特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

鎧武第43話「バロン 究極の変身!」

gaimu43-1.jpg
先週から続いた極VS黄泉は雑誌で大きく取り扱っていた割にはあっさりした決着。
全開で2回変身音声を鳴らしたのは今後登場しないからなのね。
オーバーロードの武器を使える設定だけどACヨモツヘグリに付属する3種類は未使用。
撮影では全部使ったけど放送版ではカットされたとか?DC版が出るなら全部使ってそう。
児童誌か何かで極が森の中で全ての武器を召喚した上で戦うカットもあったけど気のせいかな。

「これから先どれだけ長く歩くか分かってんのか?それに比べりゃ大したことねえって」
「そんな理由で、僕を許すっていうのか」
「ああ許す。だからお前も・・・許してやれよ。今日までの自分の間違いを」

心に染みるこの言葉。この状況で「人生長いんだ」で説得はもう悟りを開いたレベルの言葉。
最初はポカーンだったけど何度も見ていく内に好きになる名シーン。
視聴者目線だと完全闇落ちレベルのミッチだけど、紘汰目線だとまだそれほどでもないってのもあるだろうし。
たまにいなくなることもあるけど気付いたら斬月・真になっててオーバーロードの口車に乗っていたって認識も強いだろうから。


「せめて舞さんだけはこの手で救う。それができたらこんな僕でもあんたに許されるだけの価値があったんだと思えるよ。紘汰さん



gaimu43-2.jpg
改心への一歩を踏み始めるも変わり果てた舞に絶望。
朝番組だから考慮してるだろうけど何の規制も無かったら舞の胸が真っ赤に染まっていて黄金の果実に肉片がありそうで怖い。
ゲネシスドライバーには爆弾を仕掛けてあり変身不能に。
大爆発で身体を吹っ飛ばすんじゃなくてベルトを使えなくさせる程度で済ませるのに良心を感じるw
シドが裏切ったところで何の問題も無かったのね。
バロンレモン最後の出番が先週の雑魚戦で終るとは。



gaimu43-3.jpg
戦極ドライバーに切り替えた時の

「あっ(察し) ああ・・・」

が本当に同情して哀れんでいるような声でワロタw
戦極ドライバーには何も仕掛けていなかったからこそ紘汰は驚異。
ジンバーレモン取得時に紘汰の元に行ったのはゲネシスコアを使った姿に興味を持ったのと同時に恐れもあったんだろう。
ジンバーレモンならデュークのままで倒せると安心したところでカチドキ・極・オーバーロード化とどんどんパワーアップしてるからかなり焦っているだろうし。
先週の「ゲネシスでも倒せるかどうか」はミッチを煽るだけじゃなくて本心だったのかもしれない。



gaimu43-4.jpg
始まりの女となった舞は過去に飛ぶも黄金の果実を持ってしても上手くはいかない。
ここはご都合主義じゃね?と感じるかもしれないけれどサガラの口から「時間の強制力は絶大だ」と触れられているしSF作品を見れば分かるけどタイムパラドックスは起しちゃいけない。
創作作品に出てくる「万能の力」系は世界や命の創造は自由に出来るけど時間や過去までは変えられないってのは多いから気にはならなかった。
「過去は変えられないけど未来は変えられる」ってお決まり台詞はそういうことだし。
むしろそれを逆手にとってサガラに選定を絞らせるとは思わなかったし。まぁ引っ張った割に思ったほどしょぼかったのは否定しないけどw
「いつもは誰が果実を掴むのか見極めるのは難しい」って相当な数の平行世界が浸食されてたのね。
サガラにとってはこの地球もなんてことはないただの平行世界の一つ。もしかしたら他の世界にも凌馬のようにベルトを開発した人(世界)がいたのかもしれない。

