特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

中川かのん starring 東山奈央 2nd Concert 2014 Ribbon Illusion  感想レポ

20140223005352f9e.jpg
コンサートが終り結構立って落ち着いてきたので感想レポでも。
未だに余韻があってやばいね。月曜から会社だしさすがに切り替えようと思っても気が付いたらコンサートの映像と曲がループする始末。
けいおん!以来の引きづり方。こりゃしばらく残るタイプの余韻だわ。
いつものキモオタ全開のレポなので続きから。


会場は舞浜アンフィシアターという事で舞浜駅へ。
お昼に来たのにディズニー客が凄い凄い。土曜日という事もあるけど夢の国は違った。
舞浜アンフィシアターまで矢印看板があってそれ通りにいくけど若干不安になるw
それ以前に東京駅から京葉線へのホームが長すぎてやばいwホームまで500Mってそんなバカなwww


140226-14.jpg
いざ付いてみると凄い人の数。
会場警備?っぽい人よりもかのんちゃん後方防衛班の人が誘導しててワロタw
待っている間にコール本とハッピークレセントで会場を黄色で染めちゃおう!というチラシを貰う。


1時から物販開始しTシャツSサイズやLサイズが完売とか情報が。
買えたのは2時半過ぎ。狙っていた奈央ちゃんのブロマイドが結構前の方で無くなり言葉を無くす。
パンフレットに掲載されない写真という事で楽しみにしていたのに。写真くらい大量に印刷しておいてくれ・・・
最終的にグッズはパンフレットと発売済みのCD・DVD/BD以外は完売という盛況ぶり。
販売エリアの中はかのんちゃんの曲が流れ1期5話の手渡しでCD渡す映像が繰り返し流れる。



140226-1.jpg開場までの1時間ちょっとは会場前で待機。
みんなコール本見ながら曲予習してたりで偉いね。おかげでハッピークレセントは驚異の統一感に。(後述)
ふと見渡すと意外と女の子率高くて嬉しい。
神のみは完全男向け作品だと思っていたから。桂馬(下野さん)が来るならまだしも。
1stの時も意外といたらしいね。最後の「かのんちゃーん!」で結構女の子の声聞こえるし。
なかには小学校低学園か幼稚園くらいの女の子まで。リアルまろんちゃんorこずえちゃんであった

一般客や外国人客も舞浜に合わない黒集団に何だ何だ?と結構不思議がってるねw
若い女性客も「あのピンクの子かわいい!」「普通に見てみたいんだけどww」と無駄に盛り上がっている。



140226-11.jpg
パンフレットの中身もちょっとだけ。
今までで一番の美少女ぶりを発揮していて可愛い。東山奈央ちゃんファンなら必須のパンフレット。


トイレ行く為にイクスピアリ行ったけど着替えてる人が結構いた。
会場の中で堂々上半身裸になって着替えている人もいればトイレだったりと様々である。
4時ちょっと前に係員に指示され待機列形成。
確か4列と言われたはずだけど明らかに8列はあったようなww


140226-3.jpg
会場の中へ。思ったより客席とステージが近いぞ!
アンフィシアターはどこでも良席と聞いたことあるけど確かに。
後方席には言って無いけど近かったんじゃないかな。
中では天理編の主題歌や女神編OPなどがループして流れていた。


140226-2.jpg
開場前から見えていた花もお披露目。
作者の若木先生や後方防衛班、ファン一同など様々。
中には桂木桂馬名義で送ってくるファンもww
ベッキーっていたけどネット上のHNなのか本人なのか・・・

待っている時は楽しみな反面開演して欲しくもなく。
ジョイコンの時に発表された時は「2月!?10か月なんて長いよ、待てないよ」と思っていた日がもう来てしまったから。
終った後の喪失感がやばい事になるのは分かりきっていたし。
開演の5時に。
いきなり画面が暗くなったと思えば神のみ&かのんちゃんヒストリー。
丁寧に作ってあってこれだけで金取れるレベル。

