特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦!さらば永遠の友よ 感想

140118-1.jpg
楽しみにしていたキョウリュウVSゴーバスが公開されたの映画館へ。
試写会組の「ゴーバスは意外と出番ある」って言葉の通り前半~中盤は目立ってたけど、さすがに恐竜3戦隊が集まってからはおまけ感が凄かった。
それでも素直に面白かった!というのが正直な感想。
10年に1回恐竜モチーフの戦隊をやってもレッド役者が全員揃うのはこれが最後だろう。
望月さんもインタビューで年齢的にこれが最後のチャンスと仰っていたし。

望月さん・西さんが最初からガッツリ絡んでいるのは驚いた。
てっきり最後の決戦シーンで「俺達もいるぞ!」的なノリだっと思っていたから。
望月さんの声も変わらず元JACなのもありかなりアクションしていて感動。
20年前、子供の頃に見たゲキは変わっていなかった!と胸が熱くなる。
西さんは殆ど変ってなかったw
ダブルに悪役で出演されていて言われるまで気付かなかったけど今回はすぐに分かるw
西さんもアクションしていて嬉しい。

去年のゴーバスVSゴーカイでバディとの絆をやったようにキョウリュウジャーでもまた。
相棒との絆は本編でやっとけよ、と思うだけに2年連続で映画でやるのはどうなんだろ。
映画館の大スクリーンでこその感動はあるけれど本来はテレビシリーズでやるべき事だと思っているから。
キョウリュウジャーはイベント回連発で余裕なく、ゴーバスは余裕ありそうな割にはやってこなかったし。
現行ヒーローが悪堕ちってのはかなり珍しいね。黒い服は黒船で帰ってきたマーベラスたちを彷彿させる。

ゴーバス組は最初から出番が多い。
リュウジが地面殴って壁出すのはランドのディフェンドにしか見えなかったw
Jがホウキで「貴様ら森を荒らすなー!」は場内からも笑いがw
マサトが復活した時は感動のあまり涙目に。ブレイブやゴーバスターズ獣電池で復活ではなく、ゴーバス側の要素(設定)で復活が上手い。
バグラスはやろうと思えば何度でも復活できそうだけどマサトはレジェンド大戦のように死亡理由関係なしの全員復活とかじゃない限り難しそう。
3・2・1来ます!でえっ?と弥生を見る黒木指令がツボw

敵はグリフォーザらが復活。
グリフォーザは封印されても子供が生まれバンドーラ一家で楽しそうにやってそうなイメージだったけど憎しみは憎しみであったか。
まさか「大サタン」なんて名前が出てくるとは思わなかったよ。最後のデカいのは大サタンの面影なかったけど。
子供の頃は大サタンが不気味で怖くて仕方なかった。今の技術でよりリアルになった大サタンが作られたとしたらトラウマになる子供いそうw

アクションシーンはアルティメイタム同様に生身アクション長すぎ。
最初の変身はファイヤー!でエフェクトが飛んでくるのがカッコいいだけに生身アクション長いのが惜しまれる。
それは最初だからまだいいとして、悪堕ちから目覚めて戦闘員軍団に一人一人銃で撃たれて吹っ飛ばされるシーンは完全にいらない。
空蝉丸→アミィの順で吹っ飛んだ時はまさか全員やる気か?とうんざりした。
ダイゴがネオグリフォーザにやられるという点が違うだけで案の定全員吹っ飛ばされルーチンワークに感じてしまった。

余計だったと感じたのはその程度で3戦隊揃ったのはとにかく燃える。
装置を壊した時にダイノバックラーを当時の衣装を来た腕が映った時はさらに燃える。
声も極力本人を呼んでくれたようで雰囲気出てるね。
ゴウシはゴーカイに出た時は当時と変わってないと思ったけど今回は変わってた。
チバレイもさすがにあのアニメ声では無かったけど面影はある。
ダンは本人だろってくらい似てたけどクレジットは無し。
チバレイツイッターによると現在ダンはSMAPのマネージャーらしいのでクレジットは無理だったのかもしれない。

