特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

トッキュウジャー第39話「終わりの始まり」

タイトルが「終わりの始まり」で20世紀少年っぽいタイトル。
クリスマスの時期になるとシャドーラインの力が弱まるとか。
普通敵は終盤になるにつれ強くなるものだけど逆というのは珍しい。
光(キラキラ)と闇がテーマにあるからこその展開。

ドリルクライナーを使った方法のメモといい本当に死んでしまうような感じだ。
借りたのは一時的じゃなくてずっと所持していてOKだったのか。
ドリルクライナー貸してあげるシュヴァルツも、その約束を守る明もバカ正直で不器用なところが似ている。

ゼットの中にいたグリッタは羽根が出てくるまでに。
ノア夫人の暗躍や予告映像を見るに次回で復活。随分長い間ゼットの中にいたなとしみじみ。
40話で外に出てくるなら大人の姿になることはない?
敵のボセキシャドーは年末(12月)に相応しく再生怪人を召喚。
ロボ戦を始め走馬灯のように出てくる明との思い出がまた。
モルク侯爵とのコントが面白く、落下の時は一緒に堕ちたりハイパー終電クラッシュでの足掻きあいだったりw



tokkyuu39-1.jpg
ラストは敵として出て来た明の変身。
CGやアングルも相まって綺麗だけど夕日をバックにするのではなく前にして変身。
太陽=キラキラ=トッキュウジャーに立ち向かうような構図。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/08(月) 20:14:42|
  2. トッキュウジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雑記 | ホーム | ドライブ第9話「どうすればクールボディになれるのか」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2842-8d52fc71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する