1 青春パラダイス
センターステージの穴(奈落?)から出てくる奈央ちゃん。
パンフレットのかのんちゃんのような衣装。
出だし歌詞の「待たせてごめんね」は1stから2年、ジョイコンから10か月、そして今日この日までと色々な意味があって感慨深い。
このコンサートのために必死に県外出張耐えてきました(´;ω;`)
1曲目から「やっと繋いでくれたよ!」「やっとキスしてくれたよ!」「ずっと2人でいるから!」など掛け合いが良いね。

2 かのん100%
2曲目まで発売済みのアルバム通りに進んでいくのは1stコンサート通り。
この曲は昨年4月のジョイントコンサートでCD発売前にお披露目されて発売後に歌うのはこれが初めて。
最初から盛り上がりますな。

3 ろまんてぃっく愛情
中盤~終盤で歌うと思っていただけに3曲目でびっくり。
80年代臭溢れるイントロが流れた瞬間「おおおおおおおおおおお!」って感じw
周りもきたああああ!って人はいたしw
生で「Ah~」が聞けて最高。colorsの中でも一番80年代臭がする曲だしね。


MC(1回目)
最初の挨拶。
客席がステージに近いという事は私からもよく見えるという事です!と一言。
お水ネタはもうお約束?w
ここでBirthからも歌う宣言が。

4 サマーボーイ
の割にcolors収録のサマーボーイw
まぁBirit中心に歌った1stでも歌ったからセーフっちゃセーフかもしれないけど。
この時点ではまさか全曲歌うとは思いもせず。

5 バレバレ・バレンタイン
時期的にこの曲も。1stの時はバレンタインデー前だったけど今回は後。
「俺もだよって声がした」ってフレーズが好き。

6 秋色片思い
こちらも時期外れだけどcolors収録の曲で歌う。
ここまでほぼcolors中心のセトリ


MC(2回目)
ここで2回目のMC
エンディング「たち」と言っていてまさか全部?と思ったら案の定

7 キズナノユクエ
8 アイノヨカン
9 コイノシルシ

キズナノユクエは「信じてる」が良いねー。
アイノヨカンは1stではやみんとデュエットしたけれどソロで歌うのは始めて。
コイノシルシfeatかのんとかではなく神のみぞ知り隊名義の普通の曲調で歌うのは初めてじゃないだろうか。
どれも1番+大サビだけだけど大変満足。
さすがに疲れて来たのか元の曲が難しいのかアイノヨカンはちょっと違和感あったけれど。

SE アポロが紹介する秋葉原UDXデビューイベント映像
ここでお着替えタイムということでアポロナレーションによるUDXでのデビューイベントが。
今よりも全然垢抜けて無くて初々しい。
ナレーションでは「まだ緊張してないようじゃな」ってすでにガッチガチに見えるw
撮影用カメラの前でポーズ取る時点で緊張しているのが伝わってくる。
いきなり千人を前に歌いきったから凄いけれど。



10 思いはRainRain
「雨だね・・・」というCD収録のものとは違う台詞で登場。
1st・2nd共に笠は自前らしい。1stのはボロボロになったけど捨てずに取ってあると。
サイリウムは青率が高くて綺麗。サイリウムは統一されればどれも綺麗だけど特に青が美しいと思う。

衣装も黒を基調にしてかのんちゃんとしても奈央ちゃんとしても珍しいんじゃないかな。
かのんちゃんはピンクを始めとした明るい服が多く奈央ちゃんは地味な色合いの服が多いけど黒貴重はなかなか見ない気がする。
短いホットパンツがなんかエロかった。

11 君色ラブソング
かのん100%のED曲でカップリング。
ジョイントコンサートではOPのかのん100%しか歌わなかったのでこの曲は初お披露目。
最初はこんなイントロあったっけ?となっている時に「アーイニージュキラキラ隣にいるだけで~」が聞こえてきたから分かった。
スクリーンではかのん100%のED映像も流れていて嬉しい。