3戦隊揃ってからの戦闘は同じ恐竜繋がりのアクションが感動もの。
ゴーバスVSゴーカイのアクションシーンでは双方の戦隊が混ざって戦う事がヒロム&マーベラス以外無かっただけに今回は満足だ。
プテラレンジャー・アバレイエローの組み合わせはゴーカイ最終回でもやっていたね。
そこにキョウリュウゴールドが加わりCG使っての空中戦と言うのはジュウレンジャー当時じゃ出来なかった事。
「トリケラトプスがピンクとは変わった戦隊だな」の言葉通りトリケラ3人でも。
さすがにマンモスがモチーフになったのはジュウレンくらいなもので後は余った人たち同士だったけど。

必殺技も連発で迫力がありアバレモードまで披露したけどハウリングキャノンなし?と思ったら全合体かよw
この無茶苦茶さはアキバレンジャーの合体を超えてるなw
最初はハウリングキャノンなしかとガッカリしたけど結果的には見れたからバベルアタックが見れた事に感謝かもしれない。
ここまでやってくれたんだからアームドティラノ・アバレマックス・カーニバルの揃い踏みが見たかった。
ジュウレン・アバレの主題歌も流れてないし後もう1つ!ワンモア!ってのが足りてなかったかも。いや十分凄い事やってるんだけどね。

ロボ戦は大獣神棒立ちか・・・全合体とかやって究極合体大獣神見たかった。
その点アバレンオーは爆竜電撃ドリルスピンとかやってて良かった。
フルCGの戦いは凄く見応えがある。戦隊のロボCGはゴーカイ夏映画から進化が始まりキョウリュウ夏映画で大爆発した感じ。
あの巨大さだから動きが遅い方がリアルなんだろうけどCG好きな身としてはフルCGでド派手に動く方が見応えや満足度が高い。
ここまで盛り上がってゴーバスの出番はライオーのみ。エース見たかった・・・
合体しても右腕にくっ付くだけだし寂しいなぁ。マスクオフで叫ぶのは良かったけど。

最後の最後にトッキュージャー登場。完全に忘れてたw
かなり明るい雰囲気だけど後半からもう1人のレッドが出て来て滅茶苦茶シリアスになるよ、うん。
メンバー同士でスーツチェンジ出来るとは思わず唸ってしまった。
シンケンレッド(姫)・ゴーカイのおかげでレッドのスカートありはなれたけどピンクのスカートなしはまだなれないw
本来スカートがあったけどゴーカイチェンジで無くなったのってゴーカイVSギャバンのプテラレンジャーくらいかな。



ゴーバスターズ好きとしては恐竜戦隊揃ってからは出番少なくなったり一緒に名乗りやらないのが不満だったけど、それ以外では満足のいくシーンが多いVシネになった。
気になっていたマサト復活も本編の感動を壊さずキョウリュウ側の設定も使わずに復活させたのが好印象。
Jはヒーロー大戦Zで森の番人をしていたのが続いている感じで面白かったし。
ヒロムの口から「俺とゴーカイレッドを助けてくれた借りを~」と言っていたからヒーロー大戦Zで出会った事は触れてないね。
ゴーバスVSゴーカイだと「海賊戦隊とは名ばかりだと思っていたが」だからヒーロー大戦で出会っていた事になってるけど。
何にせよゴーバスターズ好きなら見て後悔はしないVシネ。
またレジェンド大戦のような戦いがあるならマサトに復活してもらいたいし5人の活躍を見たい。


次の映画は平成VS昭和。
藤岡さんご出演は嬉しいけど「平成ライダーなど認めん!」で笑ったw露骨なくらい煽ってるなw
今となっては平成ライダーは武器使ってるから駄目とかバッタじゃないから駄目なんて突込みは見なくなった。
東映ヒーローNEXTも宣伝されてたけどこの企画は子供にアピールするものじゃない気もする。
スポンサーサイト

テーマ:獣電戦隊キョウリュウジャー - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2014/01/18(土) 16:17:14|
  2. キョウリュウジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<鎧武第14話「ヘルヘイムの果実の秘密」 | ホーム | 今日のお買物>>

コメント

私も本日鑑賞してきましたが本当にいい映画でしたね。
VSはすぐレンタルされるのでいつもは見に行かないのですが
幼少の頃のヒーローであるゲキが変身と聞いては行かざるを得ませんでした。
恰幅が良くなろうとあの動きと声は昔の記憶そのもので泣きそうになってしまいました…。
アバレンジャーは特に好きだったわけではないのですが
それでも当時と変わらない凌駕と幸人が闘う姿はそれだけで感動ものです。
こういうお祭り映画でも坂本&三条コンビの安定感が衰えないのがすごいです。

