特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

2014年度 好きな特撮シーン&フィギュア

今年もあっという間に過ぎて大晦日。
年を追うごと1年があっという間だけど社会人になってからは特に早いような。
小学校くらいの時はなぜあんなに遅く感じたんだろう。

今年は24歳で厄年。厄年なんか関係ねーよwというスタイルでいたら最後の最後で始末書級のことをやらかしてしまったので(今のところ回避しているが)年明けには厄払い行こうかと。
男は23歳が前厄、24歳が本厄、25歳が後厄らしいので該当する方は是非厄払いに。
今年は大丈夫だったけど来年は転勤の影がちらついているので危ない。
東北6県か関東に行ってもテレ朝はどこでもやってるみたいだから感想書く分には大丈夫だけど
青森・秋田・栃木・茨木は勘弁して欲しい。何もなさそうだし。
とは言え所詮サラリーマン、どこに飛ばされても文句言えないのが悲しいところ。


・アニメ
毎クール2・3本しか見ないけど今年はなぜか1クール毎に10本近く見るという変な年。ツボにはまる作品が多かったのかな。


魔法戦争 ニセコイ ロボットガールズZ 未確認で進行形 そにアニ
計5本


ご注文はうさぎですか? selector infected WIXOSS ブラックブレッド ノーゲーム・ノーライフ 1週間フレンズ 犬神さんと猫山さん
マンガ家さんとアシスタント 金田一少年の事件簿R
計8本(2本が5分/15分アニメ)


SAO2 アオハライド グラスリップ アルドノアゼロ さばげぶっ! ハナヤマタ 月刊少女野崎くん LOVE STAGE!! Free!2期 アカメが斬る
計10本


牙狼~炎の刻印~ selector spread WIXOSS 結城友奈は勇者である Fate/stay night [Unlimited Blade Works] トリニティセブン
異能バトルは日常系のなかで 甘城ブリリアントパーク 天体のメソッド クロスアンジュ 暁のヨナ オオカミ少女と黒王子
計11本

1年間で34作品も見てしまった。映画入れるとたまこラブストーリーなんかも。
時間ない時間無いと言いつつとりあえずアニメは流しておけばいいから強いw
ラノベやゲームは目の前の活字や画面に注目し続けないといけないから「ながら見」ができないしね。
今年は春・夏アニメに面白いのが集中してた。
中でも際立って面白かったのが

selector infected WIXOSS ブラックブレッド アオハライド ハナヤマタ 牙狼~炎の刻印~

かな。コメディやギャグ作品としてだとさばげぶっ!や月刊少女野崎くんが安定して面白かった。
ウィクロスは2期よりも1期の方が盛り上がってて好きだな。
「ブラックブレッド」は滑ってる感もあったけどあの設定や雰囲気は好き。最終回のED好きだけど未だに音源化も配信もされてないようでガッカリ。
「アオハライド」は内容も面白く人生初の少女マンガ買ったり映画見に行ったりと記念作。
「ハナヤマタ」も可愛い女の子たちがキャッキャウフフするだけじゃなく喧嘩したりしてるのも良い。2期やって欲しいけどストック的に厳しい。
アニメ版「牙狼 炎の刻印」は予想外の面白さ。ストーリーだけなら実写牙狼よりも面白いから困る。
劇中では実写よりの牙狼に菅田が代りレオンも2クール目からのキービジュアルで白コートを羽織っていたりとどんどん実写に寄り添ってきているのが見物。
話数限定で見れば「結城友奈は勇者である」の8~9話。あそこの盛り上がりは凄まじかった。なおラスト3話は・・・



・声優、イベント
2月 中川かのん starring 東山奈央 2nd Concert 2014. Ribbon Illusion 
5月 ロボットガールズZ 舞台挨拶
8月 洲崎西 養豚場ミーティング2014 ~真夏の盛りガール!WOW!!~
12月 ムービー大戦フルスロットル舞台挨拶  洲崎西 WINTER PARTY 2014 ~あっちゃん・ぺっちゃんのミルフィーユハーモニーin中野サンプラザ~

今年は5回イベント。去年は座席が最前か最後列かと極端だったけど今年もそんな感じw
かののちゃん2nd 洲崎西は近くてロボガZは一番後ろだったし。
唯一フルスロットル舞台挨拶が真ん中よりちょっと前くらいとようやく平均?的な場所に。

去年が4回行ったから年間4回は行きたいと思ってたけど8月過ぎたあたりで今年はもう行く用事もイベントもないと危惧。
そこに東京に住む友人からフルスロットルの舞台挨拶の話来たり洲崎西ミルハモが急遽決まったり。
12月中旬にフルスロットル見に東京行って昨日もミルハモ行って元旦挨拶でまた東京行って来月中旬には超英雄祭でまた東京行ってと就活中かってくらい遠征してるww

来年は1月中旬に超英雄祭、4月には悠木碧ちゃんのファーストソロコンサート、洲崎西関連があるし増えそう。
東京行くだけで新幹線往復2万(バスの選択肢はない)、ホテルに泊まってあっちに住んでる友達と飲むのを考えれば3万はいくから出費が多い。
当然それ+チケット代とグッズ代がかかるわけだし大変だ。地方民にとっては東京にイベント行くだけで一大決心ですよ。

声優ネタとしては悠木碧ちゃんのファンクラブ入ったのが大きい。そろそろアルバム予約しないと。
東山奈央ちゃんは2月のかのんちゃんコンサートがグッときたけど5月のロボガZ舞台挨拶以降合ってないからそろそろ出演するイベント行きたい。最近生の奈央ちゃん分が足りないし。
ローダンセのライブあったら行きたいな。きんモザパレードは宮城も決まったようで大歓喜。絶対行くわ。
相変らず奈央ちゃん・あおちゃんに洲崎西の2人好きだけど最近は小澤亜李ちゃん(野崎くんの千代ちゃん)や加隈亜衣さん(ウィクロスのるう子)あたりもラジオ聞いたりはしている。
正直アニメやら声優趣味は30歳までには辞めたいと思ってたけど社会人になって金持つようになってからは逆にイベント行くようになった収集つかんw



・フィギュアTOP5
今年買ったフィギュアで好きなものを下から順に5つ。
出来が良い奴というよりはお気に入りのものを。

20141231-5.jpg
5位 S.H.フィギュアーツ ブレイドJフォーム&ギャレンJフォーム
装着変身時代から待ち焦がれていたジャックフォームがついに発売。
S.I.C.も良いけどアーツ派かな。S.I.C.はブレイドJ破損が酷くギャレンJは限定だから高騰してるし。