12 恋に落ちたサンタ
colorsで追加された貴重な冬の曲。
曲で流れてたカタカタカタってのはタップする音と会場で知る情けないファンがここに1人。
途中の映像集でも練習風景があったけどちゃんと通ってたのね。

MC(3回目)

13 YES-TODAY
14 ALL 4 YOU
15 ウラハラブ

思いはRainRainに続きにBirthから3曲続いて。
ここまでゲストなしで1stで歌ったしBirthからは出ないと思っていた曲が2曲連続で来たものだから「まさか全部歌う?」と核心に変わる。
1stで歌い済みかつ時間・体力的なのを考慮してかさすがに1番+最後の大サビの構成だったけれど。

SE Shining Star(かのんダイジェスト映像)
一度ステージに戻りかのんちゃんを振り返るダイジェスト映像が。
シトロンの映像が流れた時は「え、里菜ちゃんくるの!?」「内田真礼は無理でしょ・・・」と結果的にはこなかったけれど。2人を期待する声と同様がチラホラ。
3年半前となる1期の映像がこんなにも懐かしいとは。「安全なスタンガンです」でさえウルッときそうになる。
映像が進み7話の桂馬とのキスシーン直前や会場に上がる寸前のところまで。ここまでくれば流れる曲はただ一つ

16 らぶこーる
まさかのピアノ演奏、弾き語りでの登場。白いドレスも相まって美しい。
らぶこーるで静かに歌を聴かせる事については過去のライブ4回でやってきたし、らぶこーる→ハッピークレセントの再現もジョイコンでやっている。
最後の最後でこんな隠し玉を持ってくるとは夢にも思わなかった。
神のみラジオ最終回でピー音で隠れたのはこれだったのね。確かに隠して大正解。このために1年半も練習してきたって本当に凄い。
これまで奈央ちゃんが出てるラジオはほぼ全部聞いてきてエレクトーン習ってたとは知っていたけれど。
人前かつ2000人の前でやるのは全くの別物なのにそれを選択する勇気が立派。

この光景に驚いたのかいつもは完全に真っ暗になる会場内もチラホラサイリウムが。
自分もハッとするまでサイリウム消すの忘れてた。
公式メッセージ見てもかなり緊張したみたいだけど結果的に大成功。

17 愛・覚えてますか
まさかのカバーアルバムから。
歌ったのは六本木の時だけだったしさすがに歌わないだろうと思っていたら。
7話(らぶこーる)で記憶なくした?→桂馬を思い出して「あなたに・・・」→愛(桂馬の事)・覚えてますかのように感じて感動。完璧な流れであった。

MC(4回目)

18 瞳からスノー
女神編EDかつ恋に落ちたサンタ同様にcolorsで追加された冬の曲。
テレビで聞いた時から好きな曲だからようやくコンサートで聞くことが出来た。
基本的にかのんちゃんのバラード調の曲に外れないね。
かのんちゃんどころか神のみはキャラソン含めどれもレベルが高いけど。

19 桜色卒業
ジョイコンでかのん100%を先行披露したように1stで発売前に歌ったのがこの曲。
2ndはバレンタイン後だから微妙に時期外れたけど桜色卒業はタイムリー。これもいい曲だよね。
桜の花びらが舞い降りるナイス演出。ぴょんぴょん跳ねてキャッチしようとする姿がかわいい><

MC(5回目)
ここからは中川かのんヒット曲メドレー!(だったはず)と宣言があり一気に盛り上がる曲が。

20 LOVE KANON
1期のかのんちゃん編の時点で流れていただけあって耳に残るこの曲。
みんなで「BANG!BANG!」などは盛り上がる

21 夏色サプライズ
1stの映像を見た時から絶対に掛け合いをやりたい!と熱望していた曲その1。
「サマーサマーサマー!」「夏だよね!君だよね!恋だよね!」「I SAY! I LOVE YOU!」などを見ていると羨ましくて凄くやりたかったから。
2,012年5月下旬に発売されてからの約2年間、本当にこの曲を楽しみにしていた。
「夏だよね!君だよね!恋だよね!」「I SAY I LOVE YOU!」に満足して昇天し「サマーサマーサマー!」は忘れちゃったけどw