ゴーバス勢も心配してたよりも出番が多くて嬉しかったですね。
陣復活も心配していましたが敵がバックアップを取ってるならこっちも取ってあるという
シンプルながらも違和感のない復活で台無し感も全くなく素直に感動しました。
本編では去り際の会話もなく消えてしまったため今回ちゃんとした別れができてよかったと思います。
またまさかのダークバスター登場も驚きました。 復活幹部にしては出番が多かった気がします。
ゴーバス勢にエンターとエスケイプを倒してほしかったですがそこはVS恒例ですし仕方ないですね。

>アクションシーンはアルティメイタム同様に生身アクション長すぎ。
ここは私も心底思いました。最近の坂本監督はそこが改善されていただけに余計に。
6人分を3回もやられるとさすがに疲れるというか。あとカメラの揺れもまた増えた気がします。
今回は坂本作品にしては珍しく尺に余裕を感じたのでそこで埋めたのかなと感じました。

>フルCGの戦いは凄く見応えがある。戦隊のロボCGはゴーカイ夏映画から進化が始まりキョウリュウ夏映画で大爆発した感じ。
最近のロボCGは凄いですよね。ディティールが細かいうえによく動きますし。
特に夏映画のライデンは凄かったですし本編でもカンフーが特によく動いていたと思います。
今回もライデンに合体してからの一連の動きはBDでじっくり見なおしたいくらいです。
他の恐竜やゴーバスロボの出番は正直残念でしたが新作戦隊優先はいつものことなので仕方ないですね。

共演物としてはほぼ文句なしのいい映画だったと思います。戦隊版MEGA MAXとでもいいますか。
ゴーカイでもあまり見られなかった先輩レッド同士の掛け合いや共闘はもちろん
懐かしい技を今の技術で見れたりモチーフ恐竜同士でのタッグなどこれぞコラボという感じでした。
また本編でもですがカーニバルを使うことによるリスクを話に盛り込むのが相変わらず上手いなと。
この辺の細々としたところをちゃんとやってくれるかどうかで大分印象が変わりますし。
個人的にせっかくの2大レッドの変身シーンが光の強い白バックだったのだけが少し気になりましたが
見終わった後の満足感と感動は個人的に199を超えたので久々にBDを買ってみようかなと思いました。

トッキュウジャーは小林戦隊にしては明るいというかほのぼのした感じになりそうですね。
思った以上にデンライナーそのまんまな電車とEXILE名乗りは流石に笑いました。
乗り換えは面白かったのですが大人でも見てて混乱しそうだなというのが第一印象です。
あと私の地域では平成VS昭和の予告はなかったのですがやはりいつも通りな感じなんですね…。
無理に敵対させるのもやりすぎて何のフックにもなってないのでそろそろやめて欲しいというか。
藤岡さんをはじめとしたオリジナルキャストが出ると聞いて微かに期待していたのですが
監督が変わろうと根本が変わらない限り今までと同じ結果になるでしょうし残念です。
初代が変身なんて最初で最後の大きな切札がどういう風に使われるのか逆に見物でもありますが。

キョウリュウ本編はあと4話なのに幹部が増え映画でいい笑顔で踊ってたダンテツも裏切りと
全く展開が読めませんが今までを見るに下手な終わり方しないと思うので楽しみにしたいですね。
  1. URL |
  2. 2014/01/18(土) 20:19:51 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
自分もVSはすぐレンタルされるので行かない事が多かったのですが、「お祭りの続きだしどっちも好きな作品だから」と見に行ったゴーバスVSゴーカイが物凄く面白かったので映画館で見続けようと思いました。
バディロイド復活でバスターズレディーゴー!やロボのゴーカイチェンジは大スクリーンで見てこそだと思いますし。
ゲキ・凌駕の復活は本当に嬉しいですね。ゴーカイジャーでも実現しなかった事ですし。
ゴーカイジャー放送が終わった今となっては歴代レジェンドの1人より恐竜戦隊復活という今回出演した方がインパクトはありました。
望月さんは体形こそ変わりましたが声やアクションは面影があって感動ものです。
自分もアバレンジャーはそんなに思い入れのある戦隊ではないのですが、当時と変わらない2人が活躍したのは嬉しいですね。
仰るように坂本監督&三条氏のコンビは凄いです。ダブル・フォーゼで分かっていた事ですが自分の大好きなジュウレンジャーをこうも活躍させてくれるとは。

