特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

スターウォーズ フォースの覚醒 感想

151219-3.jpg
待望の新作、スターウォーズ・フォースの覚醒を見てきた。
ネタバレありの感想なのでご注意を。


金曜日に行きたかったけど仕事があり無理だったので今日映画館に。
そのために昨日はブログ記事を書いた意外はネットを開かず情報シャットアウト。
絶対にどこかでネタバレ見ちゃうだろうから。こういう時原作の無い全世界一斉公開系は助かる。

客層は幅広く当時10歳だった人でも50歳近いのか。
20世紀フォックスの表示は無くなったけどルーカスフィルムのロゴは健在。
出てきた瞬間拍手が起こってビックリした。
気になっていたルフィは出てこなくて本当に良かった。何様のつもりだよと。
ディズニーのロゴですら出さずに配慮してたのに。
配慮というよりは世界中のファンから袋叩きにされるのを恐れてだろうけど。


○キャラ
EP4~6のキャストもいるけれどレギュラーはレイ、フィン、カイロ・レンと一新。
カイロ・レンはレイアとハン・ソロの息子と分かったけどレイはルークの娘かな?
フィンも子供の頃攫われたと言っていたけど過去については次回作に持ち越し。

キービジュアル通りレイが主役。
フォースに目覚めてライトセーバーで戦い始めた時はビックリした。
それだけにカイロ・レンが弱く感じる。
初めてライトセーバーで戦うフィン相手に良い勝負しちゃうしレイには負けるしチューバッカからは一発貰っちゃうし。
まあ2人とも戦闘経験あるから完全な一般人というわけではないけれど。

ハン・ソロやレイア、R2-D2とC-3POといった過去作キャラの安定感が素晴らしい。
特にハリソン・フォードは一時期SWのことを口にしない時期があったから。
アクションシーンでも頑張って動いてて好感触。チューバッカとのコンビが見られるだけで嬉しい。
それだけにカイロ・レンに殺されてしまうのは衝撃的。
そこまではSWファンの思い出を壊さないように配慮していた作りだったのに最後の最後で勝負に出たなと。
R2-D2も最後に起動してくれて一安心。SWといったらR2-D2とC-3POのコンビでもあるし。
C-3POの口からまた「ルーク様」って言葉を聞けるだけ満足。

カイロ・レンも太陽が隠れた瞬間豹変したように見えたし皇帝っぽいのと関係がありそう。
途中で改心したのが演技には見えなかったから。
怒り狂って八つ当たりする精神の幼さはアナキンそっくり。これはスカイウォーカーの血筋入ってますわ。
ベンってのはスピンオフでルークの息子に付けられた名前だけどスピンオフ等は白紙になったので特に関連性は無さそう。
スノークはまるでヴォルデモートのような風貌。

ラストにルーク出てきてくれたのは嬉しかった。
名前はいっぱい出てきて伝説級の扱いだったけど本人出演は無かったし。
一言も喋らなかったけどその風貌は隠居時代のオビワンに良く似ている。




○ストーリー
EP4・EP1もだけど新作一発目に相応しく旅立ちの話。
過去作とは違いレイもフィンも戦闘訓練があるだけの人間でメンバー内にジェダイがいないから圧倒的な強さで立ち回ることができず
一般兵であるストームトルーパーですら脅威に感じられた。
フィンがストームトルーパーなのもあるけどSW映画でここまでストームトルーパーが目立つのも珍しいかも。

冒頭で死んだように見えたポーが復活したけど生きていて驚いた。
砂地獄っぽいのに巻き込まれたように見えたけどどうやって生き延びたんだろ。
実はあの船には乗っていなくて離れたところに着地していたとか?

