特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー 感想

150808-1.jpg
盛岡に引っ越してきてから初めてのヒーロー映画だけど映画館ちっちゃいししょぼい。
クウガは夏映画がなかったので平成ライダー夏映画としては今年で15年目。
ルパンからの挑戦状・3号(4号)、サプライズフューチャーとドライブの映画は最後まで面白かった。
完全ネタバレありの感想なのでご注意を。


○ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!
まずはニンニンジャーから。
毎年ながら、豪華な30分エピソードだけど今年はアクションシーンに特化していて素晴らしい。
忍隠れの城では最初から大人数の殺陣で驚く。いつかの忍者運動会もだけどニンニンジャー以外にも忍者はいるのね。
そういえばこの城って戦国大合戦に出てきた城かも。城門が紘汰VS戒斗をやった場所に似てる。

恐竜殿様はゲストの・FUJIWARAの藤本敏史。最後まで恐竜の姿で良かった気もするw
アクションばかりの中、旋風の「あいつ(天晴)は何も考えてないが、やることに関しては考えさせられる。本当にやりたいことは何なんでしょうね?」などドラマシーンでもいいところが。
飲酒シーンをカットしたのは偉い。天晴は最年長で二十歳だからお酒飲めるけどシーンとしては映すのはさすがにね。
映して会話シーン増やした方が交流は生まれたろうから惜しくもあるけど。
戦隊夏映画で最初から最後まで6人目が一緒にいたのはこれが初めてかも。空蝉丸でもここまでは出てなかったし。
毎年夏映画の撮影始まる時は6人目が入ってきたかどうかって撮影タイミングだけど、登場が早かったキンジは既にテレビシリーズの撮影始まってから何週間も経ってるはずなので最後まで出番が。
やっぱり6人目が馴染んでいる方がテレビシリーズの延長として見られるので嬉しい。

「タカ兄、たまには忍べ」
から始まるアクションも天晴はあんまり忍んでなかったようなw
ゴーカイ&ギャバン、東京エネタワー、キョウリュウ終盤と敵の下にレッドとピンクだけで行くシチュエーションが好き。
恐竜殿様が隠れてると分かった時点で天晴毎ロープで囲って逃げる霞の機転が凄いw

夏映画には珍しく、変身シーンは特別バンクではなく2話にやったような1人1人変身していくもの。
名乗りではスターニンジャーはジャンプしてるだけだし相変わらず馴染んでいない感が。
主題歌も流れて一斉に「忍者一閃!」だからロボ戦はえーと思ったら強力バリア。
流れに乗りまくっていたのにバリアで倒せなかったり、新手裏剣貰う時に人間の姿に戻った殿様が撃たれるなど「お約束」を外した展開があって驚いた。

ロボ戦はシノビ丸とロデオ丸が活躍して嬉しい。
やはりロボ戦はこの2体の絡みが良い。
ダイノマルと合体してシュリケンジンダイノに。凪も「ジュラシック!」といっていたけど今年は恐竜の年かも。
最後は藤本の顔出し出演で館内からも笑いが。
ダンスではドライブ側の出演があるんじゃないかと期待してたけど何も無く。




続いてドライブ。
公開前から物凄く楽しみにしていて歴代夏映画NO1になるんじゃいかと期待していたほど。
残念ながらNO1にはならなかったけど平成2期の夏映画では一番面白かった。


○ストーリー
パラレルワールドやタイムスリップで江戸時代に行くことが多い夏映画の中では珍しく未来が扱われる。
バック・トゥ・ザ・フューチャーは今年が未来ってことになってて30年後を想定して未来が描かれたけど今作では支配された世界しか映っておらず空飛ぶ車とかそういうのではないね。
まあ20年くらいじゃ空飛ぶ車なんて出来そうにないしせいぜい自動操縦の車が流行ってるかどうかってところ。

直接語られた訳ではないけれどベルトさん悪堕ちの原因はやはり蛮野が仕込んだチップのはず。
脚本段階では蛮野が仕込むまで確定か分からなかったから映画では深く突っ込まなかったのかも。
ダークドライブの正体にはやられた。未来の進ノ介は考えすぎだったかもしれないけどそのまんまエイジ(108)だったとは。
1分間ストーリーでエイジが襲われてるから真っ先に除外してたし実はロイミュードが化けていたと言うのも含めて2段構えで騙された感じ。いや本当、これはしてやられた。

不調を感じたベルトさんが自ら破壊するようにお願いしていたのが好印象だった。
てっきり悪一直線だと思っていたから最後まで進ノ介や未来を案じているようで善人そのものだった。
テレビシリーズでも怪しげなところが何度かあったけど、それらを払拭するような良い人ぶり。
それだけに進ノ介がベルトを破壊するところや初代ドライブピットで語りかけてくるシーンはぐっとくる。
特に後者は録音なのが余計感動を後押しして涙目になった。
こういうのがあるから平成2期の夏映画公開タイミングは最高だ。1年の総決算として素晴らしいタイミングでありシーン。

最後のナンバーである108。夏映画にこのナンバーを持ってくるのは盲点だった。
ドライブが始まった時「一ケタ台や044(死)は強そう」「000や∞がいるはず!」と強そうなナンバーを意識していたけど、最後の数字である108についてはこれっぽちも考えなかった。
10話くらいでで3桁ナンバー出てきたけど雑魚ロイミュードだったのも相まってますます最後の数字である108を意識しなかったから。
その間にルパンのZZZやチェイスの000をやられたら一桁や特別な数字しか意識しなくなるのも当然かもしれないから、あえてその逆を狙ってきたのかもしれない。

108によると語った未来は8割本当で2割が嘘。
自分の考えとしては


(チップの影響を受け)未来でベルトさんが悪になったのは本当。ロイミュードを引き連れて支配していたのも本当。
108は永遠のグローバルフリーズを起こしたいが2035年には108が自分1人しかいないので不可能。
そこで過去(現代)に行きもう1人の108と融合することを目指す。
本物の善人のエイジを殺し記憶と形見のネクタイをゲット。
ネクタイ・キャンディ・母親についても進ノ介からの信頼と同情を誘うために本物のエイジの記憶を元に真実を喋ったはず。
本編後の1分間コーナーでは既に切り替わっていてダークドライブに襲われる自作自演。
エイジの仲間が命がけ手ワープさせようとしていたからロイミュード対抗レジスタンスのようなものが存在していているはず。
3回目で本拠地が攻撃されていたのを見るに、エイジの記憶を見てレジスタンスを潰す目的もあったのかもしれない。
放っておいても未来はロイミュードの世界になるのに計画を練り自分が死ぬ芝居打ってまでベルトさんを破壊させるよう仕向けたのは未来を自分1人で支配したかったから。

真相は多分これのはず。早い話が「ベルト投げなければ上手くいってた」なんだけどw
とはいえこれだとエイジ(108)が言っていたことを全肯定しているので残り2割の部分で何かしら違いはあるんだろうけど
今後公式でも「これが本当でこれは嘘です」と明言することはなさそう。
多少矛盾があってもエイジの嘘でしたでフォローできるし、どれが真実なの?とストーリーに対しても想像の余地が広がるから。
明日の4回目で何かしら新発見があるかもしれない。


○バトルシーン
タイプフォーミュラにトライドロン、マッハとの連携に剛&チェイスの同時変身などテレビでやっている戦闘は序盤で中盤以降は超デッドヒートにタイプスペシャルと映画ならではのものに。
事件の発端になった過剰火力だけど
りんな「トレーラー砲にあれほどの出力はありません」
進ノ介「抑えるどころかいつも以上じゃないか!」
と言う台詞からするに、ベルト側から何らかの出力があればいつも以上の火力が出る?

