特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ドライブ第9話「どうすればクールボディになれるのか」 

drive9-1.jpg
来週公開のムービー大戦に合わせてか、2話完結でありながら1話完結とも取れるエピソード。
ウィザードでもボギー(5体分裂)のように1話完結に見せかけた2話完結があったりもしたしこういう変化球は良いね。
りんなの武装に究のどんより情報を合わせたりと特状課みんなが活躍。
未だに本願寺がまともに動いてないけど年明けくらいには動くはず、多分。

事件の鍵や目撃者が子供だったり最後にエンブレム渡したりと普通の刑事/ヒーロー物っぽい。
進ノ介のギア入る速度も速くあれだけの証拠でよく分かったなと。
現場でどんより発生=ロイミュード絡みという前提があるからこその発想かもしれないけど。


drive9-3.jpg
変身は2回だけれど戦闘シーンの時間は長い。
タイプワイルドでの高速連続が斬りとてもカッコいい。
この間にボルトたちが逃げなかったのは工場崩して作業員の人たちを怪我させるため。
じゃないと作業員の人たちを助けるためにマッドとクターの催促できないし。
戦闘以外でもアイテムを見せるのはフォーゼでも見られたけど試作で試したフォーゼとは違い実際の戦闘被害で使っているから違いが出てるね。
個人的には今回のドライブのような使い方の方が好き。しかしあの死ぬほど痛い治療を一般人にやるのか・・・


drive9-4.jpg
2度目の戦闘でタイプテクニックに。
過去にも主役で緑色のライダーはいたけどメタリックグリーンが多かったからこの緑には違和感。
タイプワイルド・テクニック共に精神状態が問われるけど怒りで逆にクールになるという落としどころは上手い。
次週から普通に変身しそうではあるけどw


drive9-2.jpg
同時に2つの事をやれるのでシステム分析と攻撃を同時に。シフトカーも組み合わせれば救出まで。
先にクレーンで補足して攻撃するのがカッコいい。


drive9-5.jpg
ローリンググラビティは文字通り重力攻撃。
使うのに苦労しているのを見るとランドドラゴンのグラビティは楽に使えるなーと魔法の凄さを再認識。
ワイルド・テクニック共にゴツい見た目だけど、戦い方が自分の中のイメージと合わないなと。
ワイルドが肩タックルするのはそれらしいけどハンドル剣で高速回転するよりはグラビティ使った方が様になるし、
テクニックは名前通りハンドル剣と銃で変則的な攻撃するものだと思っていたから。
今週は状況が特殊過ぎてテクニックの活躍の幅が制限されそうな気もする。



drive9-6.jpg
ちなみにこのエンブレム、「プレミアムバンダイ」から発売が決定した模様。
小中大の3サイズだけど大がコラ画像みたいになってるww
1個3千円かと思ったら3個で3千円と安く見えて来た。

いよいよ来週土曜にムービー大戦。
「想像を絶するラスト!」は鎧武編を指すのかムービー大戦全体なのか・・・
公開と一緒に読本も出るしVシネがあるとは言えいよいよ鎧武の終りも見えて来た。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/07(日) 14:37:35|
  2. 仮面ライダードライブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<トッキュウジャー第39話「終わりの始まり」 | ホーム | 雑記>>

コメント

今までも変則的な構成でしたが今週はさらに意外性に富んでいて面白かったですね。
どうやら今回は3話撮りなようなので「今週+2話完結」「2話完結+1話」「変則3話編成」と構成が読めないのも新鮮です。
あとやはりTVの時の金田監督はやはりい仕事をしますね。 近くにある障害物などを利用した荒々しいアクションは迫力があって飽きません。
必殺技使用回数も多いですし技自体もなかなかカッコよかったので満足です。 ゲテモノだと思っていたブレイバーも必殺技・タイヤ共に使い方が上手かったです。
来週はついにハートとプロトドライブが本格的に登場らしいので期待しています。

あと飛翔さんもブレイクガンナー購入されたんですね。 この価格帯でシフトカー供用可能で戦隊かつ変身玩具並みのプレイバリューと満足度は文句なしですね。
開封動画を見ただけではこの生の音のクリアさは実感できませんし、音声のカッコよさも含めかなりの当たり玩具だったように思います。
ただやはりメイン商品が…。 開発インタビューを見ると思っていた以上に玩具は頑張っていることは分かるんですが…。
(ドライバーは壊れやすい発光機構を高耐久で実現し、モーター駆動内臓・赤外線など今までで一番の多機能だとか)
シフトカーはあの中途半端な変形機構のせいで中にバネ以外仕込めないのが本当にもったいないです。 そしてガチャはエンジンを仕込むという謎仕様。
レッシャーと差別化するための措置らしいですが、500~700円なら変形より発光か音声優先してくれた方がいいんですけどね。
今年は普通に投げ売り待ちしても大丈夫な気がしますし様子見ですね。 マッハドライバーは早めに手に入れておきたいですが。

