特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ゴースト第15話「苦悩!頑固な脱出王!」

gost15-1.jpg
カノンが復帰してたこ焼きパーティー。
カノン「ちゃん」復帰祝いじゃなくて「殿」ってw
幼少期回想も流れてきたし子供の頃は本当に仲良かったのね。
フミバアは2クール目からの準レギュラーになりそう。

今週は未だ使えぬフーディーニー変身回。
あの口ぶりからするに一回変身して以来嫌われたとかではなく変身すら出来て無さそう。
特訓シーンなのにあっさり気味に感じるのはドラゴタイマーを思い出す。
せっかく特訓シーンあるんだから2話完結でも良かったかも。
1話完結の方が見易くはあるけど特訓や重要なパワーアップが絡むと2話は欲しくなるし。

アランのおかげでジャベルが復活。
一応アランの言うことを聞くようにはしてあるけど根本は変わって無さそうな感じ。
眼魂についても明らかに黙っているし。
この関係じゃまた同じ失敗犯して死にそう、と思ったら案の定。









gost15-2.jpg
それでも現在のスペクターよりは強いけれど。
接近戦用のツタンカーメンですら歯が立たないし。
ノブナガが好きだからここでやられ役にならなくて良かった。
ニュートンへの直接変身は初かな。
闘魂ブーストで押しているけど瞬殺は出来ないあたりジャベルもそれなりにパワーアップしている模様。

「個人の命などに価値は無い」
「命に価値が無いなんて言わせない!」

は良いやり取り。
眼魔側は何度でも復活出切るようだし個人の命に関しては興味関心が薄いのかもしれない。

攫われたカノンを助けるべく奮闘するマコト。
ここで限界ギリギリまで手を出さないタケルが偉い。
合体したグンダリに吹っ飛ばされた時は流石に変身したけれど。
闘魂ブーストでも守りの戦いになったけれどアカリと御成がいなければ攻めに転じて勝てたのかな。









gost15-3.jpg
満を持して登場のフーディーニはバイクと合体。
このバイク自体と分離も出来て飛行ユニットとしても扱えて便利。
捕まった時にすぐに逃げ出せたのはまさに脱出王。
GCだとスペクター本体とバイクの隙間が凄くて不恰好だけどスーツは一体感あっていいね。
必殺技がライダーキックなのが嬉しいけどグルグル回転キックより普通のキックの方がよかった。
見た目も着地シーンもカッコよくスペクターのフォームに外れなし。
青素体に加え青系パーカーばかりだから統一感もあるし。

「お前と肩をならべて戦うために!」と言っているように15個ある眼魂の一つでありながら
明らかに他のフォームとは別格の強さで闘魂ブーストと肩を並べる強さ。
ゴースト中間フォームが出てくるまでの間はインフレからもおいていかれずに済むかもしれない。
まだスペクターのパワーアップが残っているようだし今年はお下がり、使い回し、ツギハギではなく専用形態で頑張って欲しい。









gost15-4.jpg
フーディーニのシルエットも解禁。
予告ではネクロムが登場。
分かりきっていたけど超英雄祭で告知されたようにアランが変身。
ジェネシスで顔出ししていたから1ヵ月半を経て本編登場。
ついにノブナガが押されるシーンが映っていたけど間違ってもフーディーニがかませになるような展開にはならないで欲しい。








gost15-5.jpg
GCのCMも。
右上のように基本フォームであるオレ・スペクター魂が端っこに追いやられるのは珍しいかも。
組み替えて遊べ!では闘魂ブーストでのムサシやスペクターのリョウマ魂の組み合わせも。
自分もこの組み合わせで遊んでいるから本編でやって欲しい。








160124-1.jpg
クウガBD-BOXが到着。
楽天ブックスで買ったけどボックス付きで安心した。
当初は買うつもりなく次世代規格でのCG作り直しを望んでいたけれど、高寺Pが東映にいた頃でさえ特別編でのCG再編集が精一杯だったしこれ以上の向上はないと考え購入。
この先4Kや8K、なんちゃらハイビジョンがどんどん出てくるんだろうけど今回のBD-BOXが「未来に夢を託したクウガ方式」のゴールかと。
画質にこだわりが無いように見えた東映(ビデオ)がここまでやってくれるなんてとんでもないことだし。









160124-3.jpg
グロンギ集合のボックスが素晴らしい。中央にいるグロンギがグムン、バダー、ガドル、ダグバと配置も凝っているし。








160124-2.jpg
何よりも背表紙のアルティメットフォームがカッコいい。
平成ライダーのBD-BOXで最強フォームが乗るのは初?