上手いと思ったのが鎧武初変身の時にインベスが裕也だと知らないこと。
当時はオルタ舞が全て事情を知っていてインベスが裕也だからこそ、倒してしまったら後戻りできないと忠告したものとばかり。
実際は未来の舞が変わっただけだし、紘汰から「裕也がインベスになったのは最近」と嘘を付かれていたから知りようがない。



gaimu43-5.jpg
追い詰められた戒斗は実を手に取る。
怪我した腕から実が出てくると予想してたけどそこら辺に生えてたやつ。

「正気か貴様?」
「初瀬と同じくらいにはな」

ここにきて初瀬が出てくるとは。初瀬と同じくらい正気=もう正気じゃないってのは自覚あるらしい。
始めはファンガイアのように見えたデザインも動くとカッコいい。
ベルトの力で浸食を抑え毒に耐えたんだから間接的に凌馬のおかげではある。


gaimu43-6.jpg
デュークを圧倒し壁にめり込んでるw
宙吊りサガラといい羽根ぶとんの紘汰といいマジメにギャグやってるから困るw
漫画だと迫力ある表現も実写ではギャグであった。
森の力も使っているし間違いなく強いけどデュークの必殺技弾くくらいやって欲しかったな。
そのデュークも極やバロンレモンとも戦わずに終わって明確な強さが分かりづらいし。
極に近い強さを持っていたとは思うけど強化デェムシュやレデュエに勝てたかと聞かれる微妙なところ。
ライダーだけで見れば

極=ヨモツヘグリ>デューク>カチドキ=斬月・真=バロンレモン>その他

くらいの強さはありそうだけど。


予告を見るにオーバーロードになったことでインベスも従える。
安全圏と思われたシャルモン&ザックも危うい。
次回タイトルの「二人の目指す未来は」って最終回タイトルに使われてもおかしくない。
46話が本筋最終回と仮定すれば残り後3回。児童誌バレもあるし紘汰VS戒斗は確定。
最後の戦いは是非「乱舞Escalation」を流して欲しい。

「俺たちが 最強の力手に入れたとして その後に この目には どんな世界映るのだろう」

極アームズのテーマなのに戒斗とデュエットなのが疑問だった。
けれどミッチにとっての極が黄泉のようにロードバロンが戒斗にとっての極アームズなわけね。
だから極アームズのテーマで戒斗(小林くん)も一緒に歌っていると。

順調に進んでいる平成ライダーBD-BOX、次はカブトらしい。
カブトはHD製作だからアプコンじゃないし綺麗になりそう。
カブトは好きだけど後半はアレだから買うとしても1・2巻だけかな。
その前に来月はティガBD-BOX。ボーナスあるから大丈夫、と余裕ぶってたら今月のクレジットの請求が8万でワロタwwワロタ・・・
スポンサーサイト
  1. 2014/08/31(日) 17:39:57|
  2. 仮面ライダー鎧武
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<トッキュウジャー第26話「銭湯で戦闘開始」 | ホーム | 雑記>>

コメント

ミッチは改心するにしてもしないにしても「生命力を吸われる」って言われてたぐらいだし退場するものかと思ってました
紘太の「これから先どれだけ長く歩くと思ってんだ」は良い台詞でしたね
しかしミッチ自身は生命力を吸われてるからもうそんなに長く歩けないようなきもします・・・
ロード・バロンはかっこよかったんですがデュークの分身、光学迷彩を破るくらいやっても良かったかな
最後はてっきり(首の骨が折れる音)になるものとばかりww
黄金の果実で時間は超えられても過去に直接干渉出来る訳じゃないんですね
だから「運命を選ぼうとしている」といって紘太たちに選択肢を与えたんですね
3人の前にしか現れなかったことや裕也のことも知らなかったのは「先に結末を決めて逆算して書いてる」からこそ出来ることだと関心しました
しかしそれならオルタナティブ舞の出番がもう少しほしかったです
23話以降出てなかったから「その程度であきらめた」みたいになっちゃいますし
  1. URL |
  2. 2014/08/31(日) 18:13:10 |
  3. キングフォームRSF #-
  4. [ 編集]

「長い人生から見たら」っていうのは確かなことだし、一度の失敗でクヨクヨするよりはより良い未来を目指して進む方が断然いい。
……のですが、最初に聞いた時は、「自分の悩みなんてこの宇宙に比べたらちっぽけな物」みたいに膨大なものと比較して問題を無視するような感じがしてなんかソワソワした。
多分、ミッチを「仲間」としてみてる紘汰と「道化」としてみてる視聴者である自分の違い、以前の紘汰が具体案も出さずにグダグダ言うしかない奴だったから、こんな感想が出ちゃうんだろうなぁ……


オーバーロードバロンはカッコいいんですが、おっしゃる様に強さが分かりづらい。
デュークもレデュエのように特殊能力は多いけど、パワーはカチドキに劣るような感じ(実際にはゲネシス連中の中では最大だけど)しかしないし、蔦でベルトを取るんじゃなくて必殺技でぶっとばしてほしかった。