初めて剛&チェイスの同時変身映像が流れた時は「映画公開する頃には仲直りしてそう」と思ってたけどそんなことはなかったw
ルパン・3号は魔進だったので仮面ライダーチェイサーとしては映画初デビュー。
ダークドライブがオート戦闘だったせいでタイプトライドロンとの力関係がイマイチ分からない。
1対1で戦っている時はお互いに剣が通っていてマッハが加勢したら一気に押し出したから、本気を出せばタイプトライドロン超えてるかも?
仮面ライダーチェイサーの出番は序盤だけながらもCG(ライドブースター)を駆使した戦いがカッコいい。
そしてついに待ち時間なしの「イッテイーヨ」。最初からこれで良かった。あれ、もしかしてライドブースター大破した・・・?
前売り券特典だった「シフトスピードワイルドテクニック」なんてのがあったけど特に使われることもなく。

鎧武夏(サッカー)程ではないけれど「映画でやらずいつやるんだ」って要素は多かった。
タイヤカキマゼールの新タイヤにマッハドライバーでのチューンや進ノ介にベルト渡した後でのチェイスの魔進変身など。
使われてない4つのカキマゼールは映画が最後の希望だったけどもう駄目だなこりゃ・・・

超デッドヒート→ジョーカー
ラスボスにはまるで歯が立たない
2人で変身
映画限定フォームで下からライダーキック

とかなりAtoZを意識したような部分は見られる。


・超デッドヒート
映画ビジュアルで度肝を抜くカッコよさだった超デッドヒート。
ジョーカーと同じようなポジションでありながら敵を倒したのは1体だけかつ、ライダーキック無しなのが寂しい。
デザインはツボに嵌るくらいカッコよくオタクの妄想をそのまんま実現してくれたようで大好きだけど、劇中の活躍度としてはジョーカーに劣る印象を受けた。
タイプスペシャル(ドライブ復活)までの繋ぎと頭に入れた上で見に行ったけど、ネバー2人倒すのと未来のロイミュード1体だけで終るのは強さの印象がまるで違うから。

何よりも変身2回目(ダークドライブ戦)でハンドル剣手にしたのが最悪だった。
戦力が少ないなか、素手で戦うからいいのに武器持ったらダメでしょ。進ノ介も「今のままじゃ勝てない」っていうくらいスペック低いのが良いのに。
でも着ているスーツがボロボロになっても変身して戦い続ける進ノ介はカッコよかった。
敵が強いのか超デッドヒートが弱いのかは分からないけど「超」より「プロト」デッドヒートの方がしっくりくる。

・ゴースト
赤いオーラが未来のロイミュードを攻撃している時はハートかと思ったけどゴースト。
登場時に発光しているのはカッコいいけど、まさに幽霊のごとくふらふらするのは怖いww
ニュートン魂は見ただけで出番少ないと分かるw
電子音声はウィザードをマジメにした感じで結構好き。なんだかんだでゴーストも買い揃えてしまいそう。
夏映画への新ライダー顔見世は好きじゃないからこの路線復活は複雑だけどあの決算の数字見たら仕方ないと納得してしまう。

EDクレジットでは「仮面ライダーゴーストの声:???」

そこまでするかwww
俳優オタクのそこのあなた、もう誰だか知ってるんでしょう?
詳しい人は声だけで当てられそう。声オタが聞いただけで声優を言い当てられるように。


・ドライブ タイプスペシャル
映画限定フォーム。ドライブと名前がついているものの、ドライブの究極フォーム認定していいのか迷う。
ブラカワニのような最強フォームとは違う限定フォーム、またはオールドラゴンのようにもう一つの最強フォームとして捕らえている。
戦闘シーンよりもエイジと一緒に変身したシチュエーションが凄く良かった。
本物のエイジを善人か悪人かを判断してるかで感動の度合いが違うかも。隣の子供は「敵じゃないの?」って言ってたから子供は理解が追いつかなかったかもしれない。
演出が最高にかっこよく、ドライブとダークドライブが合わさり生まれるのが良かったけど肝心のデザインがダサい。
ドライブとダークドライブの融合なんだから赤・青・黒だけの配色で良かったのに黄色はミスチョイスかと。
ダークドライブの黄色タイヤがあるから合わせたんだろうけど青黒に黄色だからいいのに。
パラドックスロイミュードなんて名前はそれらしいのにデザインから溢れる小物感。
ストーリー展開や演出に対してライダー・ロイミュード共にデザインが負けすぎ。


期待していたのが無かったりはしたけど平成2期夏映画では一番面白くて満足度は高い。
超デッドヒートのデザインはもちろん、エイジとの同時変身はサプライズで凄く良かった。
平成2期夏映画で好きな順は
ドライブ>ダブル=オーズ>フォーゼ>ウィザード>>>>>>>>>>サッカー

明日からの放送では映画世界(ロイミュード支配)に繋がる未来は絶たれ、完全にゴルドドライブとの戦闘に切り替わりそう。
未来のベルトさんが38・39話でゲスト出演したのは分岐点が変えられないように見に来て無事に004が奪ったから帰ったかな。
1分間エピソード2回目ではダークドライブ(108)に「004にベルトを取られたここが分岐点だ。未来を変えさせるな」と命じたけどまさか裏切って過去の自分を抹殺しにくるなんて夢にも思ってなさそうw
鎧武サッカー回のようにあくまで宣伝の一環だからあまり整合性は考えない方が良さそうだ。

入場者特典の免許は進ノ介。映画館で購入したグッズは限定パンフレットのみ。
パンフレットについているDVDには記者会見と映画CMだけでメイキングなくてガッカリ。あるにはあるけど役者挨拶時に被せるように一瞬だけ。
今年もトレーディングカードの発売が無くて残念。まだ鎧武はライダー対戦で出したから良かったけど。
プレバンではネクストシフトカーの受注が始まるも劇中のあの活躍ぶりで買う人は少ないかも。
変身に使うわけでもなくタイヤコウカンもなし。音声もエラー音とあんまりである。
最新映画グッズのネクストシフトカーよりも細々と外伝でやってるはずのマロンエナジーの方が遥かに売れそうなのが怖い。
シフトトライドロン再販した方がよほど売れるんじゃないだろうか

スポンサーサイト
  1. 2015/08/08(土) 19:10:26|
  2. 仮面ライダードライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:37
<<ドライブ第41話「黄金のドライブはどうやって生まれたのか」 | ホーム | ウルトラマンエックス第4話「オール・フォー・ワン」>>

コメント

今回の映画はかなり面白かったですね!
期待して正解でした。

ダークドライブの正体には私も驚かされました。先にあの1分間ストーリーを見せて、エイジに対する疑いをなくすように仕向けたのは非常に上手いなと思います。しかも直接変身しないオートシステムには「そんな事もできるのか!」と。しかもそのダークドライブのベルトを使ってベルトさんを復活させるシーンが、フルスロットルで斬月・真がデュークのゲネシスドライバーを使って復活したシーンを思い出しましたね。

超デッドヒートドライブもかなり良かったですね。未来型ロイミュード(コブラ型)に苦戦してたり、ダークドライブに圧倒されていたのは、恐らく急ピッチで作り上げたからスペックが追いついていないという可能性もあり得ると思います。まさにジョーカーと全く同じようなポジションのライダーですね。
それと超デッドヒートドライブのスーツですが、これはプロトドライブの頭部と魔進チェイサーのスーツを改造して組み合わせたそうなので、実際の撮影では出したくても出せなかった可能性があったのかも?>魔進

ドライブ、超デッドヒートドライブ、マッハ、チェイサー、ゴースト、この全員にそれぞれ見せ場があったのも高評価ですね。
しかもゴーストの戦闘スタイルも非常に斬新。どう戦うのかと思ったら、文字通り幽霊のように浮遊するとは。それでも後ろからヌラリと出て来るシーンは地味に怖いと思うww

ただ、霧子が古葉に対して「どうして警察官が同じ警察官を信じてやれないんですか!?」と言い放ったシーンでは、私は若干ですが「ん?」と思ってしまいました。たぶん、最近になってどうしようもないゲス野郎が警察側にいた事が判明しちゃってるからなんでしょうね(そう、お前の事を言ってんだよ仁良テメェ)。
とはいえ、最後は古葉逹もドライブを信用して助太刀してくれたのは、クウガの警察達と重なって見えて感動しました。仮面ライダーと普通の警察が共闘、非常に私好みです。

