特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ニンニンジャー最終回「忍ばず未来へワッショイ!」

nininlast1.jpg
OPナレーションは最終回バージョン。
忍者ヒーロー登場やキンジの加入・一時脱退時も変わったりと臨機応変に変わっていたけど最後までやってくれた。

変身が出来なくなってもなお戦い続ける6人。
VSトッキュウでもだけど変身できなくても迷わず戦い続ける天晴がカッコよすぎる。
ラストニンジャ(好天)を超えるべく、変身は手裏剣なしで。
忍者一番刀は武器として使っていたけれどそれ以外は全てこの1年間で得たもの。










nininlast2.jpg
この名乗りが本当に素晴らしい。
どうやってもバク宙は無理だろうと思っていたから凄いのなんのって。
このために凄く練習してそうだし男はともかく女の子2人組みはよく頑張った。
超絶衝撃爆裂斬ではその場で撃つビーム砲ではなくお互いに突っ込んでの近距離戦になるのがカッコいい。











nininlast3.jpg
九衛門を倒した後の回想が切なすぎる。
好天・旋風を交えてこんな幸せそうな時間があったんだと胸にくる。
感動的だからこそ最終回よりも前に流して欲しかった。
緑色の手裏剣も実は九衛門のために残してあったというのもグッときた。


残る敵は牙鬼幻月のみでロボ戦に。
ゲキアツダイフィーバーでそのまま勝ってしまいちょっと拍子抜け。
ニンニンジャーのノリ的にパオン丸やUFO丸たちが駆けつけてもおかしくないし。
自分たちだけの忍術で倒すからゲキアツダイオーだけに絞ったのかな。
そういうの見たい人はニンニンVSトッキュウをどうぞってことになりそうだけど折角のラスボス戦なんだから見たかった。
九衛門が究極体になったバレを見たときはラスボスになるろ思ったけど結局牙鬼幻月がラスボス。
OPナレーション的には牙鬼幻月が、これまでの策士ぶりを見るに九衛門がラスボスでもおかしくないと思っていたからどちらがラスボスになっても良かったから特に拘りもなく。
Vシネの内容を見るに牙鬼幻月がラスボスで良かったみたいだけど。










nininlast5.jpg
「お師匠・・・」

糞爺呼ばわりしてきた好天を最後の最後で師匠とかつての呼び名で呼ぶ九衛門が切ない。
しんみりとした良いシーンだった。









nininlast6.jpg
最後はみなそれぞれの道へ。
残ることになったのは風花と凪くらい。
これまでは全員旅立つ、レッドだけ残る、レッドだけ旅立つってのがあったけど、今回は残ったり残らなかったりで意外なパターン。
霞はすぐに合えそうな距離だけど天晴は人里離れた山?かどこかで子供たちと修行。
イギリスとアメリカに戻った八雲とキンジが一番離れている。
そういえば雑賀鉄之助とライオンハオーはどこへ?


最後はいつものように総括を。
最初は不満点、好きになれなかった点を書くので見たくない方は一番下の「続きから読む」までスクロールしてください。

まず気になったのが滑舌。酷い、酷すぎる・・・
流石に後半からは良くなってきたものの、一向に上手くなる気配がない序盤の絶望感。
予算管理と人(イケメン)を見る目は超一流と思われた武部Pの目もついにおかしくなったのかと。
「燃えてきたー!」でこっちまでテンション上がったのは先週ラストくらいなもの。
凪はすぐに上手くなったね。なんだかんだで天晴も良くなってきたし。
八雲と風花も初期に比べれば良くなったけど劇的では無かったというか。
未だに「ひとひら風花、シロニンジャー!」で露骨に声変わるのが慣れない。

子供に踊ってもらうためだろうけど度々入れられたニンニンダンスが受け付けなかった。
そのタイミングで踊らなくとも・・・
毎回風花役の矢野優花ちゃんが楽しそうに踊っていたのだけは良かったけれど。