そして生身であんな状態になってもなんだかんだで生きてる戦極丈夫すぎワロタw

マリカはデュークのベルトを使うからパワーアップするはずだけど、残りの相手的に絶対に生かされないんだろうなぁ。
多分、ミッチのベルトも壊されてるだろうし。あ、ニーサンの出番完全になくなったわ。
  1. URL |
  2. 2014/08/31(日) 18:41:32 |
  3. おりん #-
  4. [ 編集]

>キングフォームRSFさん
ミッチは生きのこりましたね。
廃工場から病院まで歩けたのは舞を助けたい一心でしょうか。
最後の気力を振り絞って歩くも変わり果てた舞の姿を見て力尽き脱力したのかと。

>ロード・バロンはかっこよかったんですがデュークの分身、光学迷彩を破るくらいやっても良かったかな
それくらいやっても良かったですね。
以前亀のオーバーロードを相手にした時も甲羅毎貫通して欲しいと思いましたし今一つ足りないものがあります。
せめて必殺技の一つは弾いて欲しかったです。

>黄金の果実で時間は超えられても過去に直接干渉出来る訳じゃないんですね
>3人の前にしか現れなかったことや裕也のことも知らなかったのは「先に結末を決めて逆算して書いてる」からこそ出来ることだと関心しました
逆算しているからこそのあの意味深台詞でした。裕也インベスの事言わないのも説明付きますし。
とは言え結構引っ張った割にはそれほど特別な力もなく拍子抜けした感もあります。
黄金の果実を持ってしてもサガラに選定メンバーを絞らせたりと全て手の内で踊らされちゃうんですね。
3回しか試してないのは黄金の果実でも時間を遡る限界がきたのかもしれませんね。これに関しては次回待ちかと。
  1. URL |
  2. 2014/08/31(日) 20:07:34 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

先週は最終章の下準備も兼ねていたからか今までほど面白くはありませんでしたが今週は1話分の密度が濃厚で面白かったです。
危惧してたオーバーロード化の流れも良かったですし、デザインも動くとさらにカッコよかったのでフィギュアーツが出てほしいなと。
あと小物感の強かった戦極もミッチに対するセリフや技術屋としての矜持など最後の最後でキャラらしいことをやってくれたので満足です。
戒斗は中盤以降魅力的にはなりましたが撃破数は本当に寂しいものだったのでここで大金星を揚げれたのもよかったと思います。
ただ残念なのはここで戦極死亡なので貴虎復活の芽もほぼなくなるということで複雑ではありますが。 …これはもう本当に貴虎ダメかも…。
あとミッチも黄泉含めてどうも扱いが微妙でできれば今後もう彼に尺を割いてほしくないなと。 死ぬの前提で今までの凶行を見てただけにモヤモヤします。

>ゲネシスドライバーには爆弾を仕掛けてあり変身不能に。
予想通りではありましたがまさかミッチや湊のモノまで破壊するとは思いませんでした。 しかし消化不良なレモンバロン退場ですね…。
しかしここで上手いと思ったのが戦極撃破後のゲネドラとレモン回収ですね。 これで予告の通りマリカとしても戦える上にまだレモンバロンを使う可能性も残るという。
この強化ゲネドラもかなり重要な要素を占めるのではないかなと結構期待しています。 まあそんなことに触れてる余裕自体ないかもしれませんが。

>SF作品を見れば分かるけどタイムパラドックスは起しちゃいけない。
この辺は「時間改竄」がその作品にとってどういう要素であるかが大きいですよね。 この作品ではさほどそこは重要ではありませんし。
BTTFの用に時間を変えることで結果を変えるのが主題の作品ではないですし、私も今回のは特に変には思いませんでしたね。
ただ時間を辿る2人の会話がほむらとキュウべぇ臭くてサガラ周りの話はやはりどこか既視感を覚えます。
こういう変えることができない過去をもう一度なぞる見せ方ではやはり総集編を逆手に取った龍騎が未だに色褪せず面白いかなと。

