特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

トッキュウジャー第45話「君が去ったホーム」

闇のトッキュウ1号になった原因はライトがゼットでありゼットがライトだから。
総裁によると飲み込まれた日の2人の邂逅が原因。
なんでライトだけクライナーにいたんだろ?と思ってたけどこういう事だったのか。
回想で街中で出会うライトとゼットのシーンがあったけど初期の物だから懐かしい。

潜入していたグリッタがゼットにやられたけど明らかに生きている演出。
最終回に出て来て「私を助けるために~」とかはありそう。
ゼットの態度も闇の皇帝としての覚悟を決めたというよりは一種の諦めも感じられたし。

一番の見所は別れのシーン。
4人を子供に戻すためにパスを預かる時に違和感を感じたヒカリが辛い。
呼び止められても前を見続ける車掌や子供になった4人を止める明などみんなよく耐えた。
扉越しに涙を流し「俺はもう、戻れないから」やみんなといた車内のシーンはグッとくる。
先生や母親のシーンがまた悲壮感を誘うね。ただこれまでの母親に関しては描写少なかったからもう少し入れて来ても良かったんじゃないかと思った。

戦うメンバーがいなくなり1人で特攻する姿はタイムレンジャーを思い出す
キョウリュウジャーに比べれば圧倒的にイベント回少ないけど、その分通常(日常)回が多かったからこそのしんみり感。
年明けてから本当に面白くなった。

冒頭からの闇のトッキュウ1号VSゼットだけどラメ効果か、これまでの黒ヒーローが戦う感じじゃなくてキラキラも入っているから不思議な感じ。
黒いのに綺麗な戦いっていう良い意味での違和感。
ハイパートッキュウ6号はモルク侯爵とネロ男爵抑えられるくらいまでパワーアップしてるね。
ライトが1人で突っ込んだ時に
「トッキュウジャー!?」
「調子に乗りおって。ネロ男爵、行くぞ!」
「はっ!」
最初に比べて仲良くなってるw

ラストは闇のトッキュウ1号で戦うライトで締め。
予告を見るにまだ4人は戻らない。
普通なら最終回前に放送して予告ではフルメンバーが揃っているものだけどあと2話残しているのが凄いところ。
ゴーバスターズも「どうやってエンター倒すの?」と疑問だったけどトッキュウジャーも予想付かないくらいの展開。
非常に濃い2話になりそうで楽しみ。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/28(水) 23:27:37|
  2. トッキュウジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日のお買物 | ホーム | ドライブ第15話「その想いが届くのはいつか」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2881-71ac8951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する