエナジーのようにメロン→メロンエナジーといった具合にベルト交換を見てみたくなってきました。
一度やって欲しかった要素が実現すると要望が止まらなくなっちゃいますよ。

>ただ色々理屈付けしているのにマロンエナジーの出自が未だ曖昧なのが気になりました。 ELSは戦極お手製のイメージがあるので新しく作るというのもピンときませんし。
外伝2の続きでありながら肝心のマロンエナジーについては全く触れられませんでしたね。
てっきり貴虎がマロンエナジーとゲネコアを作ってミッチ経由でザックに託したものとばかり。
そもそもELSとゲネコア作れるなら龍玄はこの小説の時点でとっくにジンバーアームズに変身できているはずですから。
貴虎のゲネコアも未だにメカ凌馬の遺品みたいですし新調した様子は無かったので。

夏映画の要素が強くありながら黒影・真が登場しなかったのは残念です。
未だに外伝2発売前のインタビューの「黒いライダーばかりが~」→ペコ変身きたか!?→黒影二人はガッカリしたので。

>ディケイド好きならば嬉しいですし、気に入らないならば何らかの幻影として受け取ればいいので。
明らかにディケイドですが明言された訳ではありませんし受け取る側次第なのが良いですね。
他ライダーが登場することなど全く考えてなかったので本当に驚きましたよ。
序盤からワクワクしてページを捲っていましたが5人揃ってからが本当に面白くて何度も読み返してしまいます。

>ブラーボが変身した時には「これはVシネ新作ないな…」としょんぼりしたものの、読み終わってみれば最高の形で作品を閉じてくれて満足です。
逆に言えば今後の新作のためにベルトとロックシードを用意した、ともとれますよ。
外伝公式でやっていたあれもあるので映像は無理でも小説第2弾かかドラマCDを待っています。

>今回の連続チェンジを見据えてセイヴァーはゲネシスコアを付けていたのでしょうか。 こういう使い方は全く想定していなかったので本当に良く思いつくなと。
こちら(オタク)の妄想の遥か上を行くフォームチェンジのオンパレードは驚きましたね。
ブラッドオレンジ繋がりで蓮華座を予想出来た人はいるかもしれませんが魔蛇を予想出来た人はまずいないはずなので。
通常ロックシードだけのミックスはDX玩具だけの楽しみ方ですがそれを公式(公認)で拾ってくれたのは本当に嬉しいですね。

自分もベルトで再現して遊んでます。
いよいよACをリアルタイムで買い揃えなかったことを後悔していますよ。
ACセイヴァーがあれば遊びの幅が広がりそうなだけに発売してないのが惜しいですね。
フィギュアーツも頑張れば斬月ジンバーメロンが作れますしそノーマル斬月とジンバーレモンを新たに購入しようか悩んでいます。
ここまでくるとロックシードの方も魔蛇を出して欲しいですね。
15のリペで良いので音声だけ新規で作ってくれれば満足です。

>試写で「キャラソン関連」と言っていたので間違ってはいませんでしたが、「わざわざ宣伝しておいてこれだけ?」と思わざるを得ないですね。
>外伝2の発売時に配信しても何の問題もなかったですし、さすがにしょぼすぎるので元々はもっと企画があったのに流れたのかな?と思ってしまいます。
やっぱり別に企画あったのが流れたんですかね。
それこそ吉田メタル氏とのやりとりも明らかに第3弾やりそうな感じだったのが急に音沙汰なくなりましたし。
超英雄祭で情報無かったのは痛かったですね・・・

小説発売のこのタイミングでも告知無かったので実質これで終了かと。
終了に恥じない小説で最後まで楽しめたのはよかったですが改めて終わりと分かるのは寂しいものです。
本来ならムービー大戦で終っているはずなのに外伝2本に小説と放送が終ってもなお楽しませてもらったので。
仰るように作品の数だけでいえばダブルとそれほど変わらないのですが熱は鎧武の方が強かったと思います。
外伝2の発表があったときが一番テンション高かったかもしれません
恐らく鎧武だけの記事更新もこれで最後かと思いますが鯖缶さんも数年に渡ってコメントいただきありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2016/03/25(金) 23:54:23 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

