特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

劇場版牙狼 GOLD STORM- 翔 感想

150402-1.jpg
闇を照らす者から1年半が経ち新作「GOLD STORM- 翔」が公開。
4月からの新作ドラマ版と同じタイトルなのは、同じ作品と世界観であることを強調するためとか。
土日に見に行けず平日のレイトショーで見に行ったけど、平日とは言え公開初週で自分入れて4人しかいなかった。



闇照は横山監督が担当し「GOLD STORM- 翔」は待望の雨宮監督が担当。
雨宮監督がやってくれるといよいよ「牙狼」って感じがするね。
流牙役の栗山くんもニコ生か何かで
「(闇を照らす者)は監督に見捨てられてるんじゃないかと」
と冗談交じりに言ってたけど、ファンですらそう思うんだから役者もそう思うよねと妙に納得する。


・ストーリー
闇照ではご存知ボルシティが舞台になっていて今回はラインシティなる場所が舞台。
雨宮監督曰く闇照は街が舞台の作品であったからそれを大切にしたい、とのこと。
街だけでなく、口パカァやホラー撃破後に苦しむ(原因は違うけど)など闇照要素もしっかりと。
リュメ法師のおかげでホラーが発生しない街は一つの理想だね。どこの街もこんな感じなら良いんだろうけど。
最初はあまりに良い人すぎて悪人かと疑っていたw
鎧を浄化するカットではいつ怪しげな笑顔を浮かべて闇に染めるんじゃないかとヒヤヒヤ。
鎧の浄化のために元老院ではなく法師の元へ行こう、って時点で流牙たちの時代には元老院はなくなった?
ザルバら魔導輪が廃れている時点で鋼牙たちから遠く離れた時代ではありそうだけどテレビ版で言及されるだろうか。


初戦で鎧を召喚した時に

「ガロだと!?ガロは輝きを失ったはず!」

とビビりまくるホラーの反応が嬉しい。
あれほど苦労して取り戻した姿だからこそ従来の鎧の姿は感慨深いしちゃんと最終回から繋がっているんだと実感できる。
巨大な敵に対して轟天を召喚しないあたりまだ100体撃破の試練はやってない模様。
とは言え初戦後に苦しんだのは「多くのホラーを倒して浄化しなかったから」だからで相当数のホラーを倒したことを示唆しているのでテレビ版ではやるかもしれない。
哀空吏や猛竜らについても触れていなかったしテレビ版の終盤あたりにも出て来て欲しいな。
魔戒ノ花でも出す予定なかった鋼牙とカオルを声だけとはいえやってくれたし。

・アクション
初っ端から流牙とリアンのアクションが凄い。
あの銃発射はなんなんだww
主演2人が凄いのは闇照で分かっていたけどリュメ役の子まで凄かったのは意外。
お婆さん声から幼女声に変わりアクションも凄いからツボにはまった。
テレビシリーズでも出てくるみたいだし楽しみ。ゲキレンジャーに出ているとは知らなかった。

阿号は防御に任せたパワーファイターといった印象を受ける。
アクロバティックに動いたりする分には流牙に分があるけど魔界剣が通らない時点で勝ち目薄いし。
それでも後半のバトルで鎧なしに長時間粘るあたりはさすが黄金騎士。
道路上でのカーチェイスはアメリカ映画みたいで驚いた。
日本の映画だとなかなかないもんね。牙狼的に高速道路のような長い道路上でのバトルは「呀-KIBA-」以来かな。


・スーツ
最近はアニメ(絵)のガロに見慣れていたからスーツがくるとテンション上がる。そこにスーツがあるだけで燃えるね。
上にも書いたように苦労して取り戻した黄金に輝くガロがデフォで出てくるから余計に。
闇照では鎧召喚時間が短くて不評だったけど、バトル自体はとてもカッコ良かったのが映画でも健在。
夜の街で動きまくる戦闘は凄い。速すぎて追いきれなかったからレンタル始まったらゆっくり見返したい。