好天はラストニンジャということで偉大そうなオーラを出していたけどライオンハオーの一件はガッカリ。
後で本人も認めていたけどあの態度では誰も付いてこないわ・・・
プロスポーツ選手にありがちなプレイヤーとしては凄くても引退後に優れた指導者になれる訳ではないと言うのがピッタリなパターン。

ニンニンジャー側と牙鬼側の因縁(ドラマ)が薄かったのも気になった。
キンジ関連で整理付いたと思ったらまだ終ってなかったりとキンジ・狼男・九衛門の関係は良かったけど肝心の5人と牙鬼の因縁が弱かった。
幹部らも1人1人はキャラ良かったのにすぐに有明の方に存在感奪われた正影とかは惜しいなと。
正影は初期こそ良い参謀キャラだったのにいいところ見せられないまま終盤までダラダラ。
有明の方もあのままで終りなのは可哀想。画面に映ってないだけで九衛門同様に幻月から抜け出して消滅したと勝手に脳内補完。
最初からいた幹部らよりも1ヶ月程度の萬月のほうがよっぽど印象強くて因縁(特に霞とは)強かったかと。

肝心のラスボスである牙鬼幻月もただ強い敵というだけで仮面ライダー4号みたいな感じ。
「倒す相手は恐るべき敵、戦国最凶・牙鬼幻月!!」と盛り上げていただけに好天としか関連性無かったから。
アクドスギルもだけど最後だけ強いところを見せられてもイマイチ納得できないというか。
ドウコクやゼットのように年明け前に戦って強いところを見せて欲しかった。


名乗りではスターニンジャーがアカニンジャーの隣に立って名乗るのではなく、5人の隣にちょこんと追加されただけなのが不満。
キンジ&九衛門の陰のあるストーリーも相まってまるでキンジがニンニンジャーの一員に含まれていないような名乗りだったから。
「忍なれどもパーリナイ!」も1人でしか言わないからますます距離感あるように感じるし。

ロボの合体もハオーシュリケンジンまではマトリョシカ的な面白さがあって楽しみだったのに
ゲキアツダイオーから急に別規格のようなロボになって残念。
別の人型合体ロボが出てくるあたりカクレンジャー(隠大将軍)リスペクトはありそうだど。
中盤に出てきたロボ(ツバサマル・ライオンハオー)と合体と似通っているし。
手裏剣の枚数48枚にしても途中から2枚・4枚とどんどん増えてきて設定してもなくとも問題ないような数字になっちゃったし。
ドライブの108体設定で終盤で在庫処理のようにロイミュード倒された時も感じたけどヒーロー作品で最初から「○○体」とか決めるのは相性悪いのかもしれない。
明らかにペース配分おかしくなって無理が出てくるから。

不満点はこれくらい。とにかく天晴ら5人と牙鬼側の因縁弱かったのが気になった。
毎週楽しんでたから抜きん出て酷いと思ったところも無かったし良くも悪くも頭空っぽにして1話完結のエンタメとして楽しんでいた。
自分の中ではゴーオンジャーに近い楽しみ方。
「続きから」は好きだったり良かったと感じた点を。



カクレンジャー・ハリケンジャーと忍者戦隊に外れがなく楽しんできたからニンニンジャーも面白くて毎週楽しめた。
平成ライダーを度々書いてきた下山氏がついにメインライターになった作品だし。
上の不満点でも書いたように戦隊側と敵とのドラマが薄くアクションシーンの派手さや客演に助けられるようなこともあったけど3/4くらいを書き上げたわけだし。
カーリー(芝刈り機)始め、八雲シリーズも面白かったから。

