特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ニンニンジャー第7話「春のニンジャ祭り!」

ninnin7-1.jpg
ゴレンジャーから始まったスーパー戦隊も40周年の39戦隊(作品)目に突入。
冒頭映像から特別版になっていてカクレンジャー・ハリケンジャーの集合写真はちょっと大き目でトッキュウジャーがドアップなのが嬉しい。
忍者戦隊集合で忘れられてしまったのかと心配してたから。


忍術の先生としてはサスケ・鷹介が登場。
鷹介はゴーカイに登場した時と同じだけれどサスケは歳を重ねて落ち着いた雰囲気になっていて成長を感じられる。
あれから20年だしね。当時幼稚園だったワイ、今や社会人。
サスケの本名が猿飛佐助と断言されたのは初めてかも。先祖と同じ名前だった。

九衛門「似ても似つかぬヘボ手裏剣だ」
サスケ「ヘボ!?それ俺のだねー!」

アカレンジャー「お前たちもそうだったろ」
サスケ「いやーははー」

なんかは当時のサスケっぽくて嬉しい。容姿や声が大人っぽくなっても当時のサスケはちゃんといるんだと実感できるから。

「分身の術」「空駆け」が上級忍法扱いされているのが良いね。
サスケや鷹介が先輩ぶりが伝わってくるし。
5人の中では優秀な霞もさすがに分身の術は使えないらしく八雲は魔法で飛ぶのが精一杯。

この企画を聞いた時は7話としてはではなく特別編で放送した方が良いんじゃないかと思っていたけどメインストーリーとリンクしていて無理なく出演している。
2人が天晴を遠ざけていたのは死なせないためというのも分かったし。
先輩2人ばかりが目立つわけでもなく本番に強い天晴も活躍しているし。
やられた忍者たちというのは鶴姫や七海らのこと?
10年前の戦いだからその6年後?のレジェンド大戦に参加しているあたり重症ではなかったのかもしれないけど。


ninnin7-2.jpg
また小川さんの「スーパー変化!ドロンチェンジャー!!」を聞ける日がくるとは






ninnin7-3.jpg
2人の新規変身バンク!
小川さんの美声が響く!カッコいい!
ハリケンレッドの名乗りバンクはゴーカイ客演時のものだね。
「風が鳴き、空が怒る」はゴーカイ客演時の方が声低くて好き。





ninnin7-5.jpg
7人揃った名乗りでカクレンジャーBGMは美味しすぎる!
これはもう初代忍者戦隊であることの特権だよねw
アカニンジャーの名乗りが始まった時に流れるようにBGMがニンニンジャーに変わったり、忍者の心得が「人に隠れて悪を斬る」→「忍なれども忍ばない」に変わったのを見るとまさに時代が変わったことを実感する。



ninnin7-4.jpg
「成敗!」

きたあああああああああああああ!
もうこの一言が嬉しい訳ですよ。
ゴーカイだとレジェンド大戦では言ってくれたけどカクレンジャー回でサスケ出なかったからポーズ付きはなかったんだよね。
4年越しに見たいものが見れて大満足。これを見たかった。
鷹介が「やれやれ、いくかぁ!」とサスケにタメ口だったのが意外。
199ヒーローのデンジブルー・リュウレンジャー・デカピンクの挨拶を見るに超体育会系というか年功序列が凄かったからw



ninnin7-6.jpg
現代技術で蘇るニンジャレッドの技はとても綺麗。
子供の頃大好きだった満月斬りもご覧の通り。




ninnin7-7.jpg
カクレンジャー手裏剣を使った瞬間にこの音楽!
これ流れた瞬間「これだよこれこれ!!」ってくらいテンション上がる。
アメコミ演出もちゃんとあるし。
敵の名前が「ガシャドクロ」であることに対してサスケは特に反応してなかった。




ninnin7-8.jpg
先輩らに見守られて終る綺麗すぎるラスト。
戦隊レッドに「アカ」が使われるのは初代ゴレンジャーのアカレンジャー以来だとか。

カクレンジャーリアルタイム世代としては大満足のエピソード。
今回のエピソードが良かったのあるけどゴーカイのカクレン回が不満タラタラでそれを払拭してくれたことも大きい・
数を重ねるごとに面白くなるレジェンド回の最後を締めたカクレンジャーがあの出来で唖然としてたから。
小川さんの変身や分身の術・アメコミ演出など見たかったものをようやく見れたから。
今回のタイトルは「春の」ニンジャ祭りなので夏以降は?と今後も期待が膨らむね。
スポンサーサイト
  1. 2015/04/16(木) 23:26:31|
  2. ニンニンジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<プルミエ | ホーム | ドライブ第25話「新たなる闘いはなぜ始まったのか」>>

コメント

どうもお久しぶりです!
自分は朝起きれなかったりなんなりでもう何か月も日朝は見てなかったんですが、こればっかりは流石に見逃せませんでしたw
私にとっても「リアルタイムで全話見た」記憶がしっかりとある初めての作品なんで、思い入れは強いですからねー
(当時3歳、ダイレンジャーは最終話は見てた記憶がありますが、それ以前はジュウレンジャー含めビデオで見た記憶しか……)

