特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ウルトラマンギンガS14話&15話

先週東京に行っていて感想書けなかったので一緒に。
エネルギーが強すぎて制御できないと言うのは予想通り。
初登場時はまだ理性というかまともそうなところがあった神山長官もテンプレの如く崩れていく。
確かに力は大事だけど発足したばかりの組織が持つには強すぎる。
かといって隊長の「兵器に希望を託してはダメ」ってのも防衛隊の隊長としては楽観的すぎる。
歴代防衛軍に比べて圧倒的な力(火力)不足なんだから長官程ではないにせよ危機感はあった方が良いと思うし。
それでも戻れないところままで行ってしまったのが長官なんだろうけど。

15話はクウガ47話のように「あれ、1話見逃した?」と一瞬勘違いする。
最初に負けた事実をキャラに言わせてそこから回想のように入るのが面白い。
ようやく正体バレ。隊長は察しているのかと思っていたから拍子抜けした。
マナが地下に行って戻ってくるのが早すぎてギャグの域w
ヒカルとのアイコンタクトで騙した振りをしていたのは気付いたけどすぐにチブル星人にやられてしまうとは。
予告見るにルギエルに吸収されてそうだけど。

戦闘シーンは14話がハイパーゼットンに15話がベリアルと豪華。
サーガで圧倒的強さを誇ったハイパーゼットンは今回も強い。
さすがに映画程力の入ったテレポートではないけれど1対1でギンガストリウムがやられる程の強敵。
ゼットンにはウルトラマンということでスペシウム光線を選択するところがニヤリとさせられる。
超獣に対してのエース召喚だったり絶対に外さないから見ていて安心感が強い。
元を辿ればコンプリートフォームなんだろうけど14相手にアームド響鬼だったのが未だに残念ポイントだからギンガの安定感は嬉しいところ。
決め技はコスモミラクル光線。なにこれ脇やわき腹から出してるの?
前半戦ラストに出しても良かった気がするけどビクトルギエル戦で使われるよりはいいタイミングかな。


15話は回想バトルでビクトルギエル戦。
地上波で見ている人たちはCMで壮大なネタバレを喰らうらしいけどネット配信組はスルーできる。最もネットで既に見てしまったけれどw
クウガでも妄想してた「他のフォームに変わり続ければペガサスの時間制限関係ないじゃん!」をまさかウルトラマンでやってくるとは。
ウルトラマンが2人いるからこそ出来る荒業。時代が時代ならガイア&アグルでもあり得た展開?
ハイパーゼットンをすぐに使う大盤振る舞いぶり。普通の怪獣なら瞬殺出来そうな攻撃もラスボスには通用しない。
ハイパーゼットン自体はカッコよくもて武器がしょぼかったり「シザース!」の語彙が弱そうなのがなんとも。

ギンガストリウムは連続光線、ビクトリーはEXレッドキングにエレキング・キングジョーと惜しみなく使うから最終決戦感が出ている。
CGもどんどん使うし坂本監督力入ってるね。
シェパードンセイバーを使わなかった辺り最終回では使うかも。
逆にギンガスパークランスが通用しなかったのは最終回はこれを使わないということかな。
最終回はウルトラマンギンガの歌を流しながらギンガクロスシュートで倒して欲しいから。

そして3月にやる映画のCMも。ついにネクサスが映画デビュー!
マックスは銀河伝説で端っこにいたことはあったけどポスターに使われてまともな出番ありそうなのはこれが初めてだし。
TV放送がなく冬の時代を支えてきたゼロがついにギンガと共演と思うとしみじみ。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/20(土) 13:11:44|
  2. ウルトラマンギンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<雑記 | ホーム | トッキュウジャー第40話「誰があいつで あいつが誰で」>>

コメント

大変ご無沙汰しております。学園祭の頃から多忙でなかなかコメント出来なかったのですが…
15話はこの構成はクウガか!?と私も驚いたので変な親近感を(笑)ほんとにクウガみたいに戦闘を全く描かないとかだったら更に驚いたんですけどね。むしろそっちの方で他のシーンに時間を割くというのも良かったかもです。
交代制で連続変身という一種の禁じ手?のような戦法で戦い始めたり、そんな予算無いだろうにこんな都市破壊とか逃げ惑う人々の図とかやって…とまた心配になってるんですが、盛り上げてくれますね。
チブル星人の「制御出来ない力を兵器にするとは…」のくだりとか、子供の頃なら朧げだったその台詞の意味が今だとエグいくらい刺さってきますね。それだけに隊長の楽観論は時代に付いてきてないかな、とも感じてしまいます。実際はそんな力に頼らないと今度は経済に問題が波及し…と簡単な希望論で片付く問題でないと気付いてしまった以上、この手の展開には新しい答えがほしい所です。
ちなみに、コスモミラクル光線は脇腹と腕から発射される技のようですね。光線技を矢継ぎ早に撃ったりカメラワークだったり、やはり坂本監督の撮影センスは凄いですね。派手に徹するという点での凄みは他の方よりやはり群を抜いてます。最終回をどう〆てくれるか、期待です。
  1. URL |
  2. 2014/12/20(土) 19:26:58 |
  3. Neg #-
  4. [ 編集]

>Negさん
学園祭良いですね。
自分は高校・大学と9月10月くらいでしたが地方によってはもっと後だったりするんですかね。
今回の冒頭構成はクウガっぽいですよね。
いきなり負けたところから始まったので「え?」と驚きましたよ。

>交代制で連続変身という一種の禁じ手?のような戦法で戦い始めたり、そんな予算無いだろうにこんな都市破壊とか逃げ惑う人々の図とかやって…とまた心配になってるんですが、盛り上げてくれますね。
連続変身&交代は脚本で変わっていたんでしょうけど、反則技に見せたりカッコよく映したりと坂本監督の腕が見えましたね。
ウルトラ兄弟連続召喚にモンスライブなどもテンポよくカッコよかったです。

>チブル星人の「制御出来ない力を兵器にするとは…」のくだりとか、子供の頃なら朧げだったその台詞の意味が今だとエグいくらい刺さってきますね。それだけに隊長の楽観論は時代に付いてきてないかな、とも感じてしまいます。
このあたりは考えせられる件ですね。
歴代防衛軍だと力があり過ぎてオーバーテクノロジーに見えてしまう反面、UPGだと逆に力不足過ぎてもっと危機感持った方がいいと思えてしまうので。
もちろん兵器に希望や未来を託すよりは~~という考えもありますが力不足の防衛隊隊長が言うのもいかがなものかと言うのもありますし。
力のない組織の隊長だからこそ光ものもありますが。

>ちなみに、コスモミラクル光線は脇腹と腕から発射される技のようですね。
やっぱり脇腹から発射してるんですね・・・
威力は申し分ないですが妙にダサくてガッカリです。素直に腕だけの発射でいいのに。
光線だと言えばゾフィーにZ光線なるものがあって驚きましたよ。てっきりM87光線だけかと。
  1. URL |
  2. 2014/12/21(日) 21:53:21 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2849-b5fba063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する