特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

リトルバスターズ!第19話「きっと、ずっと、がんばるのです」

ritobasu19-1.jpg
葉留佳と佳奈多の件が一段落したと思ったら夢の中で一悶着?
リトルバスターズ内では連携プレイの話をするも恭介の話は滑り過ぎw
目玉焼きに何かける?ってのはなかなか個性が出てて面白い。真人が何もかけないなんて思わなかった。
ちなみに自分は醤油派ですwというかケチャップやらソースをかけた事がない。


ritobasu19-2.jpg
英語の授業では上手く発音できないクドが大苦戦。
クドは通信制で単位を取ったらしく本来の年齢は一つ下らしい。
通信制が面白くて学年進むほど取るってよっぽど好きだったんだね。
実力テストが近いということでみんなで申し込む事に。
姉御は面倒だからパス、謙吾も試合は近いから遠慮するという。姉御全国一桁って凄すぎだろw
逆に1位の人はどんな人なのか見てみたい。

ritobasu19-3.jpg
クドのためにみんなで集まり勉強することに。この画像だけ見ると意外に小毬の脚が長くてスタイル良く見えるw
数学と物理は美魚が適任だろう、ってどれやっても全国一桁の姉御のが良い気がw
それはそうとまずは英語から。出てくる単語や勉強が懐かしい。
高校の頃は遊びまくっていたから勉強殆どしなかったわw
最初に小毬、次に美魚と万遍なく教科を勉強。マサトの重要な所にチェックは全部かよw
まあ本当に頭いい人は「教科書に大事じゃないところなんてない」らしく全部勉強してるみたいだけど。


ritobasu19-4.jpg
勉強は夜まで続きクドが夜食を。
意外に日本食が得意で出巻き卵に昆布巻き・高野豆腐と凝ったものを。
祖父が大の日本食好きなので覚えたんだとか。
そこにクドの面白英語を聞きに来た女生徒たちが。
聞きに来るだけならまだしもクドの実力テストの点数を賭ける始末。


ritobasu19-5.jpg
姉御を始めリトルバスターズの助けが。先に啖呵切るマサトも良かった。
クドの生まれ故郷はテヴア共和国という赤道近くにある小さな島。
大抵の地図には乗ってないくらいの小さな島。もちろんリトバス内にしかない架空の島である。
日本とテヴアの国籍を持つ二重国籍保持者で結構複雑な環境らしい。



ritobasu19-6.jpg
途中で佳奈多が。表情が凄く柔らかくなって棘がなくなったね。
葉留佳が「お姉ちゃん」と呼ぶようになり一緒に勉強するようになって良かった。
原作だと問題解決して終りでその後については触れられなかったはずだからこういうのは嬉しい。
各ヒロインをやるのはアマガミみたいなオムニバス方式もいいけど、こんな風に連続ストーリーだからこそ出せる良さもある。


ritobasu19-7.jpg
ついに実力テストの日を迎え特訓の成果を発揮。
自由参加なのに参加率高すぎだろww自由参加なのに赤点で補習とかwww
自己申告なのが救いなのかもしれないけど。空いてるのは姉御と健吾かな。
テストが終り鈴含めなんとか無事だった模様。
ただ1人クドだけはマークシートがズレてしまって赤点のよう。
テストになると極端に緊張してしまうから仕方ない面もあるとはいえこれはキツい。


ritobasu19-8.jpg
「クド公はひとりじゃないさ。ハルちんも補習組だから!」
が、葉留佳の点は鉛筆の奇跡が起こり85点。それでもクドのために自ら補習へ。
彼女に続くようにクドのためにリトルバスターズ全員が補習へ。
みんな仲が良いけどさすがにやりすぎな気がする。理樹と葉留佳だけで良かった気も。
けど最初に声をかけるのが謙吾ってのが良かった。個人的にこの中に佳奈多がいて欲しかったけどリトルバスターズのメンバーじゃないから仕方ないか。

以上第19話でした。
今週からクド編に突入。1期はクド編で締めかな。
これで4人目のヒロインだけど葉留佳ルート同様に「○○(ヒロイン)にはリトルバスターズが付いている」ってのが強調されたエピソード。
正確には小毬ルートEDからやってるけどそれがどんどん早くなってきているね。
小毬がEDのラスト、美魚がED殆ど全部で葉留佳ルートが中盤(17話Aパートで)。そしてクドが自分のルート1話目からだし。
これはリトルバスターズの絆が強まっているという事も意味しているのかな。支えるスピードや対応が早くなってきているということでもあるだろうし。

クドの国についてやったりこれからの動きについてちょこっとだけ触れた感じ。
まさかあんな展開になるとは思わなかったw
ただクドルートは原作じゃあまり好きな方では無かったり。

これからの動きと言えば冒頭で各ルートのフラッシュバックがあってびっくり。
似たような演出は2話でもあったけどあれっきりだから入れたの失敗した?と思ったけどここでも入れるって事は予定通りって事かな。
これから起こるであろう鈴の台詞まであったし。
実は各ルートを経験済み、ってのは後々どう触れるのかが気になるところ。
スポンサーサイト

テーマ:リトルバスターズ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2013/02/19(火) 23:50:53|
  2. リトルバスターズ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<仮面ライダーストロンガー感想 | ホーム | キョウリュウジャー第1話「でたァーッ! まっかなキング」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2314-f0129682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リトバス 第19話「きっと、ずっと、がんばるのです」

 今週はクドシナリオの一週目だからネタふりで終わり。そう思っていた時期が僕にもありました。  ふんどぐぼらぶわあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛
  1. 2013/02/20(水) 00:13:26 |
  2. Old Dancer's BLOG

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する