特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ウルトラマンX第21話「美しき終焉」

ネクサス客演も終り最終エピソードに突入。
ウルトラフレアが起きた原因にもなったグリーザが登場。
前半のほのぼのした雰囲気とは一点、後半はシリアスというかとにかく不気味。
ハヤトの実家が蕎麦屋ってエピソードも1年番組ならメイン回でやりそうな題材。
マモルが愛を口にしたのも感動的な家族エピソードとかありそうだし。

手始めにグリーザが襲来したのはネバタ支部。
戦艦の一斉攻撃をかわすのが気持ち悪い。まるで板野サーカスのようだ。
スパークドールズを狙ってきたけど怪獣として復活させる訳ではなく消滅させたのだろうか。
エックス(ウルトラマン)からXio(防衛隊)に連絡するシリーズ通しても珍しいシーンも。
ちゃんと敬語で話す隊長が好き。
ウルトラマンから協力要請出すのも珍しい。これもウルトラマンと防衛隊の戦力差が少ないからこそ。

止めるアスナを振り切りエックスに変身。
変身しながら空に飛んでいくカットもまた珍しい。
ネクサス回直後だからこそ大地=エックスと知らされた時の副隊長の表情から察するものも。
副隊長に限らずXio内では大地=エックスとは思わなくとも「もしかして俺たちの中にウルトラマンが?」って考えているメンバーはそれなりにいそう。

バンクなしでエクシードエックスに変身するのがカッコいい。
やっぱりウルトラマンのパワーアップもバンク無しの方が好き。
サイバーゴモラ・ジオマスケッティが揃うシーンがカッコいい。
それだけに手も足も出ないグリーザの強さが際立つ。
ジオマスケッティの攻撃が避けていくし序盤の戦艦ミサイルも全部交わしたのではなく、当たりそうなやつも不思議な力で避けていったのだろうか。
ただ避けるだけでなくサイバーゴモラの頭突きも止めたりとパワーもあるし後ろからビームとまさに隙がない強敵。
というこのシーンの長回しが凄すぎる。グリーザの動きは担当する監督によって違いが出そうで面白そう。

エクシードエックスへのパワーアップでバンクが無かったのが嬉しかっただけに、エクシードエクスラッシュがバンクで残念。
これまでエクシードエクスラッシュ=勝利確定のようなものだったから、そのお約束すら通用しない強敵っていうのは出せていたけど。
個人的にエクシードエクスラッシュよりもエクスラッガーショットを破ってくれたほうが絶望感あったかな。
近年のウルトラマンの中ではかなり絶望感や不気味さを打ち出してきた怪獣ではあるけど、ガタノゾーアやゾク(第1形態)・イフ・エンペラー星人の方が絶望感あったなあと。

第2形態ですら手も足も出ないのにさらに最終形態まであるのはBLEACHのウルキオラを思い出した。
そもそも15年前はどうやって勝ったんだろ。
昔はエックスの方が強かったけど15年の間にグリーザがパワーアップしたとか?
エックスの必殺技はザナディウム光線だけどそれは大地とユナイトした結果使えた技だろうから本来は従来のウルトラマンのような破壊光線があってそれを使っていたのかも。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/19(土) 00:59:49|
  2. ウルトラマンX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<スターウォーズ フォースの覚醒 感想 | ホーム | ドライブ シークレット・ミッション type LUPIN! ~ルパン、最後の挑戦状~  感想>>

コメント

「怪獣と共存する夢を持った主人公」に対して最後に相容れない存在を出してくるとは
まあ「無」なので生命体ですらないんですけど
田口監督がtwitterで
グリーザを的確に表す言葉。それが「怪獣」
と発言していて納得しました
文字通り怪しい獣ですよね

