特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

今日のお買い物

160319-01.jpg
○レンジャーキーセット RAINBOW EDITION
トッキュウジャーのレンジャーキーセットが到着。
受注開始時から3万円は高いと思ったけど実際に届くとやっぱり高いと感じる。










160319-08.jpg
パッケージの裏面は収録レンジャーキーを全て収録。










160319-03.jpg
40本のレンジャーキーとデバイス。
デバイスはようやく一つに纏まりトッキュウ1号~7号まで一気に読み上げてくれたり変身再現も。
「次は~手裏剣戦隊ニンニンジャー~ 次は~手裏剣戦隊ニンニンジャー~」とニンニンジャーのレンジャーキーを思わせる台詞も収録。
キョウリュウジャーのデバイスの時も同じこと思ったけど関智一の声も収録して欲しい。










160319-10.jpg
40本もあるのに欲しいのはこれだけ。
商品ページではいかにも高級そうに1本1本乗せているけど実際に届くと切ない。










160319-04.jpg
160319-06.jpg
闇のトッキュウ1号はホロシールをはることで再現。
上の写真はシールついてなくてこの写真はシール張ってある。
レンジャーキーにシールを貼るなんてレジェンドエディション以来だ。

トッキュウレインボーの下半身は型?か何かが目だって微妙。
虹というよりはただのクリアverだし。
殆どが数字違い、スカートラインの有無なのでトッキュウ5号パンダのようなガラリと印象の変わるレンジャーキーは嬉しい。
サファリはスーツの変化は大きくてもレンジャーキーになると途端に違いが分かりづらくなっちゃうし。

ロスト・メタル・トッキュウジャーと怒涛のレンジャーキーラッシュも一時お休み。
今年はニンニンジャーのキーが出るだろうけど他の展開にも期待。
ヒーローイヤーと打ち出しているのに新作情報はライダーばかりだし。


○牙狼 -紅蓮ノ月-
洗脳期間の長かった清明をようやく救出。
変わりにお爺さんが犠牲になってしまったけれど。
清明の中の戦いとはいえルドラが弱い。真の強さを見せるのは現代での復活後かな。
魔戒列伝が4月8日からスタートなので後2話はやりそう。

○僕だけがいない街
・アニメ
八代先生の過去は全カットだと思ったから語りが入って驚いた。
OPに悟いないのが上手いし加代たちの頭の上にも蜘蛛の糸が追加されてる。
ユウキさんも牢獄されてないから助かったようだし。
太鳳ちゃんの出番終了と思われたけど不通に喋ってるw

原作から一気に変えてきたのは目を覚ましてから。
感動的なケンヤからの手紙や佐知子の15年間までバッサリ。
結婚した加代も出てきたけど子供時代の可愛さがなくなって特徴がないモブキャラのようだ。
虐待は遺伝するなんて話もあるけど幸せそう。
ケンヤとヒロミもやっぱり声変わってて田丸氏とはw

カメラのフィルム取るのがアイリから八代先生に変わっていたのは笑ったw
馴染んでいる姿は謎の笑いが込み上げてくる。
ラストで記憶を取り戻した悟の「八代」がかっこいい。正直しびれた。
佐知子とケンヤでトランプやってるシーンあったけどそのあたりでは記憶を取り戻してそう。
この病院の屋上ってOPで悟が撃たれたシーン?
漫画だと6巻からは病院が家みたいなものだしキャンプ場で決着よりはしっくりくるかも。
すると久美ちゃんはバッサリ削っても良かったような気がするけど。

・実写映画
本日から公開の映画版も見てきた。
宣伝にはかなり力を入れていたのにちはやふるに比べて予約数や客入りが弱いらしい。
どちらも漫画原作なのになぜ差がついた。

主演は藤原竜也。漫画が実写化したらとりあえず竜也。
刺された佐知子抱えて狼狽したりラストシーンは相変わらずの舞台演技。
久しぶりに聞く「な゛ん゛て゛た゛よ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛」が面白い。
アイリ役は有村架純だけど高校生には見えなかった。
子役はみんな可愛くて加代役の鈴木梨央ちゃんは特にはまり役。大人加代は森カンナ?
悟(10歳)の中川翼くんはデビューしたばかりのようだけど素朴な感じが良い。
及川光博の八代先生は若い時はともかく15年後はまだ40代なのでお爺さんに見えるw

内容はと言うと八代先生が犯人と分かるまでは概ね原作どおり。
カットしまくっているけど2時間に収めるためだから仕方ない。
クリスマスの木は貧弱すぎて泣けてくる。アニメが綺麗過ぎた
「成し遂げるんだ」はアニメも良かったけど竜也のほうがカッコいい。
流石に八代先生の過去には触れなかったけどハムスターが何度か映り「糸」って言葉が出てきたのは良かった。
パンフレット買わなかったけど作中登場の漫画も収録されているとか。
何度か原作漫画のカットが入ったのは驚いた。これも漫画・アニメ・映画と展開あわせるために調整したおかげかも。

気になっていたのはラスト。絶対に漫画・アニメと変えてくると思っていたから案の定。
まさかタイトルがそのまんまになって死ぬとは。邦画の枠に収まっちゃったなーとガッカリ。お墓も西洋式だし。

ラストのガッカリ具合もだけどドボンが車から直接落とされるのに変更し結局中西彩ともう1人の子(ヒロミじゃない)も救えず。
とにかく分からないのが現代に戻ってきてからでリバイバルが終了して戻った?
落とされてからの15年間で八代先生が悟を無視し続けて殺人を続けた?
原作だと手をつけていなかったからその点は気になった。
クレジットでの「動物に危害は加えてません」ってあったけどハムスターのことだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/19(土) 19:15:32|
  2. 玩具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゴースト第23話「入魂!デッカい眼魂!」 | ホーム | 特撮感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3180-e3806d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する