特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ギンガS第2話「ギンガ対ビクトリー」

ヒカルがUPGに捕まるシーンでは正体バレたのかと思ったけど勧誘されただけ。
発足したばかりのチームとはいえちょっと勇気見せただけの一般人(という認識の人)を勧誘するほど人員確保がやばいのか・・・
入る決め手になったのは友也かな。抱擁シーンは微笑ましくて和む。
友也は黙っているだろうしUPGの科学者であると同時にヒカルのサポートもしてくれそう。
正体については秘密にしてくれるだろうし。

ヒカルもショウもお互いを助けたけど、理屈がどうこうじゃなくて正義感から身体が勝手に動いた感じ。
地球人が地底人のエネルギー奪ってる~ってやってるけどこの問題を解決しないと真の共闘は無いかも。
その割に地底にいるキサラ女王は地上の人間を傷つけてはいけないと悟りの境地を開いている。
UGPのメンバーはヒカル・友也除いて3人。
ぶっちゃけ予算(人件費)の関係はありそうだけどそこは「発足したばかり」でカバー。本当に抜け穴設定だわw

戦闘シーンはいきなり凄い。
坂本監督の画面ブレは好きになれないけどEXレッドキングの腕で攻撃した時は地面が揺れる攻撃だから相性良い。
後ろ回し蹴りの攻撃を炎のCGを突っ切ってくる時のクリスタル発光がカッコよすぎる!
OP開けのギンガセイバーで攻撃斬るのもめちゃくちゃカッコいいし1期とは別次元のカッコよさだ。CGの使い方が本当に上手い。
戦闘シーンに関しては凄いと思った先週よりさらに面白かった。
そして待ちに待った市街地戦!
ギンガ自体の市街地戦は少な目だけどギンガが裏山だけでなく街に降り立っただけで嬉しい。
映画1でも砂漠や火山帯で市街地は無かったから。

1期最終回の武器であるギンガスパークランスがデフォ装備になっている
装備引き継いでやるRPGの続編のようで特撮では不思議な感覚。
ヴィクトリーが怪獣の力を使いまくる反面、ギンガは怪獣へのウルトライブはなく。
怪獣へのウルトライブはギンガ変身までの前座みたいなものとはいえ全く無いなら無いで寂しい。怪獣同士の力を使うシーンも見てみたいし。

ビクトリーはEXレッドキングの腕だけで3回も使っている。
ジャンキラー登場時に変形CG多用していたのを思い出す。こちらの方が迫力あって見応えはあるけれど。
OPを参考にする限り5体のSDは手に入れるようだからますますバリエーション増えるはず。
2期後半戦からも取得するかもしれないし。

最後のシルエットはダークルギエル?
補完が欲しい敵だったのでやって欲しいしさらにパワーアップして帰ってきて欲しいね。
タロウ復活に押されて1対1はそこまでの強さではなくダークスパークのおかげみたいな感じだっただけに。
予告ではインペライザー!もしかしてメビウス最終3部作みたいに13体来た?
パワーアップ回も兼ねているし面白い内容になりそう。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/25(金) 23:01:10|
  2. ウルトラマンギンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<雑記 | ホーム | 玩具ネタ>>

コメント

最初の戦闘はかっこよかったですね
スローとスピーディーな演出が交互に切り替わるので見てて新鮮でした
それとエレキングのカット
奥にエレキングがいて手前に建物が置いてあるので「遠くにいる」って感じがしました
ビクトリーのランスは今後も増えるみたいですがギンガsの光線同様上手く見せないと「○○だけでいいじゃん」って言われそうです
最後のはルギエルでしょう
出した理由はおそらく新造しない分安く済むか(ry
1期で説明できなかった点を補完してほしいですね
それと同時にギンガがどうやって未来から来たのかも説明してほしいです
  1. URL |
  2. 2014/07/25(金) 23:52:41 |
  3. キングフォームRSF #-
  4. [ 編集]

