特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ウルトラQ 感想

平成ウルトラマンTVシリーズは全部見ているけど昭和は初めて。
Qを見るかマンを見るか迷ったけどこれが原点ということでウルトラQから。

当時としては最先端のカメラを導入していたらしく画質こそ白黒だけどジャギーや粗もなく綺麗。
wiki見たら高級カメラを円谷英二が独断で購入ってまずいだろww
DVD7巻には当時のフィルムを放送当時のクオリティに近づけるための製作映像が。
これ見てると苦労が伝わってくるし良く再現したなと思う。
フィルムをそのまんまとリマスター版の比較があったけど差は一目瞭然だし。
ちょっと前にカラー版が発売されたみたいだけどそれも見てみたい。

当初はヒーロー(ウルトラマン)が出ないのにどうやって怪獣を倒すの?と疑問があったけど実際に見始めると怪獣の撃退法に関心するばかり。
人間側も奮闘して倒す事もあれば大自然や太陽に任せる事もあったり。
海岸に追い詰められる→地震発生→怪獣海へ落下、はご都合主義すぎると思ったけどw
なかでも関心したのは3話のナメゴンを「無限にある海水がこのドラマを締めくくってくれるに違いない」で終らせたり11話で無敵のバルンガを太陽に向かわせたり。
バルンガの凄まじさはダイナのバキューモンやマックスのイフを彷彿させた。
おそるべきは「明日の朝、晴れていたらまず空を見上げてください。そこに輝いているのは、太陽ではなく、バルンガなのかもしれません。」と太陽でも処理できるか分からないということ。
結果的にその後のエピソードが続くから処理できたんだろうけど3話・11話共に自然や宇宙の摂理に任せた終わり方で好き。

全体的に暗めのエピソードが多いQ。これは白黒効果も多いかな。
後半になっていくとさらに加速していって21話と最終回の28話は好き。
21話の

「あの人も

あの人も

あの人も~~



貴方の隣の方、その人も宇宙人かもしれませんよ?

怖すぎだろww
ウルトラQとウルトラマンは同じ世界観ではないらしいけれどウルトラマン以降はずっと宇宙人が地球に出現することになる。
隣の方が宇宙人=当たり前のように怪獣がいる、と考えればウルトラマン時代には毎週のように怪獣が出てくる事を示唆する台詞だとするとなかなか面白い。
もしくはルパーツ星人の方が侵略者だったのかもしれない、と。

最終回の「あけてくれ!」は当時は放送されず再放送でようやく日の目を見たとか。
ウルトラファンの間では有名らしいけど初めて知った。
あれほど列車から脱出したがっていた男が現実世界ではボロクソ言われ「連れてってくれー!」と懇願するラストは悲壮感溢れる。
これを最終回に持ってくるスタッフのセンスが凄い。もっとも製作順では10話が最後だったみたいだけど。
ドラマや怪獣が濃すぎるのか、登場人物たちはイマイチ存在感出せず空気っぽかったような気も。
万城目たちは最初の1話の時点で目立っていなかったし。白黒だから役者の区別がつき辛かったのもあるかもしれない。

ヒーロー物ばかり見てるから斬新かつ新鮮に映るけど当時の子供たちからしたら爽快感やカタルシスにかけるんじゃないだろうか。
前に放送されたジェネレーション天国だとライダー・ウルトラ以前からヒーロー物はあったようだし、それを見ていた子供たちからも珍しい!と支持もあったのかな。
ヒーロー物でなくSFとして作られているからか「50年前の作品でこんなに凄いのか!」とただただ驚かされてばかり。
昭和ライダーとウルトラが比較された時、ウルトラの方がストーリーは面白いと聞いていたけどその通りだった。
初代ライダーを見た時はストーリーがワンパターンでアクションも凄いと思えずダレたけど(話数の多さもあるけど)、ウルトラQは最後まで楽しめた。
いや本当、50年前にこのストーリーやオチを作っているのは驚異的だわ。
次は初代ウルトラマン見るけど毎回面白い話であって欲しいな。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/28(火) 20:40:32|
  2. その他特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<今日のお買物 | ホーム | キョウリュウジャー第46話「だいけっとう!アイとなみだのいちげき」>>

コメント

おぉ! Qを制覇されましたか!
お疲れ様です。(自分は未見です)

初代は、ヒドラの話が個人的なオススメです。
あとジェロニモンの話も。

とにかく初代ウルトラマンは特撮ドラマ史上最高だと考えておりますので、絶対に見て損はしませんよ!
  1. URL |
  2. 2014/01/29(水) 16:23:45 |
  3. ぴーすけ #/mA3gKek
  4. [ 編集]

私もQは未見ですね。特撮ニュータイプの漫画版は読みましたが。
そんなわけであくまで聞いた話ですが、カラー版は見やすくなってる反面、モノクロを前提とした演出が機能しなくなる箇所もあって一長一短だとか。
>ウルトラQとウルトラマンは同じ世界観ではないらしいけれど
初代ウルトラマンにQの怪獣とか出たり、メビウスで怪獣墓場にペギラがいたりとかするんでちょっとグレーゾーンですけどねww
私はパラレルワールドみたいなものだと解釈してますけど。ウルトラQと初代だけなら繋がってるのもアリかなと思いますが。
  1. URL |
  2. 2014/01/29(水) 22:15:22 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>ぴーすけさん
ウルトラマンが出なかったり白黒なりで抵抗があるかもしれませんが面白かったのでオススメですよ。
最近のヒーロー物にはないドラマや面白さがあったので。
初代はその2つがオススメですか。楽しみにしておきます。
ウルトラQ・ウルトラマン・セブンの3つは今でも評価が高いので初代ウルトラマンは今から楽しみです。
時間を見つけて少しずつ見ていこうかと。
  1. URL |
  2. 2014/01/29(水) 23:37:45 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
Qは面白かったのでオススメです。時間があればDVDの1巻だけでも是非。
個人的に3話が驚いてこういうのもあるのか、と唸ったので。
白黒版とカラー版は同じ作品でも受ける印象は違うでしょうね。
不気味でダークな話も多かったので白黒だからこそ出せる味があったと言うか。
戦隊が白黒でやったら色の区別が付かなくなって大変なことになりそうですw

>ウルトラQとウルトラマンは同じ世界観ではないらしいけれど
>初代ウルトラマンにQの怪獣とか出たり、メビウスで怪獣墓場にペギラがいたりとかするんでちょっとグレーゾーンですけどねww
自分も軽くググりましたがQに出て来た怪人の存在や対処法をしっているケースもあったらしいですね。
クウガやアギトのような繋がりだと捉えています。
よくも悪くも遊び心というか。あまり深く考えない方が良いかもしれませんねw
  1. URL |
  2. 2014/01/29(水) 23:41:11 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

子供向け特撮がまだ成立していない時代であることと、
勧善懲悪という部分では時代劇が大きなウェイトを占めてていた時代ですねー

ゴジラやガメラもまた見てくださいw
  1. URL |
  2. 2014/01/30(木) 00:12:45 |
  3. 通りすがり #VPvdwkes
  4. [ 編集]

〉通りすがりさん
ゴジラとガメラってまだ一回も見たことないんですよ。
どうも等身大ヒーローの方が好きで乗りきれなくて。
子供心にゴジラが怖いというのもあったんですけどね。後はタイトルが毎回同じな気がしてw
全ウルトラマン制覇したら見てみようかと。
  1. URL |
  2. 2014/01/30(木) 22:54:27 |
  3. 飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2592-5e758dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する