特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ゴースト第22話「謀略!アデルの罠!」

眼魔の世界にやってきたタケルはガンガンセイバーを持ってアクション。
先週のガンガンハンド持ったマコトもだけどプロップの大きさがよく分かる。
晴人がソードガン持ってるときもアンバランスさが凄かったし。
連戦に次ぐ連戦だからいよいよ敵世界に来たんだと分かる反面、特に盛り上がりもなく平坦に進んでいる印象。

元々死にそうな雰囲気を出していた父はあっさり死亡。
アデルが殺しそうと思ったらまさにそのアデルが実行するし壮大な家族喧嘩になりそうな予感。
アリアはアランのこと信じているし責任があるから眼魔世界に残るといったら常識人。

一度は消されたアランはシャツ姿であっさり復活。
カノンが復活した時も白い服装も変だと思ったけど間違いではなかったのね。
全員が管理されて生かされてるのはマトリックスを彷彿させる。
マコトも本体が無くなると死んでしまうようにいかに眼魔世界の住人といえどこの本体を壊されると死にそう。
入っている人が消滅して記憶流れてくるシーンは迫力あった。










gost22-2.jpg
アデルの怪人態は眼魔ウルティマ。
ライダーの魂で出てきたシバルバと同じ。
ストーリー的に繋がっているのか単なる使い回しなのか気になる。
幹部に相応しい強さで闘魂ブーストとノブナガでは相手にならず。
久しぶりに見せたツタンカーメンの必殺技でも数秒閉じ込めておくのがやっと。










gost22-1.jpg
ご丁寧に待っていた甲冑眼魔との対決。
意外と奮闘していたアカリと御成がカッコいい。
こんなに弱っているなら後日改めて対決でもいいようなw
分かり合うことはせず戦うことを選んだのは甲冑眼魔は良いやつではあるけど和解はできないタイプだと考えたからかな。
良い人であることと自分と考えが同じであるか、と言うのは全く別の話だし
嫌な人でも自分と同じ考えの人もいればその逆もまたしかり。そういうのがあるからこそ「心を通わせる」というのは難しく一筋縄ではいかない。
甲冑眼魔は忠義を持っているけどそれは眼魔サイドに対してであって人間側ではないから。

見切ってボタン押すシーンと言い決着シーンといい完全にパラダイスロスト。
ゴエモンでしかやっていなかった逆手持ちを闘魂でもやってそこから順手に持ち替えての一撃がカッコいい。
居合い抜きを意識してそうだから画面映えする。横の引き画面ではなく奥行きあるからなおのことカッコよさが際立つ。










gost22-3.jpg
次回でグレイトフル魂登場。コズミックステイツが出てきた場所かな。
カタログバレのは微妙だったけどスーツはカッコいい。
全ての偉人と心を通わせたわけではないけれど変身できてる。
またジャベルはやられやくになるのかと思うと笑いがw
ゲキチョッパーということもあって初期の頃はまだ威厳があったけど今となってはただのギャグキャラにしか見えないw

グレイトフルで復活ジャベルを倒してアラン(とアリア)も仲間になるだろうし大きな敵はアデルくらいしか残ってない。
広大に見えた眼魔世界も思いのほかスケールが小さくアデルは全く強敵オーラがないしグレイトフルで倒すだろうからもう次の敵が出てきそうな予感。
仙人は最後まで引っ張るだろうし今後の敵が気になる。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/13(日) 16:25:22|
  2. 仮面ライダーゴースト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ジュウオウジャー第5話「ジャングルの王者」 | ホーム | 今日のお買い物>>

コメント

前回の次回予告の時点から思っていた事ですが、アドニス父さんの退場が早過ぎて本当にびっくり。アデルが新たな大帝陛下となるわ、アランが反逆者にさせられるわで、やはりゴーストは展開の進み具合が非常に早い。
…あれ、そういえばマコトの目的って3つあったけど、結局達成できたのってアリア姉さんに礼を言う事くらいですねw(結局自分の体は取り戻せてないし、アデルとは決着つけられずに終わったし)。

カプセルの中に人間の体が収納されているという事は、やはり眼魔は人間が変化して誕生した存在なのでしょうか。本体である体が残っている限りはアランやジャベルみたいに復活できるようですが、アドニスさんの場合は本体の体も消滅させられたから復活できなかった感じでしょうか。つまり、タケルやマコトが今まで倒してきた眼魔も元人間という事に……うわ、何これエグい。