>陣復活も心配していましたが敵がバックアップを取ってるならこっちも取ってあるという
>シンプルながらも違和感のない復活で台無し感も全くなく素直に感動しました。
ゲキたちの登場も去ることながら、マサトがどのように復活するのかに注目していたので、奇跡や不思議パワーに頼る事なくゴーバスターズの要素だけで復活したのが好印象でした。
確かに本編だと逃げ道を導いてくれただけで別れの言葉が無かったんですよね。今回でしっかりと会話出来たのは良かったです。
ダークバスターまで出て来たのは驚きましたよ。エンターが「レッツモーフィン」と言ったのは敵ながら燃えましたw
恐竜3戦隊復活ばかりに注目していたので、そもそもダークバスター出るかな?と言う考えが無かったので本当に驚きました。
エンターやエスケイプはゴーバス勢に倒して欲しかったですね。
ゴーバス勢VSエンター・エスケイプを見たいならテレビ版で、と言われたらその通りですが1年ぶりのヒロムVSエンターの戦いも見たかったものですから。

>最近のロボCGは凄いですよね。ディティールが細かいうえによく動きますし。
ゴーカイジャーの199や幽霊船あたりから急にレベルアップした気がします。
シンケン・ゴセイは3D優先のせいかCGはそれほどでもなかったので。
幽霊船でゴーカイオーVS偽ゴーカイオーのアクション凄いなぁと思ったら東京エネタワーを守れでエースの空中戦CG、ガブリンチョ・オブ・ミュージックでは対トバスピノのCGとハイクオリティでした。
今回も空中戦のCGが凄かったので発売されたらじっくり見返したいです。
獣電竜のCGが凄かった反面、守護獣ティラノサウルスのCGは実物に見慣れたからこそ違和感ありましたね。
パンフレットでも守護獣ティラノサウルスの
思い出補正入れても守護獣ティラノサウルスよりは爆竜ティラノサウルスやガブティラの方がカッコいいと思いますし。
さすがに大獣神はキョウリュウジンよりはカッコいいと思いましたがデザイン的にはアバレンオーが一番カッコよかったですね。

>共演物としてはほぼ文句なしのいい映画だったと思います。戦隊版MEGA MAXとでもいいますか。
後半はゴーバスターズが目立ってないとは思いましたがVシネ枠の共演ものとしては満足のいく作品でした。
個人的には199の方が好きですがこちらも劣っているとかではなく大満足ですよ。
戦隊版MEGA MAXとは的を射ているかと。ただMEGA MAXはOPが流れていたのでこちらもOPさえ流れていれば・・・といった感じです。
2人の変身シーンが白背景は意外でした。ジュウレンジャーはティラノザウルスがドアップになった後に変身完了しているので
今作のようにバンク付ならば白背景になるのは仕方ないと思いましたが、アバレッドは赤背景のバンクがあるだけに違和感ありますね。
ただ変身ポーズは同じでしたし顔が開いて叫ぶところは再現してあったので満足です。

>トッキュウジャーは小林戦隊にしては明るいというかほのぼのした感じになりそうですね。
>思った以上にデンライナーそのまんまな電車とEXILE名乗りは流石に笑いました。
列車ごっこ?とEXILEは見ていて恥ずかしくなっちゃいましたよ。
ポカーンだっただけに乗り換えには驚きましたよ。自分の隣にいたママさんは「ええっ!?」って口に出していましたからw
平成VS昭和の予告が流れないところもありましたか。
まぁ例年通りな感じですが本人登場だけがせめてもの救いですね。
ヒーロー大戦Zが前作よりはマシだったのでちょっとは期待します、ちょっとは。
本人登場は切り札ですがそれを初代本郷猛に使うという最大の切り札を使ってきたのでどう扱うかは気になりますね。

キョウリュウジャーもラスト4話ですがどのような決着になるか見物です。
三条氏だけあってしっかりと落としどころを考えてあると思うので大丈夫かとは思いますが果たして。
  1. URL |
  2. 2014/01/18(土) 23:19:45 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

卒論やらポスター発表やらだ全然見に行けそうにない……

ゲキ達だけじゃなく千葉さんたちも声として出てるのは意外ですね!
最近は韓国関連であまりいい噂を聞く人ではないですが、子供のころに憧れた戦隊ヒロインなので、出てくれてると聞くとワクワクします♪