良くも悪くも1話完結だから深く考えずに楽しめる作品だったかと。
歴代忍者ヒーローが当たり前のように存在する世界感だったり風花を戦わせないエピソードの「もうレーメンかよ!?」や
RPGの世界に入ったり「お試しか!」だったりと謎のノリ・突っ込みも受け入れやすかったし。
普通なら長い時間かけそうな夏の西洋妖怪たちも1ヶ月程度で片付けるし出し惜しみがないのも凄かった。

世代的にカクレンジャー・ハリケンジャー客演は嬉しい。
特にサスケとしての小川さんご出演はゴーカイジャーでも実現しなかったし。
久々に聞く「成敗!」や満月斬りは大満足。
7話という早い段階で登場したから終盤でも出てくるんじゃないかと思ったけどあのまま終了で残念だったけれど。
この2人だけで終らずジライヤにシュリケンジャー、果てにはマジイエローと留まることを知らぬ客演には驚くばかり。
ニンジャレッド・ハリケンレッドはVSやVシネで出てきそうと予想できた分、マジイエローは本当にビックリした。

アクションシーンも「忍ぶどころか暴れるぜ」にちなんで派手。
赤=火、青=水の固定観念があるから自分のカラーと属性毎の忍術に縛りがなく自由に使えたのが印象的。
おかげで中盤からはミックスの概念が出来上がり終盤での「自分たちだけの忍術」にも繋がっていけたから。
5人が一気に切りかかっての「忍者一線!!」の音声は大好き。戦隊のアイテム商法にしてはあまりふざけてない感じの音声が好きだった。

派手さのピークはやはり親子3世代が揃ったアカニンジャー。
1年の中で一番盛り上がり、2016年が始まったばかりだけど自分の中のTOP5に入りそうなくらい好きで何度も見返してる。
旋風がなかなか戦わない(変身しない)モヤモヤ感があったからこそ最後の最後で大爆発したような盛り上がり。
ラスボスの牙鬼幻月相手というのがまた燃える。8人揃った相手が九衛門究極体っていうのは違うと思うし。

今年もパワーアップあってデザイン的にアカニンジャー専用と思っていたから男4人は全員使ってくれて嬉しかった。
シロ・モモニンジャーは使わなかったけど構造上の問題で無理だったのかもしれないし仕方ない。
何よりも追加戦士のさらなるパワーアップに驚く。
ドラゴンレンジャーのアーマー装備verや(スーパー/ハイパー)シンケンゴールドとはまた違くて本当に本編中でのパワーアップだし。
激熱刀は色合い的にアカニンジャーの方が似合うけどそのアカニンジャーも使ってくれたりと細かいフォローも欠かせない。

敵側で好きだったのは萬月。
蛾眉雷蔵が退場してから幹部側に動きが無かったけれど萬月がきてから緊迫感が増したし。
それまで作戦面においては無敗を誇った霞をあっさり破り戦闘力も高かったりと敵として魅力的だった。
クリスマス商戦でのやられ役といえばそれまでだけど萬月の死が幻月復活に繋がったりと最後美味しいポジションだったなと。

自分は玩具買ってないから分からなかったけど手裏剣は値段の割りにしょぼいみたい。
順番にしか音鳴らないならDXでありながらSGロックシードのような感じだったとか。
それでもカクレンジャー手裏剣くらいは買っても良かったかも。

毎年恒例・Vシネも決定。
ミドニンジャーが決まり7人の忍者が集結。
藩さんまだ若いのに忍者衣装がキツいw
限定の緑手裏剣は媚び売りまくりの萌えボイスから九衛門に変わったのには驚いたw
これでレンジャーキー候補が10本・・・









ninninlast7.jpg
バトンタッチは戦隊40年目から戦隊40作品へ。
番宣ではシャークが飛ばされていたけど編集ミスかな。
「この星を舐めるなよ!!」はテラーフォーマーズっぽい。
スポンサーサイト
  1. 2016/02/09(火) 22:07:19|
  2. ニンニンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<SIC 仮面ライダーギャレンキングフォーム | ホーム | ゴースト第17話「絢爛!幻の女王!」>>

