特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

特撮感想

○仮面ライダーアマゾンズ
前々から噂されていたアマゾン新作の件は本当だった。
去年の4号枠はライダーの魂じゃなくてこれだったのか。

アマゾンのプライム会員限定で配信開始。
元々プライム会員入っている自分は負担ないけど入ってない人は大変かも。
DTVの4号よりも敷居高いような。あれは一応全部見てから退会すればお金はかからなかったし。
アマゾンは養殖タイプよりも野性タイプの方が強そう。養殖タイプはガンバライジングのオリジナルライダーに見えてしまうし。
レッドシャドームーンといい急に昭和作品のレッド化が始まったようなw
脚本は小林さんで楽しみ。この手の販促かからない番組だと凄く面白くなりそう。


○東映チャンネル
半年前に始まった番組が最終回ラッシュなので感想を。

・好き好き魔女先生
透明ドリちゃんの後放送。
ドリちゃんのような特撮を使った日常物と思いきや後半はバリバリのバトルものになって驚いた。
最初はなんだこの先生?に思えた月先生も段々魅力的に見えてきた。
先生役の菊容子さんは凄く美人なのにお亡くなりになっていてビックリ。しかも元彼にとは・・・

・ハリケンジャー
ゴーカイジャー・10周年Vシネ・ニンニンジャーと登場の機会が増えたハリケンジャーを改めて視聴するととにかく懐かしい。
1話目では「俺たちは伝説の後継者なんだぜ」に重みも何も無かったけど最終回は感慨深いものになっているから。
それを越えるくらいゴーカイジャー・ニンニンジャー客演時の鷹介がカッコよく成長を感じる。
ゴウライジャーの名乗りはこれまで見てきた戦隊の中でもトップクラスに好き。
15年近く経った今でもリボルバーマンモスとニンジャミセンが好きになれない・・・

・宇宙鉄人キョーダイン
花つみの歌のように途中から忘れ去られて設定もあったけどガブリンクイーンやブラックナイト登場あたりは盛り上がった。
見るまではフォーゼでのキョーダインしか知らなかったから随分印象変わってくる。
最初こそ兄弟の姿を無くてロボットの姿だから悲壮感あったけど途中から譲治と竜治の姿になったのが嫌だった。
人間の姿になったからこそ終盤での授業参観のエピソードに意味があるんだけど。
本人の記憶をコピーしているからキョーダインの2人は自分たちこそが本物という自我があっても良さそうだけど
最終回で本物の2人と出合ったときに「譲治さん」「竜治さん」と自分たちが本物ではないと自覚しながらも握手するシーンが切なくも感動的。

2人が爆死するのは悲しかったけどどこか「本物は生きてる」という冷たい気持ちにもなってしまう。
言い方は悪いけど本物の2人が生きている時点でキョーダインはお払い箱だし。
視聴者としてはキョーダインの2人こそが本物というか愛着の持てる譲治と竜治だけど。
健治も泣いて悲しんでいたけど何年かしたらキョーダインと過ごした1年も思い出の一つになって風化していって
本物の譲治と竜治といるから悲しみもすぐに癒えるんだろうなと思うと余計切ない。

・シャンゼリオン
主演が浅倉で仲間が嶋さん、ライバルが本物の津上翔一と平成ライダーの俳優多いw
「知ってるか!」「麻酔抜きでな!」はやけにインパクトあると思ったらやっぱりネタにされてるww
シャンゼリオン見る前に知っていることと言えば「鯖じゃねえ」「夢落ち」「ゴウライガンの原点」とは聞いたことあったけど実際に全部見ると納得することばかり。
主題歌からして変わっていてヒーロー番組らしかぬOPで90年代っぽさが全面に出ていて好き。EDも後期verのが好きだった。

スーツが重く次郎さんじゃないとまともに動かせないと聞いていたけど見るかに重そう。
この時代にしてはシャイニングアタックの合成は頑張っていたのかもしれない。
ジュウレンジャーやダイレンジャーもだけど例え映像が古くても自分が生まれた後の作品だから不思議と愛着持てる。
アクションシーンとしてはシャンゼリオンピンチ→超光騎士登場の流れになったからワンパターンだったかも。