そして、バベルアタックとか懐かしいw
CMでも使ってた気がするけど、かなり初期に使ってた技ジャンw

赤三人そろい踏みだから、それぞれの強化形態をって思っても、ヒロムの強化形態と合わせてもアバレマックスが抜きんでてるというか、マックスフィールドがでるとそれだけで……って感じもあって難しいんでしょうね。スーツも新規で作る必要あるだろうし。


さて、平成VS昭和ですが「1号ライダーたちによる特訓」「悪意に満ちた視聴者の怨念がショッカー大首領に新たな力を与え、そういう概念の世界を作った」っといった理由とかじゃないと収集付きそうもないですね……w


※どうでもいい感想
最初の方に望月さんのことがかいてあったせいか、【Jがホウキで「貴様ら森を荒らすなー!」】とかいてあるJが仮面ライダーJで再生されましたwww
どうせだったら平成VS昭和にも出てくれないかな……出ないよなぁ、Jって公式で巨大化・ZOに酷似でネタにしてるし……
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 11:25:00 |
  3. おりん #-
  4. [ 編集]

>おりんさん
大学生4年のこの時期は研究で忙しいでしょうね。
自分も卒論やポスター発表・学会資料纏めたりと忙しかったです。
特に2月がピークで大変でしたね。3月は平和でした。
映画は無理に見に行かなくともレンタル始まる3月と言う手もあるかと。

レッドの強化形態揃い踏みは見たかったですね。
確かに設定的な縛りがあるかもしれませんがあそこまで盛り上げてくれたので勢いでやって欲しかったというか。
それに恐竜戦隊のパワーアップはレッドだけというジンクス?もありますし。

平成VS昭和はあまり期待せず見に行きます。
「平成ライダーなど認めん!」で煽っている以上よほど上手い理由がないとまた荒れそうです。
Jと仮面ライダーJは一瞬勘違いするかもしれませんねw
仰るように最近のJはただ巨大なだけというか・・・
J本編を見た後にディケイド版を見返すと唖然としました。
今回は無理に巨大化せず等身大の戦いを見せて欲しいものです。
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 13:32:48 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

僕も四人の腕がダイノバックラーに伸びたシーンは胸が震えましたね。

あとティラノロボ集合のシーンで、それぞれの戦隊の時代でのティラノサウルスの体格の認識の違いを感じました。
ジュウレンジャーの時代では背筋の伸びたゴジラ体系。
アバレンジャーの時代では前傾姿勢。
そしてキョウリュウジャーでは鶏冠が生えてる。等々。
  1. URL |
  2. 2014/01/20(月) 23:08:47 |
  3. 七野崎幸也 #-
  4. [ 編集]

>七野崎幸也さん
>僕も四人の腕がダイノバックラーに伸びたシーンは胸が震えましたね。
あそこのシーンは内心「うおおおおおおおおおお!」って感じで興奮しましたよ。
声の出演があるとは聞いていて役者としては出ないだろうと思っていただけに。

ティラノサウルスたちは違いがありましたね。
自分はデザインにしか目が行きませんが確かに体格などが違いました。
守護獣ティラノサウルス(ジュウレン)のCGは当時のスーツと比べると質感などに大分違いがあって違和感を覚えましたね。
どのティラノサウルスもカッコいいですが自分はアバレンのデザインがカッコよく好きです。
  1. URL |
  2. 2014/01/20(月) 23:21:49 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

戦闘シーンがカメラブレ過ぎて
見ていて違う意味で酔った。
特にハンディーカメラで
バタバタ動かれたら
大画面ではついて行けない。

一人ひとりアップになって
カメラも斜めになると
本当に疲れる。

ライダーに比べて
格闘系でバク転・宙返り系だから
仕方がないのかもしれないが
ブレは少なくしてくれないと
小さい子供たちにも
いつかポケモン現象のような
悪影響が出なければいいがと思う。
  1. URL |
  2. 2014/01/24(金) 20:12:02 |
  3. あとむ #-
  4. [ 編集]

>あとむさん
坂本監督のこだわりが見られるVSだった反面、悪い所も目立っていましたね。
仰るようにいつもの画面ブレや女性活躍シーンのSEなどなど。
画面ブレは本当にキツいですね。家の32型のテレビならまだしも映画館の大スクリーンでの揺れはさすがに・・・
画面ブレさえなければ最高の監督だと思いますよ。