160124-5.jpg
160124-4.jpg
以前買ったブレイドBD-BOXと比べるとボックスが分厚い。
ディスク4枚組みだから1ケースあたりも厚くなっているため。








s-160124-1dvd.jpg
s-160124-2cs.jpg
s-160124-3bd.jpg
上から準に
DVD
CS(超解像版)
BD

肝心の画質だけれどDVDを超えるのはもちろん、綺麗になったと喜んでいた東映チャンネル版を越える画質。
「A NeW Hero A New Legend」の部分は分かりやすいかと。字幕はグロンギ語通訳意外は当時のままだけどここだけ作り直した?
東映チャンネル版は「綺麗になったけど過度な期待は禁物」「アプコンの域を出てない」だったけどBDはFORSのおかげで本当に綺麗。
また東映チャンネル(超解像版)にあった横の黒縁はなくなってる。
このOP当時はカッコいいと思ったけど「高寺Pの決意表明ソング」ってのを聞いた瞬間から別の歌に感じるw

からっぽの星 時代をゼロから始めよう 伝説は塗り変えるもの
恐れる物は何もない
完全独走! オレが超えてやる!
頂上疾走! オレが変えてやる!

は結構まんまだなーとw








s-160124-8dvd.jpg
s-160124-7tideji.jpg
s-160124-9cs.jpg
s-160124-10bd.jpg
DVD
地デジ(の宣伝CM)
CS(超解像版)
BD

酷かったブロックノイズ、ジャギー等も大幅改善。
これはアルティメットフォーム変身時の雪山変身も良くなっていそう。








s-160124-11dvd.jpg
s-160124-12bd.jpg
s-160124-13cs.jpg
s-160124-14bdtokubetu.jpg
DVD
BD
CS(超解像版の特別編)
BD(特別編)

流石にCG自体はどうしようもなく。
CGがしょぼくて周りの風景が綺麗だから逆に浮いているw
昔特別編を見たときはCGのレベルアップに感動したものだけど今見ると特別編も対して変わらなく見える。








s-160124-4dvd.jpg
s-160124-5cs.jpg
s-160124-6bd.jpg
DVD
CS(超解像版)
BD

動きの激しいアクションシーンや暗闇では厳しいところもあるけれど動きの少ないドラマシーンなどは今でも通じるくらい綺麗。
特にクウガがアップになるシーンでは複眼ってこんなに綺麗だったんだ、と感動するレベル。
メタリックのディケイド版ではなく正真正銘、本物のクウガのスーツを高画質のフルサイズで見れるのは嬉しい。
特にライジングフォームはディケイド(HD放送)でも見ることが出来なかったから今から楽しみ。

東映チャンネル版では不満だった字幕と時刻・場所表記が被るようなことは無くなっているし全てにおいてBDの圧勝。
元からDVDは汚いと思っていたけど改めて見比べると論外レベル・・・
特典も充実しているしクウガファンなら買って損はないBOX。
CG改善が一番ではあるものの、今となっては現実的ではないしどこかで踏ん切りつけないと一生待つことになる。
上でも書いたように未来に夢を託したクウガ方式」のゴールがこのBD-BOXかと。

もう売り切れは嫌なのでアマゾンでVOL2と3も注文しこれで一安心。
東映チャンネルでアギト~ファイズが放送されてもSDのままだったらBD-BOXも購入予定。
出来ればこのFORS技術をファイズ・龍騎・ブレイドにも使って欲しかったけれど・・・
初代仮面ライダーやネオライダーのBDもかなり綺麗みたいだしあの東映がようやく画質向上に力を入れ始めたのかと思うと感動すら覚える。
スポンサーサイト
  1. 2016/01/24(日) 19:50:39|
  2. 仮面ライダーゴースト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ニンニンジャー第45話「親子三世代!ニンジャ全員集合」 | ホーム | ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド 感想>>

コメント

基本的には1話構成の方が見やすくて良いですが、流石に今回のフーディーニ魂についてはマコトが頑張って認めて貰うのに2話分使っても問題はなかった気はしますね。というかマシンフーディーで攻撃して来たのはわかるけど、あの鎖の縛り方は大して拘束できてないような気が…w
そんなフーディーニ魂も、いざ戦闘シーンを見てみるとやっぱりかっこいいですね。スライダーモードに乗ってるシーンはガタックエクステンダーを思い出しました。