発売から結構時間が経ちましたがようやく読み終えました
「待って良かった」・・・心からそう思える商品でした
供界関連もうまくまとまってましたし5人のアーマードライダーの活躍が素晴らしかったですね
戦極凌馬は好きなキャラなのであんな形で出てくれて嬉しかったですwww
シャプールや藤果の名前も出てくれて何より過去ライダーは完全に予想外でした
ジンバーメロンは予想してましたがジンバードラゴンフルーツも完全に予想外
鎧武を本編、外伝、映画全部見ててよかったと心から思いました
自分も泣きましたよ
最後の紘汰と供界のやり取りで泣きました
最後の舞の台詞で余計切なくなりました
最後の時系列表もお見事
「よく繋げたな」と思いました
ただフルスロットルの項目で
「高司舞の力でメロンエナジーロックシードを取り戻す」
ってなってるのが「えっ?」ってなったくらいです
現状鎧武の映像展開は何も告知がありませんが自分は「ここまでやってくれれば大満足」という気持ちで一杯です
  1. URL |
  2. 2016/03/29(火) 15:41:11 |
  3. キングフォームRSF #-
  4. [ 編集]

>キングフォームRSFさん
>戦極凌馬は好きなキャラなのであんな形で出てくれて嬉しかったですwww
長い時間待った甲斐があって素晴らしい小説でしたね。
流石に凌馬は出ないだろうと思っていたらあの登場には驚きましたよ。

>ジンバーメロンは予想してましたがジンバードラゴンフルーツも完全に予想外
ジンバーメロンは出してくれるかも?という期待はありましたがジンバードラゴンは完全に予想外でしたね。
ドラゴン単体で変身することは予想出来たかもしれませんがまさかジンバーとは。それも龍玄の。
エナジーロックシードでジンバーをやっていないのはマツボックリエナジーだけですが流石にやらないでしょうね。
マロンエナジー単体の姿も見てみたいです。

>最後の紘汰と供界のやり取りで泣きました
最後に出てきた紘汰凄く良かったですよね。
紘汰が出てきてくれるだけでも嬉しいのに活躍といい台詞といい何もかもが感動ものでした。
外伝・小説と幅広く展開してきた鎧武ですがやっぱり紘汰がいないと。と再確認した瞬間でもありました。
外伝だと斬月・バロンに顔見せ程度に出演したくらいでしたし。

>「高司舞の力でメロンエナジーロックシードを取り戻す」
やっぱりこれ誤植ですよねw
「高司舞の力で(メロンロックシードを手に入れ、光実の機転で)メロンエナジーロックシードを取り戻す」
と無理やり当てはめることもできますがw

「何時までも外伝続いて欲しい!」と考えていた自分でも「あ、これで終わりだな」というくらい綺麗に終ってますが
ドライバーは凰蓮・城之内の元にも戻っているのでいつでも新作できる状態ではあるんですよね。
ザックも怪我から復帰しミッチはさらに学生生活を送り前向きになっているので。
流石に映像化は難しいかもしれませんが小説でもドラマCDでもいいので続編を待ち続けることにします。
  1. URL |
  2. 2016/03/29(火) 21:52:35 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

ヨモツヘグリの出番について

初めまして、ラブリーです。
鎧武小説で検索していたらそちらの感想を見つけたので、書き込ませていただきます!まだ小説は読んでいないので気になります。ヨモツヘグリが出てきたというところについて質問したいのですが、それはミッチがヨモツヘグリを使ったということですか?
ミッチの体は大丈夫なんですか?ミッチが鎧武で一番大好きなので、そこが心配です…。
  1. URL |
  2. 2016/03/30(水) 14:59:46 |
  3. ラブリー #-
  4. [ 編集]

>ラブリーさん
初めまして。コメントありがとうございます。
ヨモツヘグリですがミッチの精神世界?の回想や幻影として出てきます。
ミッチ視点ではヨモツヘグリになった過去(43話)を思い出しているだけなので実際に変身した訳ではなく後遺症などはありません。
それどころか主役並の大活躍なので今回の小説版はオススメです。
お時間に余裕があれば是非手にとって見てください。
  1. URL |
  2. 2016/03/30(水) 21:45:25 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