エイジ「母さんは普段笑わないけど、父さんが根性見せた時だけは笑うんだ」
この瞬間、私の中でエイジの母親の正体が確定しました。
良かったな進ノ介、とりあえずいつかは結婚できそうだぞ!w
  1. URL |
  2. 2015/08/08(土) 19:58:05 |
  3. 掛布団 #-
  4. [ 編集]

自分も今日何とか見て来れました。
両方中々楽しめて良かったです。

まずニンニンジャーは……恐竜殿様が臣下の忍び達も含めて橙色だったのもあって最終的にあのフォルムがすっきりして一時的な七人目?みたいな感じで戦うのかとちょっと期待しちゃってました。
まぁいくら豪華でも30分かそこらではいくら何でも無茶ですよね……。

ダークドライブ(以下ダドラ)の正体は予想外の人物だったわけなんですけど、でも途中の死にかけた辺りからあれ?って感じはしてました。
と言うか、正体自体はわりとベタな感じもしますね……まぁ108が化けてたのは完全に予想外でしたけど。

1分間ストーリーのは、ダドラを奪われた状態の本物?とも思いました。
映画冒頭でビルの側面に車くっ付けて開いたドアに立っていたダドラがオートには見えませんし、あれは未来から来る途中にエイジを殺して現代にたどり着いた108だったのかも……?
と言うか見た目で悪っぽいダドラですけど、デザイン自体は多分エイジの趣味なんですよね……。

超デッドヒートはタイプイグニッションの方がしっくりきたかもしれませんね。
まぁベルトからして違うのでタイプとかは付かない方が良いかもですけど。
  1. URL |
  2. 2015/08/08(土) 20:25:03 |
  3. 雪狐の魔導士 #oUPgpoCM
  4. [ 編集]

(前コメントから続き)

チェイサーのシンゴウアックスによるトドメが完全にダイナミックチョップ……。
それとシグナルチェイサーはチェイス専用なんですね。
そして直後に投げ捨てられるシグナルチェイサー……シンゴウアックスも投げ捨てられるし、確かにゆっくり置いてられる状況でもなかったのは確かなんですけど、ちょっと扱いが雑に思えました……。

タイプスペシャルのデザインについては個人的にそんな悪い感じはしませんでした。
ベルトさん復活からのタイプスピードやタイプスペシャルへの変身の展開が良かったですし、最後のトドメがかっこよかったですしね。

ゴーストはとりあえず普通に良い感じでした。
登場シーンが良かったのもありますし、やっぱり動いてる姿が見れると違いますね。
今からわりとワクワクしてきます。
ベルト音声は上手く聞き取れませんでしたけど、かっこよさは出ていたと思いますし。

あと、ベルトさん自体は一切悪ではなかったんですね……おかげで壊すところは中々くるものがありました。
そして最後のシーンで二人を見守りつつやれやれみたいな感じで喋るベルトさんを見て、ニヤニヤが止まりませんでしたし……。
  1. URL |
  2. 2015/08/08(土) 21:02:00 |
  3. 雪狐の魔導士 #oUPgpoCM
  4. [ 編集]

期待通りに面白い映画でしたね。 個人的にはAtoZの方が上ですが歴代映画の中でも上位に入るくらい楽しめました。
一番意外だったのはベルトさんがカッコよく魅力的に描かれていたことですね。 ベルトさんの悪の部分を徹底的に描くと思っていたので予想外すぎました。
素で「殲滅だ!」連呼でもするのかと思っていたのに、むしろ自分で抑え込み進ノ介に介錯を頼んだりと、男気満載で一気にベルトさんをが好きに。
また短い時間の中でも剛・チェイス共に扱いも悪くなく安心しました。 特にアックスを使っている時のスロー演出は洋画並みの手の込みようで感動しました。
エイジに関しては見る前はノーマークだったのですが、折り返しより早い段階で死亡した時点で「こいつが黒幕だな」と大体わかってしまうのが惜しい…。
あとインタビューでもよく触れられていますが、竹内さんは見る度に演技力上がってますね。 成長度では歴代でもトップな気がします。

しかし公開前に期待していた部分の半分くらいは肩透かしを喰らった感も。 まずプロトトライドロンがただ破壊されるためだけのような出番だったのが非常に残念です。
そして超デッドヒートもシチュエーションは良かったのですが、キックを使わない上に撃破数も少なく正直ジョーカーにはデザイン以外及ばなかったなと。
何よりもせっかくのマスク割れがブレイド(ブロークン)以下の出番なのにがっかりです。 割れて速攻変身解除はさすがに…。
竹内さんのインタビューを見るに動くのが大変なのは理解できるものの、せめてあの状態でもう少ししゃべるなり映る時間を増やすなりして欲しかったです。
似た境遇のジョーカーも映画ではT2使用・本編&客演では1年以上使いこんでの実力と、強さにそれなりの裏付けがあったからこその活躍だったのでしょうね。

超デッドヒートの扱いには色々言いましたが、個人的にAtoZをも凌駕した部分もありました。 警察との協力シーンです。
本当にずっとこういうシーンが見たかったんですよね! クウガでも警察との協力でグロンギを追いつめるパートが一番好きだったのでようやくやってくれたなと。
敵の車の突進を止めながらの変身のエフェクトだけでもう鳥肌ものだったのに、そこへ来てこの展開ですから思わず涙目になってしまいました。
最後の超デッドヒート状態で見送られながらパトカーに乗っていくシーンも熱い。ボロボロの姿なのにヒーロー然とした行動をするのが本当にツボです。
推理モノとしては特にドライブに不満はなかったものの、警察関連の描写は引っかかる部分が多かったのでようやく見たかった物が見れて満足です。

>ストーリー展開や演出に対してライダー・ロイミュード共にデザインが負けすぎ。
過去と未来のロイミュードが合体してパラドックスというネーミングは素晴らしいのですが、デザインはボスには相応しくない微妙さでしたね。
まず圧倒的な強さのダークドライブを倒せないまま終了の時点でモヤモヤするのに、声もいきなり力也さんに変わるせいでポッと出感しかないんですよね。
魔界城やAtoZほど怪人を用意しろとは言いませんが、やられ役が少ないのにボスがアレだと爽快感に欠けて…。 まあ予算は車・重機関連に使ったんでしょうけれども。
使用フォームも少なく、映画ならではのチェンジラッシュやタイヤ交換なども見れずお祭り感も足らなかったようにも思います。
仰られるようにユミーヤetc・ガンナー変身・新カキマゼールなどもなく、ストーリー比べどうにもこういう面では小さくまとまった感があります。
あとOPの流れるタイミングは完璧で熱かったのですが、やはり自分は流れている間にトドメを刺してもらいたい性質なので途中で切れたのが残念でした。

総括ですがシナリオも良く出来ていますし映像も最高だったのですが、本編のドライブ同様「すごく面白いんだけど、そこを超えた先には行けてない」感じがしました。
とはいえあれだけハードルを上げた状態で見たのに、文句なしに面白かった時点で本当に傑作だと思うのでBD購入も検討に入れたいなと。
歴代夏映画の個人的な評価ですとAtoZ>パラロス>サプライズ>EP FINAL>マジックランドでしょうか。
先行登場のゴーストですが幽霊を活かしたワイヤーアクションは衝撃でした。 ベルト音声はよく歌を担当されている「ボンバヘッ!」のm.c.A・Tさんな気がします。
あと特典の免許証はチェイスだったのですが、弟や周りのお客さんもみんなチェイスの免許だったので、内容は劇場で固定されているのかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2015/08/08(土) 22:16:27 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

3号は剣と555ファンには消化不良な作品のように感じましたが、ドライブと3号のドラマは熱かったですね!!! サプライズフューチャーは進撃を観に行った後に観に行こうと思います(爆)