一方でタケルはリョウマ、ムサシとの対話を完了し、次はロビンフッド。3話のサブタイトルで「正義の弓矢」と呼ばれたロビンフッドに「正義は一つとは限らない」と言わせたのは良いチョイスだと思います。
しかし15個の眼魂全てと対話しなきゃいけないという事は、マコトの持ってる3個、アランが持ってる2個の眼魂とも対話をしなきゃいけないという事……ノブナガ辺りは認めて貰うのが特に大変そうですね。
  1. URL |
  2. 2016/01/24(日) 20:39:04 |
  3. 掛布団 #-
  4. [ 編集]

「今度こそ俺がカノンを守る!」というマコトの熱い意思が見られたのは良かったですが、先週に引き続き細かいところの強引さと雑さが目立ち引っかりますね。
ジャベルも雑に帰ってきた上に強さもどうも曖昧で扱いも完全にかませ…。 まだ退場しないということは進化する可能性もありそうなのでそこは楽しみではありますが。
カノンがジャベル様と親しげに呼んでいる辺り、やはり眼魔界に飛ばされた2人をアランが面倒を見てやっていたのでしょうか。 アラン英雄伝が気になってきます。
その辺りを考えるとアランにも今までより魅力を感じてくるので来週のネクロム登場が楽しみです。 軍服を着ているアランがとてもカッコいいのも気に入っています。
あとCG空中戦の動きがやけにスピーディでMEGA MAXのシャトル上での戦闘がよぎりました。 TVでこのレベルのものを見られるとやはりお得感があります。

>クウガBOX
CS版を見ていないので自分で比較はできなかったのですが、ご覧になった飛翔さんが比較してBDの方が綺麗と仰るならばやはり大分違うのでしょうね。
たしかに「A New Hero~」の部分を見るだけでもクッキリ度が違います。 あとケースが青なのも以前仰られていた青空と考えるとボックス写真と合わせ絶妙にマッチしていていいですね。
最初はアプコンが不満で酸っぱいブドウ状態で買わない連呼していものの、結局大好きなので買ってしまい実物を見れば予想以上の画質で今では本当に買ってよかったと思えます。
この画質のクウガが手元にあるというだけでかなりの満足感がありますし、真骨彫アルティメット・ライジングなど玩具も充実してきているので今後のクウガの展開が楽しみです。
購入前はあくまでベター程度と考えていましたが、今後を考えてもこれ以上は出ないでしょうし、今回のBOXはクウガファンなら買って損はない限りなくベストな品でしょうね。

何度も見ている作品なのでまだ収録分全部を見てはいないのですが、序盤と特別編を見るだけでもDVDとの段違いの差にかなりの新鮮さを感じます。
今見てもグロンギの造形はすごいと思うのですが、こうやって高画質になると肌や毛の質感が良く見れ取れて、今まで以上にリアル感が増していて素晴らしいですね。
しかし大分手間暇がかかっているらしい割にディスク1枚や新聞が増えていることを考えると、値段はそう高くなっていないようなのが個人的に気になります。
それだけの売り上げが見込めると確信していたからこそのFORS導入だったのでしょうか。 実際W以外の他BOXの3倍近い初動売上を出しているので。
あと自分は初期平成のBOXを所持していないのでわからないのですが、剣とクウガを比べると画質的にはどちらがいい感じでしたか?
自分は想像でFORSはアギト以降機能するか疑問だったのですが、比較できる飛翔さんから見ると以降の作品でもかなりの画質向上は実現できそうに感じますか?
  1. URL |
  2. 2016/01/24(日) 21:58:37 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

>掛布団さん
>基本的には1話構成の方が見やすくて良いですが、流石に今回のフーディーニ魂についてはマコトが頑張って認めて貰うのに2話分使っても問題はなかった気はしますね
せっかくのパワーアップ回なので2話使って欲しかったですね。
記事中でも書きましたがドラゴタイマーのように1話の間で描いてしまうとあっさり気味に感じてしまうので。
スライダーモードは真っ先にガタックエクステンダーを思い出しますよねw
青色でバイクが変形とまんまですし。違いは合体するかどうかくらいなので。

>次はロビンフッド。3話のサブタイトルで「正義の弓矢」と呼ばれたロビンフッドに「正義は一つとは限らない」と言わせたのは良いチョイスだと思います。
エジソン→ロビン→ニュートンと順番にいくのかと思いきや飛んでロビンは意外でした。
仰るように「正義」をかけたチョイスは上手だと思います。
3話登場の女性レポーターは1話完結なのであまり踏み込まずに終ってしまったのが心残りだったので次回は期待できそうですね。