安心

よかった!安心しました…ミッチの体に負担がかかるんじゃないかとはらはらしてました。ありがとうございます!
  1. URL |
  2. 2016/03/31(木) 22:03:54 |
  3. ラブリー #-
  4. [ 編集]

さよなら、狗道供界

私も読みました。個人的に小説仮面ライダーの中で一番大好きな内容でした! 狗道も最後の最後で、戒斗、初瀬、シド、湊、そして三流と言った凌馬の所にいけたのかもしれません。
グロンギ、アンノウン、ミラーモンスター、オルフェノク、アンデッド、魔化魍、ワーム、イマジン、ファンガイア、ドーパント、グリード、ヤミー、ゾディアーツ、ファントム、ロイミュード、それと戦った五代、翔一、真司、巧、剣崎、ヒビキ、天道、良太郎、渡、翔太郎、フィリップ、映司、弦太郎、晴人、進ノ介。そして人の思念を具現化する異界の者と戦う命を燃やし英雄の心を繋ぐ戦士もまた・・・いつか彼らが出会う日が来る事を祈ります。
  1. URL |
  2. 2016/04/07(木) 22:54:04 |
  3. 蟹 #/02qLiNA
  4. [ 編集]

>蟹さん
この小説は本当に面白かったですね。
自分も一番好きになるくらい楽しめましたよ。
クウガ~ドライブの要素まで出てくるのは全く予想出来ませんでした。
ライダー・怪人を色々な言い回しで紹介するのも面白かったですし。

記事中でも書きましたが鎧武の後に放送したドライブまで入っているとは思いませんでしたよ。
発売がもう少し遅ければゴーストも入っていたかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2016/04/08(金) 00:35:15 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

鎧武小説のP227にある

呉島光実は願う。どうかこの青空があの人たちの下まで繋がっていますように。

遥か遠い地球でさえない星の大切な人たちのもとまで。を読んだ瞬間に涙目になりました。

ちょっと素晴らしすぎましたね。本編47話の最後にミッチのセリフでこれきてたら号泣してたかもです。

あとYOUR SONGの歌詞を本文に盛り込むのは熱いなぁ。


  1. URL |
  2. 2016/06/13(月) 00:17:40 |
  3. オレンジ #-
  4. [ 編集]

>オレンジさん
終盤の展開が素晴らしく何度も読み返してしまいますね。
士の応援はもちろん、ミッチ関連が非常に素晴らしく47話・フルスロットル・小説と「外伝龍玄」を3回もやってくれた気分になれます。
特に「YOUR SONG」は今でも聞くくらい大好きな曲なので歌詞が出てきてのは嬉しかったです。
歌詞が出てきた途端、思わず見返してしまいましたよ。
鎧武のラストを飾るに相応しい素晴らしい小説でした。
  1. URL |
  2. 2016/06/14(火) 01:11:25 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

先ほど読み終わりました。 飛翔さんの鎧武愛が感じられて嬉しいです!!!


斬月vs偽神セイヴァーと供界とのラストバトルは「僕が鎧武で一番好きなバトルシーンに入れたい。」と思うような熱い描写になっていましたが、一位に36話 45&46話  ファイナルステージ フルスロットル 外伝2の戦闘シーンをランキングに入れてしまったのでどうしようか悩んでいます(爆)


「あのキャラ同士の絡み」や「あのキャラの再登場がなかった」という気持ちにもなりますが、「この小説がきっかけで鎧武の世界に仮面ライダーという言葉が存在出来るようになったんじゃないか?」と考えさせられたり、「Sing my song for you サヨナラの向こう側まで 」の歌詞に初めて感動してしまいました。




  1. URL |
  2. 2016/11/22(火) 19:24:27 |
  3. FOREVER HEROS #-
  4. [ 編集]

>FOREVER HEROSさん
>先ほど読み終わりました。 飛翔さんの鎧武愛が感じられて嬉しいです!!!
ありがとうございます。
この小説は本当に面白くて何度も読み返しているくらい好きなので。