>順調に進んでいる平成ライダーBD-BOX、次はカブトらしい。
555以降は順当に10周年に合わせて剣以降をリリースしていくのかと思ってましたがカブトとは全く思いませんでした。
待っていれば後2年で10周年だったのにこのタイミング出すのはよくわかりませんね。 特に座談会が付きそうにも思えませんし。
まだまだ5年くらいは先の話でしょうが鎧武がBOXで出るなら是非買いたいところです。 よっぽど最後の最後でやらかさない限り。
最終話が番外編なら残り3話ですがVS戒斗に予想以上に尺を使ってくれるようですので9月放送分が本当に楽しみです。
ラスト2本は金田監督&巨匠のようですが途中から完全にもはや完全にこの二人がメイン監督になってますね。 大戦では田崎監督が撮ってくれるのでしょうか。
  1. URL |
  2. 2014/08/31(日) 20:11:21 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

>おりんさん
>多分、ミッチを「仲間」としてみてる紘汰と「道化」としてみてる視聴者である自分の違い
視聴者と紘汰とで認識や印象の違いは随分あるでしょうね。
視聴者目線では綺麗なミッチが段々悪堕ちする様子を1年もかけて見ていますが、紘汰からすればまだ引き返せると思っているでしょうし。

>オーバーロードバロンはカッコいいんですが、おっしゃる様に強さが分かりづらい。
先週からの予告やネタバレで期待していた分カッコ良さは伝わってきましたが強さに関しては今一つでした。
おそらく極との対決では互角以上の強さを発揮しそうですが少なくとも初登場時に見せるインパクトは今一つだったかと。
生身の凌馬をぶん殴るなど別の意味でインパクトはありましたがw
あれで生きてるって相当凄いですよねw

>多分、ミッチのベルトも壊されてるだろうし。あ、ニーサンの出番完全になくなったわ。
耀子が回収した凌馬のゲネシスドライバー以外全滅なので貴虎が変身する機会はもう無さそうです。
心配していた貴虎が本当に死んでそうで怖い。
残っているのは戦極ドライバーのみでミッチのは工場出てくる時に無事だったのでまだ使えるんでしょうけど、貴虎のは戦国・ゲネシス共に壊されましたし・・・
  1. URL |
  2. 2014/08/31(日) 20:12:12 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
>先週は最終章の下準備も兼ねていたからか今までほど面白くはありませんでしたが今週は1話分の密度が濃厚で面白かったです。
>危惧してたオーバーロード化の流れも良かったですし、デザインも動くとさらにカッコよかったのでフィギュアーツが出てほしいなと。
ヨモツヘグリ関連は思った程盛り上がらなかったのですが後半からは面白かったですね。
ネタバレでオーバーロード化を知っていたとはいえ実際果実を手に取ってからの流れは良かったです。
変人ぶりが目立った凌馬でしたが最後にようやくプライドが見えたというか。
「私の作ったもの以外で人間を超えるなど!」は技術屋だなーと。
もう少し早くやっていればさらに深みが増したかもしれませんが退場時に言ったからこその重みもあり難しいところ。

貴虎生存はいよいよ危うくなってきましたね。
「水オチしたのに死んで斬新!」とかそういう外し方はやめて欲しいのですが、実は生きていたを2回やるのもおかしいですし・・・


>予想通りではありましたがまさかミッチや湊のモノまで破壊するとは思いませんでした。
鯖缶さんの予想通りでしたね。戦極ドライバーにまで仕込まれていたら完全に積みでした。
ゲネシスドライバーのインストールされているアンダースーツの違いなど気になるところはありますがマリカに変身したということは何かしら変える方法があったのでしょうか。
以前鯖缶さんが仰っていたようなライダーの姿で戦いながら怪人の姿に変わる戦いもありそうで期待できます。

>こういう変えることができない過去をもう一度なぞる見せ方ではやはり総集編を逆手に取った龍騎が未だに色褪せず面白いかなと。
確かに龍騎のやり方は上手でしたね。真司の決意にも繋がりましたし。
鋭い人はこのの時点で「実はやり直してる?」と気づいたらしいですが当時小学校6年の自分にはサッパリでした。
舞が上手く言葉に出来ないってのは人によって結構感じ方違ってきそうです。

