特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

2016年 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
今年も1年よろしくお願いします。


元旦と言っても特にやることもなく家のなかでゴロゴロ。
休みが3日だけで終りっていうのも空しいなあ。
実家に帰ってきたから東映チャンネルで録画してある番組やダイナ一挙放送分も見れていない。

変わりにレコード代償のウルトラマン組や紅白を。
宮野くんとゼロのハイタッチが嬉しい。
ラブライブは見たことないけどμ'sの8人頑張ってた。
同じような深夜アニメでヒットした作品ならけいおん(放課後ティータイム)やまどか(ClariS・Kalafina)があるけど、どちらも紅白までは出場してないから凄い。
久し振りに紅組が勝ったことには驚いた。
今晩は格付けが楽しみ。ガクト無双を見ないと新年は始まらない。



14516247910.jpeg
家でゴロゴロしているのも暇なのでいつの間にか発売してたこの2冊を。

○荒野のグルメ2巻
食の軍師は不定期になり野武士のグルメも更新が遅くなりと定期的にやっているのは荒野のグルメくらい。
月1で新作を読める安心感は大きい。元々孤独のグルメの二番煎じ狙っている感もありながらお酒がメインだから面白いし。
若者がオアシスの中でピザ注文したのはたまげたなあ。

○アオイハルノスベテ4巻
ラスト1巻あるようだけど実質の最終巻。
長く続けられるような内容では無かったからスパッと終らせたのは英断かと。
若干の打切り臭があるのは思ったより売れなかったからな。
最初の方からプッシュされてPV作られたりショップ特典も色々やってたけどイマイチ売れなかった気がする。
せめてドラマCDくらいまではやって欲しかった。

打切りにしても後1巻間に挟んで詳しい伏線や謎を回収して欲しかった。
姉の当時のエピソードや1巻冒頭の教師?だかの台詞が良く分からないし。
ココロコネクトのフウセンカズラもだけど、この作者は舞台装置として徹底しているというか正体を描く気はサラサラ無いのが分かっていたけど今回もノータッチ。
目の前に不可解な現象に対して学生らがどう立ち向かうか、って言う構図は同じだし。

途中から一致団結して立ち向かうのはまんまココロコネクトを思い出した。
バトル物のような展開になったのは読んでいて熱かった。主役側に攻撃系の能力者皆無なのが痛いけどw
最後の死に向かっていくこそが生きること~っていう横須賀の台詞が良かった。

既に3作目も取り組んでいるようだしそちらも買うつもり。
やはりこの作者の描く心情描写は好きだし白身魚との絵も合っているしで好きだから。
スポンサーサイト
  1. 2016/01/01(金) 14:33:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<今日のお買い物 | ホーム | 2015年度 好きな特撮シーン&フィギュア>>

コメント

1日遅れになりましたが明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

そして前回の記事でシャーロットに関する感想なんですが愚痴愚痴言ってすいませんでした
「自分には合わなかった」の一言で済ませれたのに長々と言ってしまいすいませんでした
投稿した後で言うのもなんですが自分でもやりすぎたと思ってます
  1. URL |
  2. 2016/01/02(土) 21:30:55 |
  3. キングフォームRSF #-
  4. [ 編集]

>今晩は格付けが楽しみ。ガクト無双を見ないと新年は始まらない。
まさかのGackt組ミスで驚きました。 番組的にもこの人だけは勝たせ続けると思っていたので、失敗後の嘆きと怒りの表情には笑いました。
ただ細かい話ですがGacktさん個人は41連勝というのがよくわからないカウントだなと。 それならば今までのペアの人の正解もマイナスしないといけないのでは?と。
紅白は見ていませんがラブライブすごいですね。 去年の進撃も驚きましたが完全にオタ向け作品がこういう舞台に上がるとは。 まあ視聴率は微妙だったようですが。
年末年始番組は選手権やサバイバルで佐野岳さんが活躍しているのを見るのが楽しかったです。 今後も肉体系の仕事が増えそうですね。

>ドライブ読本も立ち読みですが目ぼしいところは読んできました。
すでにお読みになられていましたか。 個人的にはハートの設定画が衝撃でした。 展示されていたSICと全く同じ姿であれこそがオリジナルのデザインだったんだなと。
見た時「本編スーツがSICで展示SICが本編スーツみたいだな」と思っていましたが、あながち間違いではなかったようで驚きました。 でもやはり本編の方が好きですね。
あとはマッハの強化案がチェイサー変身方向に変更されたようですが、チェイスのライダー化後の魅力とトリプルライダー並びを考えるとこれでよかったんでしょうね。
ブレン超進化が元は金ではなく赤の予定だったり、ウィンターが動けなくて困ったとか普通わかるだろというタイヤ関連のグダグダ感だったりが面白かったです。

自分も帰省で暇なので外伝2やTypeルパンを見たこともありフルスロットルを見返していたのですが、冒頭の戦闘だけでもうジェネシス一本分の豪華さがありますね。
戦極がメガへクスにあっさり迎合したのも外伝2で「神に至るのは私のドライバーだ」と戦極個人ではなく技術や道具を今まで以上に強調していたので、
「黄金の果実の力なしで技術のみでヘルヘイムを超越」したメガへクスを考えるとかなり順当な帰結ですし、新作出る度に補完されていくのが面白いですね。
あとは私見ですが果実の入手難度はその世界の技術レベルによって左右されるのかな?と思ったり。 メガへクス>地球>フェムシンム>謎の生物の星といった感じで。
技術レベルが一番高そうなメガへクスは入手出来なかったのに、謎の星のものはその辺に落ちている辺り、レベルの低いものを優先して進化させているのでしょうか。
フェムシンムも呪術はあっても電子機器に興味を抱いていた辺り地球よりは低いでしょうし。 地球の果実はロシュオが握っていたので本当に戦極がいないと詰んでましたね…。
  1. URL |
  2. 2016/01/02(土) 21:34:39 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