最後のラストバトルも本編に負けず劣らずで文章ながら熱さがありましたね。
ジンバーメロンに歓喜したところでのジンバードラゴンの興奮は凄かったですよ。
  1. URL |
  2. 2016/11/22(火) 22:16:03 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

改めて読んでますが武神の世界の狗道の時系列、ゲネシスコアとブラッドオレンジの事を考えると仮面ライダーセイヴァーには専用フェイスプレート(マルスの赤くリペ、独自の模様はコウガネやブラックバロンと同じ武神鎧武の特徴である黒い蔦なのではファンの間では推察されてます)、左肩が左右対称のブラッドザクロアームズ(変身プロセスはザクロ!→ロックオン!→カッティングブレードで解錠→ブラッドザクロアームズ!狂い咲きサクリファイス!のみ)、アームズウェポンがセイヴァーアローのみ形態=所謂、通常形態、基本形態は最初から存在しないとも解釈できますね。

そもそも次世代ライダーのアイテムを使用している辺りがおかしい。おそらく擬似オーバーロードとなった狗道があの世界のゲネシスコアを解析、さらに武神ライダーの力たるブラッドオレンジも解析し本来あるはずのないシステムと力を入手したと思われます。

さらに劇中でのアームズチェンジ、形態を見るに蛮野同様のパクリ力と応用力の高さ。おまけにそれは他者が開発したものばかりで何だか戦極凌馬がクリム・スタインベルト、狗道供界が蛮野天十郎に見えてきますwwwww

そういえばセイヴァーの変身シーンもドライブそっくりで、戦極ドライバー(凌馬曰く奇妙なドライバー)が狗道の魂を現世に留める本体などどこか・・・?
  1. URL |
  2. 2016/11/25(金) 00:15:02 |
  3. 蟹 #/02qLiNA
  4. [ 編集]

>蟹さん
>所謂、通常形態、基本形態は最初から存在しないとも解釈できますね。
その解釈は面白いですね。
確かにアームズの時点で肩が左右非対称ですし。
供界はゲネシスドライバーも解析したはずですがその答えが通常ロックシード×2というのが気になりますね。
カチドキや極・金銀といった一部の例外を除けばエナジーロックシードの方が強いのに選んだのは通常ロックシードですし。
武神世界のロックシードであるブラッドオレンジを使えば思わぬ相乗効果があると目論んだのかもしれませんが――

>さらに劇中でのアームズチェンジ、形態を見るに蛮野同様のパクリ力と応用力の高さ。
デューク編でエナジーロックシード(ゲネシスドラバー)に適わないと分かったからこそ小説版では次々と変神したのかもしれませんね。
ゴールデン→ダークネスのような劣化もあれば骸骨恐竜のようなパワーアップもありましたし。
  1. URL |
  2. 2016/11/27(日) 15:17:35 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

ニコニコ動画にお気に入りに登録している鎧武の動画があるのですが、飛翔さんはニコニコを視聴できますか? 
  1. URL |
  2. 2016/11/29(火) 22:57:44 |
  3. FOREVER HEROS #-
  4. [ 編集]

>FOREVER HEROSさん
プレミアム会員で登録しているので見れますよ。
  1. URL |
  2. 2016/11/29(火) 23:09:52 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

ありがとうございます。お気に入りに登録しているのは(From Banana Till Lord)と(新たな世界へとダイブしよう)という動画です。


ちなみにyoutubeで評価を入れた鎧武の動画は「【MAD】鎧武外伝 ~強さと弱さ、残された者たちは~ 」です。ご存知だったらごめんなさい。
  1. URL |
  2. 2016/11/29(火) 23:31:41 |
  3. FOREVER HEROS #-
  4. [ 編集]

>FOREVER HEROSさん
時間空いた時に見てみます。
ニコニコは作業BGMやニコ生見たりはしているのですが特撮系MADは全く見ないので知らなかったです。
  1. URL |
  2. 2016/12/01(木) 00:38:15 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3184-1058cdf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する