従来のガロスーツが出たのは初戦と浄化のシーンくらいなもので最後の戦いでは待望の「翔」が登場。
流牙に専用形態を上げたかったという雨宮監督の要望で誕生。
ゼロが顕著だけど新作の度に改良してパーツが増えたり減ったりしているので、それの名前が付いた豪華版といったところ。
流牙もレオンも従来のガロスーツになった時は感動するけどアイデンティティが無くなっちゃうもんね。
誕生には感動的ストーリーや大きなドラマがあるとかではなく、浄化が済んだら変わっていたくらいの印象。
この映画自体に言えることだけどテレビシリーズしか見ない人にも配慮していた。
見てれば楽しめるけど見なくても問題ない作り。

翔はデザインそのものがカッコよく、CG全開バトルは迫力あったけど訳分からん曲(お経)を大音量で流れるのは勘弁して欲しい。
メシア・魔界樹・カルマ・ギャノンと巨大な敵には轟天を召喚する鋼牙だけど流牙は取得してないので単身で戦うことに。
自分の中で巨大な敵=轟天の図式があったから最後まで1人で戦い続ける翔は新鮮だった。
阿号から受け取った巨大な剣で止め。轟天を召喚できない流牙にとっての大牙狼斬馬剣といったところ。あれよりもさらにでかいけど。
翔の姿で烈火炎装を期待してたけどそれはテレビドラマ版にお預けかな。


・牙狼~炎の刻印~
アニマを取り込んだメンドーサは逆に意識乗っ取られると思ったのに自我を保つとは。
ある意味バラゴやシグマ超えてるかも。
頭が良くて強いってのは一番やっかいなタイプだね。
何もない空間から腕が出てくるのはメシアの攻撃に似ている。

ありそうでなかった2体の魔界騎士合体は熱い!
黄金騎士であり、ゾロの資格候補者でもあったんだから設定的にも問題なし。
2つの鎧パーツが出てくるのはデジモンフロンティアのスサノオモンの進化バンクみたい。
不完全体時に特徴的だったあのマフラーも復活しているのが嬉しい。

人様の感想見て気付いたけどレオンはこの形態になってなお、1人で強大な敵を倒してないね。
復活戦の使徒ホラーでもアルフォンソとのタッグだし。
アルフォンソ=ガイアの出番は先週で終りだったか・・・
街を救うっていう最大の役割を果たしたとはいえアニマ(メンドーサ)相手に戦って欲しかったから残念ではある。


トッキュウジャーと同時期にやっていた炎の刻印だけど毎週楽しめた。
少なくともストーリーは全牙狼シリーズの中で一番面白い。
「炎の刻印」とはそういうことだったのかと納得したし始めこそ「アニメで牙狼は地雷だろ・・・」と不安しかなかったのが嘘みたい。
テレビ2期や映画も決まってレオンらが主役であり続けるかは分からないけどどちらも楽しめそうだね。
最後にチラッとララにも触れられて嬉しい。出来ればEDにあるようなララを守り続けるレオンの戦いも見たかったけど。
最高に盛り上がったのは18話と19話かな。
ララを失ったレオンが伝統の白コートを身に纏い本来のガロの姿になって鎧越しに涙を流すシーンはグッときた。

ある意味一番感動したのは予告で実写に繋げこと。
昔の金田一のドラマ思い出したよ。堂本剛から光一に繋げる奴。
同じ時間帯で同じ原作者(雨宮監督)、メインスポンサーも同じ作品とはいえよく出来たね。
スポンサーサイト
  1. 2015/04/02(木) 22:27:20|
  2. 牙狼―ガロ―
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今日のお買物 | ホーム | 手裏剣戦隊ニンニンジャーvs仮面ライダードライブ 春休み合体1時間スペシャル>>

コメント

私は口パカァは毎回同じ敵でウンザリだったのを思い出してドキッとしましたww
流牙達が魔戒騎士であることを隠そうともしてないし周りの人たちもそれほど驚いてないけどラインシティでは魔戒騎士達が訪れるのは普通のことなんだろうか。