EP6で帝国が崩壊してから完全に滅んだと思ったから残党勢力が多くてビックリ。
パルパティーンが20年以上かけて築いた組織なだけに、そう簡単には滅びないということだろうか。
巨大ビームで惑星が滅んでいく様は圧巻。
中にはコンサルト(インペリアルシティ)のような星もあったような。
EP4の時点でデス・スターで星一つ滅ぼしていたけど長い年月をかけてパワーアップしている。


○戦闘シーン
元々戦闘機には興味ないから例え好きなSWであっても無関心だけど映像は凄いなあと。
それよりもライトセーバー戦が大好きだから今か今かと待ち望んだ。
ルークのライトセーバーが出てきたときは歓喜したしフィンが起動した瞬間は鳥肌立ったよ。
EP5で落下したはずのルーク(アナキン)のライトセーバーをマズが持っているかは不明だけど。

カイロ・レンはまだ修行中の身だからか、フィンとは良い勝負。
フォースによる先読みがないのにカイロ・レンと戦えているフィンのセンスが凄いのかもしれないけど。
それよりもレイが凄い。1人で砂漠の中で生活してきたのもあるかもしれないけど、覚えてたてのフォースだけで戦えているし。
予告時では度肝を抜かれた十字型のライトセーバーだけど、鍔迫り合いでは有効と飾りじゃなかったw

EP1~3でのライトセーバー戦は1回でも当てれば勝ちの高速戦闘だったけど今作はそこまで高速ではなく一撃貰っても結構動いていた。
過去作では見られなかった「突き」の動きが多く実戦としては理に適っているかも。
上から下に切り下す「線」の動きよりも手前奥に動く「突き」の方が対処しづらいから。


面白かったけれどハン・ソロらに助けられている面も強くそこまで新キャラに魅力を感じない作品だった。
過去キャラが神格化されているからいきなり新キャラに強い愛着持つのも難しし。
特にカイロ・レンに期待していた人は結構ショックだったんじゃないだろうか。
ダース・ベイダーのようなカリスマや存在感があるわけでもダース・モールのようなインパクト強い敵キャラではないし。

EP1~6の中では4が一番退屈だけどそんなポジションの作品。
「ルーカスじゃなきゃ駄目かぁ」って気持ちも強いし。
ただEP1が公開された時も旧来のファンからはボロクソ言われただろうし今は自分がその立場になったんだなと思うしか。
EP8以降が続くにつれて評価される作品かもしれない。
今後は2年毎に新作が出来て19年に完結らしいけど結局延期して2020年以降になりそうな気がする。







151219-1.jpg
グッズ類は色々あったけどEP1が印刷されていた3Dポストカードとパンフレットを購入。
初めて見に行った洋画がEP1でこのキービジュアルが印刷された下敷き買ってもらったのを思い出して懐かしくなったので。
パンフレット1000円は高いと思ったけど主用キャストインタビューに写真盛りだくさんと納得。








151219-2.jpg
3Dポストカードは3枚セットで1~3のキービジュアルが。
SWで好きな順は3>2=6>1>5>>>4

2Dと一緒に3Dも同時に公開しているし海外の映画業界は未だに3D人気が強い気がする。
日本も3D映画や3Dテレビだと人気付けようとしていた時期があったけど全く売れず次々撤退していった記憶が。
3D映画も邦画では聞かなくなったし。

半年くらいしたらBD出るだろうけどEP9が公開されるまで保留。
過去の完全版商法を見るに絶対に7~9のBOXが出るだろうしw
スポンサーサイト
  1. 2015/12/19(土) 20:37:05|
  2. その他特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ゴースト第11話「荘厳!神秘の目!」 | ホーム | ウルトラマンX第21話「美しき終焉」>>

コメント

>スノークはまるでヴォルデモートのような風貌。
ですよねー。
  1. URL |
  2. 2016/01/15(金) 01:04:08 |
  3. zanki #-
  4. [ 編集]

>zankiさん
どうしてもヴォルデモート意識しちゃいますよね。
次回作以降でどのように描かれるか楽しみです。
使えるであろうフォースの電撃やライトセーバー戦に期待しています。
  1. URL |
  2. 2016/01/15(金) 23:49:53 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3119-862bf0bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する