サスケは黒装束+額当てのみっていうのはなかった組み合わせなのでちょっと違和感ありました。
基本的に黒装束の時は黒頭巾で、バンダナは水色系のさわやかな私服の時、それ以外はバンダナ巻いてたイメージが強いので。

個人的には鷹介の名乗りは昔の方が好きだったりします。
今の方が重くずっしりとしてて先輩風なイメージが強いですが、ハリケンの名乗りは歌舞伎やら能やらのイメージなのでやっぱり少し演技がかった言い方の方がしっくりくるんですよね。

カクレンジャーの曲が流れたのは本当におおお!ってなりました!
やっぱりリアル世代としては興奮せざるを得ませんからね~w

そしてゴーカイジャーに続き最後の最後にまさかのアカレンジャー登場でビックリしました。
こういうサプライズは見ていて本当にうれしいです♪
  1. URL |
  2. 2015/04/17(金) 00:00:22 |
  3. おりん #-
  4. [ 編集]

僕はカクレンジャー未見、ハリケンジャーは途中で卒業、と先輩忍者たちにはあまり思い入れはなかったんですが、しかし特別OPといいこういうのは燃えますね!僕はハリケンジャーシュリケンを使ってからのハリケンジャー主題歌のインストがかかった所が燃えました。映画版の頃までは見てたので遺伝子に刷り込まれているようです。
最初全部揃って16〜7人?の画を見たいなと思いましたが、コレはコレで充分ですね。
  1. URL |
  2. 2015/04/17(金) 00:33:43 |
  3. Neg #-
  4. [ 編集]

ニンニンは正直あまり好きになれないのですが、今週は終始心の中でスゲェ!連呼しながら画面にかじりついて見てました。
面白さならシンケン・キョウリュウが自分の中で二強なのですが、一番好きなのは昔からずっとカクレンだったので今週は本当に最高でした。
幼少期に刻みこまれたあの感動を、今の技術でまた見せられるとなると理屈抜きに燃えますよ。
何といってもBGMのパワーがすごい。 見せ場シーンでもカクレンの劇伴がメインで使われていたのが特にうれしかったです。
ゴーカイのカクレン回はかなりボロクソに言った記憶があるんですが、当時出演しても出来なかったはずの変身&戦闘をやってくれたので今では浄化された気分です。
やっぱりこういう回で竹本監督は安定しているなぁと。 普通の監督ならここまでこだわってくれないと思いますし。

サスケも立派になりつつもひょうきんなところが残っていて良かったですね。 序盤の違和感も天晴を守るためのものだったので安心しました。
ニンジャレッドと言えば満月斬りと分け身なので、そこもしっかりと踏襲してくれて嬉しい限り。 ゴーカイの戦闘は本当に酷かったですし。
後輩たちへの先輩としての態度も新鮮でカッコよかったですね。 まあ妖怪の封印解いたり天晴の比じゃないくらいにやらかしてる過去はあるんですが…。
あと関係ないですが色んな場所での感想を見ても高確率で安定のカクレッド誤記が。 語呂がいいんで好きな自分でも稀に間違えそうになる時があります…。

>ご存知かもしれませんがGWに鎧武Vシネを記念したトークイベントもやるようです。
まさかファイナルステージの後にキャスト集合のイベントをやるとは思いませんでした。
東京のみなのでさすがにもう行けないとは思いますが、参加者の方々のレポートが今からとても楽しみです。
仰られるようにここでVシネ新作が発表されれば最高ですね。 売上で決まるとはいえ予約数=ほぼ売上だと思うのである程度データは取れているでしょうし。
ここでその発表がないようならば残念ながら打ち止め濃厚でしょうね…。 まあこれだけ展開が長期に渡っただけで十分ではありますが。
ただ忙しいのか高杉さんが不参加なのを見るに、今後作るにしても早くしないと他キャストの方々もスケジュール空かなくなりそうですし色々ハードルがありそうですね。
  1. URL |
  2. 2015/04/17(金) 01:04:28 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

気のせいか小川さんが若返ってるように見える。いやまあメイクさんが巧いんでしょうけど。
カクレンジャー・ハリケンジャー回としてサービスが行き届いてたと思うんですけど、2人が認めたのは天晴だけで他の4人はスル―に近いのが残念。尺の問題で仕方ないのは分かるんですが。

しかし時計から誕生した妖怪がネコマタで声は妖怪ウォッチレギュラーの関さん・・・狙いすぎだろww

>敵の名前が「ガシャドクロ」であることに対してサスケは特に反応してなかった
ここは反応して欲しかった・・・。
  1. URL |
  2. 2015/04/17(金) 22:00:56 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>おりんさん
お久しぶりです!
今回ばかりは早起きですよねw
リアルタイムで見ていた戦隊が復活するのは嬉しい物です、それもテレビシリーズで。