22 ハッピークレセント
お待ちかねの制圧の時間。
舞浜制圧!か舞浜アンフィシアター制圧!かで迷ったらしいけど前者で。
会場だけでなく舞浜全体を制圧する勢いでの事。
夢の国もー!?ディズニーも!?みたいな声があってこれまで厄介系の声にまで反応していた奈央ちゃんがそれに一切反応しなかったのは、
一度でも反応しちゃうとカットできなくなってディズニー版権に引っ掛かってBD発売できなくなるからかな。
多分ディズニー関連のワード叫んでた人のはBDで全部消されていると思う。

ハッピークレセントはアニメでも流れている曲でUDXから歌い続けているかのんちゃん代表曲。
会場前にコール本見て予習してる人いたけど、結構複雑だしぶっちゃけ揃わないだろwと舐めていたらFUFUなど含め揃いまくってて焦ったww
最後の「片思い!」や「やっぱ私にじゃない」「私振られたの」でかのんちゃーん!は分かりやすいけどそれ以外で合わせられるのは素直に関心。
自分もジョイコンに行った時にチラシ貰って結構見ていたので合わせられたけど。

MC
次で最後です!→えええ!のお約束。
みんなの好きなラララがあるよ、ということでこの曲を先にやるのが決定。


23 ダーリンベイビ
1stの映像を見た時から絶対に掛け合いをやりたい!と熱望していた曲その2。
みんなで長い間両手を振って「ラララ」が楽しそうで凄く羨ましくてね。
アンコールのラストとして歌った1st程ラララは長くなかったけど会場のみんな全員でやる「ラララ」は一体感あって気持ちい。

アンコールはアンコール!アンコール!じゃなくて「かーのーん!かーのーん!」なのもかのんちゃんコンサートならでは。
実際には「かーのーん!」と「なーかのん!」の2つがあったらしいけど自分のいた席周辺は前者。
アニメ7話再現的にはかーのーん!だと思うのだけど。
何にせよ2年間やりたくて聞きたかったダーリンベイビを生で聞けて大満足。

<ENCORE>
24 思い出がいっぱい
先日発売されたカバーアルバム2から。
元から有名な曲なのでヘタな曲よりはよほど知名度があるかもしれない。
宣伝的にこれをフルで歌うんだと予想してたけど1番+サビのみ。
けど元からこの曲は好きだし奈央ちゃんがカバーしてくれて良かったかな。

MC
最後のMCは「私はかのんちゃんになれなかった」と衝撃の一言。
これまでの発言の中で一番びっくりしたかもしれない。完全にかのんちゃんをリアルに表現・顕現出来ていると思っていただけに。

デビュー時のUDXはお世辞にも歌が上手いとは言えず緊張でガチガチだからプレッシャーで潰れてしまうんじゃないかと思っていた。
物凄い努力を重ねて来てイベントの度に成長ぶりを見せてきた。
かのんちゃんのようになりたい・肩を並べられるようになりたい、と言ってきた彼女が最後の最後に無理だったと言ってしまうくらいなのだから余程だろう。

25 歩いていくもん
colorsに収録されている最後の曲。
コンサート前までは盛り上がりとしては欠ける曲だからコンサートラストに持ってくるならダーリンベイビの方が良くね?だったけどこのMCの後では歩いていくもん以外に当てはまる曲がない。
思い出がいっぱいの「大人の階段登る」や歩いていくもんの「歩いていくもん。みんなの分まで」とラスト2曲は「前に進む事」を押し出しているなと。

これは奈央ちゃんがかのんちゃんを目指すことをやめ隣の星で輝くために歩き始めると言うある種の決別なのかな。
ワンピースやポケモンのような長寿コンテンツとかならまだしもいつかは離れる時がくるから。
前向きに考えれば「かのんちゃんにならないといけない」と言う重圧やプレッシャーからも解放され声優活動に力を入れられるのだろうか。
かのんちゃん以外にもアコや結衣・ちーちゃん・カレンなど人気キャラに恵まれていたけど一番思い入れがあるのはかのんちゃんのはずだから。