>キングフォームRSFさん
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

>「自分には合わなかった」の一言で済ませれたのに長々と言ってしまいすいませんでした
いえいえ、色々な意見を聞けて楽しいでお気になさらず。
Charotte好きな自分でもなんだこりゃ?って展開は多いですし好き嫌い別れるのは当然ですよ。
  1. URL |
  2. 2016/01/03(日) 21:10:03 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
ガクト(チーム)失敗は意外」ですね。
「外したらジャニーさんに電話するから」
「色々な意味で消える・・・」
の会話をしている時は外さない前振りみたいなものだと思っていたので。
ガクトを落とさないための台本臭さは感じますが7年目でようやく失敗なのでヤラセじゃないよという体裁は保ったかもしれません。
仰るように41連勝のカウントはよく分からなかったですね。
TM西川や金爆鬼龍院の分を外すと2~30連勝が正式カウントのはずなので。

>紅白
進撃の巨人は一応一般層にも人気という名目はありましたがラブライブはほぼオタク人気の印象が強いので紅白出場は凄いですよね。
視聴率が下がってきた今の時代だからこそ色んなジャンルや視聴者層を取り込みたいのかもしれません。
視聴率は低下しましたがもう誰が出場しても下がる一方な気はしますね。
レコード大賞と放送日分けてもなお下がるということはテレビ見ない人が増えているということでしょうし。

>佐野くん
あの手の番組に出演するたびに「すげえ!」と唸ってしまいますよ。
あの身体能力の高さを見るとヒーローになるべくしてなったんだと思い知らされますね。
鎧武の放送終わって1年近く経った今でも仕事増えて来ているはずなので頑張って欲しいです。


>ドライブ読本
ハートの設定画はまんまSICで驚きましたね。
設定画とスーツが逆のようだという鯖缶さんと全く同じ印象を受けましたよ。
それならそれでアレンジ薄いような気はしてきましたが・・・

ブレンの超進化態が赤色というのも初めて見た情報なので驚きました。
ドライブにおけるパワーアップは金色と分かってはいても色合いが好きではないのでそれぞれ個別の色に分けて欲しかったです。
せっかく強くなってもあの安っぽい金色ではガッカリするばかりでしたから。
ハート=赤、ブレン=緑と元の色の方が似合っていて強そうですし。


>フルスロットル
>自分も帰省で暇なので外伝2やTypeルパンを見たこともありフルスロットルを見返していたのですが、冒頭の戦闘だけでもうジェネシス一本分の豪華さがありますね。
極VSメガヘクスはもう1度映画館で見たいくらい凄かったですね。
邪武戦の描写で無敵と信じて疑わなかった極アームズと画面いっぱいに互角の戦闘を繰り広げるメガヘクスの戦いはとにかく凄かったですよ。
ある意味であの冒頭の戦闘がピークでもありましたから。
ジェネシス全編でもあの冒頭を超えられていないのかと思うと泣けてきますね。

>あとは私見ですが果実の入手難度はその世界の技術レベルによって左右されるのかな?と思ったり
なるほど。それはありそうですね。
46話の惑星での黄金の果実は儀式?をやってる近くに出てきたりとあっさり入手できそうでしたからね。
見た感じあまり知能レベルが高そうには見えなかったですしわざと近くに配置した可能性はあります。
地球(紘汰世界)ではどこに置かれたのかは分かりませんがロシュオの妨害さえなければ捜索にも苦労したのでしょうか。
貴虎を出し抜いた凌馬が確保していそうな気はします。今思い返してもロシュオせこいなーとw

メガヘクスに関しては黄金の果実を知ってはいたので存在は認知していたのでしょうね。
個人的にはメガヘクスの惑星も黄金の果実争奪戦が発生しその末に消失し「バラバラでは駄目。個を統一しよう!」で全国民がメガヘクス化したか、
ユグドラシルのように残り10年と分かった段階で足掻くのではなく、浸食されていると分かったら即メガヘクス化してその過程で果実も失われてしまったのかなと。

>新作出る度に補完されていくのが面白いですね。
メガヘクスも苦肉の策で出て来たように思えますが進撃のラストステージ・斬月・デュークと鋼屋脚本ということで後付を利用しながら上手いこと補完していますね。
さすがにメガヘクス一本で外伝出すのは無理だと思うので小説やインタビューで過去や成り立ちを明かしてくれると嬉しいです。
あの映画だけの出番ながら強烈な存在感と強さを発揮してくれただけに細かい設定や初期構想があったら見てみたいので。
とりあえずは超英雄祭待ちですね。ここで新情報無かったら危うい気がします。
吉田メタルさんとの茶番?も更新されなくなったので不安になってきましたよ。
  1. URL |
  2. 2016/01/03(日) 21:11:31 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3127-e74c38ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する