>公開と一緒に読本も出るしVシネがあるとは言えいよいよ鎧武の終りも見えて来た。
ついに来週映画ですね! 例年よりCMもネタバレ少なめなので新鮮な気持ちで見れそうで楽しみです。
ただCMで「最高傑作」と謳っているのがなにか死亡フラグに見えて不安です…。 なぜ毎度ハードルを上げるのか。
鎧武が一番の楽しみなんですが今週の予告を見るに、映画のドライブ変身シーンがどれもカッコよかったのでドライブも非常に楽しみです。
ただ究極フォームが好きなので2年連続でレジェンドへのフォームチェンジなのは残念ですね。 去年とか何のためウィザードアームズになったのか…。

あと読本は楽しみなんですがVシネが出るとなると(超全集も含め)収録漏れがありそうで残念ですね。
そして表紙が鎧武・バロン・龍玄と来てなぜ斬月・真…。 普通にノーマル斬月でよかったのに…。
Wの時はVシネに合わせてまた読本が出たので、今回もさらに1冊分作れるほどの密度あるVシネマだと嬉しいのですが。
ちなみにW読本2は坂本監督によるヒロイン達とのイチャイチャ対談など、すさまじくカオスな本で色んな意味で面白かったです。
鎧武も色々とネタ成分の多い作品なので、そういう方向性で攻めていっても面白いのではないかなと。
  1. URL |
  2. 2014/12/07(日) 22:19:44 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
2話完結と思いきや雑誌バレを見るに3話完結っぽいですね。
倒す怪人はいるけど3話完結というのはアギトを思い出します。1体の怪人に対して長期間粘っていた記憶が。
「どうせ前半は見なくてもいいんでしょ?盛り上がらないんでしょ?」という気持ちも払拭できるので変則構成はどんどん取り入れて欲しいですね。
鎧武は連続ストーリーということでダブル~ウィザードとの差別化を図ってきましたがドライブは変則構成で差別化を図って欲しいところ。
次週と再来週?で対ハート戦らしいのですがウィザードでいうところのフェニックス初戦みたくなりそうです。

>ブレイクガンナー
値段の割に(シフトカーさえ揃えれば)プレイバリューも高く音質もよく良い玩具ですね。
バット・コブラ・スパイダーの3つだけでもそれなりに楽しめるのもポイント高いです。
さらなる拡張の為にシフトカーを、といきたいところですが踏ん切り付かないんですよね。
自分に収集癖あるのは分かっているので一つ買ったら全部買ってしまいそうなのが怖い。
アマゾンだと安くなってきて買いやすくなったかな、と思う反面この時期で半額になるって相当やばいんじゃと危惧しちゃいますね。
順調に在庫を消化しているのか妖怪ウォッチに押されまくっているのか・・・

仰るように価格的に発光か音声仕込んでくれた方が嬉しかったです。
ベルト含めて高機能と分かってはいても面白さに直結している訳でもなさそうですし。
ロックシードの後で700円出してこれと言われても・・・


>鎧武
いよいよ今週に迫ってきましたね。
期待している反面不安要素もありますが夏映画(サッカー)より酷い物はないだろうと開き直って見に行きますw
今年は究極フォームが出ませんね。
自分も最強フォームのさらに上というデジモン(オメガモン)的な要素は好きなので究極フォームは歓迎なのですが、ただ金色になるだけだったあれをまた見せられるよりはマシかもしれません。
バトライドウォーⅢが出たら究極フォーム状態は邪武戦で発揮した神モードでしょうか。
クウガ~キバ(電王除く)のようにオーラだけ纏ったような状態になりそうです。

読本ですがダブルは2冊出ましたが鎧武は厳しそうですね。
後作品に気付かってタイミング逃したオーズ超全集のようになるよりは出せる時に出した方が良い気もします。
鎧武のVシネはバロン・斬月とのことですが1本ずつの独立で計2本なら読本出してくれそうですがセットで1本だと厳しいような気もします。
表紙に極・バロンレモン・黄泉がいるならともかく斬月・真はビックリですよ。
ある意味基本形態といったらそうですが、そこはそうじゃないでしょと。なぜ斬月・真を選んだのか不思議でなりません。
内容についてはインタビューでは戒斗やシドについての掘り下げとCG(予算)面で語って欲しいですね。
2話完結(2話で1体の怪人)制を廃してから初めての読本のはずなので例年とはどのように違ったのかを語ってくれればなーと。
  1. URL |
  2. 2014/12/08(月) 22:28:42 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

どうもです。

今週はタイプテクニック。
今思えばドライブは2話完結方式ですが、ちゃんとタイプスピード、ハンドル剣、タイプワイルド、ドア銃と、エピソード毎に新しい武器やフォーム出して行ってますね。
どうやら鎧武のように序盤は販促に力を入れて年明けからストーリーを本格的にするという方法なのでしょうか。

タイプテクニックは見た時何故かビーファイターのジースタッグを思いしました。
あっちは金属チックですが面影がうっすらとww

恐らく年末最後の回に2号ライダーのマッハが登場するという予定。
2話完結方式でも中弛みしないようと色々工夫はしているように見受けますし、
段々あの台詞回しも目立たなくなって来ているのが個人的に良し。
正直1〜4話までの時は「これ場合によってはフォーゼやディケイドより下いくかも....」と思っていましたが、6話から少し見方が変わって、何とかワースト3には入らない位置にきています。