コメント

前2回が面白かったので期待していたのですが中澤監督らしくひたすら地味に終わった感があります。 やっぱり締めは竹本監督の方がいいなと。
良かった点を挙げるなら九衛門の伊賀崎親子ヘの思いでしょうか。 自分もある程度情はありそうだと思っていたので今回言及してくれたのは嬉しかったです。
ただ弦月の体内で一矢報いるなりはして欲しかったです。 特に何もせず外に放り出されて消え去られるだけでは物足りないです。
緑のシュリケンもVシネ前提で何だかなぁと。 最終回用の新シュリケンでも出してそれで倒してくれればまた違ったのですが…。 超絶も未使用で残念。
ほとんどオトモ忍の出ないロボ戦以上に、トドメがいつもの黒ヒゲ危機一髪なのがどうも。 ニンニンはロボでの必殺技も変身者が攻撃するところが最後まで苦手でした。
有明の方もなにかあると思っていたのですがもあれで終わりとは…。 Vシネに出るようなのでそっちで報われて欲しいですが、萬月もいるようなので倒されてしまいそうです。

1年全体の話だと重要回でもほぼ1話完結でやるのがもったいなかったなと。 特にキンジはフォーム数には恵まれているものの作劇的にはかなり端折られててかわいそうでした。
狼男回も無理矢理1話に圧縮される上に、「父や兄を復活させるため」など重要そうな話もセリフのたった一言で済まされたのは残念すぎます。
またライダーでは大活躍の毛利さんもニンニンではそんなに面白く感じませんでした。 小説オーズのバース編といいあまりコメディは向いてないような気が。
フタクチオンナ回を筆頭に妖怪よりニンニンサイドの方が外道に見えることもありました。 スズメバチ回もシリアスで締めた割に巨大戦でギャグに走ったりが気に食わず。
あと初期の天晴は歴代ワーストで嫌いでした。 ワンマンな上にぶっつけでも成功すればOKと肯定されるのは教育としてもダメな気がしますし、周りも迎合し過ぎで気持ち悪かったです。

ただ中盤からの天晴はリーダーらしさが出ていて好きですね。 髪を切ったのも似合っていて超絶登場辺りからは不快感はなかったです。
高速戦闘もレッドバスターの表現を利用していて上手かったです。 ライダーより予算多い戦隊でも高速戦闘はただスライドするだけなのが多かったのでゴーバスで進化したなと。
また自分たちだけのラストニンジャを目指すオチもよかったですし、ゲキアツの際に自分たちでロボを作るという独自の描写も夢にあふれていて好きですね。
トッキュウで劣化した福沢アクションもニンニンでは派手さが戻り見応えがありました。 特に必殺技の派手さは歴代でもかなりのものではないでしょうか。

総括ですが1年間それなりに楽しめましたが自分の中では「ノリも苦手だしキャラもそれほどだけど終盤は面白かった」感じなのでゲキレンのようなポジションです。
トッキュウと2年連続であまり乗り切れませんでしたが、00年代前半はむしろこれくらいの作品ばかりだった気もするのでシンケン以降が面白過ぎたのでしょうね。
シンケン・ゴーカイ・ゴーバス・キョウリュウはライダーに匹敵するくらい楽しんでいたのでハードルが上がっていたのかもしれません。
次週から待望の香村さん担当のジュウオウジャーですが宇都宮Pなのでまた薄味にならないか不安です。 荒川さんも書くそうですがクウガ以外そんなに好きじゃないんですよね…。
トッキュウも最初は「お前たちはすでに死んでいるようなもの」などと煽った割に、特に作劇にメリハリもなかったので今回のジューマン体も導入のフックでしかなさそうな…。
  1. URL |
  2. 2016/02/09(火) 23:54:54 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

