特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ドライブ第18話「なぜ追田警部補はそいつを追ったのか」

ギャグ担当に思われた追田メインの回。
ダブルでは刃野刑事メイン回やるの遅いと思っていたから速いタイミングで嬉しい。
ギャグキャラの宿命か、散々ふざけてきた過去があったから「刑事の勘さ」「このヤマは俺が解決する」っていうカッコいい台詞があっても困惑するw


冒頭から振り込め詐欺をして裁かれる悪徳組織。
最近では母さん助けて詐欺に変わったらしいけど浸透していないような。
たまに出てくる正義の怪人が登場するお話。
平成2期ライダーだとオーズのバッタヤミーやフォーゼのキグナスぶりだろうか。
オーズの時ほど感慨深いものはなかったけど過去作とはまた違う視点や楽しみ方も。

「こいつの正義は本物じゃない」
「ならば貴様の正義は本物と言えるのか?
「ああ。少なくとも・・・そんな卑劣な奴を俺は絶対許さない」

なんかは既に答えだしている進ノ介だからこそ即答できる台詞で良かった。
今思うと本当に6話でやっておいて良かった話だったね。



drive18-1.jpg
今のところロイミュードの正体は追田の先輩刑事である橘。
「若造が!」や警察必修科目の一つである剣道の動きがあったから気付く人は初戦で気付くけど、そうでない人でも追田との試合映像があれば分かるね。
やはり長谷川脚本の方が刑事物やってて面白い、と思ったけどなぜ警察はボタンの事を知っていたのかが気になった。
まだ息が合った時に通りがかりの人や駆けつけた警察に伝えたのだろうか。
ボタン探すシーンは追田と橘の2人しかいなかったから警察内部でも信じる人がおらず2人が独自に調べてたのかな。
今のところジャッジ扱いされて殺された兄と悲しむ妹のエピソードはそれほど重要とは思わなかったけど後半で深く関わってくる?


drive18-3.jpg
次回予告で「ジャッジになってしまった橘の真意は?」みたいな文があったけど、橘をコピーしたロイミュードの仕業だろうから真意も何も無いような。
ニュースレポーターが喋っている時に5年前の真ジャッジらしき人物が映っていたから橘とは別人だろうし。
真ジャッジが机ドンして怒っているのを見るに、橘が真ジャッジを挑発して誘き出すために出した手紙をテレビ局に送ったのかもしれない。


drive18-2.jpg
すっかりデフォになったハンドル剣&ドア銃持ち。
デッドヒートの催促があるとは言え、気付けばタイヤ交換も少なくなったような


drive18-4.jpg
カクサンに対して電流触手で撃ち落とすのは上手い
ジャッジに押されまくったりマッハにやられたりと新人補正にも陰りが



drive18-5.jpg
不意打ちとはいえ早速やられるデッドヒート。
所詮はフォーミュラまでの繋ぎかも・・・




drive18-6.jpg
次回はタイプワイルドで倒す?
タイプフルーツ入れて4形態あるけど、素直にカッコいいと思えるのはスピードとワイルドかな。
フォーミュラが動くとどこまでカッコよくなるかが見物だけど。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/15(日) 19:52:55|
  2. 仮面ライダードライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トッキュウジャー最終回「輝いているもの」 | ホーム | 雑記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2895-5e2ce3d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する