ただ一つ文句をつけるとしたら、この9話までで、ドライブの「テーマ」が見えて来ない事ですね。どの作品でも序盤からどういうことを作品を通して伝えたいのかというのが明確なんですよ。オーズは「欲望と手をつなごう」フォーゼは「友情・青春」ウィザードも「希望と絶望」、「前に進もう」とある種のテーマが見えています。あの序盤グダグダだった鎧武でさえ、「大人と子供」「変身の定義、危険さ」というのを打ち出してて、なんとなくそれが伝わってきましたし。
そう言った意味では、よく「地味、薄味」と言われるウィザードよりも無味無臭な作品であるなとは感じます。


鎧武
いよいよ今週ですね。
衝撃のラストというのは気になります。鎧武パートは紘汰や生き返った戒斗よりも呉島兄弟に注目しています。貴虎は戦極との因縁を決着させてやりたいし、ミッチに至っては舞さんとの絡みを期待していますね。最終回で紘汰と和解しましたが、舞は出て来なかったので、その後も舞の事は気にかかってると思うので。

vシネは大友向けなのでしょうか?飛翔さんもこの前仰ったように視聴率や売上、映画の収入がかなり高かったWとは違い、子供受けはどちらかといえば悪かったので。大友向けとして作ってくれるならそれはそれで期待してます。カッコイイ斬月を観たいです。(中盤以降は紘汰の前に現れる厄介なライバルという印象がつよかったので。)
  1. URL |
  2. 2014/12/08(月) 23:03:18 |
  3. タトバ #-
  4. [ 編集]

>タトバさん
>今思えばドライブは2話完結方式ですが、ちゃんとタイプスピード、ハンドル剣、タイプワイルド、ドア銃と、エピソード毎に新しい武器やフォーム出して行ってますね。
確かに2話に1度は新武器や新武装を使っていますね。
2話使って新フォームというのはよくある手法ですが武器まで見せる作品は少ないですね。
自分も鎧武のように年内いっぱいは催促に使って年明けからストーリーが加速するものと思っていますが
6話の「市民を守る!」のようにインパクト強い話(台詞)もあるのが嬉しいところです。
序盤の鎧武は後から見ると新発見もありますがリアルタイムで追っていると惹きつけられるようなところが少なかったので・・・

>恐らく年末最後の回に2号ライダーのマッハが登場するという予定。
今週のムービー大戦で顔見世して年末に登場かさらに顔見世でしょうね。
ドライブの面白さは今のところ「普通の平成2期ライダー」って感じです。
ウィザードの後だったら喜んでそうですがあれだけ楽しんだ鎧武の後だとちょっと、といったかんじです。
とは言ってもダブル~ウィザードまでの平成2期ライダーとは差別化を図っているところもあるのでまんま2期ライダーと言う訳でもなくドライブ独自の要素も楽しんでいます。
とりあえずは年明け待ちでしょうか。物足りなさはあっても今は準備期間と割切っています。

>ただ一つ文句をつけるとしたら、この9話までで、ドライブの「テーマ」が見えて来ない事ですね。
市民守る・・・?でしょうか。確かにパッと思いつかないかもしれないです。
仮面ライダーであり警察である苦悩をやると思いきや6話で答えだしましたし。
テーマどうこうというよりは警察として仮面ライダーとして市民を守るって進ノ介の気持ちの方が伝わってきますね。
「この男、刑事で仮面ライダー!」というキャッチコピーがそのまんまテーマというか番組そのものを表している気はします。
仰るように薄味に感じたウィザードですら「希望と絶望」「絶望から救う希望の魔法使い」とテーマはハッキリしてたんですね。


>鎧武
いよいよ今週ですね!
凄く楽しみなのですが、だからこそ予告映像などはあまり見ておらず先入観がない状態で見に行こうと考えています。
ミッチと舞との絡みもですがテレビでは交流が少なく今度Vシネやるらしい戒斗と貴虎の絡みもみたいですね。
鎧武編30分と考えると難しいかもしれないですが。

そのVシネですが大人(マニア/オタク)向けな気がしますね。
ダブルの時も「アクセル」はかろうじて子供向けの体裁がありましたが「エターナル」は仮面ライダー史上最大の問題作と銘打たれていたように子供が見るものではなかったと思うので。
特にエターナルはVシネ単体としても面白く本編の補完ありという名作だったので鎧武も楽しみです。
紘汰・ミッチ関連はまだしも明らかに描写不足だった戒斗や後半出番の無かった貴虎など触れて欲しい要素は多いので。
特に斬月はミッチに使われてから厄介・敵の象徴みたいになってましたからね。
斬月と斬月・真の汚名返上?はムービー大戦、さらなる活躍をVシネに期待しています。
まずはVシネの正式アナウンスがこないといけないんですけど。ダブルVシネのようにムービー大戦のパンフレットできそうな気もします。
  1. URL |
  2. 2014/12/09(火) 22:39:45 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2841-20236851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する