PS KANA-BOONのシルエットとthe sketchbookのmessageそしてクウガの青空になるを聞きながら3号と4号を思い出すとウルッとしちゃいます(てへぺろ)  
  1. URL |
  2. 2015/08/09(日) 00:10:18 |
  3. FOREVER HEROS #-
  4. [ 編集]

感想お疲れ様です。

盛り上がり所が沢山あって非常に面白い作品でしたね。
個人的なベストシーンはスペシャルのライダーキックです。

しかし以外にもこの映画で一番気に入ったたのはダークドライブ=泊エイジ・偽=108=パラドックスでした。
孤立した進之介に取り入って騙す狡猾さや、初の遠隔操作型ライダーを使った芝居など、劇場版の敵では珍しい頭脳派の敵でした。
さらに実力もTVでは幹部達が苦労して進化する超進化態を4人集めてやっと起こせるグローバルフリーズを単独で遂行するなど申し分無かったと思います。
またパラドックスのデザインですが、ロイミュードで「最強(超進化態)」を表す金色と「最弱(下級)」を表す黒めのグレー、この二色がせめぎ合うように絡まって「矛盾」を表した良いデザインだったと思います。スペシャルとのラストバトルでハンドル剣を吸収した時、爪が生え、手が変化していたので、もしかしたらあの吸収能力を使って更に進化しようとしていたのかもしれません。

後、エイジが変身していたドライブですが、もしかしたらタイプスペシャルに近い姿のドライブに変身していたのではないでしょうか?。
霧子が「プログラムを修復すれば~」と言っていたので、あのシフトカーは108かクリムによって改造されていたのではないかと。
  1. URL |
  2. 2015/08/09(日) 01:59:08 |
  3. 電 #-
  4. [ 編集]

感想お疲れ様です。

個人的にはベルトさんと進之介が本編以上に親子ほど年の離れた親友な感じで
すごくほほえましかったです。旧ドライブピットの「約束を破ったなぁ!」が
本当に嬉しそうで涙腺にかなりきました。
悪のクリムに関しては108が2割の嘘の後に「悪のクリムも・・・」とボソッと言っていたような・・・聞き間違いだったらすみません。
  1. URL |
  2. 2015/08/09(日) 06:12:03 |
  3. 紙風船 #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

>掛布団さん
>ダークドライブの正体には私も驚かされました。先にあの1分間ストーリーを見せて、エイジに対する疑いをなくすように仕向けたのは非常に上手いなと思います
あの1分間ストーリーはミスリードとして最適でしたね。見事にやられましたよ。

情報公開時  :進ノ介の息子って怪しくね?
1分ストーリー:ダークドライブと別々だからエイジは怪しくない
映画公開   :お前かよ!しかもロイミュードかよ!!

ってくらいやられましたね。
ヘタに頭が回る大人(オタク)の方が騙されたのかもしれません。

>超デッドヒートドライブもかなり良かったですね
久々にドツボに嵌った良デザインです。
平成2期だとファング・タジャドル・オールドラゴンが特にお気に入りですがそれらに匹敵するくらいのカッコよさでした。
それだけに雑魚ロイミュード1体撃破で終ったのが残念です。
もう1・2体雑魚ロイミュード用意してそれらを倒して欲しかったというのがあります。

>プロトドライブの頭部と魔進チェイサーのスーツを改造して組み合わせたそうなので、実際の撮影では出したくても出せなかった可能性があったのかも?>魔進
これは自分も思いついたのですが魔進チェイサーのスーツって1つだけでしたっけ?
超デッドヒートと魔進チェイサーを両立させるにはアクション用が2つはないと無理ですが、中盤まで出ずっぱりだった魔進チェイサーのスーツなら2つはあるような。
今度ブックオフあたりで当時の特写写真集見返して起きます。

>霧子が古葉に対して「どうして警察官が同じ警察官を信じてやれないんですか!?」と言い放ったシーンでは、私は若干ですが「ん?」と思ってしまいました。
進ノ介が犯人扱いされる展開は「またか」となってしまいましたね。
映画という大舞台で「主役が全国指名手配」はインパクトあるのですがちょっと前にやったばかりのネタをもう1度やるのは新鮮味にかけますし。
そこは気になるところではありましたが続々と警察官が登場しての援護は燃えました。
クウガと違って舞台の中に杉田さんや桜井さんのような知り合いがいないのは惜しいところではあったかなと。

>良かったな進ノ介、とりあえずいつかは結婚できそうだぞ!w
「子供?まだ彼女だっていないんだぞ!」は笑いどころでしたねw
  1. URL |
  2. 2015/08/09(日) 17:50:01 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集]

>雪狐の魔導士 さん
>ニンニンジャー
恐竜殿様は色的には7人目でもおかしくなったかもしれませんね。
デスリュウジャーなんていう戦隊スーツと同じフォーマットの敵が出てきたこともあるので、映画限定で味方になる作品が出てきてもいいかもしれません。
秋くらいになると映画絡みのエピソードをやることが多いので

>ダークドライブ(以下ダドラ)の正体は予想外の人物だったわけなんですけど、でも途中の死にかけた辺りからあれ?って感じはしてました。
ちなみにエイジが死んだ時の自分はというと

(おかしい、死ぬのが早すぎる・・・そうか、後でタイプスペシャルとして復活するのか!)

などという訳の分からない思考に陥っていました。
それほどまでに1分間ストーリーでエイジが善人だと信じ込まされてしまいましたよ。

>1分間ストーリーのは、ダドラを奪われた状態の本物?とも思いました。
今日放送分のでは現代にきたエイジは本物で現代でネクタイを奪われたような感じでしたね。
確か映画では未来で死んだはずなので矛盾している気もしますが・・・

>超デッドヒートはタイプイグニッションの方がしっくりきたかもしれませんね。
デザイン的には超デッドヒートが相応しく全くといって良いほど名前負けしてないのですげ劇中の活躍は今ひとつでしたね。
それならタイプイグニッションの方がしっくりきたかもしれません。
確かにベルトこそ違えど、ドライブの戦闘データを元に変身しているのでタイプがついてもいいかなと思うので。


>それとシグナルチェイサーはチェイス専用なんですね。
「変身できない・・・!」
トライドロンキー発見
「そうか!」ポイ

は可愛そうでしたね。後で拾ったんでしょうけど変な意味で印象に残っています。

>あと、ベルトさん自体は一切悪ではなかったんですね……おかげで壊すところは中々くるものがありました。
ここは嬉しいシーンでしたね。
少しずつ自分がおかしくなっていくなかでもみんなを思っていたのが嬉しくて。
本編では怪しげなところがありましたが本当に善人だと分かり感動しましたよ。
  1. URL |
  2. 2015/08/09(日) 18:37:23 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
>一番意外だったのはベルトさんがカッコよく魅力的に描かれていたことですね。 ベルトさんの悪の部分を徹底的に描くと思っていたので予想外すぎました。
予告ではインパクトの強い悪のベルトさん(クリム)でしたが出番としてはそれほど多いわけではありませんでしたね。
むしろ本編でゲスト登場したあの2話分の方がインパクト強かったかもしれません。

>特にアックスを使っている時のスロー演出は洋画並みの手の込みようで感動しました。
あのシーンは凄かったですね。あの一瞬なら洋画に引けを取らないんじゃないかと錯覚してしまいますよ。
チェイスとしては序盤のあそこがピークで最後までフェードアウトなのが残念でしたが・・・
マッハは未来のロイミュードこそ倒したものの、後はやられっぱなしで良いところ少なかったのが残念です。
最後に駆けつけた時は嬉しかったのですがバーストを使うことなく変身解除させられてしまいますし。