20141231-3.jpg
4位 S.I.C.オーズシリーズ
今年も凄かったオーズシリーズ。
画像にはないタマシーやブラカワニといい人間止めてる能力解放がたまらない。
サゴーゾは超マッチョでガタキリバはウヴァを始めとした解放&エフェクトパーツのおかげで見違えるカッコ良さになったし。
今HJでやってるS.I.C.ウィザード小説も実際はオーズ編みたいなものだし人気の程が伺える。
とりあえずラトラーターの試作も出てオーズは終わりそうだけどまだバースにポセイドンらも控えているのが嬉しい。
反面グリードはメズールで止まってしまったのが残念。オークションや中古ショップでも定価割れしてるし当然と言えば当然なんだけど。
せめてアンクくらいは出して欲しいね。


20141231-4.jpg
3位 DXF Solid Heroes ~仮面ライダーオーズ タジャドル コンボ~
アーツやS.I.C.ばかり買っているからプライズ系は目に入らなかったり軽視しがちだけど、DXFシリーズはクオリティが高くこのタジャドルはお気に入り。
去年もS.I.C.でロストブレイズverなんて出たし今年はこれと毎年何かしらレベルの高いタジャドルフィギュアが出てる。
DXFはクオリティ高いのにポーズがおかしいの多いから買い揃える気にはならないんだけどお気に入りくらいはね。


20141231-2.jpg
2位 S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー鎧武カチドキアームズ
スーツがそのまんまフィギュアになった!?は鎧武シリーズ共通だけどその中で群を抜くカッコよさがこのカチドキアームズ。
「スーツがフィギュアになった」の頂点は真骨彫(特に響鬼)だけどライダーの好みとしてはこちら。
鎧武シリーズで5千円超えはカチドキと極くらいだけどこれは納得の出来。
アーツは中間フォームの出来が良いのが多いけどカチドキは各部の作り込が本当に凄いよね。メタリック塗装も相まって最高のカッコよさ。
カチドキは2位にしたけど鎧武オレンジやバロンバナナ、斬月・真、ブラーボのようにお気に入りは多いし鎧武シリーズとして2位ということで。



makaikadouginga01.jpg
もう1つの2位ということで魔戒可動ギンガ。
轟天からの使い回しは多いけど7年越しの夢が叶ったのは大きい。
これまで何度か商品化のチャンスはあったけど全てスルーされた時にZEROに合わせてのリリースはもう嬉しいのなんのって。
ハヤテが出るかは怪しいけどいつかダンのスピンオフをやった時に出して欲しい。7年待ったんだからまた7年は待ってみるさ。

そして栄えある第1位は

















20141231-7.jpg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーバロン レモンエナジーアームズ!!

カチドキで鎧武シリーズとして2位と書いたけどこれはもう別枠、別格のカッコ良さ!!
本編も戒斗がレモンエナジーで戦っていた時期が一番好きだったのもあるし、そこでの活躍とデザインも良いしで文句なしの一品。
唯一の欠点がイベント販売であるけどオークションで買ってしまった今となってはどうでもいいや。手に入れた者が強者ということで。

今年度は明らかにライダーアーツの数が少なくて残念。
10月下旬のイベント終わったのに受注販売はこないしどうなっているんだろう。
ドライブの展開始まってしまうので忘れ去られないうちに展開再開して欲しい。

ULTRA-ACTはネクサスシリーズは終わっちゃったんだね。
ノアとザギ出してくれただけでも大万歳だけど闇の巨人やULTRAMANのアンファンスやジュネッスも欲しかったな。


20141231-6.jpg
フィギュア以外の玩具だとロックシードが大好きで未だにシフトカーに移れないくらいドはまりした。
斬月のフェイスプレートをまだ持ってない人いるだろし何かの機会でセットで付ければいいのに。
というか素直に無双セイバー&メロンロックシードに封入すれば良かったものを。


そして好きなシーンTOP10。
今年放送はいつもの東映特撮にギンガSと牙狼~魔戒ノ花~。
ウルトラマンはともかく牙狼も「いつもの特撮」に仲間入りする頃かもしれない。
去年の闇を照らす者からずっと雨宮監督の作品続いているし。

10位 恐竜戦隊集結    キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦!さらば永遠の友よ
恐竜系戦隊の揃い踏み!望月さんも出てくれたし本当に嬉しかったなあ。
サプライズとしてはダイノバックラーを掴んだゴウシら4人の手と衣装がアップになったシーン。あれは本当に驚いた。
子供の頃に見たヒーローの活躍をまた見れるのはいいものだ。
マサトが復活してからの名乗りも良かったしゴーバスターズ側も短い時間ながらも活躍出来て良かったよ。
ニンニンジャーではカクレンジャー&ハリケンジャーと一緒にやる映画を期待してるけど、トッキュウジャーが割喰らいそうだからVシネみたいな別枠がいいかな。


9位 牙狼シリーズ 戦闘シーン
魔戒ノ花と炎の刻印の戦闘シーン。
魔戒ノ花のストーリーは残念だったけどワイヤー仕込んだアクションや普段から翼人みたくなれるクロウと戦闘面の見所は多かったので。
心滅を乗り越えてそれも力にしたりと終盤に進むにつれてCGレベル上がっていったけどMAKAISENKI程では垢ったのが素直な気持ち
炎の刻印の方はガイアの鎧どうするんだろ。アルフォンソがレオンに牙狼の鎧返してから再びガイアを身に纏う?


