特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

今日のお買物

150310-1.jpg
講談社から発売の平成ライダームック本は6作目となる響鬼。
今年で放送から10年。
ライダー(鬼)紹介ページの響鬼は何で腕だけ紅になってるバージョンなんだw
ある意味全フォーム収録だから凄いけれど。

関東11の鬼はOPを切り取ったような写真で収録。
当時の特写写真集にも乗ってないしアップだと見るに堪えず引きで映すのが精一杯らしいので仕方ないけど。
それすら商品化したS.I.C.は凄いね。
ライダー(鬼)一覧よりも童子・姫一覧の方が見応えあったりするw
使い回し聞くとはいえよくこんなに作れたものだ。
100年に1度ということでオトロシの童子・姫はレア感あるしカッコ良さと強さで乱童子は好き。
黒傀儡の不気味さとかも印象的だったな。

当時楽しめなかった人でも大人になると印象変わる、と言われたことあるけど未だに見返していない。
今見ればディケイドで見た時でも何とも思わなかった太鼓セッションに感動するのだろうか。
後半の装甲響鬼になってからのバッタバッタと切裂くアクションの方が好きなまま放送終わってしまったから。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/11(水) 20:10:19|
  2. その他特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<S.H.フィギュアーツ ブルービート | ホーム | ニンニンジャー第3話「強敵、蛾眉あらわる!」>>

コメント

どうもです。
響鬼は自分も楽しめなかった方でしたが「世界観」という点ではスゲーなぁと今でも関心しています。ここまで「和」のテイストを再現できた特撮はそうそう無いなと、戦隊ですがカクレンジャーやハリケンジャー、シンケンジャーのように「和」をモチーフにした作品は戦隊特有の制約もあってか少し現代っぽさもあったのでなおのこと驚かされました。

ただストーリーに関しては路線変更した後半の方が面白かったですね。
斬鬼さんと轟鬼の話は今見ても泣けます。キバの時は好きになれませんでしたが井上先生もこんな話書くんだなあって。それとこの作品は明日夢の成長物語でしたが正直成長したかと思えば微妙な所も。いつも「何かが変わってきた気がします。」と言っても自分は何が変わったのかが分からないせいであまり好きになれませんでした。ヒビキさんは頼りになる人ではありましたがヒーローとしては仕事として淡々と魔化魍退治をしてたので「仮面ライダー」というより「魔化魍ハンター」という感じで「出来た大人」以上の存在でしかなかったのが印象の薄い作品になった原因とも考えています。
  1. URL |
  2. 2015/03/14(土) 20:55:27 |
  3. タトバ #-
  4. [ 編集]

>タトバさん
>響鬼は自分も楽しめなかった方でしたが「世界観」という点ではスゲーなぁと今でも関心しています。ここまで「和」のテイストを再現できた特撮はそうそう無いなと
確かにここまで「和」を徹底した作品も珍しいかもしれませんね。
仰るように戦隊でも洋風要素を持ち出してきてますし。
シンケンジャーも和でありながら、個人武器名が烈火大斬刀意外カタカナで、
今のニンニンジャーも八雲がイギリスの学校で魔法を使える~など洋風要素もあるので。

>ただストーリーに関しては路線変更した後半の方が面白かったですね。
ストーリーはどっちもどっち、というか作品に関心ないのでどちらも興味ないのですが、挙げるなら後半ですかね。
タトバさんも挙げられているシーンなども良かったので。

>淡々と魔化魍退治をしてたので「仮面ライダー」というより「魔化魍ハンター」という感じで「出来た大人」以上の存在でしかなかったのが印象の薄い作品になった原因とも考えています。
このあたり、最初は仮面ライダー企画ではなかった名残があるのでしょうか。
ヒビキさんも頼りになる立派な大人ではありましたが、確かに「出来た大人」の枠で収まっていた気もしますね。
個人的に明日夢には鬼(弟子)になって欲しいと感じていたので残念でしたし、師弟関係であった夏映画が理想の一つではありました。
  1. URL |
  2. 2015/03/15(日) 22:01:29 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

響鬼は序盤で脱落して、牙狼にはまりました。前半のあまりの退屈さに思わず投げ出しましたね。セイザーxやゴウライガンの様な日常系ヒーロードラマならもっと受け入れられたかもしてません。それに牙狼の様に熱さがなく敵をたおす爽快感もない。クウガの時は感心しましたけど、ヒーロー物にすらなってない、ただ大人の考えを視聴者に押し付けてるだけ。この時点で愛想尽かし始めました。高寺氏に本気で失望しましたね。
  1. URL |
  2. 2015/03/23(月) 17:29:49 |
  3. 光になれ #-
  4. [ 編集]

>光になれさん
ガロ1期って響鬼放送の年だったんですね。時間の流れを感じます。
次々と姿が変わる平成主役を横目に牙狼はずっとあの金色スーツで10年を過ごしてきたわけですし。

>クウガの時は感心しましたけど、ヒーロー物にすらなってない、ただ大人の考えを視聴者に押し付けてるだけ。この時点で愛想尽かし始めました。高寺氏に本気で失望しましたね。
当時はあまり「クウガを作った人」という意識はありませんでしたが今思うとクウガ作った人の作品とは考えられないくらい違いを感じますね。
細かいところまで「こだわり」があるのはそっくりですが、そのこだわりが好みでは無いというか。
  1. URL |
  2. 2015/03/23(月) 22:11:40 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2913-3e3709e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する