>しかし公開前に期待していた部分の半分くらいは肩透かしを喰らった感も。
満を持して登場したはずのプロトトライドロンは残念でしたね。
やられるために出てきたような活躍もですが、半分ギャグみたいになっているのがダメダメだったなぁと。
超デッドヒートのデザインは文句の付けようがない程カッコよくアーツも購入するつもりですが劇中の活躍はイマイチでした。
未来型ロイミュードを後1・2体出してそれらを倒して欲しかったです。それが出来なかったとしてもせめて最初の1体はライダーキックで倒して欲しかったなと。
マスク割れも期待していたらアレだったので残念です。期待しすぎと言われたらそれまでですが、それほどまでに予告が面白かったもので。

>過去と未来のロイミュードが合体してパラドックスというネーミングは素晴らしいのですが、デザインはボスには相応しくない微妙さでしたね。
設定と名前だけなら強敵感がプンプンしていますがデザインでぶち壊しでしたね。なんだこの雑魚デザインは?と口あんぐりしちゃいました。
本気を出したダークドライブ相手にタイプトライドロンだとどうなるんでしょうね。
坂本監督なら全タイヤやカキマゼールで猛攻撃を仕掛けてそうではあります。
タイヤコウカンはもう製作側も諦めてる感はありますね。
この映画は「カッコよく戦う仮面ライダー」を映してくれましたが最大の特徴であるはずのタイヤコウカンに関しては捨ててましたし。

>総括ですがシナリオも良く出来ていますし映像も最高だったのですが、本編のドライブ同様「すごく面白いんだけど、そこを超えた先には行けてない」感じがしました。
>とはいえあれだけハードルを上げた状態で見たのに、文句なしに面白かった時点で本当に傑作だと思うのでBD購入も検討に入れたいなと。
自分も総括はそんな感じですね。
間違いなく面白いのですが後もう少し、ワンモワ欲しかったというか。
仰るようにこれだけ期待した状態で見に良いって面白かったので十分といえば十分ですが。

>あと特典の免許証はチェイスだったのですが、弟や周りのお客さんもみんなチェイスの免許だったので、内容は劇場で固定されているのかもしれませんね。
自分が見に行った劇場では進ノ介とチェイスばかりで剛はいませんでした。
数十枚単位で同じパックが固まっているのかもしれません。
  1. URL |
  2. 2015/08/09(日) 20:16:37 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集]

Re: タイトルなし

>FOREVER HEROSさん
映画はまだ未見でしたか。
面白かったので時間に余裕があれば是非ご覧になってください。
  1. URL |
  2. 2015/08/09(日) 20:18:00 |
  3. 飛翔 #-
  4. [ 編集]

>電さん
>孤立した進之介に取り入って騙す狡猾さや、初の遠隔操作型ライダーを使った芝居など、劇場版の敵では珍しい頭脳派の敵でした。
映画の敵の割には頭脳派でしたね。
オーマ大臣もなかなか趣味が悪かったですが108の用意周到ぶりはなかなかです。

>またパラドックスのデザインですが、ロイミュードで「最強(超進化態)」を表す金色と「最弱(下級)」を表す黒めのグレー、この二色がせめぎ合うように絡まって「矛盾」を表した良いデザインだったと思います。
なるほど、色に関してはそういう解釈もあるんですね。
ただ自分は色に加えて素のデザインも好みではなくて・・・

>後、エイジが変身していたドライブですが、もしかしたらタイプスペシャルに近い姿のドライブに変身していたのではないでしょうか?。
エイジが変身していたのってダークドライブなのかタイプスペシャルなのか判明してないんですよね。
進ノ介と同時変身する際はダークドライブの姿だったのでおそらくダークドライブだとは思うのですが。
  1. URL |
  2. 2015/08/09(日) 20:47:46 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

>紙風船さん
>旧ドライブピットの「約束を破ったなぁ!」が本当に嬉しそうで涙腺にかなりきました。
あのシーンは本当に良かったですよね。
ライダー映画は戦闘シーンに目を惹かれがちなのでまさかドラマで魅せてくるとは。
最初は師弟関係だったり相棒のような2人だったのが、父と子・親友のように描かれたのには感動しました。

>悪のクリムに関しては108が2割の嘘の後に「悪のクリムも・・・」とボソッと言っていたような・・・聞き間違いだったらすみません。
自分も気になって他の方の感想見てみましたが「悪のクリム」は2割(嘘)の方でしたね。失礼しました。
  1. URL |
  2. 2015/08/09(日) 21:07:59 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

はじめまして。いつもブログを楽しみに拝見しています、新社会人です。

僕は映画を観ていないので、感想を控えさせてもらいますが、ひとつだけ。
ニンニンジャーで撮影に使用されたお城は滋賀県の「彦根城」です。
推測のとおり、鎧武の劇場版でもロケ地に使用された場所です。

これからもブログを楽しみにしています。
  1. URL |
  2. 2015/08/09(日) 21:16:08 |
  3. Tak #-
  4. [ 編集]

>Takさん
初コメントありがとうございます!
新社会人ということは4月入社なら4ヶ月目くらいですかね。頑張ってください。

>ニンニンジャーで撮影に使用されたお城は滋賀県の「彦根城」です。
やっぱりあのお城は戦国大合戦でも使われていた場所だったんですね。
テレビシリーズの撮影でさいたまスーパーアリーナーがよく使われるように映画では使いやすいのかもしれません。
とはいえ撮影のために東京から滋賀に行くのは大変ですが・・・
  1. URL |
  2. 2015/08/09(日) 23:05:08 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

観に行ってきました
いやぁ面白かったです
「こら!進ノ介!約束を破ったな!どうしようもない奴だなハハハ」からの一連の流れでマジで泣きそうになってしまいました
反則ですよ(泣く)
お父さんみたいな感じで本当に泣きそうに...
録音時とかこんな事態になると思ってなくてワクワクしてたんだろうと思うと...

超デッドヒートも中々かっこよかった
ただジョーカーみたいに劣化フォームだけど上級の相手に食いつくとかしてほしかったなぁと思うところも
(一応下級態でも相当強いというのは剛が言っていたとはいえ)

ダークドライブとエイジの関係はうまく隠してたかなぁと思いますね
最近のライダー映画は事前ネタバレが激しい中隠せてたのは結構凄いんじゃないかと
ただこれ見るとウィザードの時の金色の魔法使い&大臣ももうちょいうまくできなかったのかなと思ってしまいますね...
(今回みたいにオーマ大臣役としてゲストとして登場するでも十分宣伝にはなったかもでしょうし
 →金色の魔法使いとはだれだ!?でもよかったんじゃと...
 そうすれば作中みたいに視聴者に王様=金色の魔法使いでは?と思わせることも可能でしたでしょうし
 デカレンのバンちゃんがいたことでこっちでは?とミスリードも可能でしたでしょうし)

タイプスペシャルも上手く公開まで隠せてたなぁと
同時変身をOPで流すことでエイジが変身するのかと思いましたし
(個人的にはエイジの変身後の姿ですがダークドライブとタイプスペシャルを使い分けてたんじゃないかと予想してます
 リバーシブル仕様ですしね)

ただ疑問としてはベルトさんの暴走はテレビで蛮野が仕掛けたプログラムだとして
テレビで出てきたクリム人間態はなんだろうあれ...
一度きりのタイムロード云々言ってる以上(嘘という訳でなく別に帰れなくてもよかったのさ!と108が言ってる以上偽エイジが語ってた一回きりの手段は嘘ではないのでエイジとして108が映画の直前に来た以上あれより前にこれる訳がないので
偽クリムが未来から過去に来れる訳がないですし...

