特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ゴーバスターズ第36話「ゴ―バスターライオー ガギーン!」

冒頭から街中で暴れるエスケイプ。
いいもの=パワードカスタムを見たいらしくゴーバスターズを挑発。
が、今は使えないらしく興味が無くなったエスケイプは早々に撤退。
実はニックたちはメンテナンスを受けていてパワーアップすることが出来ず。
強くなる代りにニックたちの負担も増えるから乱用はできないっぽい。

新たに手に入れたライオーに付っきりのリュウジとマサトを快く思わないゴリサキとウサダ。
ヨーコも冷たい!という事でバディロイド組合総会を作り温泉旅行などを提案するも軽く却下されるw
エネトロンをハイオクにすることってレギュラーとかもあるのかよw
仮にも第一線で戦うニックたちにハイオクじゃなくて一段落ちるレギュラー?を与えるのもセコイような気もする。
Jが特に興味ないのも以外だったし「デモもストもない」をまたやるとは思わなかったw

ばらまかれたメサイアカードの1枚が活動を始めメタロイドを生み出しメガゾード反応も。
それらを全て伝えてくれるライオブラスターに「僕たちがいる意味って・・・」と森下。
結局最後までフォロー無かったのが残念。次週に何かしらあればいいけど。
博士が生きていた時代にメサイアカードなんてないから、カードから生まれるメタロイドの反応自体は同じなのかね。

ストライキ中のバディロイドは出動しないのでヒロムたちだけで戦う。
ブルトーザーが元になっただけのことはあり攻撃・防御共に凄まじく必殺技を連発しても勝てず。
久々に熱暴走やカロリー(エネルギー)切れを起しかける2人。しかも暴走しても勝てるか怪しいと言う。
前回のヒロムVSエンターもだけど初戦で普通にspecial buster!をやってくれるから嬉しい。
必殺技も使わず肉弾戦だけで終らせたら相手の強さが分かりづらいし。

いつまでもストライキ中のゴリサキとウサダを諭すニック。
ようやく分かってくれる2人。この3人でバスターズ(バディロイド)、レディーゴー!は良いね。
大苦戦の5人だけどようやくニックたちが駆けつけた事によりパワードカスタムが使える。
何気に3人同時使用はこれが初めて。初登場はヒロム→リュウジ&ヨーコだし後はヒロム・ヨーコ単独だったからね。

待ってましたと言わんばかりにエスケイプも乱入。
ブルトーザーロイドはヒロム&ヨーコが、エスケイプはリュウジが相手をする。
以前戦った時は暴走寸前の状態で引き分けに持ち込んだけど今回は1人で圧倒している。
こういうパワーアップした事が分かる描写は好き。同じ組み合わせ同士の戦いだから違いがはっきりと分かるし。
ゴクとマゴクが散ったけどこれ自体もアバターだから次で復活してるっぽい。
エスケイプは撤退しヒロムとヨーコは必殺技で突撃。ヨーコのラピットキックは一度きりの技じゃなかったのかw
これでも倒せずライオブラスターを使う事に。最初から最後まで兄貴がうるせえww
チーターになる必殺技は好きじゃないからこっちのが良いけど毎週このテンションは辛い。

残るはロボ戦。ついにδにも寄生できるっぽいけどライオーがいるこの状況では危機に感じないw
ゴリラとラピットも出して3機合体。カッコいいけどエースのお役御免っぷりがひでぇ・・・
今にして思えば俺余ってるだろ!は可愛いもんだったw
初合体なので苦戦することなくあっという間に倒す。前見たく2機同時でメタロイド戦も並行しないと苦戦らしい苦戦はないね。
ラストはニックは合体できない、と全合体派としては笑えないウサダの言葉で終る。

以上第36話でした。
色々言われている下山脚本だけど今回ヒロムが毒を吐くようなことはなく。
代りにバディロイドたちが・・・
ウサダはあんな感じかもしれないけどゴリサキまでストライキとは。
ゴリサキはお母さんのようであり子供っぽい一面もあるけど、何よりもリュウジを尊重しているからライオーの研究に取り組む姿勢も分かってあげて欲しかったというか。
立場的にはニックと同じようななだめる側でもおかしくないんだけれど。