全曲歌い終わると前まできて一人一人に語りかけるようにありがとうと一周。
テレビやWEBラジオ・マイクを通してでは無い生の声って凄く良いね。かわいさ2割増し。
自意識過剰と言われたらそれまでだけど、今回のコンサートで累計10秒くらいは目と目があったぞw
昇天するくらいの感動であった。めちゃくちゃかわいい。

最後はコイノシルシと共にデビュー時からの過去映像が流れてくる。
終りたくないという思いが強いのか最後の「ラララ~」は結構歌ってる人がいた。
かのんちゃんの軌跡に見せかけて実質声優・東山奈央の成長記だからこれは反則だよ。
成人式の晴れ着が一番歓声凄かった気がする。

曲が終わっても3本締め?の前に「もう1回!もう1回!」とコールがなるも「本日の公演は全て終了しました」とアナウンスがなり「ああああっ・・・」と嘆きの声が。
実際は3本締めやろうと思ったけど中断したからそのためのもう1回!コールだったらしいけど果たして。
でいつもの人?の掛け声で3本締め。興味ない人もいるのか帰ってる人もチラホラいたけど8・9割近くの人が残って3本締めやってたと思う。これないと終わった気がしないから良かった。
完全に明るくなった後にLOVE KANONが流れて「BANG!BANG!」とかは自分もやってたなぁ。みんな終って欲しくないし帰りたくないんだよね。
興奮冷めないのか「お疲れ様でしたー!!」「ありがとうー!!」って言いながら会場を後にする人が絶えず。普段自分はそんな事絶対やらないけどやってしまった。


140226-7.jpg
140226-8.jpg
終ってしまい外に出ると余韻の残る人がいるのか解散せずにうろうろ。
自分と友人もそんな感じで30分くらい意味もなく残る。



140226-4.jpg
140226-5.jpg
かのんちゃん痛チャがあったので撮らせてもらう。そういう痛車も発見したような。



140226-9.jpg
夢の国もかのんちゃんコンサートの成功を祈ってくれているようだ。
久々にディズニーの花火見たけど凄い。ミッキーの形した花火出てくるとは。


ライブとしては生バンドで無かったのが残念。
おそらく次が無いであろうかのんちゃんコンサートの集大成だったのに。
ステージが狭くて楽器おけそうにないから舞浜アンフィシアターと発表されたジョイコンの時点で生バンドやらないのは決定していたのかもしれない。
大スクリーンも花アーチのせいでサイドスクリーンを見る本末転倒な事態だったし。
それらも「ライブというよりはショーアップされたステージ」っていう言葉で納得したけれど。

ダーリンベイビで盛り上がっている時にハウリングが起こって残念。
最初は「あ、反響した」くらいの感じだったけど2度目は会場全体に響いてしまったし。
音響関連はプロの仕事をして欲しかった。アンコールで盛り上がっているあのタイミングでハウリングは酷過ぎ。

曲はかのんちゃんがソロで歌ったことのある物を歌いきって凄いね。
さすがにジョイコン時のコラボ曲は無理だったけど。
ハクアがGravityをソロで出しているから出そうと思えばリンゴリボンとかもソロ音源で出せたかもしれない。
1stで歌ったことあるやつはフルとはいかなかったけど歌ってくれただけで嬉しい。
コンサート前はColors+ハッピークレセント・らぶこーるに加えて運が良ければダーリンベイビくらいだと思っていたから。
最初のMCで「Birthからも歌います」って宣言されてハッピークレセントやらぶこーるのような代表曲でなくALL 4 YOUやウラハラブが流れて来たのは驚いた。
2年前とは違い奈央ちゃんが多忙になって練習に割く時間が少なくなったのか、歌自体は1stの方が上手いと感じた。
1stのCDレンタルして聞きまくっていたからこその違和感というか。1stは1stで結構編集したりしたんだろうか。