8位 アーマードライダー一斉変身シーン      劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!
映画の内容は歴代最低だと思うけどまぁこの変身シーンくらいは良かったかなと。
この後に口あんぐりするようなサッカーが待っているわけだが・・・
紘汰も変身に参加して欲しかったけどフルスロットルでミッチ&貴虎と一緒に変身してくれて満足。
最初から極に変身するとブドウとメロンエナジーのアームズはどうなんだろ?と思ったら2個ずつ出てくるみたいだし。


7位 ウルトラマンギンガS 戦闘シーン
作品としてはギンガの続編である必要性は薄かったんだけど、坂本監督が担当した戦闘シーンがとにかくカッコいいね。
1話で「ウルトラマンギンガの歌」が流れるなか、EXレッドキングに突っ込むシーンは心を掴まれたね。
ビクトリーとの対決で炎の中からクリスタル発光で飛び出してくるシーンも良かったしCGの使い方が1期とは段違い。
学校周辺を飛び出しての市街地戦も満足度高い。劇場スペシャルではダークザギ相手に色んな場所で戦ってたけど、本来は学校を飛び出してこんな戦いをしかったんだろうと思ってたから。
まだ映画も控えているしあわよくば3期もあるかもだしでまだギンガは終わらない。


6位 バロンレモン 活躍シーン        仮面ライダー鎧武26話~41話
ボロクソにやられていたところからの復活劇でとにかく燃えたし嬉しかった。
最初こそ「戒斗まで貰い物でパワーアップww」とバカにしてあの活躍&強者ぶりに加え「この男は邪魔者であっても敵ではない!!」で掌返すw
ストーリーも盛り上がってきたところにゲネシス変身だから良いタイミングだったね。
本来の構想通りにバナナとマンゴーだけならオーバーロード編は今ほど盛り上がったり楽しめてないはずだから。


5位 士・紘汰・巧 3人同時変身シーン    平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊
期待してなかった春映画も今年は面白く昭和ライダー相手に啖呵切っての変身はカッコいい。
キバ・ダブル・オーズ・ウィザードと親しい人たちを無くしている人選を集めたのも上手い。
だからこそ

士「確かに俺は世界を旅し、多くの仲間と出会ってきた。その中にはすでに死んだ者もいた。
だが俺はそいつらの事は忘れない。この胸に、永遠に刻み込んでおく」
巧「人はみな生きて、死んでゆく。その思いは、生きていようが死んでいようが関係ない!」
紘汰「それが切なる願いなら・・・俺達が叶えてやる!」

が輝くわけだし。


4位 ムービー大戦フルスロットル 戦闘シーン
鎧武編では最初から極VSメガヘクスの超バトル。ここでオーバーロードの力(植物の蔦)を使いまくるのがたまらない。
バトルの派手さはここがピークだったけど呉島兄弟の奮闘に復活した紘汰からのトリプルライダーキックなど見たかったものがようやく見れた嬉しさがやばい。
フルスロットル編ではギャグ入ってテンポは悪くなったけど戒斗が味方になったり機能停止は切ない。
ライダー大戦はBD買ったけどこれもBD買おうかな。自分が行った舞台挨拶も収録されているだろうしw
そして3位へ










20141231-10.jpg
「お前を頼ろうとした俺がバカだった。今なら分かる。
どうしてお前らの文明が滅びちまったのか!」



20141231-11.jpg
「きっと向こう側の世界にも未来があった!」



20141231-12.jpg
「なのにあの森に負けちまったのは――」


20141231-13.jpg
「お前のような奴がいたからだ!!!」

3位 カチドキアームズVSデュムシュ     仮面ライダー鎧武第31話
その後の「この力は、戦えない人たちを守るために!!」で心動かされた戒斗がフェンスをガシッと掴むシーンもまた良い。
ドラマ重視でバトルでの熱いシーンは少ない鎧武だけど、この啖呵切るシーンは熱くてカッコいい。
数少ない鎧武の正統派ヒーローっぽいシーンで作品そものがこんな感じでいけばどんな1年(作品)になったのだろうと思うところはある。
燃えたり王道的なシーンが少ないからこそ、たまにくるこういうシーンが輝いて見える。
ここは本当にカッコよくて何度も見返しちゃったよ。



20141231-14.jpg
「済まん裕也・・・誰が仲間か、誰のための世界か・・・そんなことはどうでもいい。
ここには、死なないでいてほしかった奴がいた。そしてまだ、生き延びてほしい人たちが残ってる」



20141231-15.jpg
「俺の味方かどうかなんて関係ない。守りたいものは変わらない! たとえ俺自身が変わり果てたとしても!」


20141231-17.jpg
20141231-18.jpg


2位 レデュエ精神世界~レデュエ決着戦     仮面ライダー鎧武第40話~41話
どちらも最高に燃えるシーンだけど2つで1つの流れ・シーンだと思っているので纏めて。
鎧武という作品としてのメッセージは43話で凌馬が言った「嘘吐き・・・卑怯者・・・そういう悪い子供こそ、本当に悪い大人の格好の餌食になるからさ!」だね。
インタビューではこれを伝えたかった、とばかり書いてあるから先日発売された講談社平成ライダー本の鎧武編でようやく武部Pがこのシーンに触れてくれたから嬉しかったよ。
例えどんな姿になっても戦い続けるっていうヒーロー作品としてはここがメッセージだから。

続く41話のロシュオ戦で初見だと極になるの躊躇った?と思ったけど「くっ・・・」「うっ・・・」みたいに口に出して躊躇った訳じゃないしすぐにインベス軍団が襲ってきたから使う余裕ないだけだった。

レデュエ決着戦はカチドキ修復からの乱舞がカッコ良すぎる。
乱舞かかるとは思って無かったらいきなりきてビビりながら燃える不思議な瞬間だったw
影松真を召喚してたけど、凄い今更ながら影松真って両端が武器になってるのねw


そして第1位。ここまで来たら分かると思うけどw















gaimu45-05.jpg
「お前を倒して証明してみせる。ただの力だけじゃない本当の強さを!」


gaimu45-06.jpg
「それでいい。貴様こそ俺の運命を決めるにふさわしい。」


gaimu45-08.jpg
俺達が最強の力手に入れたとして
その後にこの目にはどんな世界映るのか



第1位 紘汰VS戒斗        仮面ライダー鎧武第45話

もう今年はこれでしょ。これしかないよ。
見終わった瞬間、いや乱舞が流れた瞬間に「あ、これ超えるシーンないな」って悟るわけですよ。
MAKAISENKIで3騎士&魔導馬が揃った時も思ったけど、本当にカッコいいシーン来ると全部見なくとも最初の段階で悟る。

お互い既に人外になっているから「変身!」も言わないし多分お互い「とことんまでやり合うしかない相手」と思っていても「敵」としての認識は薄そう。
戒斗も「邪魔者であっても敵ではない」ってのは一貫してそうだから。
だからこそこの戦いは切ないながらも熱いし燃える。


140928-01.jpg
乱舞は絶対流すと思ったけど実際流れたらテンション上がるしジンバーレモンになった時もカッコ良すぎて「ファッ!?」ってなるw

今年は年から年中鎧武で盛り上がった1年。
トップ6から全部鎧武だけどだけどその反面しょぼいシーンや言い訳しようもない展開があったのも事実。
だから今年は最高のシーンも最低のシーンも鎧武かな。作品のふり幅がなんとも・・・

