特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ウルトラマンX最終話「虹の大地」

7月に始まったXも最終話。
ギンガ・ギンガSよりも長く休止期間が無いにも関わらずもあっという間。

OP無しでいきなり本編が始まり大地救出へ。
副隊長が真っ先に私が行きます!というのは正義感や責任感が強いのはもちろん、同じ(元)ウルトラマンとして助けたいという気持ちが強かったのかもしれない。
助けに行くアスナがヒロインやってる。スイッチを押されようとしても無意識に止めようとする演出も好き。

この間に奮闘するXio隊員らがカッコいい。
なんと言っても神木隊長の「サイバーゴモラを起動しろ!私が行く!!」「アスナが必ず大地を連れて帰る!我々が最後の砦だ!!」は本当にカッコいい。
ウルトラマン終盤だと隊長が前線に立つ機会が多いけど今作もまた。
特に神木隊長は演じる神尾さんが真木(恐竜グリード)だったこともあって余計ギャップを感じてカッコいいから。

グリーザは第2形態を経て最終形態に。
スパークドールズを無数の手がかき集めるシーンはさらに不気味さを増している。
先週のネバタ支部でSDが消滅したと言っていたけど実際には吸収されたかな。
ソフビバレなどが来た当初はこれの上があるのではないかと思われたけどまんま最終形態であった。
最終形態でゼットンの声が聞こえたような。(多分・・・)

エックスが復活してからの戦闘だけれどグリーザに勝ったことに対してイマイチ納得できなかった。
公式サイト見たら「敵から受けた攻撃エネルギーを加えて跳ね返す」とあるから攻撃当たるようになったのには納得したんだけど
第2形態があれだけ強くて歯が立たないくらい圧倒的だったのに今更エクスラッガーの一撃喰らったくらいで逆転されても。
直前にカウンターの如く突っ込んだエクシードエクスラッシュも真正面から止められているだけに。
結局特撮作品の特有の勢いでなんとかなってしまった感じが強い。

最後のモンスアーマーはハイブリットアーマー。
全てのSDを取り込んでOPにあるカード演出を本編でやってくれたのは嬉しい。締めも大好きなザナディウム光線だし。
けれど全てのSDというよりは今まで使ってきたモンスアーマーの合体という印象が強かった。
結局最後までアーマーは好きになれなかったな。
この半年間、いかにアーマー使わずザナディウム光線を見せてくれるかに注目してたから。
エクスラッガー誕生も分かったような分からなかったような・・・

という訳でエックス最終回でした。
最後なのに不満ばかりになってしまったけれど、それまでに先週の話と今週のエックス復活までが面白かった。
グリーザに対して強くなった、弱くなったと捉えるかどうかで随分変わってきそうなエピソード。
カッコよさでは最終形態が好きだけど強さ・不気味さは圧倒的に第2形態の方が上。
少なくとも不気味さに関しては自分が見てきたウルトラ怪獣の中でもトップクラス。

まだ映画もあるからしんみりとした、いかにも最終回という雰囲気ではなく大きな危機を乗り切った感じの終わり方。
怪獣との共存も具体的に何をするわけではなく夢の途中ということで一区切りでそこは消化不良。
春の映画は明らかにバトルメインで共存どうこうをやってる余裕は無さそうだし。
使わなかったサイバーカードも多くネクサスやギンガビクトリーは映画待ちかな。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/25(金) 22:41:33|
  2. ウルトラマンX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<今日のお買物 | ホーム | ニンニンジャー第42話「オトモ忍ウォーズ!ネコマタの逆襲」>>

コメント

冒頭から大地復活の為に奮闘するXioの面々が良かったですね
特に普段戦闘に参加しないオペレーター組みまで参戦したので益々思いました
アスナの「未来が無いと夢は叶えられない」はギンガやギンガSを思い出しました
序盤は何とも思わなかったんですが今ではすっかり良いヒロインやってますね

グリーザ戦ですが自分はあれで良かったと思いました
不気味さでは確かにトップクラスですね
この辺は喋らないのがいい味出してました
エクシードXを圧倒してたので弱体化とも思いませんでしたし
吸収出来なかったのは単純に怪獣たちとの絆が上回ったんでしょうし
特に「一緒にユナイトだ!」→ハイブリッドアーマー・アクティブのシーンは熱い
ある意味これも「怪獣との共存」の1つの形なのかなとも思ったり
前回の最後に「感動のユナイト」と言われてましたが本当に感動のユナイトでした

ただエクスラッガーは自分もよくわかりませんでした
未来から送られた物?