>しかし15個の眼魂全てと対話しなきゃいけないという事は、マコトの持ってる3個、アランが持ってる2個の眼魂とも対話をしなきゃいけないという事……ノブナガ辺りは認めて貰うのが特に大変そうですね。
中間フォームのパワーアップが全ての眼魂を使うようですし、それを考えると後2ヶ月で対話しないといけないんですよね。
ゴーカイジャー終盤のようにある程度はまとめて対話してしまいそうな気がします。
対話するのは自分の持ち分の眼魂(偉人)くらいかもしれません。
  1. URL |
  2. 2016/01/25(月) 23:44:40 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
>先週に引き続き細かいところの強引さと雑さが目立ち引っかりますね。
>ジャベルも雑に帰ってきた上に強さもどうも曖昧で扱いも完全にかませ…。
どうしても1話完結が気がかりになってしまいますね。
やってることは良いシーンばかりなんですけど「後1話あれば・・・」というのが多くて。
平成2期の1~1.5話を無理やり2話に引き伸ばしたようにエピソードを見続けてきた後だとゴーストの1話完結は嬉しいのですが
それでも物足りない部分が出てきてしまうなと。

>アラン英雄伝が気になってきます。
BD-BOX特典のやつですよね。
描いてくれるのは嬉しい反面、テレビでは描く気はない?とちょっと不安でもあります。
「鎧武ザ・ガイド」に戒斗小説が載ると発表された時と同じ気分です。
結果的に戒斗は描かれましたがアランはどうなるんでしょう。
あわよくば外伝・サーガ枠でテレビシリーズ以上に詳しく描かれる時があるかもしれません。

>クウガBD
お互いに最初は買わないと言っていたのに結局買ってしまいましたね。
自分は新車購入や車検に回す分のボーナス崩してしまいました。
クウガ>車になった瞬間なのでクウガすげえなと実感しましたよ。

>しかし大分手間暇がかかっているらしい割にディスク1枚や新聞が増えていることを考えると、値段はそう高くなっていないようなのが個人的に気になります。
3年連続アンケート1位になったようですし、東映としても売れる確証があったかと。
東映はクウガ・電王を切り札にしている節はあるので。
かかったお金は多いかもしれませんが十分ペイできたかもしれませんね。
今後もこのクオリティで、といいたいですが残りはアギトくらいなのが惜しいところです。

>剣とクウガを比べると画質的にはどちらがいい感じでしたか?
CGのレベル自体は当然ブレイドの方が上ですが、役者やスーツの質感・ノイズ軽減を考慮するとクウガが上です。
DVDは大きな画面で引き伸ばして視聴すると低画質に悩まされますが、ブレイドBDはそれに悩まされず
液晶テレビでも昔のブラウン管テレビでDVDを再生したように映像を違和感なく見れるようなレベルでした。
比べてクウガは(元が低画質とはいえ)明らかに綺麗になり、ブルーレイの恩恵を感じられるレベルかと。
おそらく龍騎・ファイズも「大きな液晶テレビでも違和感なく見れる」ようになっただけで、アプコンで見違えるほど高画質になったというわけではないずです。
それを考慮するとクウガの圧勝かと。

>自分は想像でFORSはアギト以降機能するか疑問だったのですが、比較できる飛翔さんから見ると以降の作品でもかなりの画質向上は実現できそうに感じますか
こればかりは実際に処理されたものを見ないと何ともいえませんが十分恩恵を受けるのではないでしょうか。
公式サイトを見たら「咲」のようなアニメも手掛けているんですよね。
「マリア様が見ている」も担当したようでこちらのサイト(http://www.ragemax.com/2014/12/maria-watches-over-us-bdbox-2.html)を見るとかなり綺麗になっているのが分かります。
SD時代のアニメも綺麗なので同じく平成初期ライダーでも恩恵を受けられるかと。
ただ実写の特撮よりも「線」の集まりであるアニメの方がアプコン・ブルーレイの恩恵を強く受けられるのでアニメ程綺麗さを実感できるわけではないかもしれませんね。
たまにBDとCS・DVDの画質比較を載せていますが画像だけで見るとBDも東映チャンネル版もそれほど違いは無いんですよ。
再生時に滑らかさやノイズ・ジャギーが出るかどうかという部分も出てきますし。
ブルーレイ化する際はそういった再生時の滑らかさもポイントですね。
どれほど絵(静止画)が綺麗でも動画として汚ければ意味はないので。
  1. URL |
  2. 2016/01/25(月) 23:46:00 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3142-a91aeee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する