特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ウルトラマンX第2話「可能性のかたまり」

冒頭からXioについての説明。
防衛組織(UNVER)の中にXio(戦闘部隊)が存在する世界観。
長い英語のフォローで振り仮名と分かりやすい。
隊長が正義について語るところは真木ってだけで吹くw
生徒全員が聞いてるわけじゃないのがやけにリアル。

怪獣全部が全部倒すわけではなく人命に関わる場合のみ、と2話目にして踏み込んだところに入ってきて以外だった。
今回の怪獣であるバードンは子供を産み巣を作るためにやってきたけど、結果として危害が加えられるのであって悪意がないから考えどころ。
あんまり小難しいことやってメインの子供たちからそっぽ向かれないことを祈る。
ギンガ1期も夢は叶う、叶わないうんたらやって新シリーズのスタートとしては微妙な始まりだったから。

「大地、ユナイトだ!」
「でも俺高いところが・・・」
「そんな事言ってるry」
「場合じゃないよな!」
「よし」
「「いくぞ!!」」

のシンクロ具合が良い。
変身バンク披露で左手を上げ胸でクロスし右腕上げてと動きが多くてカッコいい。
今作ではカードが目立つ中、SDで変身することにちょっと安心。
電子音声が女性なのは珍しくオルタナティブを彷彿させる。
抑揚をつけず淡々と喋っているのが好き。こういう電子音声は好み。
電化製品のサポートセンターとかに電話した時に最初に流れる音声っぽいしw
平成ライダーでは中年男性の音声が多い中、女性音声を聞いた子供たちはどう思うのだろうか。

サイバーゴモラのカードを使いパワーアップ。
カードデザインがやけにカッコいい。
気にしていたデザインだけど動けば悪くはないけれどカッコよくもないかな。
派手なエフェクトのおかげで見れている感もあったし。動く時はゴモラのような動作があったりと元怪獣を真似てる?

「人形だぞ。生きていると言えるのか?」

と言う問いに対し共存を目指すと大地。早々に答えを出すこの速さ。
最終回や10勇士のような総決算の映画があれば全SDが実体化して力を貸してくれるような展開を期待。
次回は夜戦闘。予告の時点で夜映えしてそうだし、実際に戦うシーンが楽しみなところ。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/24(金) 23:19:59|
  2. ウルトラマンX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<フィギュアーツ 仮面ライダーマッハ | ホーム | 雑記>>

コメント

ところでXの来春映画公開が決まったようで、現在のところ順調に進歩しているようで何よりです。
先週見て感じた不満点は殺陣でしょうか。重量感を意識し過ぎでアクションの緩急が犠牲になっている感が否めないと思ったんですね。坂本監督ほどの無茶は求めませんが「ギンガS」で上手くやってましたし、「ガイア」の超コッヴ&超パズズ戦等にあったスピーディーさと両立していない事が不満なんですね、きっと。怪獣映画じゃ無いんですから、ウルトラマンのアクション性も高めて欲しいです。
それはさておき、新要素のアーマーは動いてみるとさほど違和感は無かったです。(ウル銀の頃から馴染んできたので必殺技名は「超振動波」にして欲しかったですが)今後どんなアーマーが出てくるのか純粋に楽しみです。OPのサイバーカードの中に共食いことガゾートの画像があったらしく、あれをアーマーにしたら恐怖ですが(笑)

重箱の隅をつつく事ですが人外の科学者という設定…どうやって友好的と判断したんでしょうね。一瞬
「諸悪の根源は、ファントン星人なんだ」
「まさか…!」
という予告がよぎりました(笑)
  1. URL |
  2. 2015/07/25(土) 15:20:48 |
  3. Neg #-
  4. [ 編集]

>Negさん
やるだろうとは思ってましたが映画の決定は嬉しいですね。
ギンガが前半戦終った後に公開だったことを考えるとちょっと遅い気もしますが焦って中途半端なものを作られるよりは来年春でも良いかもしれません。

アクションは仰るように重量感重視で緩急具合は微妙だったかもしれませんね。
アーマーがゴモラも手伝って余計重量感出そうとしている気がしたので。
OPでは爽快に動いているのでアーマー紹介を兼ねた最初だけと思いたいです。

>重箱の隅をつつく事ですが人外の科学者という設定…どうやって友好的と判断したんでしょうね
最初は怪しむ→良い人じゃね?→友好的に、といった流れかもしれません。
22話もあるのでそのうち1回くらいはメインでやりそうな題材ではあります。
  1. URL |
  2. 2015/07/25(土) 21:27:06 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

メビウスのイメージが残ってるからファントン星人が流暢に喋ることに違和感を感じるww
昭和怪獣・星人の客演は多いけど平成は少ないからファントン星人が出ること自体は嬉しいことですが。

バードンがトラックを襲った時は今の時代に○○をやるハズ無いと思っていてもドキドキした。
>結果として危害が加えられるのであって悪意がないから考えどころ。
コスモスのテーマとも重なりますね。「いい怪獣、悪い怪獣は人間の基準じゃないのか?」等。
まあXの場合はSDに戻してしまえば問題解決ですから深く踏み込むことは無さそうですが。
  1. URL |
  2. 2015/07/25(土) 22:29:01 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
自分もファントン星人はメビウスの印象が強いだけに喋ることに違和感感じますw
同じ姿でも別固体として登場し別キャラに出来るのが面白いですね。
また怪獣と戦う際の考えはコスモスに似ていますね。
10勇士ではなく来年のX映画にこそムサシの登場が相応しかったのかもしれません。
  1. URL |
  2. 2015/07/26(日) 12:32:30 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/3001-ed83e113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する