観客席的には最初から最後までMC中に奇声上げまくるやつがいて勘弁して欲しかった。
最後のMCで近くに「そ゛ん゛な゛事な゛い゛よ゛お゛お゛お゛」って叫んでた人いたけど、それ言いたいのは会場に来てる人みんな同じだろうに。
俺だって涙ながらに叫びたいわ。少し黙ってろと。
単語じゃなくて明らかに会話しようとしている人がいるというか。C・Gブロックあたりから聞こえてきたし近くにいた人は可哀想。
でも近くの女の子が「ぐすっ・・・そんなこと、ぐすっ、ないよぉ・・・」って必死に声出してるのは可愛かったよ、うん。
最初にも書いたようにかのんちゃんコンサートに女の子だけで来るのは尊敬する。

とは言え感動した事に変わりはない。
行ってもいない映像だけしか見てない1stで感動・神格化されてジョイコンに参加、単独ソロコンサートも見たい!と今回で大満足させてもらったから。
記事中で何度も書いたように夏色サプライズとダーリンベイビの掛け合いは見ていて本当に羨ましく参加したくてね。
残念だけどかのんちゃんとしてはこれが最後のコンサートだと思う。
ソロ名義全曲でカバーまで歌いきって完全に有終の美を飾ったから。

仮に3rdがあっても2ndより良いステージを作るのは無理そう。
最初のUDXの頃から追いかけてる人からしたら2nd自体奇跡みたいなものだろうし。
1期2期で売り上げ振るわなかったから2ndライブは無理かー。かのんちゃん出てくるまで3・4期やらないといけないし。
を吹っ飛ばしての女神編にジョイコン、セカンドアルバム・コンサートと凄い流れだったし。
1stのコメンタリーで「来年また、ステージでお会いしましょう」なんて言われたらうおおおおおおおおおお!ってなるわ。


せめてCDだけでも定期的に出して欲しいけどColorsもBirthに比べれば半分くらいしか売れなかったみたいだし厳しいのかな。
けいおんやラブライブ・アイマスのような音楽を題材にした作品じゃないのに小さなステージ合わせて5回もやったのは凄いけど。
今回のコンサートだけなら結構応募きたんじゃないかな。かなり落選した人が多かったみたいだし。
MCでも何回か「会場の外で応援してる人」「残念ながらこれなかった人」「(全部終わった後の)このカメラでいいのかな?ありがとう!」って言ってるくらいだし相当数の応募があったんじゃないかな。
「かのんちゃんになれなかった」ってのはもっと大きな会場にかのんちゃんを連れて行きたかったけど、実力不足で出来なかったって意味もありそう。
結局1stのCD+BDも買ってコメンタリー聞いてたけどかのんちゃんを演じる上でのプロ意識の高さや努力が凄い伝わってくるし。
この時点で「かのんちゃんは概念」「かのんちゃんを演じる・顕現させる事が私の使命」と言ってる。それだけに苦悩や重圧は凄そうだ。


140226-13.jpg
上から落ちて来たテープには「みんな みんな ありがとう」と奈央ちゃんの直筆メッセージが。


140226-15.jpg
今回のコンサートは5月下旬にBDに。絶対初回BD版買う。
1stのようにCD付かないのは残念。ウォークマンに入れて出勤時にも聞きたかったから。
もしも次があるとしたら是非参加したい。
ライブから5日くらい経ってようやく落ち着いてきたけど、考えがまとまらなかったり。
それだけにコンサートの面白さとかのんちゃんになれなかった発言は衝撃的で。
未だに余韻も残っていて俺ガイルやはたま・ニセコイの曲を聞いても「なんか違う・これじゃない」になってしまう始末。
一見同じ声に聞こえるけどアイドルのように歌っているから歌い訳が凄いというか。

とりあえず3月3日のラジオまでは頑張るぞ!
最高のコンサートをありがとう。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/28(金) 00:25:13|
  2. ライブ&イベント 感想レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブログ8周年!&9年目スタート | ホーム | トッキュウジャー第2話「俺たちはここにいる」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2614-4f1d3146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する