基本的にギャグ作品のせいか軽い気持ちで見ていたけど最終回には度肝を抜かれた。
夢の世界で速水との同時変身はカッコいいなーなんて考えていたらあのラスト。
ネットの感想や考察を見てあの絶望的な世界こそが本物と知ってさらに驚く。
あんなアホみたいなやり取りが幸せな光景に見えてくるから不思議だ。1話に出てきた犬なんてすっかり忘れていたし。
エンディングは勝ち残った暁が1人佇んでる光景というのは納得した。
そういえばゴウライガンのラストも大軍に向かっていく終わり方だったし似ている。

そろそろジライヤやソルブレインも終りジバンやエクシードラフトがスタート。
最近ではアバレンジャーやアクマイザー・マシンマンが始まっているし新番組が始まるたびに「原作:石ノ森章太郎」のクレジットを見るから驚く。
仮面ライダー・ゴレンジャー・サイボーグ009しか知らなかったからこんなに特撮番組に関わっているなんて思わなかった。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/18(金) 01:15:30|
  2. その他特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<今日のお買い物 | ホーム | S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーガ&真骨彫ディケイド>>

コメント

仮面ライダーアマゾンズ、予告を見た所は良い感じですね。
系譜としては真から始まりNEXTの次回作といった所でしょうか。
4号が面白かったので良質な作品が制作される場が確立されてきて良かったです。
この調子で継続してもらえれば春映画のシーズンも気落ちしなくて良さそうです。

今回のタイトルは主人公の名前じゃなくて登場するアマゾン全体を指しているのかな?
当てはめるなら仮面ライダーアマゾンオメガになるはずです。
主人公の名前が入っていないのってZXの10号誕生ぐらいですかね?
まぁ、仮面ライダー4号も主人公ではありませんでしたが。

石ノ森先生は結構東映ヒーローのデザインや設定に関わっていますね。
仮面ライダーが売れたわけですから当然といえば当然ですが、それにしてもかなり原作者としてクレジットされています。
例えばオーズは超神ビビューンに似ているし、仮面ライダーはそこらへんの作品からかなり引っ張ってきてますよね。
アルティメイタムの登場キャラがすべて原作者繋がりで主題歌名も石ノ森でしたね。
  1. URL |
  2. 2016/03/18(金) 15:07:09 |
  3. ドロー #-
  4. [ 編集]

仮面ライダーアマゾンズ、ときましたか…!
予告見ましたが、全く子供向けではない…。でも面白そうです。
大切断や”怪物”としての面を出した、原点回帰の雰囲気ですね。
ただ確かに見る条件がまためんどくさいw

今日仮面ライダー龍騎を視聴し終わったのですが、シャンゼリオンは浅倉=王蛇を演じた俳優さんが主演なんですよね。
浅倉しか知らないので、そんなにコミカルな演技もできるのかと思うと、興味がそそられます。
度肝を抜かれた最終回というのも気になる…。


  1. URL |
  2. 2016/03/18(金) 18:35:11 |
  3. SUBARU #-
  4. [ 編集]

>ドローさん
>アマゾンズ
予告を見るとかなり良い感じですね。
個人的にアマゾンはそれほど好きというわけではなかったのですがアマゾンズは面白そうで期待です。
鎧武外伝・4号・ドライブサーガとマニア人気も高いのがこれに繋がったのかもしれませんね。
タイトルのアマゾンですが主人公の2人でアマゾン「ズ」とアマゾン全体の両方を指しているかと。

>仮面ライダーが売れたわけですから当然といえば当然ですが、それにしてもかなり原作者としてクレジットされています。
東映チャンネルで過去作が放送されるたびに「これも担当してたの!?」とビックリします。
ヒーローものはおろか、魔女先生のような女の子が見る作品もクレジットされてますし。
今にして思うと確かにアルティメイタムも石ノ森先生でしたね。本当に偉大な方です。
  1. URL |
  2. 2016/03/18(金) 22:20:12 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>SUBARUさん
>予告見ましたが、全く子供向けではない…。でも面白そうです。
完全にマニア向けに吹っ切ってましたね。
ほどよいダークさとグロさがあったので期待ですね。
後1ヶ月しないで始まるからあっという間ですよ。

>浅倉しか知らないので、そんなにコミカルな演技もできるのかと思うと、興味がそそられます。
独特のノリがあるので人を選ぶ部分はあるかもしれませんが龍騎を見た直後なら「浅倉の人!?」と楽しめるかもしれません。
とにかく浅倉を感じさせない明るい役柄で最終回も驚いたので。
  1. URL |
  2. 2016/03/18(金) 22:21:08 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3179-01c11ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する