来年はニンニンジャーと劇場版ギンガSと牙狼の新作などがある。
キカイダーがリメイクされたり他の作品もされたりするかな?
ドライブは映画や特典DVD関連で盛り上がったところに今週のアレだったから来年からは盛り返して欲しいところ。鎧武も年明けから本気出してきたから。
それではみなさん、よいお年を!
スポンサーサイト
  1. 2014/12/31(水) 14:43:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<2015年 謹賀新年 | ホーム | トッキュウジャー第42話「君に届く言葉」>>

コメント

自分も鎧武ばっかり印象に残りました
1位はやっぱりそうなりますよね
今年は近年の中でも一番映画を楽しんだかも
あれだけ散々文句言った夏映画ですがアーマードライダー同時変身や最後のラピスのシーンなんかは普通に好きです
まあ「裕也や初瀬はフルスロットルで蘇らせても良かったんじゃ?」っていう考えが今になって浮かんできましたがww
フルスロットルでバロンが影松真つかってたけどあれは出番の無かったペコを気遣ったのかな?
ギンガSも良かったですね
同じくギンガの歌からEXレッドキングに飛びつくのに引き込まれました
しかし飛翔さんのベスト10にファイブキング戦が入ってなかったのが意外
見た瞬間絶対入ると思っていたので(連続怪獣ライブや連続ウルトランスなどがあったので)
仮面ライダー大戦は自分も好きな作品ですが士、紘汰、たっくんの同時変身は昭和ライダー相手だし茶番とわかっているからイマイチ乗り切れないです
たっくん、敬介、晴人の同時変身はバダン相手の変身だったので素直に燃えました
この映画は紘汰の台詞にグッとくるものが多かったですね
「俺だって仲間を失った哀しみなら知ってる」は言わずもがな初瀬と裕也
「苦しみと向き合わない限りその苦しみからは逃れられないよ」は素直に感動

アニメは今年は全然みなかったなあ
1クールに一本
まあ1~3月はみてないんですが
fateシリーズは初見だったんですが衛宮がかっこよかった(小並感)と戦闘シーンが終始すごかった(小並感)です
春はごちうさとノゲラは楽しんだけどブリュンヒルデは後半作り直してほしい
夏は人生だけ
1話こそ微妙で「もう切ろうかな・・・」とか思いましたが2話以降は面白くて嵌ってしまいました

玩具関連
やばい・・・今年全然アーツ買ってない・・・
というか鎧武関連の玩具の高騰すごいですね
ソニックアロー3万ってww
アーツの斬月真逃したのは今でも公開してる
アーツのデュークも逃しちゃったしなあ・・・
acのドラゴンエナジー買おうかな・・・?
あ、今年買ったの鎧武のメイン4人だけだ
基本形態だけ揃えちゃった
ロックシードの方は今年はすごかったですね
まさか2014年中に31ライダー揃うとは
玩具自体も本体に音声が入ってるから色々入れれたでしょうし
未だにドライブ関連は欲しいと思えない
赤外線とかは魅力的だけど欲しいとまでは・・・

振り返ってみると本当に鎧武ばっかりだww
今の状態でも色々情報来て来年も楽しめそう
春映画は新たに侑斗と橘さんがきまったようですしVシネもありますし
最近の東映は悪乗りが激しいから橘さんの扱いだけは不安だけど
何はともあれ1年間ありがとうございました&お疲れ様でした
飛翔さんもよいお年を!
  1. URL |
  2. 2014/12/31(水) 15:43:50 |
  3. キングフォームRSF #-
  4. [ 編集]

>キングフォームRSFさん
>鎧武
今年は鎧武が持って行った1年ですね。
散々ボロクソ言った夏映画も一斉変身シーンやラピスとのやりとりからのEDなど良い所はあるんですけどね。
それ以上にアレなシーンや展開が多かったのですが・・・
バロンが影松真を使っていたのは仰るようにペコへのフォローがあったのかもしれません。
サッカーシーンでもバロンレモンにボールが回ってきた時に後ろではナックルと黒影真が戦っていたりと細かかったですね。

ライダー大戦は予想外の面白さでビックリしました。
映画後の繋がりを意識した台詞やシーンはもちろんですが紘汰の言葉が良かったですね。
「苦しみと向き合わない限りその苦しみからは逃れられないよ」は裕也殺しが判明した翌週に映画公開だったので凄いタイミングでした。

>ギンガS
ファイブキング戦とビクトルギエル戦含めて7位ということで。
本来ならもっと上に入れても良かったのですがそれ以上に鎧武の印象が強すぎて1位~6位独占してしまいました。


>アニメ
自分も本来ならそれくらいしか見ないのですがなぜか今年はいっぱい見てましたね。
ごちうさは毎週楽しんでましたが日常系としてはきんモザが好きなまま終わっちゃいました。
ブリュンヒルデは未視聴ですがあまり評判よくないですね。
人生はまさに1話で切ってしまいました。仰るように微妙としか思えなくて。


>玩具関連
ソニックアローの高騰ぶりが凄いですよね。
プレバン限定でもう1回発売した方が良いんじゃないかと思ってますよ。
せめてブラックオレンジ&ブラックレモンエナジーをDX仕様にしていれば少しは救済された気分になった人もいるかもしれません。
12月下旬の発売と4月の再販くらいしか出回ってないはずですし。

鎧武関連の玩具は1つでも逃すと軒並み高騰しますね。アーツは一般発売分ですら軽いプレ値ついてるのもあるくらい。
斬月・真は安いのを見かけたら即確保をオススメします。

ロックシードは本当に嵌ってしまいました。
最初はそんなんでも無かったのですがゲネコアをセットして2個同時に音を鳴らせられるのは大きかったですね。
レジェンドライダーロックシードも出し切るしとんでもないですよ。
後は平成最強フォームの残りを補完して欲しいですね。クウガアルティメットやブレイドキングなど目玉は残っているので。
で、肝心のドライブ関連なのですがなぜか惹かれないですね。
技術は凄いし車を持ってくるという堅実かつ派手な売り方なはずなのですが・・・


>春映画
確定分だけでもてつをに橘さん・たっくんと盛り上がってきますね。
あまりの嬉しさに肝心の3号の影が薄くなっている気はしますがw
今年1年間コメントなどありがとうございました。
キングフォームRSFさんもよいお年をお過ごしください。
  1. URL |
  2. 2014/12/31(水) 16:56:24 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