次回はグレイトフル魂が登場。俗に言うてんこ盛りフォームですが、今回はキングフォームみたいで割とカッコいいと思えましたね。
ただ、ゴーストの顔と撮影場所のせいで、初めてグレイトフル魂の姿を見た時に「お、フォーゼの新形態か?」と思ってしまったのは私だけでしょうかw

p.s.アデル兄さんを足止めしたのは、ノブナガじゃなくてツタンカーメンの必殺技ですぜ。
  1. URL |
  2. 2016/03/13(日) 16:52:45 |
  3. 掛布団 #-
  4. [ 編集]

>掛布団さん
>アデルが新たな大帝陛下となるわ、アランが反逆者にさせられるわで、やはりゴーストは展開の進み具合が非常に早い。
展開速すぎてどうもついていけないです。
こちらが楽しむ前に新要素ばかり出てきた淡々と進んでいる感がぬぐえなくて。
マコトも身体は取り戻せず仕舞いでしたね。身体さえ取り戻せれば遠慮なく戦えそうなのに。

>つまり、タケルやマコトが今まで倒してきた眼魔も元人間という事に……うわ、何これエグい。
地球と眼魔世界と生まれは違いますが同属殺しという点では仮面ライダーっぽくなってきましたね。
今後そういった苦悩について触れるかは分かりませんが面白い要素は増えました。

>次回はグレイトフル魂が登場。俗に言うてんこ盛りフォームですが、今回はキングフォームみたいで割とカッコいいと思えましたね。
カタログバレは微妙だったのですが実際のスーツは意外とカッコよかったです。
活躍次第ではかなり好きになりそうなフォームだなと。
偉人召還も出来るようなのでアクションシーンも楽しみです。

>p.s.アデル兄さんを足止めしたのは、ノブナガじゃなくてツタンカーメンの必殺技ですぜ。
ご指摘ありがとうございます。
コメント頂いた時間と自分が気付いて修正したタイミングがほぼ同じで驚きましたよ。
  1. URL |
  2. 2016/03/13(日) 17:19:08 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

今までの中でも一番展開が動いていて現時点では一番面白い回でした。 ただこちらの感情が乗る前に状況が動き過ぎて置いてけぼり感もありますが…。
詰め込み過ぎ感のせいか決着の流れが慌ただしかったものの、イゴールに始末されると思っていた甲冑眼魔がタケルと戦い散っていったのが意外で驚きました。
タケル自体は好きなものの決めゼリフの際はいつも脚本に言わされている人形感があったのですが、疲れて帰ってきた状態でも決闘に応じる姿がかなりカッコよかったなと。
前回甲冑眼魔が操られている時も「そんな奴だったのか!」と怒るでもなく、敵にも関わらず「操られてるのか…」と即判断するなどこういう清らかさは好感が持てます。
グレイトフルはムサシが胸に目立つように配置されてるのがいいですね。 ただGCは着せ替えが微妙な上にフードなしオレ魂はアーツで十分なので買わないと思いますが…。

>元々死にそうな雰囲気を出していた父はあっさり死亡。
ただでさえ思い入れのないキャラな上にモブのように退場で何の感慨も…。 西園寺といい「命」をテーマにした作品の割にキャラがゴミのように死ぬのがモヤモヤします。
また本体があれば死なないようですが父はその辺描かれなかったなと。 さすがに念入りに殺しているとは思いますが、アランを見逃してる辺りアデルは色々雑なので生きてそうな気も。
眼魔界の人は完全に人外化していると思っていたので肉体が残っていたのは意外で、別世界との戦いや本体があれば死んでもOKなところは同ニチアサのワールドトリガーがよぎりました。
あとジェネシス視聴後のスペリオル同様にネットゴースト視聴後のウルティマが、「強いけど見た目はしょぼい」と感じるのでそろそろまともな幹部スーツを作って欲しいなと。

>ネットゴースト
真木と笛木をどう描くのかと思っていましたが今までと違い悪役のよう扱いで驚きました。 残り尺少ない後半用に敵としてわかりやすい2人を残しておいたのでしょうか。
今まで通りタケルよりマコトの方が引用セリフも上手く、オーズのテーマの「手」を綺麗に取り入れているなと。 またマコトの妹と真木の姉の共通項も全く思いつきませんでした。
ただ真木に関しては無理に去り際にポジティブな台詞を入れなくてよかったかなと。 「今はまだ美しい…」というセリフはあまりピンとこないというか。
あとオーズ魂の扱いはワーストでした。 フォームチェンジ→即必殺技はある意味オーズ本編の再現度高い気もしますが、まともな戦闘がなかったのは本当にガッカリで。
無駄に何回も取るポーズもオーズというよりガオやダイレンジャーぽくないか?と。オリキャスや引用台詞だけでなくレジェンドの戦闘再現も魅力だっただけに今回は残念です。
  1. URL |
  2. 2016/03/13(日) 18:54:57 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

甲冑眼魔との決着だけ、個人的にう~ん…でした。とどめを刺す必要があったのでしょうか。
キュビちゃんとは友達になり、「わかりあえる眼魔がいる」と結論を出した直後にもかかわらず、話の通じそうな甲冑眼魔はあっさりと倒してしまうのは、矛盾しているような?