本編の方は最初にXioの日常?が感じられるようなシーンがあってほっこりしました
オペレーター組にもやっとまともなセリフがつきましたし
それだけに後半の絶望感が凄かったですね
個人的にはガタノゾーアやエンペラ星人と同じぐらい尚且つ別方向にやばいラスボスと感じました
マジでどうやって倒すのこれ・・・
グリーザ最終形態になり弱体化が心配ですがそのへんはファイブキング戦を担当した田口監督なので大丈夫そう
何にせよ次回の最終回が楽しみです
半年前は「やったー22話もある」とか考えてたのにいつのまにか最終回
  1. URL |
  2. 2015/12/19(土) 11:52:59 |
  3. キングフォームRSF #-
  4. [ 編集]

>キングフォームRSFさん
>田口監督がtwitterでグリーザを的確に表す言葉。それが「怪獣」
自分もそれ見ましたが本当にピッタリな言葉ですよね。
近年の作品見てると強くて大きいのが怪獣と思ってしまいますがまさに「怪獣」がピッタリな敵でした。

> マジでどうやって倒すのこれ・・・
最終形態になったことで弱点が増えてそれをついて倒す、くらいしか思いつきませんね。
今回でサイバーゴモラにジオマスケッティと最大戦力で戦っても勝てなかったので。

>半年前は「やったー22話もある」とか考えてたのにいつのまにか最終回
ギンガやギンガSよりも長い!休み無しで半年放送!
と喜んでいたのにあっという間ですよね。
22話+総集編でピッタリ半年分ですし恵まれた放送枠でした。
来年の50周年で新作ウルトラマンかX続編かは分かりませんが1年番組として復活して欲しいですよ。
  1. URL |
  2. 2015/12/19(土) 20:53:07 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

近年のラスボスは言葉を話す奴が多かったから知能があるかどうかも怪しい相手というのは珍しい。
>スパークドールズを狙ってきたけど怪獣として復活させる訳ではなく消滅させたのだろうか。
話の流れからすると消滅させたっぽいですね。今まで狂暴化させてた怪獣達も最終的には消滅させるつもりだったのだろうか?
>ガタノゾーアやゾク(第1形態)・イフ・エンペラー星人の方が絶望感あったなあと。
鳴き声(?)や動き等不気味さは凄かったけど絶望感は少ないですね。
「3つもの星を滅ぼした」と言われてもいくつもの星を滅ぼした怪獣がゴロゴロいるのがウルトラですし、ネバダからの移動に9分というのもインぺライザー達の瞬間移動に比べたら遅く感じる・・・。
絶望感のある敵と言えばあとはカオスヘッダーかな。驚異的なスピードで進化して弱点を次々と克服していくし。
まあウルトラでは普通の1話完結回でチート怪獣が出ることも多いんですけどね。
  1. URL |
  2. 2015/12/19(土) 21:59:17 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
>話の流れからすると消滅させたっぽいですね。今まで狂暴化させてた怪獣達も最終的には消滅させるつもりだったのだろうか?
やっぱり消滅させたっぽいですよね。
ダークサンダーエナジーを雨あられのように降らせた時を見るに「無」でありながら意思や目的はあるように見えますが
それならなぜ凶暴化させて襲わせたのかイマイチよく分かりませんし。

>鳴き声(?)や動き等不気味さは凄かったけど絶望感は少ないですね。
不気味さだけなら過去トップクラスだと思いますが絶望感となるとまた違うかなと。
確かに圧倒的でしたが絶望感よりも不気味さの印象の方が強かったので。
仰るように3つの星を滅ぼした~とありますがそれは1話限りの怪獣でもわんさかいそうですし。

>ネバダからの移動に9分というのもインぺライザー達の瞬間移動に比べたら遅く感じる・・・。
これは地味に感じたところですね。
一瞬で13体出てきたインペライザーの方がインパクト強かったですし「あんなに苦労して倒したやつが13体も!?」と焦ったものです。
  1. URL |
  2. 2015/12/20(日) 20:39:02 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3118-38c9464e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する