>サスケは黒装束+額当てのみっていうのはなかった組み合わせなのでちょっと違和感ありました。
>基本的に黒装束の時は黒頭巾で、バンダナは水色系のさわやかな私服の時、それ以外はバンダナ巻いてたイメージが強いので。
口元にまで黒頭巾で覆っちゃうと会話しづらいというか子供が怖がるからやめたのかもしれません。
自分も子供の頃、変身バンクでやけにサイゾウが怖った記憶があります。


>個人的には鷹介の名乗りは昔の方が好きだったりします。
歌舞伎を意識すると当時の方が合っているかもしれませんね。
ガオレンジャーから始まった長い名乗りが苦手な身としてはあの芝居(歌舞伎)がかった名乗りよりゴーカイ客演時の成長した低い声の方が好きでした。

>カクレンジャーの曲が流れたのは本当におおお!ってなりました!
カクレンジャー好きなので贔屓入っているかもしれませんがハリケンジャーBGMよりも多かった気がします。
流れて来ただけで燃えましたがカクレンジャー手裏剣を使った瞬間が一番燃えましたね。
BGM+ロボで分身の術は一気にテンション上がりますよ。
音楽の力と言うのは強いですね。あるとないでは別物です。
  1. URL |
  2. 2015/04/18(土) 10:04:48 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>Negさん
未見の方でも楽しめるあたり、コラボ回としての出来が良かったおかげでしょうか。
自分はもう思い出補正バリバリ入ってますがNegさんのように未見の方にも面白かったと言って貰えるとこちらも憂いs九

>最初全部揃って16〜7人?の画を見たいなと思いましたが、コレはコレで充分ですね。
最終的にはこれをやって欲しいですね。
恐竜戦隊集結を見た後だと忍者戦隊でもやって欲しい!と期待してしまいます。
VS枠でやるのではなくVシネ枠か何かでやって欲しいところです。
  1. URL |
  2. 2015/04/18(土) 10:05:29 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
今回に限ってはニンニンジャーが合わない方でもカクレン・ハリケンが好きなら楽しめた回だと思います。
カクレンジャー好きとしてはBGMや現代技術の演出などとにかくたまらないシーンが多かったです。
近年ハリケンジャーはなんだかんだで映像化の機会が増えていますがカクレンジャーはまずないので。
ゴーカイのカクレン回でも現代技術で描かれた!と言えるのはニンジャホワイト(アイム)の折鶴の舞くらいだったので。


>サスケも立派になりつつもひょうきんなところが残っていて良かったですね。 序盤の違和感も天晴を守るためのものだったので安心しました。
最初はちょっと嫌な先輩(先生)に見えなくもありませんでしたが通してみると納得の理由ですね。
後輩を思った上での優しさは20年前のあの頃から変わってなくて安心します。
たまにみせたひょうきんなところもまた「変わってないなー」と嬉しくなります。
脚本・監督共に恵まれたエピソードでした。


>あと関係ないですが色んな場所での感想を見ても高確率で安定のカクレッド誤記が
これはジュウレッド・カーレッドのノリで書いているようなw
基本的に戦隊名+色が定番ですが昭和戦隊は昔の戦隊はそんな規則性ありませんもんね。
最近でもバスターレッドではなくレッドバスター、と色が先にきたりトッキュウレッドではなくトッキュウ1号、レッドニンジャーではなくアカニンジャーと従来と違いを出しているんですよね。
ティラノレンジャー・リュウレンジャー・ニンジャレッドを見ながら育ってきた身としてはオーレッド・メガレッド・ギンガレッドと続くのは新鮮でしたね。


>鎧武Vシネ
ここで是非とも続編の発表きて欲しいですね。
高杉くんが来ないのは残念ですが続編来ても最悪ミッチはいいかなと。本編では十分活躍したので。
それよりはザック・城乃内メインに持ってきて、1人で街を守っていた時や凰蓮の元で修業中のところに思わぬ強敵が現れて新ロックシードを使い倒す、みたいなエピソードを見たいです。
ミッチでやるなら本編中よりは1話以前のチーム鎧武に入ったエピソードをやって欲しいですね。
紘汰や舞を慕う用になったエピソードがあるはずなので。
  1. URL |
  2. 2015/04/18(土) 10:06:12 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
小川さんは20年を経て歳を重ねていますが、カットによっては「まだ若い!」と思うようなところもありましたね。
「ドロンチェンジャー!」の声が全く変わってないことが一番驚きました。役者って凄いと実感し続けた30分間です。

尺的に他か天晴との交流しかなかったのは仕方ないかと。
あれ以上やると逆に薄くなっちゃいそうです。
まだ10か月くらいあるのでもう1度くらいサスケたちに登場して欲しいです。
理想はVシネで忍者戦隊大集合をやって欲しいですね。今回は見られなかった無敵将軍や旋風神も是非。
  1. URL |
  2. 2015/04/18(土) 10:06:44 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2936-88914916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する