眼魔界の真実が1つ判明したのは面白かったです。
棺のような箱の中に皆実体がある、記憶(=心)もある、ということは…眼魔はもともと人間もしくは人間に近い存在なのでしょうか。

そして次回はいよいよゴーストの新フォーム解禁のようなので、そちらのアクションも楽しみです。
  1. URL |
  2. 2016/03/13(日) 21:55:37 |
  3. SUBARU #-
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
>今までの中でも一番展開が動いていて現時点では一番面白い回でした。 ただこちらの感情が乗る前に状況が動き過ぎて置いてけぼり感もありますが…。
記憶が流れ込んできたシーンのインパクトも相まってこれまでの中では一番面白かったかもしれません。
アクションシーンも居合い抜きのような動きもカッコよかったですし。
仰るようにこちらの感情が乗る前に状況が動きすぎてる感は否めませんが。
敵世界に突っ込んで大きな秘密が発覚とやってることは壮大なんですけどイマイチ乗り切れないというか。

>グレイトフルはムサシが胸に目立つように配置されてるのがいいですね。 ただGCは着せ替えが微妙な上にフードなしオレ魂はアーツで十分なので買わないと思いますが…。
ムサシは好きなので嬉しいですが逆に言うといかにムサシといえど胸に配置されるのが限界だったんですね。
ムサシを基点に15のアイコンが集まってグレイトフルに~なんて妄想してましたがそこまで特別扱いはしてくれないようです。
GCは思いのほかカッコよかったのですが、あの着せ替えなら素直にフィギュアーツ待ちで良さそうです。
闘魂ブーストも決まりましたし順当にいけばそのうち出るはずです。トライドロンのようにならなければそのうち・・・

>西園寺といい「命」をテーマにした作品の割にキャラがゴミのように死ぬのがモヤモヤします。
使い捨ての舞台装置の如くあっさり死んでいきますね。
流石に西園寺が死んだときほどの(悪い意味での)衝撃はありませんでしたがやっぱり死ぬんだと妙な気持ちが湧き上がりました。
描写が無かっただけで流石に本体は消したと思うのですがそうなると何故アランは消してないの?とモヤモヤしてしまいます。
あえて本体を消さずに眼魔世界から追放する屈辱を味あわせたいのかもしれません。

>ネットムービー
>真木と笛木をどう描くのかと思っていましたが今までと違い悪役のよう扱いで驚きました。 残り尺少ない後半用に敵としてわかりやすい2人を残しておいたのでしょうか。
過去4人のような叱咤激励はなくガチの敵でしたね。
まだ真木は語りかけるような口調でしたが本編でもあんな感じでしたし笛木に至っては本気で戦いに来てましたね。
指輪付けてるのにパンチしたり連続テレポート攻撃だったりで本編ですらやってない技のオンパレードに驚きましたよ。
ゴースト・スペクターがやられている最中に棒立ちだったのが気になったので次週の動向が楽しみです。

オーズ魂ですがこれまでの中で一番残念でした。
やっぱりあのポーズはガオレンジャーっぽく見えますよね。オーズのポーズとは違うと思ったので。
あの謎ポーズを入れまくるならアクションに時間あてて欲しかったです。
マコト・真木と台詞が良かっただけに余計残念に感じてしまいました。
  1. URL |
  2. 2016/03/15(火) 01:06:50 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>SUBARUさん
>甲冑眼魔との決着だけ、個人的にう~ん…でした。とどめを刺す必要があったのでしょうか。
自分としては甲冑眼魔の心情を汲み取ったとして納得していますが意見が割れそうな話ではありましたね。
キュビちゃんと和解した後の話かつ、甲冑眼魔も分かり合える?な雰囲気を醸し出していただけに。
甲冑眼魔はもっと先に出すか後に出すかでも良かったかもしれませんね。流石にタイミング悪かったかと。

>眼魔はもともと人間もしくは人間に近い存在なのでしょうか。
アランやアリアも完全に人間の姿形をしてますし元は人間に近い存在かもしれませんね。
近年の平成ライダーで異世界の敵というとオーバーロードですが彼らも元は人間と同じような姿のようですし。
今はまだ匂わせる程度の要素ですが今後明かされていくのかもしれません。
最近はストーリーがどんどん展開しているのでそう遠くないうちにやりそうな気はします。
  1. URL |
  2. 2016/03/15(火) 01:07:24 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3176-092a486b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する