アクションは相変わらず凄い。確かに銃発射は何が何やら分からなかったですww
ストーリーに関しては凄いベタな話でしたね。
解決困難な問題を本末転倒に近い極論で成し遂げようとする敵(コンピュータ等人外が多い)を主人公達が止めるというよくある展開で独特の世界観を持つGAROシリーズで他作と類似する話は珍しい。
特撮ならガイアの人類を消去すれば地球は救われるとクリシスが提示したエピソードが近いかな。
自分で結論出したと思ってる阿号の中にデゴルが侵入していたというのも破滅招来体に汚染されてたクリシスみたいだし。
デゴルの腕が浄化出来なかったのは本体が阿号の中にいるからかな。しかし人類を絶滅させたらホラーの食糧が無くなるだろうにデゴルは何を考えてるんだろ?

~炎の刻印~
実写では撮影困難なことでもアニメなら出来るのがアニメの良さですよね。
実写ならスケジュール問題も多いけどアニメなら別録ができるし。
ストーリーに関しては文句無しですけど成り立てホヤホヤのアルフォンソが巨大ホラーをアッサリ倒すなどパワーバランスがおかしいところが多々あったのが惜しい。
メンドーサを長年放置する等、番犬所の無能ぶりが歴代随一だったのは笑えない…。
最後にジルバが眠りにつくのはヒメナの命を吸収するのを避けるためですかね?
命を提供する魔戒騎士不在な以上そのままでは人間界で活動できないわけですし。
>ありそうでなかった2体の魔界騎士合体は熱い!
魔戒騎士は実力主義ですから両方の鎧に認められる程レオンが強くなったという証でもありますしね。
それにしても相変わらずソウルメタルは人の思いにこたえ何でも有りな変化しますね。
  1. URL |
  2. 2015/04/11(土) 21:11:55 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
>私は口パカァは毎回同じ敵でウンザリだったのを思い出してドキッとしましたww
振り返れば「ちゃんと闇照要素が残っている」と感じられますが初見は焦りますよねw

>解決困難な問題を本末転倒に近い極論で成し遂げようとする敵(コンピュータ等人外が多い)を主人公達が止めるというよくある展開で独特の世界観を持つGAROシリーズで他作と類似する話は珍しい。
この手の問題をガロでやるのは珍しいですよね。
究極の選択を魔界騎士に迫るのはMAKAISENKIのイデア生贄が近いかもしれませんが。

>しかし人類を絶滅させたらホラーの食糧が無くなるだろうにデゴルは何を考えてるんだろ?
絶滅というより食料として管理するつもりだったのかもしれませんね。
マトリックスの現実世界のような感じで。
ホラーとしても人間は主食というより酒やたばこのような嗜好品に近いのかもしれません。


>炎の刻印
>ストーリーに関しては文句無しですけど成り立てホヤホヤのアルフォンソが巨大ホラーをアッサリ倒すなどパワーバランスがおかしいところが多々あったのが惜しい。
毎週楽しんだ炎の刻印ですが数少ない突っ込みどころがここですね。
本人の才能や血、良き師匠の指導など恵まれているところはありますがさすがに短期間で強くなり過ぎだろうと。
あっさりレオンを抜いてしまったこれまでのレオンの頑張りはなんだったの?と悲しくなります。
背中が傷だらけのシーンを見ると(メンタルはともかく)ちゃんと頑張ってきたんだと実感したので。

>魔戒騎士は実力主義ですから両方の鎧に認められる程レオンが強くなったという証でもありますしね。
>それにしても相変わらずソウルメタルは人の思いにこたえ何でも有りな変化しますね。
ソウルメタルの人の思いに応えた形状変化は燃えますね。
翼人が好きな身としては1度きりの出番で寂しいですが、この数々の変化こそが魅力の一つですし。
レオンの場合例年のパワーアップは通常ガロになったことで達成しているので、ゾロとの合体は2回目で歴代作品と比較しても同一シーズンの中では一番パワーアップしているんですよね。
まだ轟天召喚などのイベントも残っているので後に控えているアニメガロが楽しみです。
  1. URL |
  2. 2015/04/15(水) 23:16:45 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2928-1d9dc41c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する