あけましておめでとうございます。
社会人になると1年が本当に早いですね。 平成2期が始まってもう6年目なんて信じられなかったり。
「これから何十年も働かないといけないのか…」と当初は思っていましたが、この時間の早さだと気付けばもう30・40歳になってたみたいなことになりそうです。
あと自分も引っ越しは怖いですね。 フィギュアケースがそろそろ欲しいんですが、ガラスケースなんて一回組み立ててしまうと引っ越す際大変そうで結局買えず…。

>アニメ
アニメやドラマは片手間で見れて楽ですね。 面白い作品だけ集中して画面に専念すればいいですし。
ただ今年は原作付アニメの出来の差が酷かったです。 原作を完全に超えた高品質なアニメが多いと思えば、原作を半分以下に圧縮するゴミも多かったり。
また牙狼は本当に面白かったですね。 1クールだけで各牙狼シリーズ2クール分の密度はありましたし。
個人的な今年の面白かったアニメはピンポン>牙狼>ハイキュー>>寄生獣>神撃のバハムート>Fateですかね。
Fateは面白いんですがやはり会話や説明主体になるため、画が綺麗でも退屈に感じたり。 見せ場の詰まった2クール目は非常に楽しみですが。
特撮ファン周知のあの米村さんが名作・寄生獣を手がけるのも不安視されてましたが存外いい出来で良かったです。 …金田監督含め春映画が全ての癌だったんじゃ…。

>フィギュア
やっぱりレモンバロンですよねー。 デュークと一緒に飾っているんですが本家よりバロンの方がレモン似合っているようにすら見えます。
ロシュオ戦以降出番がなくなってしまったのが本当に悔やまれます。 最終決戦で登場していればさらに45話の評価も上がったでしょうし。
また鎧武アーツの展開が止まったのは残念ですね。 せめて本編に出てるシグルド・マリカ・ナックル辺りまでは早めに出して欲しかったです。

>特撮シーン
・キョウリュウジャー 終盤は幹部退場がどれも盛り上がり生身名乗りなども最高でした。 最終回も改めて終盤通して見ると面白かったです。
           ただ不明慮なウッチー生き返り・ロボの活躍なし・微妙なアミィとの恋愛要素などは今見ても引っかかります。 
           シーンは挿入歌入りイアンのトホホーク使用・ドゴルドとウッチーの合体・二丁拳銃でのキングのカーニバル変身が印象的でした。
・トッキュウジャー  最初こそ微妙でしたがゼットと明登場後は普通に楽しんでます。 シーンは「私はキラキラを手に入れた」がマイベスト。
           話自体は小林作品の中では地味ですが、子供が大人にならざるを得ない状況の描き方は鎧武とはまた違った面白いアプローチで流石ベテランだなと。
・牙狼        シナリオが良く出来てる上に展開も早くて楽しいです。 10年続いてやっと面白い話を描けるようになったか…と思わないでもないですが。
           シーンはCGが派手なシーンは基本どれも好きですね。 王子がオリジナル牙狼に変身した時は衝撃的でした。

残りは鎧武ですが私も印象的な思い出は大体鎧武で埋まってますね。 部分部分での盛り上がりは自分の中で全特撮一です。
Twitter上で鎧武ベスト10を決めるみたいな流れがあったので見ていましたが、やはりそちらでも大体の人が45話を選んでいました。
ただ誰もが終盤の話を選んでいる中で46話だけが選ばれていなかったのを見て色々察せざるを得ませんでした…。 最終話があって本当に良かった。
自分の1番はやはり「40話 オーバーロードへの目覚め」ですね。 どんな媒体でもごく稀に全くケチのつけ所のない回が現われるんですが、この回がまさにそれでした。
基本面白かった回=カッコいい戦闘だったりするんですが、この回の戦闘シーンはドラマのための最低限程度だったのにも関わらず本当に鳥肌ものでした。
あんなに悲壮な話を華麗にひっくり返し、あそこまで熱く泣ける展開に持って行くなんて、安い言葉なのであまり使いたくはないのですが神回だなぁと。
ムックで武部Pがついにこの回に言及してくれたのは嬉しかったですね。 子供に伝えたいのは「悪い子~」であっても作品のテーマはこの回に集約されているはずですし。

順位をつけて選ぶなら40話>41話>完結編>45話>23話>32話>最終話>18話>26話>43話といった感じです。
45話も戦闘が最高だったんですがやはり戒斗関連が引っかかり上位3つの方が総合的には上かなと。 Vシネでの掘り下げで引っかかりを消してくれるといいんですが。
ロードバロン登場回も戦闘は地味でしたが、強化は他人任せだった鎧武勢の中でただ一人戒斗だけが自分の手で最強の力を手に入れるという描写が好きでした。
あとはレモンバロン登場の26話・ナックルと共にデェムシュと闘ったり円陣を組んだ32話などバロン率が高いですね。 やっぱりこの頃の戒斗は最高にカッコいい…。
カチドキ回も空中での変身など見所が多く上位に。しかし改めて考えると都合よくオーバーロードが出てくれなかったら凄まじい大罪人になってましたね紘汰…。
何気に18話も好きです。 企画時の不良設定だとチーム同士の団結は描けなかったでしょうし、ようやくダンスに意味を持たせれたなと。 そしてナックルの初変身!
最終話もこれがあってくれたおかげで46話の微妙さが拭えたので好きです。 星への移住があったからこそあの素晴らしい完結編があるとはいえ未だに46話は…。
完結編は見たかったシーン満載の映画だったので3位に。戒斗も最後にいい印象で終われることができたのも大きいです。 …ジンバーメロン?もう諦めました…。
個人的にはファイナルステージも真中辺りに入れていいくらい面白かったので2月のDVD発売が非常に楽しみです。

最後に今年も各種感想お疲れ様でした。中盤以降は特に鎧武にハマり何度もコメントさせていただきましたが、語り甲斐があるからか毎度長くなってしまい申し訳ありません…。
こうやって振り返るだけでも思わず熱くなってくるので改めて一気見したいですね。 今見ても序盤は微妙でしょうがそれでも今までとは全然違う視点で見れるでしょうし。
しばらくは鎧武の商品展開やVシネも続きますが、それも終わると本当に燃え付き症候群に陥りそうで…。 今後もまたこれくらいハマれる作品が始まることを願います。
またコメントさせていただく時もあるかと思いますが、今後も何卒よろしくお願いいたします。 1年間ありがとうございました。
  1. URL |
  2. 2015/01/01(木) 01:07:28 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
あけましておめでとうございます!
今は社会人2年目ですが本当に早く感じます。あれ去年何やったっけ?みたいな速さです。
そりゃ平成2期の6年も速く感じますよ。クウガから響鬼の期間ですもん。
引っ越しがあるとフィギュアケース買うタイミングも難しいですね。
実家のスペースが埋まってきたので家を出た後の引っ越し先でケースを買う予定です。
飾るのはアーツやS.I.C.サイズなのでJAJANあたりでいいかなと。実家は完全にフィギュア物置になりそうですがw