「かもしれない」が好きでそのような各メンバーのキャラクター性に深みを感じる部分もありましたが、旋風とキンジ以外は醸し出す程度であっさり終わっていくのが物足りませんでした。
それでも前述で現実感のする暗さを描写した後に持ち前の明るさで危機を打開していく部分はしっかり描かれていて清涼感溢れる展開に感動する回もありました。
戦力的にも明るさも天晴が抜きん出ているような乗りでしたが、超絶あたりからそれぞれが天晴の影響を感じさせないようなオリジナルな明るさで追いついている様でした。
ストーリーの密度としては最初の1クールが一番良かったですね、天晴のマイペースさを早々に咎める内容で在りながら追いつけない力関係の中戦っていましたが、もう少し切磋琢磨する感じを続けて欲しかったです。
  1. URL |
  2. 2016/02/10(水) 04:21:16 |
  3. ドロー #-
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
パイロットも勤めた中澤監督で締めましたが竹本監督の方が良かったかもしれませんね。
アクションとしての盛り上がりは先週がピークで今回はどちらかというとしんみりとした雰囲気だったので。
ロボ戦も結構呆気ないというか捻りもなく終ってしまった印象です。
ジュウオウジャーでは早速柴崎監督ということで期待しています。

>緑のシュリケンもVシネ前提で何だかなぁと。
九衛門に近い色ではなく緑なので地味だなと驚きました。
その後VシネPVを見てなるほどと納得したものです。
最終回をVシネと絡めるのは初ですが、それができるほどVシネが安定してきたということでしょうか。
シンケン~キョウリュウまでは本当に番外編というか役者の違った一面を見ることができる企画、とも取れるシリーズでしたが
去年のトッキュウジャーあたりから本編の後日談の意味合いも強くなってきたのでこれはこれで楽しみです。

>狼男回も無理矢理1話に圧縮される上に、「父や兄を復活させるため」など重要そうな話もセリフのたった一言で済まされたのは残念すぎます。
死んだ父・兄絡みで因縁のあるエピソード作れそうな割にはあっさり終った要素でしたね。
狼男と絡めたエピソードを後からやった分、ほぼ1話で1体退場の西洋妖怪の中では恵まれているのかもしれませんが・・・

>天晴
序盤のはちゃめちゃもあって中々のアレっぷりを披露してましたね。
正直な話、性格や言動がどうこうよりも滑舌の方が気になってしまいました。
おかげで良い事も悪いこともあまり響かなかったというか。

>総括ですが1年間それなりに楽しめましたが自分の中では「ノリも苦手だしキャラもそれほどだけど終盤は面白かった」感じなのでゲキレンのようなポジションです。
そうえいばゲキレンジャーもそんな感じですね。
終盤の共闘は凄く熱かったです。
ニンニンジャーも1話はアクション多くて掴みは良かったと思うのですがその後のノリで好みが分かれる作品になった感はありますね。
そんな中でも忍者ヒーロー登場エピソードは当時のファンも楽しめた点は良かったかと。

40年目のニンニンジャーではファンサービス多かったので40作品目となるジュウオウジャーはさらに期待ですね。
今のところこれといった客演要素や情報はありませんが記念作ということで何かはあるはずなので。
脚本もついに香村さん担当で嬉しいところですが宇都宮Pなんですよね。
シンケン・ゴーカイ時の期待はどこへやら、最近のウィザード・トッキュウジャーのせいで5・6年前ほど期待できないのがなんとも・・・
トッキュウジャーは「死んでるも当然」で掴みは凄かったんですけどね。
小林脚本の黒さこんな序盤から発揮されるのかとワクワクしたものです、最初は。
  1. URL |
  2. 2016/02/10(水) 22:20:57 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>ドローさん
>危機を打開していく部分はしっかり描かれていて清涼感溢れる展開に感動する回もありました。
この要素は最終回まで続いて見ていて気持ちよかったです。
逆転のカタルシスが用意されていてちゃんとそれをやってくれていたので。
モヤモヤしたのは何かありそうで無かった有明の方の末路でしょうか。萬月を失ってからは可哀想で可哀想で。