これ説明されてましたっけ...?ちょっと聞き逃したのかもしれませんが...
それとも未来描いた一分間ストーリーで悪クリムがいる以上クリムが悪なのは嘘
と言っても悪クリム(偽物?)が存在してたのは確かでしょうからそいつがエイジとは別に未来から来たんでしょうかね?
で今後テレビの方で対決するとかなんでしょうか



そして進ノ介の経歴
仮面ライダーだった
仮面ライダーとして死亡した
仮面ライダーが奇跡の復活をした
仮面ライダーは犯罪者で指名手配された
指名手配解除された
仮面ライダーは犯罪者で全国指名手配された
指名手配解除した

マスコミ「 ま た こ い つ か 」呼ばわりされてもおかしくないレベルに
もう即座に書かれた記事を覆す進ノ介じゃ記事書けませんねこれ
  1. URL |
  2. 2015/08/10(月) 14:19:23 |
  3. 楓 #whh3PLXc
  4. [ 編集]

>楓さん
>「こら!進ノ介!約束を破ったな!どうしようもない奴だなハハハ」からの一連の流れでマジで泣きそうになってしまいました
あそこはもう反則ですよね。
テレビシリーズの1年間で「ベルトさん怪しくね?」と疑問だったのが自分を省みず破壊するよう指示しているところに加え、まるで父親のように語り掛けてくるところはグッときました。
この流れのおかげでベルトさんへの疑問が一気に消えましたよ。

>ただジョーカーみたいに劣化フォームだけど上級の相手に食いつくとかしてほしかったなぁと思うところも
>(一応下級態でも相当強いというのは剛が言っていたとはいえ)
ダークドライブにやられるのは仕方ないにせよ、未来ロイミュード2体くらいは倒して欲しかったですね。
3~4体出して残り1体をゴーストが倒す流れにすればもっと活躍するシーンを見れたのかなと。
雑魚ロイミュード自体は使いまわし効くのでこういうところで多く出して欲しかったです。

>今回みたいにオーマ大臣役としてゲストとして登場するでも十分宣伝にはなったかもでしょうし
>→金色の魔法使いとはだれだ!?でもよかったんじゃと...
おそらく有名人をライダーに起用した時点で「芸能人が仮面ライダーに変身!」の方が宣伝効果高いと思われて「謎のライダーの正体は!?」というCMにはならないかと・・・
ただでさえ最近は映画の興行収入も落ちてきてプロトドライブDVDに4号1話と苦労している様子が伺えますし。
その点今回は柳沢慎吾をライダーにしなくて正解だったと思います。

タイプスペシャルは上手く隠せていましたね。
ダークドライブが未来の進ノ介でエイジがタイプスペシャルに変身すると予想していたので意外でした。

>一度きりのタイムロード云々言ってる以上(嘘という訳でなく別に帰れなくてもよかったのさ!と108が言ってる以上偽エイジが語ってた一回きりの手段は嘘ではないのでエイジとして108が映画の直前に来た以上あれより前にこれる訳がないので偽クリムが未来から過去に来れる訳がないですし...
あれは本当に謎の存在ですよね。
自分も「タイムロードは1度きり」発言は嘘ではないと思っているので先にこれるはずがありませんし。
「映画宣伝のため」と割り切ることにしています。実際悪クリムが2週に渡って登場した時は興奮しましたしw

>もう即座に書かれた記事を覆す進ノ介じゃ記事書けませんねこれ
世間の反応が気になりますねw
正義の仮面ライダーが警察官ですぐ死んで指名手配されて疑惑が解けたらまた指名手配ってw
  1. URL |
  2. 2015/08/10(月) 20:17:57 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

・ニンニンジャー
TVでは6人目の登場が早く感じたけど映画で馴染んでるのを見るとアレくらいの早さでいいのかも。
撮影時は超絶のスーツが無いんだろうけど超絶・ライオンハオーが出ないのが寂しい。
>恐竜殿様は最後まで恐竜の姿で良かった気もするw
全くだww

・ドライブ
タイヤカキマゼールやチェイサーの出番は序盤だけ等アクション関係の不満はありますがストーリーには満足。
ダークドライブの正体は驚き。ロイミュードの擬態能力やロイミュードもライダーに変身できることを考えれば充分考えられることだったのに完全に盲点だった。

>3桁ナンバー出てきたけど雑魚ロイミュードだったのも相まってますます最後の数字である108を意識しなかった
これはアリますね。始まる前は「最後の数字のキャラは何かあるかも」状態だったけど話が進むと1桁以外は重要ではない流れになってたので。
しかし仲間を捨て駒にしてきたメディックすら許すハートが封印したままって、どんだけヤバい性格なんだ?
>ゴースト
このくらいの出番ならストーリーバランスを崩さないし宣伝としてはアリかな。
ドライブと合わないで雑魚を倒すだけなのでゴースト部分を削っても話が成り立つ作りになってるのもよし。
  1. URL |
  2. 2015/08/17(月) 20:59:00 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
6人目は毎年17話付近という固定概念が強いために空蝉丸・キンジの早期登場に違和感を覚え「早いけど大丈夫?」と心配してしまいますが、映画での馴染み具合をみるにあれはあれで良い気がしてきましたよ。
毎年おまけ程度で終るよりは30分フルで出演した方が良いですから。
じゃないと6人目のまともな映画出演は現役・先輩としてのVS2本で終りですもんね。あわよくば張る映画くらいで。

>3桁ナンバー出てきたけど雑魚ロイミュードだったのも相まってますます最後の数字である108を意識しなかった
>これはアリますね。始まる前は「最後の数字のキャラは何かあるかも」状態だったけど話が進むと1桁以外は重要ではない流れになってたので。
108を映画にもってくるのは「それが残ってたか!」とやられましたね。
記事中に書いたように強そうなナンバーや000や無限・オメガといった厨2特殊ナンバーばかり想像していたので。
そんなハートも見放すほど危険な存在、というのはこれまでのハートの積み重ねあってこそですね。
どれほど酷いやつでも「108人しかいない俺の友達!」と強調し続けたからこそあのハートでも見捨てるの?というインパクトがあるわけで。

>ゴースト
>このくらいの出番ならストーリーバランスを崩さないし宣伝としてはアリかな。
ゴーストの活躍は絶妙のバランスでしたね。
シャドームーンをボコったダブルに比べると年々良くなってきたのが良い流れです。
新ライダー顔見世は好きではない自分もあれなら気にならないレベルだったので。
ドライブ&鎧武に続いて顔見世がないままムービー対戦に突入するのでどのようなやり取りが行われるか楽しみです。
フルスロットルは「お前たち良いチームだ!」という台詞が際立ったので、同じく面識が無いからこそのやりとり・台詞があると面白そう。
  1. URL |
  2. 2015/08/17(月) 21:53:36 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

先ほど見てきました!
関西は二週潰され今週日曜は41話、ついで月曜42、火曜43話という事になるらしく、ドライブは久々でした(ニンニンは遅れず放送です)。

・ニンニンジャー
説明をさらっと済ませ殿様奪還までをOPでさらっと見せたのは手際良いなあと思いながら見てました。尺は変わらないのに要素を詰め込まないといけないのは本当に大変だなぁと思いながら毎回見てます。
とは言いつつも今回はアクション盛りだくさんで絵面的にも楽しめました。天晴と並走して石壁を駆け上がるカメラワークが好きです。
マンネリというかお約束を弾きながらも綺麗に締めてくれて楽しかったです。不満があるとすれば超絶が出てこない所でしょうか。キンジもいただけにコレが揃えば勢揃いだったんですがね。

・ドライブ
最大の注目だったのがベルトはどうするんだ!?だったのですが、そう来たかと。この手のネタではよくある未来のアイテムで復活系ですが、ベルトのソフトをそのまま上書きしてしまうとはなんとも大胆な。筋はフルスロットルの時より通っていたのでよかったですが、そもそもベルトがどういう状態で製作されているのかが全く明らかにされてないので雷ぶつけたらあの記録を入れた物が全部変わるってか!?というのも後出し感アリアリなので、イマイチ乗り切れない所ではあります。
ダークドライブのギミックは面白いですね。遠隔操作完全自立型というライダーはメカ系ライダーらしくて良いです。後出し感は拭えないんですが、しかし序盤に倒したーっと思わせといて復活、というのもきちんと理屈が通っていて良かったです。
エイジの存在がトラップ、というのも捻りに捻った感じで良かったです。これはロイミュードという設定を活かした脚本の勝ちですね。「そうだこの世界には簡単に成りすましが出来る奴がいたんだ!」と鈍感な自分を恨みました(笑)あれこれ考えたら過去の108に干渉した時点で未来の108は消滅するはずなんですが、細かい事は言いっこ無しですね。
後はとりあえず、結婚する未来が見えて良かったね進之介、という事で…(笑)
  1. URL |
  2. 2015/08/21(金) 23:37:24 |
  3. Neg #-
  4. [ 編集]