>アニメやドラマは片手間で見れて楽ですね。 面白い作品だけ集中して画面に専念すればいいですし。
秋アニメで全話画面に集中してたのはFateとウィクロス、後半の結城友奈くらいだったかもしれません。
後は流し見してましたね。特に日常系アニメは。

Fateは面白い反面展開を把握しているので「UFO凄いなー」っていうある種の確認視聴になりつつありますね。
盛り上がりは後半に集中してますから。
寄生獣は見てませんが以外と好評でしたね。白倉P&金田監督の元から離れれば輝く人なんでしょう。
白倉Pの無茶振りの被害者というか一応期日までに書き上げるだけの腕はあるようですし。
今年の春映画もなんだかんだで期待しています。柴崎監督も続投ですし。

>ただ今年は原作付アニメの出来の差が酷かったです。 原作を完全に超えた高品質なアニメが多いと思えば、原作を半分以下に圧縮するゴミも多かったり。
去年はそんなアニメが多かったんですか。
「アニメはしょぼいけど原作だと良いシーンなんだろうなぁ」という場面はいくつか見られましたが。ブラックブレッドとかSAO2とかは特に。


>フィギュア
今年はバロンレモンが一番嬉しかったです。
実際のスーツも頭部新造にアームズ交換で済むのでアーツ化も速いだろうと予想してたら、イベント限定とはいえあのタイミングで出て来たのは嬉しかったです。
おかげでカチドキと同タイミングで手に入り極にも間に合って遊ばせることが出来ましたし。
仮に抽選当たったとしても届くのは4月と3ヶ月も先ですから。
せっかく鎧武勢が参考出展されたのですからもっと展開して欲しいです。せめてテレビに出たライダーくらいは。

>キョウリュウジャー
キョウリュウジャーは10人勢揃いがピークで年明け以降はイマイチ振るわなかったです。
盛り上がりはしていたんですがやはり最終回が受け付けなくて・・・
王道を行っている作品だと思ったら一人だけでラスボス倒したりして戦隊の王道では無かったという印象で終ってしまいました。

>トッキュウジャー
明登場からは良くなってきましたね。
ただシンケン・ゴーバスに比べると力不足が目立ってしまい過去作ほど楽しめていないのが素直なところです。
先日の「私はキラキラを手に入れた」は良かったんですけどね。
今週分も年末であることを生かして良いエピソードで締めたので上手いなあと。

>牙狼
ストーリー自体はMAKAISENKIのレオとシグマでミスリードを狙い闇を照らす者も従来のシリーズに比べれば力入れてましたが炎の刻印はぶっちぎりで面白いですね。
戦闘シーンもアニメなのにCG使ってますが実写牙狼もCGなので何の違和感もありませんし。
たまに魔導馬出したりしてのバトルは熱いですね。
アルフォンソは牙狼になったりガイアになったりしてますが最終的にどの鎧になるか楽しみです。
実写寄りになった牙狼も好きですがガイアの鎧も受け継いでほしいので。ただ元の持ち主のガタイを考えると細身のアルフォンソがガイアなのは違和感ありますね。


>残りは鎧武ですが私も印象的な思い出は大体鎧武で埋まってますね。 部分部分での盛り上がりは自分の中で全特撮一です。
自分も部分的な盛り上がりでは全特撮の中でも1位か上位にくるほど好きです。
記事中に上げたTOP3は今でも見返すくらい心にグッときてますね。
最近ですとオーズ最終回がめちゃくちゃ好きですが、同じラストバトルが好きでもずっと楽しんでいた鎧武と最後だけ盛り上げたオーズとで差があったりします。

「40話 オーバーロードへの目覚め」は本当に良い話ですよね。
予告時点だと紘汰がオーバーロードに囲まれて部活帰りの学生みたいに見えたのが本放送ではめちゃくちゃ良いエピソードになってましたし。
仰るように面白い回=カッコいい戦闘が殆どなのですがこの回の戦闘はカッコよくも特別アクションが優れている訳ではないんですよね。
一人の男が仮面ライダーとして目覚めて戦うだけでこんなにも熱い回になるとは思いませんでしたよ。
TOP10に上げた以外のエピソードだとヘルヘイムの真実が分かる19・21話やバロンレモン初登場の26・27話などが好きです。
ぶっちゃけると初瀬死亡からオーバーロード全滅の41話はどれも好きですがw
46話は「変身だよ、貴虎」意外特にいいシーン見当たりませんね。ツイッターでそんな流れがあるとは知らなかったのですが46話はみんな選びませんよね。
最終回やフルスロットルは46話があるからこそ、と頭では分かっているものの・・・

ジンバーメロンになる最後の機会がフルスロットル、と思いきや斬月Vシネも残ってますがおそらくやらないでしょう。
やるならウォーターメロンにならずジンバーメロンの紹介記事が出るはずですし。

ファイナルステージは評判良いらしいので2月出るDVDは買う予定です。
ライブビューイングすら逃した当時は4か月先は長いと感じていたのがもう来月ですよ。
やはり時間の流れが速く感じる・・・

>最後に今年も各種感想お疲れ様でした。中盤以降は特に鎧武にハマり何度もコメントさせていただきましたが、語り甲斐があるからか毎度長くなってしまい申し訳ありません…。
いえいえ、みなさんのコメントを毎週楽しく拝見しています。
特に鎧武は連続ストーリーと言う事でこちらとしても毎週いっぱい書きたかったので気持ちは分かります。
TOP10の記事も結局は鎧武感想をまた書いているような感じで久し振りに楽しくなりましたよ。
鎧武は放送を見ても記事を書いても面白い良い作品でした。
鎧武の展開は4月のVシネまで決まっていますが好評なら続くと思うのでザックらのエピソードも作って欲しいところです。
そのために玩具共々買い支えて行こうと考えています。
  1. URL |
  2. 2015/01/01(木) 15:58:31 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