>戦力的にも明るさも天晴が抜きん出ているような乗りでしたが、超絶あたりからそれぞれが天晴の影響を感じさせないようなオリジナルな明るさで追いついている様でした
レッドだけのパワーアップフォームが出ると他のメンバーが遅れてしまう印象が強いのですが
ニンニンジャーはミックス技を始めなんとか喰らい付いていましたね。
男4人は全員超絶になりキンジは独自のパワーアップを習得し次々天晴に続いていったので。
シンケンジャー・トッキュウジャーもですがパワーアップの使いまわしは好きな要素なので嬉しかったですよ。
ジュウオウジャーは既にアバレモード的なパワーアップがあるだけにアバレマックスのようなさらなるパワーアップがあるのか気になるところです。
  1. URL |
  2. 2016/02/10(水) 22:24:14 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

番組開始時は祖父崇拝ぶりが酷かった天晴が立派に成長した一年だった。天晴の成長物語として見ればそれなりに纏まってる。
その分他のメンバーのドラマが薄いかな(キンジは色々イベントがあったけど)。やっぱり戦隊は全員主役であって欲しい。

最終回は実質的に九衛門がラスボスで牙鬼幻月はオマケみたいな感じ。6人にとって因縁があるのは九衛門の方だからこれで良いのかもしれませんが。

>緑色の手裏剣も実は九衛門のために残してあったというのもグッときた。
天晴の予測通り好天が九衛門を競いあう良き弟子として育てたかったのだとしたらコミュニケーション不足だったんでしょうね。
ライオンハオーの一件は勿論、身内の天晴達に対しても言葉足らずなことが多々ありましたし。
>まるでキンジがニンニンジャーの一員に含まれていないような
家族戦隊に追加で入るとなるとどうしても浮いちゃいますよね。マジレンジャーみたいに馴染む例も有りますが。
ところで最後まで凪・霞の親が語られませんでしたね。旋風の修行時代にもいないから忍者修行はしてないと想像できるくらいで後は謎。
  1. URL |
  2. 2016/02/10(水) 22:33:23 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

初コメントです。ちょっと訂正を…。
風花役は山谷花純さんではなく矢野優花さんなのと、下山氏はライダーではウィザードのネット版しかやってないようです(ソースがウィキペディアなのであれですが)
  1. URL |
  2. 2016/02/11(木) 11:23:26 |
  3. ターキン #-
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
>その分他のメンバーのドラマが薄いかな(キンジは色々イベントがあったけど)。やっぱり戦隊は全員主役であって欲しい。
西洋妖怪あたりからはキンジが押し出されてきましたが思いのほかあっさり終わりましたね。
結局「メンタル弱い」で落ち着いてしまってあれ?と腑に落ちなかった記憶が。
ラスボスも実質は九衛門でしたね。
幻月は好天にとってのラスボス・敵であって天晴ら6人とはまた違う印象を受けました。
その九衛門に対してもキンジくらいしか強い接点無かったのでちょっと弱い点だったなと。
先週・今週と天晴VS九衛門の一騎打ちをみて本来ならキンジのポジションなのに、と疑問を覚えたので。

>ライオンハオーの一件は勿論、身内の天晴達に対しても言葉足らずなことが多々ありましたし
ライオンハオーの一件で好天に失望しましたが、その後の展開を見るにあれはあれで正しかったんですね。
最初から最後までラストニンジャとしては1流だけれど指導者としては駄目、というのは一貫して描かれていたので。
  1. URL |
  2. 2016/02/11(木) 19:05:40 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>ターキンさん
初コメントとご指摘ありがとうございます。
最後の感想なのに訳分からないこと書いてすみません。
  1. URL |
  2. 2016/02/11(木) 19:10:05 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3153-28588826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する