子供的にはどうなんでしょうね。
自分が見えている範囲では映画終った後も気持ち悪くなっている子供はいないのですが案外いたりして?
ポケモンショック懐かしいですね。
リアルタイム世代ですがポリゴンが出て来たあのエピソードだけたまたま見忘れ録画もしてなくてラッキーでしたw
  1. URL |
  2. 2014/01/24(金) 22:38:16 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

子供たちは大喜びでしたし、
本当に楽しい映画ではあったんですけどね。

ゴバス勢の大活躍+ゲストお三方の存在感に圧されて、現役組が割と雑に扱われてたような……
恒例の新旧の絡みも序盤にちょっとあっただけなのは物足りない。
それに本来なら、中盤の山場は悪堕ちしたキョウリュウジャーVSゴーバスターズであるべきだと思うのに、それはなし。
尺と言ってしまえばそれまでですけど……無駄に見える場面もいっぱいあるのよね。

基本力押し伏線後付上等な恐竜戦隊の勢いの中で、ベタな展開ながら陣さんの復活で逆転!ってシーンは凄く良かったです。別れのシーンもあって、やっとゴーバスターズの物語が閉じたと実感できました。
今回は極力声優さんは本物を揃えたとのことですが、アバレイエローもご本人さんなのでしょうか? ちょっと劇場じゃ判別つきませんでした。 出来たら、ゴーカイに出たえみぽんも呼んで欲しかったなあ。ゴーカイの世界はほとんどVSの時空に存在してるので。

細かいことですが、Vシネって仮面ライダーエターナルみたいに、劇場公開されないブランドですよぅ
VSシリーズはゴーオンVSゲキでVシネから卒業してますw
最初は穴埋めから始まったらしいけど、ここまで継続されるってことはそこそこ入るってことなんだろうなあ。
  1. URL |
  2. 2014/01/24(金) 23:40:05 |
  3. 通りすがり #VPvdwkes
  4. [ 編集]

>通りすがりさん
お子さんたちが楽しんでいたようで何よりです。
グリフォーザーや大サタンなど本編見ないと分からないところもあって子供はついてこれる?と疑問に思うシーンや要素もあったので。

>ゴバス勢の大活躍+ゲストお三方の存在感に圧されて、現役組が割と雑に扱われてたような……
前半はともかく恐竜3戦隊が集まってからは雑というか置いてけぼりにされている感が凄かったですね。
マサト復活など嬉しい要素はありましたが恐竜3戦隊揃い踏みの活躍が凄すぎて。
ロボ戦でエースはおろか、恒例のロボ合体が寂しい事になってしまい残念です。

その分マサト復活は本当に良かったです。
キョウリュウ側のブレイブなり奇跡などのご都合主義で復活ではなくゴーバス内での設定での復活でしたし。
仰るようにマサトとちゃんと別れを描いたのは良かったです。
本編だと急がないと脱出できない危機迫る状況だったので。
いよいよVSゴーバスと恐竜戦隊集結は別々に分けて欲しかったなと思いました。
帰ってきた枠で良いので単独でやって欲しかったですね。

>アバレイエローもご本人さんなのでしょうか? ちょっと劇場じゃ判別つきませんでした。
本編中とは微妙に違うように感じましたが10年経っているとすればあんな感じかも。
ダン共々クレジットされていませんでしたが引退しているので色々と事情あるのかもしれませんね。
尺的にえみぽんは厳しかったのかもしれませんね。ゴーカイで出たから今回はいいや、的な事情もあったかもしれませんし。
「トリケラトプスがピンクとは変わった戦隊だな」あたりだったら出られたかもしれませんが。

>細かいことですが、Vシネって仮面ライダーエターナルみたいに、劇場公開されないブランドですよぅ
>VSシリーズはゴーオンVSゲキでVシネから卒業してますw
おっと失礼。そうでしたね。
映画公開された今でもVS映画=Vシネの刷り込みが強くて。
ほんと、Vシネ枠で今回の映画をやってキョウリュウVSゴーバスは普通にやって欲しかったです。
ここまで詰め込んだ内容にすると帰ってきたキョウリュウジャーがどうなるか見物ですね。
  1. URL |
  2. 2014/01/25(土) 20:33:59 |
  3. 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2583-c5c713f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する