>555以降は順当に10周年に合わせて剣以降をリリースしていくのかと思ってましたがカブトとは全く思いませんでした。
自分も予想外で驚きましたよ。てっきりブレイドがくるものかと。
今のうちに水嶋ヒロ読んでインタビューなり座談会やった方が良い気もします。
鎧武はHD放送で録画してディスクに残し満足しちゃっているので5年後に出て買うかはその時次第になりそうです。
クウガ・ブレイドはHDで出てないので発売されたら迷わず買います。

ラスト3話はVS戒斗に使ってくれそうでとにかく楽しみです。
この2人の戦いをラストバトルにして欲しいと思っていて、それが本当に実現して残りの話数全部使ってくれるんですから。
気付けば金田監督・巨匠がメイン監督になってましたね。何時の間にやら田崎監督も消えてましたし。
今年のライダー大戦は柴崎監督メインで面白かったのでそろそろ田崎監督のも見てみたいです。
あの汚れ役ポジションを引き受けてくれるかは疑問ですがw
  1. URL |
  2. 2014/08/31(日) 21:19:45 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

どうもです。

今回は戦極退場、戒斗オーバーロード化、オルタナティブ舞の秘密など見所満載です。
ですが個人的に一番なのはミッチ関連ですね。
鉱汰の言葉は正直「うーん...」ですね。
こういう悪に染まった元仲間を許す展開は嫌いじゃないです。
ですが今までのやったことを「許せ」というのは...

ミッチ自体は龍騎の浅倉や東條、ファイズの草加のように死んだり、剣の睦月のように改心して仲間になって戦うとかでもなく、「生きて罪を償う」という方向に持っていこうとしてるのかな?と思ったらそうとも言えない。
もしかしたら、鉱汰を殺してしまい、唯一救おうとした舞まで死んでしまい、
全てを失ってあそこで退場?というendならそれはそれで良いんですが...

戒斗オーバーロード、オーバー・バロンはファンガイアっぽいという意見が多かったですが、自分は「バロンをsicにしたようなデザイン」というのが第一印象ですね。
仰る通り強さがイマイチ伝わり辛いですね。
戦極のデュークも、龍玄・黄泉もですが、鎧武は後半に登場するライダーの強さが未知数過ぎます。

ここから3話かけて(?)の鉱汰vs戒斗かと思われる最終決戦ですが、ラストはどうなるか予想はつかないですね。ただこれ余程のことをやらかさない限り鎧武は平成ライダーの中でもかなり纏まった作品になると思います。

悪い点や粗も目立つし、「えー...」なんて思うところもありましたが、
久々にワクワクするライダーだったので少し寂しいです。


  1. URL |
  2. 2014/08/31(日) 21:51:29 |
  3. タトバ #-
  4. [ 編集]

久しぶりに書きます!!
今回は伏線回収や、戒斗のインベス化など見ごたえがありましたね。
舞があの3人だけに現れて貴虎凰蓮城之内ザックの前に現れなかった理由がやっと分かりました。初めて紘太の前に現れてロックシードを外した時は無双セイバ―の使い方の説明でなく、戦いをやめろという事だったんでしょうかね?もしそうだとしたら、そのあと爽快に裕也を倒してる紘太がまた何とも言えないですね…
今回ちょっと気になったシーンがプロフェッサーの壁めり込みですかね。あの状況であの描写は無いわーって思ってしまいました。サガラの空中浮遊などは幻想的な雰囲気を出せてて良かったんですが。
ミッチは廃人になってしまいましたが、東映の公式でミッチの中の人がレコーディングしてるとのことなのでまだ何かしら見せ場はありそうですね。
ラスボス戒斗は決定っぽいですけど最終戦はちゃんと自我を保ったまま戦ってほしいです。ヘルヘイムに支配され暴走状態の戒斗とかではなんか違いますし…あくまでも戒斗と紘太の対決が見たいですね
残り話数少ないですけどこのままだと名作になる可能性があるので頑張って欲しいです
  1. URL |
  2. 2014/08/31(日) 23:03:21 |
  3. アンコ #-
  4. [ 編集]

>タトバさん
紘汰の言葉には結構賛否というか意見が分かれるところでしょうね。
あれほどやってきたのに許せというのは無茶な話ではありますが、紘汰視点から考えればそういう言葉が出るだろうなあと思いましたし。
ミッチを許したい紘汰としては「せめて自分だけでも自分自身を許してやれよ」という意図もあったのかもしれません。