>Negさん
>ニンニンジャー
約30分という尺の中でアクション大目で満足度高かったです。
撮影時期的にストーリー面で面白くするのは限られていると思うので、それでしたらアクション多い方が嬉しいので。
超絶が出てこないのは数少ない不満でしたね。
キンジが常にパーティーインしていてそれまでのテレビシリーズと変わりなかったからこそ超絶でなかったのは惜しいです。
超絶でもあのバリアを砕けない!とかなら強敵感がさらに増したんですけどね。
西洋妖怪にも全く引けを取らない超絶の強さを見るにあまり負けるところを見せたくないのかもしれません。

>ドライブ
>イマイチ乗り切れない所ではあります。
あのシーンは進ノ介が「スタート!アワー!エンジーン!!」と叫んだ時の違和感の方が・・・
ダークドライブのベルトを使うという発想に驚いたので記録が入れ替わるかもという考えは出てこなかったです。
ダークドライブはデザインも好きだったのでオート戦闘ではなく本来の強さを見てみたかったです。
エイジとして変身し戦っていたダークドライブがどれほど強いのかも気になりますし。

>エイジの存在がトラップ、というのも捻りに捻った感じで良かったです
正体に関しては完全にやられましたね。
1分間ストーリーで油断させたところにあれですよ。
仰るように簡単にコピーできますし落ち着いてちょっと考えれば分かることなのですがしてやられました。

>あれこれ考えたら過去の108に干渉した時点で未来の108は消滅するはずなんですが、細かい事は言いっこ無しですね。
あのシーンはタイムパラドックスのような理屈よりも「過去と未来の鎌田がひとつに」という台詞を思い浮かべて笑いそうになってしまいましたw
  1. URL |
  2. 2015/08/22(土) 12:47:03 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

今日ついに観に行くことが出来ました。前々からドライブは鎧武がしたくても出来なかったことをやって終わってほしいと思っていたのでその願いがかなったような気がします!!!!!!!!!!

超デットヒートは進ノ助が仮面ライダーの闇の部分を受け継いでしまったように見えたのでゴーストもそういう重たい宿命を背負うのかと思うと楽しみ反面切なくなりました。

あえて苦言を言えばダークドライブには進ノ助や観客の心の傷をえぐるようなゲスなセリフをもっと言ってほしかったです(てへぺろ)
  1. URL |
  2. 2015/08/30(日) 13:19:05 |
  3. FOREVER HEROS #-
  4. [ 編集]

>FOREVER HEROSさん
>あえて苦言を言えばダークドライブには進ノ助や観客の心の傷をえぐるようなゲスなセリフをもっと言ってほしかったです
本物のエイジを知らないからどれほど悪意ある台詞を言ってきてもイマイチピンとこないところはありましたね。
  1. URL |
  2. 2015/08/30(日) 20:53:25 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

ピンとこないというわけではなく悪クリムの正体を知った上で観に行ったのでベルトさんを破壊した進ノ助が傷付くのは自業自得と観客が思うような心の傷のえぐり方をしてほしかったという僕の願望です(てへぺろ)
  1. URL |
  2. 2015/08/30(日) 21:43:17 |
  3. FOREVER HEROS #-
  4. [ 編集]

>FOREVER HEROSさん
なるほどそう言うことでしたか。失礼しました
  1. URL |
  2. 2015/08/30(日) 21:46:09 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

超全集、ドライブサーガ、ロイミュードデザインワークス、小説ドライブ、その他全てではありませんがドライブの映像作品を見た上でこのDVDも見ました。私個人一番お気に入りになりました。ダークドライブ、タイプスペシャル、パラドックスは好きなデザインです。お気に召さなかった方もいたようですがそもそもパラドックスのデザインは竹谷さんではなく漫画家でもある桂正和さんによるものです。ワークスによればTV版のロイミュードより進化していて円谷作品の成田亨的なデザイン=ウルトラ怪獣を思わせるデザインオーダーを竹谷さんから受けたそうです。
初期1、2のデザインではエイリアン的なパラドックスもありこちらはロイミュードではない別の何かを思わせる異形のデザインでした。戦闘力、超能力は超魔進チェイサー、フリーズ、ハート、ブレン、メディック、ゴルドドライブ、シグマ、エンジェル、リベンジャーを遥かに凌いでいると見て正解でしょう。
  1. URL |
  2. 2016/05/03(火) 14:59:28 |
  3. 蟹 #/02qLiNA
  4. [ 編集]

>蟹さん
サプライズフューチャーは本当に面白いですよね。
平成2期の夏映画の中ではダントツで好きです。
超デッドヒートへの変身シーンやエイジと一緒にやるタイプスペシャルへの変身→OPと何もかもがカッコ良すぎて。

何度も見ているうちにパラドックスのデザインは好きになってきたのですが
未だにタイプスペシャルをカッコいいとは思えなくて・・・

>戦闘力、超能力は超魔進チェイサー、フリーズ、ハート、ブレン、メディック、ゴルドドライブ、シグマ、エンジェル、リベンジャーを遥かに凌いでいると見て正解でしょう。
ファイナルステージ(のDVD)を見ていないならネタバレになってしまいますが超進化態ハートでも停止した時間に逆らう事は出来ず止まってしまったので
全てのロイミュード含めても108が一番強いということで間違いないかと。
  1. URL |
  2. 2016/05/03(火) 17:25:37 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

また見直したらやっぱり面白かったですね。ゴーストの夏映画もこれ位面白ければいいんですけど

あと気になったんですけど地元の映画館より小さいからってちっちゃいししょぼいとかバカにしてるような文やめた方がいいと思いますよ 削除されているかもしれませんが特定の県に何にもなさそうと言っている記事も
  1. URL |
  2. 2016/06/17(金) 21:11:10 |
  3. OHA #-
  4. [ 編集]

>OHAさん
ゴーストの夏映画の予告映像もきましたね。
タケル何回死ぬんだよっていう謎の突っ込みが。

>あと気になったんですけど地元の映画館より小さいからってちっちゃいししょぼいとかバカにしてるような文やめた方がいいと思いますよ 
申し訳ありません。
  1. URL |
  2. 2016/06/17(金) 21:53:08 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

ロイミュード勝利の未来を僕が実現させる!ご協力ありがとう 父さん♪ あはははは!

改めてまた見てますが、108の計画がほんとに恐ろしいです。実はよく見るとドライブシステム、肉親という立場、ベルトさん、004、クリムを利用するなど蛮野の行動とそっくりだったりします。しかし、蛮野と004がベルトさんに悪性プログラム仕込むだけだったのに対してこちらはそれを利用し、進ノ介の手でイッテイーヨさせるなど実は蛮野以上に外道みたいです。
おまけにこちらはゴルドドライブのような模倣の偽者ではなく本物の未来のドライブシステムを車ごと利用。さりげなく「クリムは蛮野と同じ悪の科学者だったんだよ!」と蛮野の名まで利用してる始末。私個人としては108は生前の蛮野の性格をこっそりコピーしていたのでは?と思っています。人間の悪意が一番影響したロイミュードは108だったのかもしれません。とにかく私としては108パラドックスは蛮野以上に大好きな外道キャラとなりました。
  1. URL |
  2. 2016/08/02(火) 22:22:48 |
  3. 蟹 #/02qLiNA
  4. [ 編集]

