特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ウルトラマンX第7話「星を越えた誓い」

7話に続く前後編の後半。
エックス・ルディアン・Xioと初っ端から撃って撃って撃ちまくっての戦闘が凄い。
あれだけ撃ち込んでるのに反撃してきて一撃でエレキングアーマー解除させるとは。

石化する時に最後まで分析していたのが印象的。
予告の時点で石化は分かっていたけどエックスが促すように分離しようともしなかったから。
これも一緒に戦う味方=ルディアンがいるからこそ。
いつものように1人だけの戦いだったら最後まで解析しようとは思わなかったんじゃないかな。
1度分離してXioと一緒に戦って石化解除してからユナイトした方がいいし。

長官は随分理解が良いね。
自分の作戦(ペルセウスミサイル)が駄目だったから素直にXioの方針を認めて引き下がったのかもしれないけど。
てっきりギンガSのような上層部とのぶつかり合いがあると思ったけどそれを話に持ってくる気はなさそう。
宇宙にいるガーゴルゴンにミサイル撃って全発撃ち落された時に画面まで砂嵐になる演出は見事。ミサイル視点でもあったんだね。
復活してからの

「エックス、ユナイトだ!」
「とっくにしている!」

でエックスの顔と被る演出がカッコよすぎ。サイバー感出てる。
エックスとルディアンの同時攻撃が土煙で防がれて複雑。地面叩いて壁みたくするならともかく。
今回関心したのがルディアンでの留めとサイバーベムスターの反動演出。
前者はSDを売りにしているからこそのルディアンでの留め。
後者はべムスターのカード出した時点で吸収して跳ね返すのは読めたけどそれと同時に脳裏に浮かぶのが「何でも吸収出来て無敵じゃね?」という考え。
それを否定するかのように攻撃を吸収する反動で仰け反り思いのほか苦戦するシーン。
これのおかげで「吸収限界がある」というベムスターそのものの特性も演出しているような気がした。

次回は総集編。流石に早いような。
ギンガは前半戦終ってから後半戦終るまでの間が1クール近くかけた総集編のようなもので本編では放送せず。
エックスはノンストップで続くから総集編やるならどこかに入れないといけないんだけどせめて1クール目終ったあたりにして欲しい。
8話の早い段階でやれば1・2話見逃した人もついてこれるという配慮かもしれないけど8話で総集編かぁ・・・

そんな中ギンガからヒカル・ショウ・アリサが出演するのは本当に嬉しいニュース。
10勇士で盛り上がった後にビクトリーナイトで終わりはあんまりだと思ったからまさかのテレビシリーズでの登場は嬉しい。
ゼロ・ギンガ登場とかなり飛ばしていて映画が心配になるレベル。
こうやってギンガ出演は喜んでいるあたりなんだかんだでギンガ好きなんだと実感。
ギンガストリウム&ビクトリーナイトの揃い踏みやギンガビクトリー出してティガ~マックスの技もやって欲しい。
ゼロがモードチェンジしたんだからギンガが駄目ってことはないだろうし。
特にギンガビクトリーはビクトリーナイトで余計な泥付いたから挽回して欲しいよ。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/28(金) 22:51:12|
  2. ウルトラマンX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雑記 | ホーム | 今日のお買い物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3032-d00f5cc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する