>「生きて罪を償う」という方向に持っていこうとしてるのかな?と思ったらそうとも言えない。
脚本的には生きて罪を償うというよりは、生きていることが罪であり償わせる気はないのかもしれません。
ボロボロになって帰ってきたら舞は変わり果てた姿になり黄金の果実は奪われ凌馬に蹴られと惨めったらしい姿を晒したので。
心身ともにどうしようもなく崩れ落ちるのは以前のミッチからすると醜態もいいところですし。


>戒斗オーバーロード、オーバー・バロンはファンガイアっぽいという意見が多かったですが、自分は「バロンをsicにしたようなデザイン」というのが第一印象ですね。
言われてみるとS.I.C.のような一面もありますね。
ステンドガラス風なのでファンガイアのように見えてしまいますが、バロンマークやマントなどバロンの意匠は残っているのでS.I.C.と言えなくもないかも。
クウガが劇中ではヒーローの見た目だけど実際は怪人と変わらない姿とありますがバロンもそれ風にした感じがします。


>ここから3話かけて(?)の鉱汰vs戒斗かと思われる最終決戦ですが、ラストはどうなるか予想はつかないですね。ただこれ余程のことをやらかさない限り鎧武は平成ライダーの中でもかなり纏まった作品になると思います。
仰るように悪いところも目立ちますがそれ以上に好きなシーンや勢いがあり近年では一番好きな作品です。
まさかこの時代にここまで尖がった作品を送り出してくれるとは。
ラストバトルになるであろう紘汰VS戒斗にはとにかく期待しています。最高のバトルにして欲しいですね。
  1. URL |
  2. 2014/09/01(月) 21:54:47 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>アンコさん
お久しぶりです。
舞が1話鎧武の前に現れたのは戦いを止めて欲しかったのでしょう。
てっきり「裕也がインベス化しているから倒したら後戻りできない」という意図があると思ったので意外でした。
以前紘汰が裕也を倒した時期を正直に言わなかったのがこういうところで拾ってきましたね。

>今回ちょっと気になったシーンがプロフェッサーの壁めり込みですかね。あの状況であの描写は無いわーって思ってしまいました。サガラの空中浮遊などは幻想的な雰囲気を出せてて良かったんですが。
あそこらへんは1週回ってギャグでしたねw
ミッチはネタバレ見ちゃいましたがまぁ出番はありそうです。

>ラスボス戒斗は決定っぽいですけど最終戦はちゃんと自我を保ったまま戦ってほしいです。ヘルヘイムに支配され暴走状態の戒斗とかではなんか違いますし…あくまでも戒斗と紘太の対決が見たいですね
ラスボスは戒斗でしょうけど是非自我は保っていて欲しいですね。
心まで怪人になってやむなく戦うのとお互い自我を保ち信念を持って戦うのは別物ですから。2人の戦いは後者を期待しています。
ラスト3話しかありませんが最後まで楽しみで仕方ないです。近年の作品で一番面白くて好きなだけに。
  1. URL |
  2. 2014/09/01(月) 21:55:51 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

否定的な意見になりますが一応。
やはり前回と今回の脚本は本当に酷かっす。
やはりミッチという武部と虚淵が作り上げてきたキャラクターをこうも簡単に自分自身の手でぶち壊すなんて…。
ミッチは恐らく虚淵がお気に入りのキャラで、貴虎という存在があることで「兄への反抗と自立過程」を体現したかったのだと思います。鉱汰を殺めてしまった上に舞を守れなかったということで精神崩壊を起こす、という落とし込み自体は良いものの、何故あの状況で戦極を信用するのか…。今までのミッチじゃ本当に考えられない。いくら鉱汰が憎いからといってあの状況ぐらい読めないミッチではないはず。
それで鉱汰の謎ポエムで悟り開いて、騙されたと知り絶望する。
落とし込み方は良くてもこれでは「お前が悪いよざっまぁぁ」という突っ込みしか出来なかったです。そもそも兄弟対決をピークに「呉島光実」というキャラクターも舞に執着する理由も意味不明でただ頭のおかしいキャラクターになっていきましたし、脚本家は本当にキャラを描く気があるのか?と思えてきます。これが真に描きたいキャラクターの形だとしたら虚淵も所詮その程度だったと…。呉島兄弟の確執が鎧武のドラマ要素の中では見応えがある方だなと思っていただけに最後の最後で本当に残念。