>蟹さん
自分もちょうど見返しているところでした。
東映チャンネル(スカパー)で放送していたので。
言われてみると行動が蛮野そっくりですね。映画の敵ではなく本編の敵だったらさらに恐ろしい作戦を組んできそうです。
108が蛮野の性格をコピーした説は面白いですね。それなら友達思いのハートですら封印をそのままにしていたのも頷けます。
  1. URL |
  2. 2016/08/02(火) 22:55:16 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

ありがとうございます。さらに見れば大笑いする、手下、捨石としてロイミュード(蛮野は死神、108は未来の)を使役、倒した者の物を弄ぶ(蛮野はチェイスの服とパーツを蹴飛ばす、108はひとやすみるくを踏み潰す)、光線技で殺そうとする(蛮野は光の槍で剛、108は光の球で進ノ介)、ロイミュードがその光線技を阻止(前者はハートとメディック、後者はチェイス)、砕けろと言わんばかりにライダーを殴る(ゴルドドライブが素手に対してダークドライブはブレードガンナーで殴る)、グローバルフリーズを利用する(蛮野が自分で起こせないに対して108は自身で起こせる)、最後はゼンリンシューター、シンゴウアックスで攻撃、特殊形態で倒される(蛮野はチェイサーマッハ、108はタイプスペシャル)など似てるどころかまったく同じでどこか皮肉です。見方によっては自身を見捨て封印した者達、そうなる原因を作った者達(蛮野、クリム、ベルトさん、仮面ライダー、チェイス、ハート、ブレン、004、006、メディック、残りのロイミュード)への108の復讐ともとれ、蛮野と004はそれに利用されたようにも思えます。ちなみに冒頭の巨大バットは超全集によれば011(巨大化の経緯は不明で108の仕業なのかも不明)です。108は仲間の011まで利用、ついでにナンバーがチェイス、フリーズ、ハート、ブレン、004、リベンジャー、?の006、ソード、トルネード、メディック、ペイントの次で最下級が幹部に対して下克上してるようにも見えます。
  1. URL |
  2. 2016/08/03(水) 15:35:38 |
  3. 蟹 #/02qLiNA
  4. [ 編集]

>蟹さん
おお、さらにリンクするような要素がありますね。
特に映画ボス、(実質)テレビ版ボスということもあり「特殊形態で倒される」は合わせてきているかもしれませんね。
プリズムエクストリーム・ロストブレイズ・大大大ロケットドリルキック、ホープストライク(勝手に命名)とラスボスを特殊技で倒すことはあれど特殊形態で倒すということはまずありませんし
タイプスペシャルで108を、チェイサーマッハでゴルドドライブ撃破と意識しているかもしれません。

>最下級が幹部に対して下克上してるようにも見えます。
なるほど下克上という考えはありませんでした。
一桁や000といった特殊ナンバーばかりを意識していたので単純に最後の数字である108が出てきた時には「最後のナンバーを映画ボスにする手があったか!」と良い意味でやられた気分になったものです。
  1. URL |
  2. 2016/08/03(水) 23:53:44 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

ちなみに108が言った8割の真実、2割の嘘と2035年についてですが、まず2015年7月(39・40話)に004がベルトさんを奪いバンノドライバーを作るためコピー、それに伴い蛮野と共に破壊プログラムをベルトさんに仕込む。これが歴史の転換点に。8月6日、何らかの理由で暴走した011がドライブと交戦、港区ネオエネルギー施設に墜落。この時、ベルトさんが暴走して普段以上の威力のトレーラー砲で011ごと施設を破壊。進ノ介は施設破壊の罪を着せられる。小説ドライブ全史によればベルトさんは暴走プログラムによる破壊活動を始め、あの2035年の未来に繋がったとあります。超全集では未来のクリムは004で2016年にロイミュードが支配する未来も004が企んだものと明記されています。さらにドライブ抹殺後、004はクリム・スタインベルトを名乗り人類を支配するつもりだったとも明記。また8割の真実と映画視聴者の一部の考察によると単に004がクリムを名乗っているのではなく暴走したベルトさんを巻いていて本当にベルトさんがロイミュードの王になったのでは?という見解もあります。あと蛮野があの未来でどうなったかは説明されていませんが暴走ベルトさんを巻いた事で支配プログラムが解除された004によって抹殺されたという説があり、もしくは46話同様、あの未来でもチェイサーマッハに倒されたのかもしません。蛮野があの未来では影も形も無いらしいので。2035年に続く未来では進ノ介も死亡、特状課、剛、チェイス、ハート、ブレン、メディック、099エンジェル、小説の005も詳細不明。ただ004が王を名乗ったあたりハートはやられた可能性があります。そして何らかの理由で108は再起動。英志はドライブに変身、ロイミュードと戦うも108に敗北して形見のネクタイとドライブシステムとタイムロードシステムを奪われてしまい108は2015年8月へ。2割の嘘は自分は108でエイジ本人ではない事、進ノ介に見せたクリムが悪人という映像が本当ではない事らしいです。また108エイジは「紙と金属で買い物は新鮮。人間を騙すプログラムが解除、悪の本性を表すのが2015年8月6日。クリムは蛮野と同じ悪の科学者でドライブは自分とロイミュードの進化の実験台」とも言っていますがこれも真実を混ぜた嘘みたいです。まず人間を騙すプログラム解除と悪の本性=破壊プログラムの影響でベルトさんは悪でクリムも悪だと人間達に認識させるため2035年に続く『本来』の2015年のベルトさんが人類に言ってしまった大嘘(言いたくなくても破壊プログラムに逆らえず言ってしまった)、ドライブは自分とロイミュードの進化の実験台=これも破壊プログラムによって言ってしまった嘘、もしくは108自身の野望と本音とも解釈できます。なお、108エイジが語った父・進ノ介とあまり笑わない母(霧子)の話はまぎれもない真実でした。
  1. URL |
  2. 2016/08/29(月) 16:39:14 |
  3. 蟹 #/02qLiNA
  4. [ 編集]

>蟹さん
>ちなみに108が言った8割の真実、2割の嘘と2035年についてですが、
公開当時は興奮のあまり覚えてませんでしたが
BD出るなりゆっくり見る手段が増えると「そういうことだったのか」と気付くことが多いですよね。
特に公式サイトでネクタイの件が出るまでは全く意識していないので驚きましたよ。

未来の蛮野に関しても言及されてないながらも死んでいる可能性は高そうですね。
それこそ004あたりでも逆襲されたのかもしれません。

後投稿の際、改行して頂けると読みやすくなるので助かります。
せっかくコメント頂いているのに申し訳ありません。
  1. URL |
  2. 2016/08/29(月) 20:29:25 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

ちなみにこの映画、未来から来る車、レインボーブリッジ封鎖、機械生命体ロイミュードの未来支配と、明らかにタイムマシン車の映画、踊る、ターミネーターと日本フジテレビの超有名刑事映画、超メジャーな海外映画をいい感じでパロってますwwwwww

フルスロットルだとトライドロンはタイヤがあれでしたし、こちらのネクストトライドロンは変形する必要もないハイテク最強マシン。
元ネタの2015年のさらに20年後の技術だからそれも納得。

未来から来た息子。しかし、そいつこそが息子に化けた息子の仇という、これまであらゆる作品で描かれてきた未来から救いにきた肉親というベタな図式を崩すところが衝撃的でした。

後に本物の泊英志が小説、ドライブサーガマッハに登場。平成ジェネレーションズでは時系列的に誕生が描かれてました。
  1. URL |
  2. 2017/01/01(日) 13:33:35 |
  3. 蟹 #/02qLiNA
  4. [ 編集]

>蟹さん
>超メジャーな海外映画をいい感じでパロってますwwwwww
結構パロディありますね。
流石にBTTFは分かりますが気付かないのもちらほらありました。
ネクストトライドロンはカッコいいカラーリングも相まってパワーアップした感じが出てますね。
あの黒・青ラインだと未来から来たと言われても納得できます。
ちょうど公開した年はBTTFの未来である2015年でしたね。
  1. URL |
  2. 2017/01/02(月) 22:44:44 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3014-a9969516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する