 メビウスまでとはCGの使い方が段違いに良くなってますね。予算の問題もあると思いますがウルトラ銀河伝説以後の経験値でスタッフに慣れが出てきた事もあるんでしょうね、きっと。
 今期は着地の弾着が凄い頻繁に出てきて嬉しいのですが、先日の爆笑問題の番組で紹介された方法ってガイアの頃の弾着とやり方が異なるようですね。劇場版ガイアのメイキングでVSサタンビゾー編の際に土の仕掛けが紹介されていたんですが、その時は爆薬を仕込んだ地面に土をかぶせてバーナーで炙ってさらに土をかけて…という方法で地面を作っているようでした。バクモンで紹介された方法では弾着の仕掛けはウルトラマン着地点の前方に仕掛けていましたが、ガイアのメイキングではその地面にそのまま着地して発破していてこちらのほうがとても手間かかる仕掛けになっていました。これならまあ予算足りなくなっても仕方無いかもしれません…。
 個人的見所は格段に出来が良くなったアクション、好みドンピシャのOP、久々に帰ってきたビル爆破…あと「仮面ライダーアクセル」の頃からファンになった滝裕可里さんの美しさなんですが(笑)、ここまで楽しみに出来るウルトラも久々で楽しいです!脈絡無い文章ですみません。
  1. URL |
  2. 2014/07/26(土) 01:15:20 |
  3. Neg #-
  4. [ 編集]

とりあえず来週のギンガストリウム登場が楽しみ過ぎる…タロウというウルトラマンに敬意を払いつつ、意匠を感じさせるだけで平成ウルトラ流にアレンジ、オマージュさせてギンガのデザインに取り込んであって、かなりの傑作デザイン。はき違えの多い円谷ですが、今回のギンガストリウムを生み出した功績は評価されるべきでしょう…オールドファンの逆鱗にも触れなさそうだし、活躍が楽しみ。必殺技がモロストリウム光線なのは残念ですがね。

1話で「ああ、最近の平成ウルトラまんまだ…」とか思ってましたが、怪獣による事件発生→調査、という流れもあってか、今回の2話は大分お気に入りです。
「怪獣に対する愛が感じられない」と前回記述しましたが、エレキングの特異な能力が生かされて街が困惑する描写や、元祖エレキングの戦闘スタイルそのもので大変感激しました。
「エレキングっぽいクリーチャー」ではなく、しっかり「エレキングという大怪獣と2大ウルトラマンが戦っていた」のが良かったです。しっかり30分の枠の中で大暴れできましたし。でもビクトリーに能力使い続けられると思うとやはり残念・・・こればっかりは怪獣オタクが何言っても仕方ないですね。

市街地バトルは本当に感激…テレビサイズで見れるのはマジでメビウス以来なんじゃねぇかと。セブンXも一応ありましたが合成色が強かったですし。しかも2大ウルトラマンVS大怪獣っていう興奮しないわけがないシチュエーション。


>ヴィクトリーが怪獣の力を使いまくる反面、ギンガは怪獣へのウルトライブはなく。
怪獣へのウルトライブはギンガ変身までの前座みたいなものとはいえ全く無いなら無いで寂しい。怪獣同士の力を使うシーンも見てみたいし。
これはアカンやつですよ…ギンガ=ディケイド、ビクトリー=ディエンドの臭いがしますが、怪獣は与えられた時間の中で暴れてウルトラマンに粛清されるから美しいと感じるのであって。前作のギンガの怪獣ライブも、大前提としてやめていただきたかったし、本当に役に立たなかったしで誰得やと思ったので…。ビクトリーの怪獣能力ライブに対しても否定的ではありますが、流石に個性がなくなると思うのでこればっかりは我が儘言えませんけど…。

それとショウの人、ずっとどこかで見た事あるな~と思ったら、そういえばフォーゼの新田でしたねwwwwエレキステイツでやられたお返しと言わんばかりに放電竜でもあるエレキングを倒したわけですね笑

主題歌がヒーローソングっぽくて格好良く、2人のウルトラマンの確執も丁寧に描かれていましたし、ギンガストリウムの神デザインと、本格的にハマリ始めています。放送前の気分が噓のようだ…!次回以降も「ヒーローVS怪獣」の構図が描かれ続ければもう何も言う事なしの作品になりそうです。


  1. URL |
  2. 2014/07/26(土) 01:39:04 |
  3. サイクロン #-
  4. [ 編集]

>キングフォームRSFさん
CGの使い方だけでなくスローの使い方なども効果的でさらなるカッコよさを際立たせていました。
エレキング関連は巨大感が出ていましたね。先日NHKの番組でも見ましたが、ああいう苦労や工夫があって巨大感を出せているだなと実感します。