あけましておめでとうございます。

2014年も熱かったです。特に今年は鎧武が全てを持って行きましたね。

あまり語ってませんでしたが戦隊の方も書かせていただきます。

キョウリュウジャー
個人的に三条さんの弱点が浮き彫りになった作品です。
飽きさせない展開作りや発想は面白いがキャラを掘り下げが下手、伏線を貼っても話を膨らませられない。
実際イベント回連発もキャラを書けない為の「逃げ」とも捉えていますし。
それでもコンスタントにクライマックスな展開を作るのはすごいと思います。
39話が筆頭に5人結成の4話やウッチーが加入した12話など、前半はかなり楽しめました。
坂本監督のアクションも今回はテンポ悪いなぁと思いましたが、後半はフォーゼの時のように盛り上げてくれました。声優さんの顔だしもあってバラエティに富んでましたね。

トッキュウジャー
確かに薄味に感じますが個人的には小林さんの原点回帰だと思うんです。
元々小林さんはギンガマンのリョウマやタイムレンジャーの竜也、電王の良太郎のような、
どちらかというと「純真」な主人公が多かったです。
ですが新しいヒーロー像を模索しようとしたのかシンケンジャーの殿は今までと違って少しとっつきにくかった印象があったし(話が進むごとに魅力的になってきました。)
オーズの映司はいい人なんだけど何処か歪で陰がある、ゴーバスのヒロムのように過酷な運命を背負わされたヒロイックなタイプは正直失敗だと思いましたし。(ゴーバス自体は好きですが)
そんな中でライト達の5人は久々に小林さんらしいキャラだと思います。
デザインやロボは慣れましたがハイパーだけはゴセイジャーっぽくて未だに慣れませんw


ニンニンジャー
ゴーバス以来の武部P戦隊。デザインは個人的に好きです。忍者好きというのもありますがw
役者に関してはキャスティングに定評のある武部Pですから心配はないです。


鎧武
今年のMVP。
といってもキャラや一部の展開は自分でも思うところがありました。特に序盤の紘汰の1話でインベスゲームを好きになれないと言っておきながら、3話でノリノリにインベスゲームに参加して雄叫びを上げたりバイトをさっさと辞めて賞金もらって喜ぶ姿や、初瀬達を囮にしておきながら14話では「俺達の仲間なんだよ!!!」は「はぁ?」とも思いました。正直「こんな奴どうやって好きになれと?」という感じだったのですが、
飛翔さん同様40話以降の紘汰は好きです。自分の罪を受け入れて、現実を受け入れて戦う決意をしたので。
酷いところも多くてお世辞にも良作は付けられないけど、いいシーンは本当に良かったです。
ベスト10をつけるなら45話>40話>26話>41話>トッキュウコラボ回>17話>43話>27話>5話>14話ですね。

2クール目以降のアクションと新ライダー、新フォームはどれもカッコイイものばかりでしたし。植物侵略は今見たら理由の無い悪意と言うてんではカブトの隕石オマージュとも考えていましたがスケールも大きかったです。


ドライブ
1〜4話までは寒い台詞回しやキャラの方向性が定まってないせいで印象悪かったですが、6話を皮切りに印象が良くなってきています。霧子は最初またアニメっぽいと感じましたが可愛いと思う時も。進ノ介一人だと作品を引っ張って行くのは力不足の印象があるので、
マッハ加入でどうなって行くか見ものです。

平成2期ならオーズ=鎧武>W=ウィザード>>ドライブ(現時点)>>>>フォーゼです。


今年も面白い特撮に巡り会えるよう祈ってます!
今年もよろしくお願いします!
  1. URL |
  2. 2015/01/01(木) 17:31:02 |
  3. タトバ #-
  4. [ 編集]

>去年はそんなアニメが多かったんですか。
大体ヤングジャンプのアニメですね…。 メディアミックスが下手くそなのか円盤どころか単行本売り上げすらほとんど伸びません。
テラフォーマーズ 一番人気の1巻部分をOVAでやり地上波ではいきなり続編から始まり12話で6巻分消化。 アクション主体なのになぜかサスペンス調の作風に。
東京喰種 一番人気の見せ場シーンをやるために12話で7巻分消化。 肝心の見せ場のシーンも尺の都合でほとんどカットされ戦闘途中で2期へ続く。
極黒のブリュンヒルデ 中盤までは丁寧に作っていたのに、終盤になって3話で5巻分消化という暴挙。 見ていない人ですら噂を知っているレベル。
どの作者の方々も今年一番嬉しかったことに「自分の作品がアニメ化したこと」を挙げられているのがこれまた非常に涙を誘います…。
あとは各ラノベもかなり圧縮されていたようですね。 ここまで大胆に食い潰すと出版社・アニメ会社共に損しかないと思うんですが…。

SAOは昔途中まで読みましたが原作も元からあんな感じですね。 地の文で設定がわかる分内容に納得がいくだけであって基本荒いです。
GGO編と同様にジョジョなども「丁寧に余さずやってくれ!」というファンの声の元作ってみると「遅い!」「テンポ悪い!」と言われ売り上げも半減と何とも酷い話に…。
「あのシーンも見たかったなー」と思われる程度にカットしてテンポ良くするのが一番なんだろうなと改めて思いました。
反面先に挙げたピンポンとハイキューは面白い原作をさらに上回っていて、作者は幸せだろうなと思えるほどよくできていました。
この辺りから2014年の作品はかなり極端だったなと感じました。 まあ鎧武みたいに1作品の中で極端な上げ下げのある作品は中々ないですが。

>ツイッターでそんな流れがあるとは知らなかったのですが46話はみんな選びませんよね。
探してみると発起人の方のまとめがあるようなので一応リンクを張っておきます。 http://togetter.com/li/762548
他の方々のつぶやきは少なくなっていますが一応流れは追えるようです。 1位が意外でしたが解説を読んでいるとなるほどと思わず頷きました。
やはり圧倒的な45話率ですが納得です。 今後もTV本編であれを超えるバトルシーンはそうそう出ないでしょうね。
  1. URL |
  2. 2015/01/01(木) 21:49:28 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

>タトバさん
あけましておめでとうございます!
キョウリュウジャーは2013年中の放送がピークで年明けからはイマイチでした。
というか最終回が疑問に思う出来でして。
間違いなく毎週盛り上げてはいたのですがさすがにイベント回多すぎだろうと感じてしまって。
今やってるドライブも特状課がイマイチですしキャラ描写を描くのか遅いのか苦手なのか・・・