自分のXの感想は楽しかったの一言に尽きます
毎週市街地戦を見れるのは良かったですね
次の映画も楽しみです
あとはこのクオリティで1年やってくれれば言うことなしですね
  1. URL |
  2. 2015/12/25(金) 23:07:22 |
  3. キングフォームRSF #-
  4. [ 編集]

あっという間でしたねえ。やっぱり1年で見たいな。今作も「1年物だったら○○なんだろうな」と思うことが多かったので。
グリーザはちょっとあっけなかったかな。最終形態になってパワーUPしてるハズなのにアッサリ片付いたからそう感じるのもあるんでしょうけど。

>SDが消滅したと言っていたけど実際には吸収されたかな
Xioからしたら『反応消える=消滅』でしょうからおそらくそうでしょう。
>怪獣との共存も具体的に何をするわけではなく夢の途中ということで一区切りでそこは消化不良。
節々の回で取り上げてたのでそこは不満ですね。本筋に絡まない夢ならともかくM1号の回のようにメインテーマのように扱ってるので。
  1. URL |
  2. 2015/12/26(土) 21:22:01 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

映画もあるのでこれくらいの〆がちょうどいいのかもしれませんね。
どうせこれ投げっぱなしで終わるんだろ?と思っていた怪獣との共存というテーマに見える筋は結局そのままでしたし(M1号回での結末を結論として、共存は出来ないがこれからどうにか出来るかもしれない、というラストと見ることは出来ますかね)小林雄次さんらのシナリオという時点であまり期待はしてなかったんですが結局ストーリーの筋が期待値を上回ることは無かったように思います。

しかしその分特撮は素晴らしかったですね。22回(間に総集編二回もありましたけど)含めて特撮がイマイチ、という回は一度も無かった気がします。どこかしらに見所があって楽しかったです。ギンガの頃から考えると信じられないような進化というか、シリーズを重ねるごとにいろんな作家さん方が参加して2010年代に出来る「ウルトラマン」の幅がどんどん広がっていっているように感じて見てて楽しいです。
数年前には考えられなかったような充実ぶりです……。

次のシリーズがどんな風になるのか分かりませんが、次は単純にストーリーもきちんと出来た話を書けるライターさんを多く取り入れてほしいなと。特撮はこのまま現状を維持してくれれば何も言う事はありません。2016年もウルトラマンを気兼ねなく応援できます。
  1. URL |
  2. 2015/12/26(土) 22:12:29 |
  3. Neg #-
  4. [ 編集]

>キングフォームRSFさん
>冒頭から大地復活の為に奮闘するXioの面々が良かったですね
>特に普段戦闘に参加しないオペレーター組みまで参戦したので益々思いました
奮闘するXioは本当にカッコよかったですね。
先週冒頭のほのぼのとした雰囲気の時もですがラストになってようやくオペレーター組にもスポット当たるようになりましたし。
ワタルの恋よりもこの2人で1話使っても良かったかもと実感しました。

>この辺は喋らないのがいい味出してました
パワーアップすると知能まで上がりしゃべり出す怪人(怪獣)が多い印象がありますが
グリーザは最後まで喋らず不気味さはそのままだったのが良かったですね。
下手に喋っちゃうと台無しというか一気に安っぽくなってしまうので。

