特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

トッキュウジャー第23話「手と手をつないで」

140811-11.jpg
100万ヒットありがとう!!!

ブログ開設8年半。1000、1万、10万とアクセス数を重ねてきたけどついに100万とは。
ブログ始まった時はカブトのレビューから初め10周年のディケイド、新たなスタートのダブル、そして現行の鎧武へ。
ウルトラマンもマックス・メビウスで終って軽い冬の時代を過ごしつつギンガ復活へ。
戦隊はボウケン最終回辺りからで35周年のゴーカイジャーを経てトッキュウジャーに。気付けば40周年もすぐそこだ。
カウンターは二重アクセス防止とかにしているからページビュー自体はとっくに100万超えて今140万くらいだけど。
しょぼい解析だからズレてるかもしれないけど、100万ちょうどに来てくれた人は800回くらい来てくれてる常連さんのようだ。ありがとうございます。


こちらも鎧武に続き2週ぶりの放送。
何気に休止回数はこの時点での鎧武と同じくらいだけど鎧武ほど本編邪魔された感じがないのは1話完結だからだろうか。

トッキュウオーが取られたので奪還作戦から。
久々に意味のある乗り換えを見た気がする。
直前まで足元とはいえ5人が変身して走っている姿があったから騙しやすいし。
シュヴァルツは時間稼ぎかと甘く見ていたけど外にさせ出てこなければ・・・

車内に入ると既に制圧済みw
クローズがいるのに縄千切ろうしたあそこから逆転したのかw
結果として成功したものの、列車を全てライトに渡さず1つくらいはヒカルたちが持っていた方が良かった気がする。
たまたまクローズたちだけしかいなかったから良かったものの、もし怪人いたら詰んでたし。

ロボ戦は復活した全レッシャー総動員。
ゲンタ・マサトといい小林戦隊の6人目はメカニックが揃っている。
6人が手を繋ぐシーンは明の場違い感が否めない。
手を繋いで全合体と良いシーンではあるんだけど、ここにきて幼馴染じゃないってのが響いてる。
直前に子供時代のライトたちが出て来ているだけに。
超超トッキュウダイオーもグレードゴーバスターっぽくて好きだけどグリッタ譲の最後を見るにどうも燃えきれないと言うかモヤモヤが残っちゃう。

最後の最後にゼット復活。もう少し後に復活だと思っていたからあまりの速さにビビる。
これでグリッタ譲は退場?シュヴァルツは水ポチャだから生きてるだろうけど。
ゼット怪人体の強さが半端なく5人がかりでも苦戦するシュヴァルツをあっさり退けてる。あの斬撃エフェクトがカッコいいね。
これまでのゼットを見るに敵のボスではあるけどそこまで悪くない奴、って印象があったけど今週を機に外道一直線な気がするw
今回は「虹=7色」も相まってか例年以上に7人目を望む声も見るけど少なくともゼットは無さそう。
そもそも虹に入ってないピンクがいる時点で7人目はいませんよ、ってメッセージみたいなものかな。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/11(月) 15:57:55|
  2. トッキュウジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<今日のお買物 | ホーム | 鎧武第40話「オーバーロードへの目覚め」>>

コメント

1000000HITおめでとうございます!!となると中3からやってらっしゃるのですね、私も中3からですがやはり中々1000000というのは難しいですよ、しかも二重計算無しで…。

ゼット、確かにシャドーラインのトップにありながらどちらにもあまり干渉しない立ち位置かなと思ってましたが、今回で悪役株を上げましたね、トッキュウジャー達にはどう写るのだろうか。

ってかノア夫人天下&ゼット復活早すぎワロタwwww
私が見てきた戦隊の中で(ダイナマン以降)、下剋上や内乱、内揉め的なのが無かった戦隊はジュウレンジャーくらいなもんですが、ここまで短い天下などあったろうか…。次週ノア夫人がどんな目に合うのか今から楽しみです~。そしてグリッタ嬢合掌…ゼットはグリッタ嬢の事嫌いなわけじゃ無かったと思うし許してあげてね…。
とりあえずゼットの怪人体カッコいい。

小林戦隊のラスボスはゼイハブ、ドウコク、エンターと、第1話からいる敵ばかりなので(ゼイハブって1話からいたっけ…)、トッキュウジャーはネロかシュバルツなのではないかと予想。ネロはゴーバスのエンターに近いものを感じるし。

超超トッキュウダイオー、ミニプラで先に再現していたので活躍がただただ楽しみでした。合体シークエンスとアクションも満足。ただG12やサムライハオーのような下駄足で走行するロボットは好きじゃないのでそこだけ残念です。
ミニプラでもまだまだジョイントが余ってたので、全体合体来るか!?とワクワクしております。

  1. URL |
  2. 2014/08/12(火) 00:59:49 |
  3. サイクロン #51pO7RlA
  4. [ 編集]

>サイクロンさん
>1000000HITおめでとうございます!!となると中3からやってらっしゃるのですね、私も中3からですがやはり中々1000000というのは難しいですよ、しかも二重計算無しで…。
ありがとうございます!
中学生の頃からやっていると考えるとなかなか感慨深いです。

>ゼット、確かにシャドーラインのトップにありながらどちらにもあまり干渉しない立ち位置かなと思ってましたが、今回で悪役株を上げましたね、トッキュウジャー達にはどう写るのだろうか。
ゼットは一気に悪役になりましたね。
シャドー側とは殆ど交流はありませんがミオとカグラがグリッタと交流があっただけにどう感じたのか気になるところです。
ゼットの復活が早すぎてノア夫人の立場が危ういですねw3日天下みたいなものでした。

>小林戦隊のラスボスはゼイハブ、ドウコク、エンターと、第1話からいる敵ばかりなので(ゼイハブって1話からいたっけ…)、トッキュウジャーはネロかシュバルツなのではないかと予想。ネロはゴーバスのエンターに近いものを感じるし。
確かゼイハブは1話からいたかと。
それを考慮するとネロかシュヴァルツなんでしょうけど個人的にはゼットがいいなと。
ロボ戦後とはいえシュヴァルツを寄せ付けない圧倒的な強さはまさにラスボスといった感じですし。
  1. URL |
  2. 2014/08/12(火) 09:39:56 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

最初無意味と思わせてその実後から意味のある有効活用、と本編での乗り換えの使い方は流石だなあ。昔から戦隊やライダー見続けていまだに新しい発見や感動を覚える毎週です。

ゼットに怪人態が欲しいなと初出時に思ってましたがここでようやく、出現シーンは仰け反る程ビックリしましたが。
  1. URL |
  2. 2014/08/13(水) 10:30:57 |
  3. ロック #-
  4. [ 編集]

>ロックさん
今週程乗り換えを上手く使った方法もありませんね。
それも戦闘ではなくドラマの方に組み込んできたので驚きです。ああいう使い方があったとは。
自分も昔から見続けていますがこれほどシリーズが続いても「乗り換え」という新要素があったり凄いですよね。よく思いつきますよ。

>ゼットに怪人態が欲しいなと初出時に思ってましたがここでようやく、出現シーンは仰け反る程ビックリしましたが。
小林戦隊でも十臓・エンターという過去例があっただけに必ずゼット怪人体があると思っていましたが、こうも速く登場するとは思いませんでした。
まさか取り込まれた次の週で登場とは・・・
  1. URL |
  2. 2014/08/13(水) 20:30:47 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2746-cf40920f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する