>最後のはルギエルでしょう
>出した理由はおそらく新造しない分安く済むか(ry
確かに予算は大きいでしょうねw
とはいえ1期では消化不良で終ったのもまた事実。
予算不足と描写不足が上手く合わさって復活することにも違和感ないので何かしらの説明や補完はして欲しいところです。
  1. URL |
  2. 2014/07/26(土) 15:26:19 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>Negさん
ギンガ対ビクトリーの対決シーンはとにかくCGの使い方が上手でした。
まさかギンガのテレビシリーズであれほどのものを見られるとは。

>劇場版ガイアのメイキングでVSサタンビゾー編の際に土の仕掛けが紹介されていたんですが、その時は爆薬を仕込んだ地面に土をかぶせてバーナーで炙ってさらに土をかけて…という方法で地面を作っているようでした
おお・・・そんなに手間のかかる仕組みだったんですね。
同じ地面ズバーンでも迫力が違いましたから。そりゃ金かかりますね・・・

>個人的見所は格段に出来が良くなったアクション、好みドンピシャのOP、久々に帰ってきたビル爆破…あと「仮面ライダーアクセル」の頃からファンになった滝裕可里さんの美しさなんですが(笑)、ここまで楽しみに出来るウルトラも久々で楽しいです!脈絡無い文章ですみません。
美鈴たちのリストラなど残念な点もありますが、基本的にはほぼ全てがパワーアップして帰って来ましたね。
1期を知っているからこその感動というか。
滝裕可里さんは竜が助けたスリの子ですね。スリ→防衛隊と見事な変わりようw
美人でアクションも出来てと若いのに凄い。
  1. URL |
  2. 2014/07/26(土) 15:27:48 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>サイクロンさん
ギンガストリウムのデザインは昭和・平成の良いとこ取りみたいで上手ですよね。
必殺技がモロにストリウム光線なのはまぁタロウの力ということで。

>「怪獣に対する愛が感じられない」と前回記述しましたが、エレキングの特異な能力が生かされて街が困惑する描写や、元祖エレキングの戦闘スタイルそのもので大変感激しました。
自分はまだエレキングの事を良く知らないのですが、知っているファンの方からは好評でしたね。
アンドロイドの生アクションに時間を取られつつもギンガとビクトリーを苦戦させる活躍でしたし。
市街地バトルは本当に感動しましたね。言われてみればテレビではメビウス以来かもしれません。ざっと8年ぶり。

>前作のギンガの怪獣ライブも、大前提としてやめていただきたかったし、本当に役に立たなかったしで誰得やと思ったので…。ビクトリーの怪獣能力ライブに対しても否定的ではありますが、流石に個性がなくなると思うのでこればっかりは我が儘言えませんけど…。
ここらへんは怪獣の力を使役するのをどう感じ取るかで全く違ってきますからね。
今思うとメビウスのまけっと怪獣布石はあったのかも・・・
メビウスの昭和ウルトラマン登場を見てか、ディケイド・ゴーカイで全ヒーロー集合&変身を取り入れさらにウルトラでも、と1週してきて変な感じはします。
自分は怪獣の力使うのは嫌ではないのですが1期のように前座というのがちょっと。
ライダーなら戦闘員相手に過去ヒーローの力で倒せてもウルトラマンは怪獣1体だけしかいないので難しいですね。

>それとショウの人、ずっとどこかで見た事あるな~と思ったら、そういえばフォーゼの新田でしたねwwww
>主題歌がヒーローソングっぽくて格好良く、2人のウルトラマンの確執も丁寧に描かれていましたし、ギンガストリウムの神デザインと、本格的にハマリ始めています。放送前の気分が噓のようだ…!
そしてショウの人が新田だったとは!電気返しとは面白いw
主題歌は前回の方が好きでまた宮野くんに来て欲しいなーと。
OP最後の「英雄(ヒーロー)になれ!」で昭和ウルトラマンが続々と登場しギンガストリウムが来る流れはカッコよかったです。
  1. URL |
  2. 2014/07/26(土) 18:02:36 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2731-4c7fdcef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する