戒斗も戒斗でラスボス化するんですよね・・・何故wwwwそもそも何でコイツが敵になるんだwwww
世界を俺色に~~とかでしょうけど、中盤以降協力して内心でも認めあってた奴が急に力を手にしただけで序盤の厨二な性格に戻った上に世界を破壊しだしてソイツがラスボスとかギャグかよ…。しかも暴走とかじゃなくて自我をしっかり保ってるって擁護不能過ぎるwwww本当に「ライバル」ではなくただのどうしようもない悪役なんですよね…。

逆に戦極は最後まで安定した壊れっぷりで良かったと思います。最後で持論も言えましたし、鎧武の一番の良キャラは戦極かもしれない…。

最終局面まであと僅かですが、ミッチを魅力的に描くことを放棄した件と、戒斗がまた頭おかしくなってこのままラスボスになってしまうのが本当に残念でなりません。もう少し虚淵先生は「しっかりキャラクターを描く」ということを意識した方が良いかと思います…。

何だか否定的な意見ばかりすみません。
  1. URL |
  2. 2014/09/02(火) 23:41:49 |
  3. サイクロン #51pO7RlA
  4. [ 編集]

>サイクロンさん
>やはりミッチという武部と虚淵が作り上げてきたキャラクターをこうも簡単に自分自身の手でぶち壊すなんて…。
果たしてあの2人はミッチ好きだったんでしょうか・・・?
虚淵に関してはともかく、もし武部Pがミッチ好きなら逆に見直しました。
キバの終盤で「ハッピーエンドにしてメール連発」などは有名なエピソードで私情が入っているように感じられたので今回のミッチを描いたのは感心です。
最も死んではいないし結末決めた上で書いてるのであまり口出しできないといったところはあったのかもしれませんが、

仰るようにミッチを描く上ではVS貴虎がピークだった気もします。
ミッチ闇落ちを楽しんでいた自分でもそのあたりから「さすがに引っ張り過ぎじゃね?」と疑問を感じ極&バロンレモンを退けたのはさすがにやりすぎだと思ったので。

>落とし込み方は良くてもこれでは「お前が悪いよざっまぁぁ」という突っ込みしか出来なかったです。
自業自得で舞を犠牲にしてしまったので虚淵的にその反応は狙った通りなのかもしれませんw
あの惨めったらしく脱力するのはまさにざまあwと思わせるためというか。


>何だか否定的な意見ばかりすみません。
>戒斗ラスボス
いえいえ、色んな意見を見れて楽しいですよ。この尖った作風では感想別れるのは当然ですし。
戒斗ラスボスに関してはヘルヘイム浸食後は印象薄くなりましたが一貫して「力を求める」ことにブレてはいませんからね。
力を求め続ける先にあるのが舞であり紘汰と激突してしまう(予定)。
バロンレモン取得後の戒斗が好きなので黄金の果実にあてられてしまったように見える今の戒斗は残念ではあります。
「この男(紘汰)は邪魔者であっても敵ではない!」という台詞もありますが、邪魔者だから戦わないって事ではないんですよね。
個人的には自我を保ってくれたのは嬉しかったです。自我を失った相手がボスというのはどうも燃えなくて。
キバの現代によみがえったバットファンガイアがその例で。
  1. URL |
  2. 2014/09/03(水) 22:50:59 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

この回がきっかけで諸田さんの演出する回をもっと観たいと思うようになりました。

紘汰と光実の戦いは一番切ないバトルシーンになりました。

かつて沢芽市で起きた悲劇をなかったことにしない戒斗に憧れていたからこそ、彼が本当の意味で他人の命を奪う側になったのは観てて辛かったです。

舞ちゃんは始まりの女になったことで裕也がインベスになった正確な時期を知ったと思っていたのですが、どう思いますか?
  1. URL |
  2. 2016/04/01(金) 00:16:35 |
  3. FOREVER HEROS #-
  4. [ 編集]

>FOREVER HEROS さん
>舞ちゃんは始まりの女になったことで裕也がインベスになった正確な時期を知ったと思っていたのですが、どう思いますか?
時間を逆行していたのでこの時に知ったと思います。
紘汰が優しい嘘をついたことにも気付いたはずですがそこに触れている余裕は無かったようですね。
  1. URL |
  2. 2016/04/01(金) 00:47:56 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2766-cad6449c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する