>自分のXの感想は楽しかったの一言に尽きます
>毎週市街地戦を見れるのは良かったですね
なんだかんだ言いながらも半年間楽しませてもらいましたね。
客演エピソードが面白いのはもちろん、1話1話のクオリティも高く見応えがあったので。
ギンガSの時点で市街地戦増えて来たとはいえ改めて市街地戦闘は良いなと実感しました。
未だにギンガで校庭の裏山ばかりだったのを引きずっているのかもしれませんがw
  1. URL |
  2. 2015/12/27(日) 10:48:56 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
>あっという間でしたねえ。やっぱり1年で見たいな。今作も「1年物だったら○○なんだろうな」と思うことが多かったので。
ギンガ・ギンガSよりは増えたとはいえ「1年番組なら・・・」と思うところは多かったですね。
ただ、いかに半年しか無かったとしても怪獣との共存については何かしら答えを出して欲しかったですね。
「今は無理でも必ず成し遂げてみせる!」とかの決意表明すらなく、19話のM1号の時からサッパリ触れなくなってしまったので。
テーマの一つとして掲げている以上は1年番組、半年番組関係なく触れて欲しかったです。
映画はバトルメインのようですし共存どうこうはあまり期待できないので・・・
  1. URL |
  2. 2015/12/27(日) 10:50:34 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>Negさん
>結局ストーリーの筋が期待値を上回ることは無かったように思います。
客演を始めとしたアクション(特撮)面では毎週すげえ!と驚いてましたがストーリーは普通でしたね。
先週・今週とグリーザの印象こそ強かったのですがストーリー的にはこれといって面白いところはありませんでしたし。
奮闘するXioの面々はカッコよかったのですが、どちらかといえば役者陣の気合が凄かったように見えます。
ストーリーの盛り上がりとしては19話のM1号で区切りを迎えた感があるかと。

>数年前には考えられなかったような充実ぶりです…
ギンガ1期からするととんでもないパワーアップですよね。
特に各監督らによるザナディウム光線の演出が素晴らしくて見入ってましたよ。
十字路をXに見立てたりエクシードからノーマルエックスに戻りながらのザナディウム光線などどこからそんな発想が出てくるんだ!?ってくらい楽しめたので。
ギンガSや10勇士の時点で坂本監督凄いと言いながら満足していましたがエックスでも毎週楽しめてアクション(特撮)面では文句なしの半年間でした。
総集編は2回もありましたが本放送時には流れなかった主題歌付きで楽しめましたし。
来週は総集編3はネクサスをやるようなので英雄や青い果実が流れることを楽しみにしています。
  1. URL |
  2. 2015/12/27(日) 10:51:16 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>結局特撮作品の特有の勢いでなんとかなってしまった感じが強い。
特撮は牙狼を筆頭に奇跡が基本みたいな媒体ですが、Xならそこを超えてくれるかな?と思っていたのですが…。 放置された要素が多くどうも肩透かし感がありました。
グリーザも第2の方が絶望感があって良かったですね。 今週の大量の手も含め絶大なインパクトがあったのに、結局いつも通りのただデカい敵になったのが残念で。
両親の話もここまで引っ張った割に勝手に終わった感があって何だったの?と。 似た過去のゴーバスはこの辺の話が面白かったのですがXは残念ながら…。
助けに行ったと思えば妻と悠長にしゃべって勝手に消えた父が特に腑に落ちません。(間に合わないと悟っていたかもとはいえ) 大地がただただ可哀想です。
色々文句はありつつも最後のフルアーマー装着からの戦闘はすごく良かったです。 ED使用も意外性がありましたし背景のサイバー怪獣集合絵がカッコいい。

X自体の総括になりますがこの半年本当に楽しめました。 特にエフェクトの美麗さにかけては今まで見た特撮でも屈指だったのではないかなと。
グリーザ撃破のロジックは微妙でしたが、あの派手なウルティメイトザナディウムと目が痛くなるほどのエフェクトだけでもうかなり満足できました。
あとお約束とはいえ正体バレを1年近く引っ張るのは好きじゃないので、半年で密度濃く終わるXは個人的に理想形の尺でした。 まあ26話は欲しかったですが…。
ただ登場キャラはかなり薄かったです。 元々ウルトラは単話での完成度や怪獣メインなので昔からそういう感じではありましたが今回は特にそう感じました。
エクスラッガーなどは映画で触れられるのでしょうが消化不良ですね。 そもそも初変身時の経緯もそんなに燃えなかったので最後まで微妙な印象でした。
武器の指なぞりもダサいですしエクシードは好きになれず。 なので終盤も強化解除してのザナディウムでのトドメがメインだったのは嬉しかったです。
自分も不満の方が多くなってしまいましたが3月の映画は楽しみです。 今回は自分の地区でも映画公開してくれるようなので見に行きたいなと。
  1. URL |
  2. 2015/12/27(日) 22:46:25 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
>グリーザも第2の方が絶望感があって良かったですね。 今週の大量の手も含め絶大なインパクトがあったのに、結局いつも通りのただデカい敵になったのが残念で。
やっぱりグリーザは第2形態の方が良かったですね。どうも最終形態の倒され方が納得できなくて。
それほど第2形態のインパクトがあったということなんでしょうけど。