戦闘シーンは惜しげもなく必殺技連発しパワードカスタムになってからは気持ちいいくらいのゴリ押しで見応えあり。
リュウジ一人では引き分けが精一杯のエスケイプを一人で撃退するのはカッコいい。
次回はエスケイプも怪人の姿になるしバトルシーンも期待。

パワードカスタム・ライオーと来て新武器のライオブラスターも。
これも声が兄貴だけど、相変わらずカスタムバイザーまで兄貴の声なのか分からん。
バイザーはモーフィンブレスの人のがカッコよくて良かったな。
ライオーもブラスターも博士と言うより兄貴としてしか見れないし、既存のものとかけ離れすぎている。
やっぱバンダイ的にはどちらも博士が作った事にしたかったのかもしれない。

次回は初の女性型メタロイドで声は愛生ちゃんかよw
あやひーととまっちゃんはパワレンミスティックフォースに出てるしスフィア勢が特撮物に進出してきていますな。
これはみなちゃんも近いうちにくるでーw
特撮物だから声優さんが声充てるのは当然とはいえ若い女性声優が出るのは珍しい気が。
最近の作品で思いつくのはキバーラのみゆきちにメタルAのマリナ、ナビィのゆかりんくらいか。
スポンサーサイト

テーマ:特命戦隊ゴーバスターズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2012/10/31(水) 19:57:24|
  2. ゴーバスターズ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2
<<ディズニー、ルーカスフィルムを買収 | ホーム | リトルバスターズ第4話「幸せのひだまりを作るのです」>>

コメント

>博士が生きていた時代にメサイアカードなんてないから
博士が亡くなった時期によっちゃ実物のメタロイドすら知らない可能性もあるし、微妙に探索システムが違うのかも。森下達はエネトロン異常消費反応でメタロイドを探知してたが、今はそれが無くて苦戦してますし。
>エースのお役御免っぷりがひでぇ・・・
レッドのメカが抜ける点が剛龍神や牙大王に近いか?でもゴーバスの場合ヒロムがライオー操縦するからエースが使えなくなっちゃうからなあ・・・機体が丸々余るとモヤモヤする。ライオー自体は自律行動するんだしエースの方を優先して欲しいけど玩具販促的にそうもいかないんだろうな。
>若い女性声優が出るのは珍しい気が。
というか女性型怪人自体が少数なのでは。ライダーだと人間体が有る事が多いから役者さんだし、戦隊はお父さん対策だった昔の名残か女性幹部は役者さんが多いし女性声優の出演機会そのものが少ない気がする。
  1. URL |
  2. 2012/10/31(水) 22:31:42 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
コメントありがとうございます。返信遅れてすみません(汗

博士が生きている頃や管理局にいた頃って普通のメタロイドすらいなかったんですよね。
メガゾードだけはエースとかが開発済みだったので色々な波長パターンとかを想定して作ったんでしょうか?
エースの立ち位置はそれらに近いでしょうね。ただ最終合体に参加できないのが細大の違いでしょう。
剛龍神ではハブられたティラノサウルスも究極合体大神人では合体できましたし。
エースが全合体できないと分かった以上、ドラマとしての盛り上がりを期待するしかないですね。
U戯Oさんが仰るライオーが自動操縦でエースがヒロム操縦と言うのも終盤ならできそうですし。

>というか女性型怪人自体が少数なのでは。
毎年女性幹部はいれど怪人は少ないですよね。
玩具が男のしか売れないように怪人も男じゃないと子供の受けは悪いんでしょうかね。
そう考えると少ない枠の中に人気の若い女性声優たちが来るというのはなかなかレアな気がします。
  1. URL |
  2. 2012/11/02(金) 10:27:05 |
  3. 天道飛翔 #pDDeufHo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2207-5ce5acb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  1. 2012/11/10(土) 08:05:43 |

◎特命戦隊ゴーバスターズMission36「ゴーバス...

 エスケ:お久しぶりヒロム:やっぱり死んでなかったんだなφゴーバースターxエスケ :早く出しなさい、新しい力とやらを :この程度うんざり、また次回。いいものであるこ...
  1. 2013/02/07(木) 20:36:36 |
  2. ぺろぺろキャンディー

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する