>トッキュウジャー
確かに近年の小林作品主人公はとっつきにくい人多かったですね。
良い人そうな映司でさえ裏があって何考えているか分からないところありましたし。
とは言えライトも楽天家というか何考えているか分からないところもありますが・・・
ヒカリと明は好きですがライトは難しいというか未だに分からないところが垣間見える人物です。

>ニンニンジャー
デザインは久しぶりに一目でカッコいい!と思えます。
個人的にはゴーカイジャー以来のストレートなカッコ良さがありますね。
カクレンジャー・ハリケンジャーと忍者系戦隊は好きなのでニンニンジャーにも期待しています。


>鎧武
鎧武は2014年のMVPでした。毎週毎週本当に楽しませてもらいましたよ。
ここまではまったライダーは久しぶりです。
紘汰も14話の初瀬に固執する件は今でも無理あるなーとは思います。
城ノ内が初瀬のために必死になるなら分かりますが紘汰が必死になるのは違うんじゃないかなーと。
最初はイマイチだった紘汰でしたが40話で一気にフラストレーションが消し飛び好きになりましたね。
カチドキ・極回で宣言してもどこかズレた事を言っていた分、40話の覚悟は感動しました。
ヘルヘイム侵略が「理由のなく悪意」っていう設定もツボにはまりました。
15年やってきて悪意のない植物の侵略なんて初めての要素でしたし残る10年というのがリアリティあるというか。

>ドライブ
最新話はともかく映画関連と絡めたストーリーは見応えありましたね。
ダブルでビギンズナイトやAtoZと絡めた時もですが三条氏はテレビシリーズと映画とのリンクが上手です。
ギャグ描写も相まってマッハには不安しかありませんがまだ始まったばかりなので見守ろうかと。
現時点でドライブは

鎧武>ダブル=ウィザード>オーズ=ドライブ>>>>>フォーゼ

でしょうか。
と言う訳で2015年もよろしくお願いしますm(_ _)m
  1. URL |
  2. 2015/01/01(木) 23:08:48 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
>大体ヤングジャンプのアニメですね
ああ、テラーフォーマーズがありましたね。●は笑いましたよ。
原作も途中まで読んでたのですが途中からワンパターンになっちゃって切りました。気が向いた時に読んでるくらいなものですよ。
東京喰種とブリュンヒルデは見てませんでしたが友人からは不評の声があったような。

>どの作者の方々も今年一番嬉しかったことに「自分の作品がアニメ化したこと」を挙げられているのがこれまた非常に涙を誘います…。
自分の子供がテレビデビューするようなものですから嬉しいでしょうね。
自分が原作者なら京アニかUFOかシャフトに頼みたいですがそう希望は通らないでしょうね

>SAOは昔途中まで読みましたが原作も元からあんな感じですね。
原作からしてあんな感じでしたか。原作全部読んでる友人は「さすがにGGOは長すぎる」と言ってました。
一応毎週のBD・DVD売上見てますが見事に半分になりましたね。
1期1話の「あれ、ログアウト出来ないぞ?」がピークだった気もします。
たまに記事で書いてますが1層ずつやれとは言いませんがもう少し階層を飛ばさずに描いて欲しかったです。
1話終っていきなり20層くらい飛ぶものですから呆気にとられましたよ。

>探してみると発起人の方のまとめがあるようなので一応リンクを張っておきます。 http://togetter.com/li/762548
わざわざありがとうございます。ツイッターは登録だけはしてますが未だに使い方が良く分からなくて。
つい最近ハッシュタグを覚えたレベルでイベント行った時に現地状況を実況してるくらいで後は見る専用ですよ。
1位が5話とは意外ですね。ちょっと見返してみようかな。
当時は立ち直る理由が斬月に殺されかけた事に繋がってないと疑問に感じたものです。
読本でも語られていましたがインベスバトルのバリアが数枚構造になっていてそれが壊れるシーンはとても綺麗ですね。
  1. URL |
  2. 2015/01/01(木) 23:18:58 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

去年は、魔法戦争と桜トリック、見たくても見れなかったきんモザ1期、ごちうさそして牙狼魔戒の花でした。実は、シンケン以降戦隊から離れちゃんと見たのはキョウリュウだけでした。トッキュウは見ましたが、退屈で切りました。ゴーバスも1話とギャバン回だけ見ただけなんで。牙狼は闇を照らす者に乗り切れなかった分見ていて楽しかったです。映画と風鈴と漫画と鉄人、食卓、言霊の回は良かったですが、マユリ関連の回はつまらなかった。雨宮監督はヒロイン描くの本当に下手なの分かります。鎧武は、東映が実写でバトル物やるの苦手な事が分かっているのと龍騎でトラウマになっているのでスルー。ただ、バトル物としては、超人機メタルダー、世界忍者戦ジライヤと龍騎と鎧武でちょうど4本目ですな。最後に言えるのは愛される作品で終われて良かったな鎧武と言う言葉だけです。
  1. URL |
  2. 2015/01/02(金) 20:18:29 |
  3. 光になれ #-
  4. [ 編集]

>光になれさん
貴重な視聴作品の中に魔法戦争が入るとは・・・w
六役の東山奈央ちゃんが好きなのでラジオ共々視聴してましたが彼女がいなかったらとっくに切ってましたよ。
きんモザは今でも好きで見ても後悔しない作品かと。5人とも可愛くて好きです。

魔戒ノ花はイマイチ盛り上がりに欠けましたがゴンザメイン回のエピソードなどは面白かったですね。
闇を照らす者は戦闘シーンのCGだけは素晴らしいのでオススメです。
途中で「どうやって勝つんだ?」ってくらい絶望的な展開になりますがそこからの逆転劇も熱いので。

>最後に言えるのは愛される作品で終われて良かったな鎧武と言う言葉だけです。
思いきり好みの別れる作品ではありますが自分は鎧武が好きで良かったと思える2014年でした。
ここまでハマった作品は久しぶりですし映像・玩具共に未だに継続中で嬉しい限りですよ。
  1. URL |
  2. 2015/01/03(土) 23:37:30 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>青森・秋田・栃木・茨木は勘弁して欲しい。何もなさそうだし。
へー、何にもないんですか

特撮関係以外もバカにするっていうのはすごいですね
  1. URL |
  2. 2016/09/10(土) 18:13:46 |
  3. oha #-
  4. [ 編集]

>ohaさん
申し訳ありません
  1. URL |
  2. 2016/09/10(土) 18:15:46 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2859-8d354916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する