>助けに行ったと思えば妻と悠長にしゃべって勝手に消えた父が特に腑に落ちません。(間に合わないと悟っていたかもとはいえ) 大地がただただ可哀想です。
のほほんと話している両親と大地が対照的でしたね・・・
命の危機にも関わらず未知の物質を喜んでいるあたり研究者らしさは出ていますが。

>特にエフェクトの美麗さにかけては今まで見た特撮でも屈指だったのではないかなと。
ザナディウム光線を始めとしたサイバー感のあるエフェクトの数々は美しかったですね。
カッコ良さと美しさを兼ね揃えていて毎週ほれぼれしてました。
特にザナディウム光線が好きで十字路をXに見立てたりエクシードエックスからノーマルエックスに戻りながらの攻撃は本当にカッコよかったです、

>エクスラッガーなどは映画で触れられるのでしょうが消化不良ですね。 そもそも初変身時の経緯もそんなに燃えなかったので最後まで微妙な印象でした。
ノーマルエックスやザナディウム光線のカッコよさとは裏腹にエクシードエックスは最後まで好きになれませんでした。
単なるノルマ達成要因というかバンクして終りというか良さを見出せなかったので。
それだけに浄化してはい終り、ではなく最初からパワーアップ形態として扱っていたギンガ客演回や対グリーザ戦はカッコよかったんですけどね。

エクスラッガーの武器なぞりや頭に持ってくるポーズがカッコ悪かったですね。
ウルトラマンと玩具系の相性はとことん悪いなと実感しましたよ。
メビウスブレスやフュージョンブレスのように腕に巻くのが限界な気がします。

>あとお約束とはいえ正体バレを1年近く引っ張るのは好きじゃないので、半年で密度濃く終わるXは個人的に理想形の尺でした
作品によりけりですが自分も1年近く引っ張るのは好きではないので早々に明かしてくれて嬉しかったです。
ネクサスのディナミストやメビウスも早い段階から正体が分かりますし、正体を明かしたうえで防衛隊と一緒に連携するのが凄く好きなので。
そこから生まれる作戦や絆というのもありますからね。
  1. URL |
  2. 2015/12/28(月) 17:09:30 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

BS11では火曜日放送だったので先ほど断片的に観ました。 

父親と母親の会話とかそれを聞いていた大地の反応は飛ばしてしまいましたが、あるバイオレンス映画の続編を観て悲しい気持ちになった後だったのでアスナが大地に言うセリフに感動してしまったり、人間が行きたくてもいけない場所に行ける仮面ライダーが出来ないことを想いの強さがあれば大抵の事はできるウルトラマンの存在が初めて自分には眩しく観えました(苦笑)

感想になっていないと思うので時間があればまだ観てない回も含めて真面目に観ようと思います。
  1. URL |
  2. 2016/04/10(日) 00:43:34 |
  3. FOREVER HEROS #-
  4. [ 編集]

>FOREVER HEROSさん
BSの列伝放送は今週が最終回でしたね。
自分もBS放送を録画してますが3ヶ月も遅いのでモヤモヤしてしまいますよ。
リアルタイムで最終回の時にBSはようやくビクトリーが出てくるかどうかってところだったので。
両親関連はもっと掘り下げて欲しかったですね。
ラスト2話では尺不足だったので。
  1. URL |
  2. 2016/04/10(日) 11:01:59 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3122-add0b2f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する