特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ウィザード第5話「決戦のコンクール」

魔力切れのためにケットシーを逃してしまうウィザード。
大したことないなと晴人を避難する高木。良くこんな事言えるなw
本当はファントムに襲われたかったんじゃないか?と突っ込まれ図星の様子。
優勝できないくらいなら襲われた方がマシだと。それに切れるコヨミ。
なだめる晴人だけど本格的に魔力切れを起して眠ってしまう。

面影堂に移動して晴人の看病をするコヨミ。
凜子と瞬平は魔力配給されたコヨミが気になって仕方ない様子。
輪島がコヨミがファントムを生み出した後のゲートだ、と事情を話す。
命や記憶、希望もないただの魔力で動くだけの人形のようなもの。
だとしたら生み出したファントムはメデューサ?とか色々想像の余地があって面白い。
これも輪島や晴人の予想であって後あとどんでん返しがあるかもしれないけど。

自宅で練習する高木だと上手く行かないの鏡を叩き割る。
ここは割れずに苦労して何度か挑戦したらしいw
コヨミたちが訪ねてくるも厄介払い。そう簡単にドアを開けてどうするw
未だコンクールに出るのが気分次第な高木に「今を生きていない」とコヨミ。
自分が生きていないことをしり自棄を起こしていたコヨミだけど晴人に励まされ今があると。
今を受けいれて生きるしかないというコヨミの言葉に揺れ動く高木。

その頃ケットシーはダルそうにしながらも幹部2人から制裁?を喰らう。
行く先行く先で幹部2人が出てくるってこっちの方が先に絶望しそうだw
コヨミもしつこく付いてくる凜子と瞬平に苛立ちを感じながらも2人の暖かさに触れていた。
そして翌日のコンクール本番。意を決し出場する高木。
同時刻にケットシーも参上。フェニックスから何を貰ったかと思えばグールを出す欠片かいw
ドーナツを食べて待っていた晴人も変身。みんなが違う場所にいる中1人残って戦うのがカッコいい。
大量のグールを倒すも次から次へと湧いてくる。そこで使ったのがコピー。


uxizad5-1.jpg
コピー
おお、映画と同じだ。

uxizad5-2.jpg
コピー
キックストライクくるか!

uxizad5-3.jpg
コピー
!?


これは完全にサプライズw
映画を見た人程驚いたはずww
一晩寝たせいで魔力全開になったのかもしれない。魔力消費凄そうだから毎回は無理そうだけど。
逃げるケットシーをハリケーンで追撃。風に乗れるだけあって便利なスタイル。
やっぱハリケーンは使い分け出来てるね。便利すぎてこれだけで良いじゃんってのはあるけどw
必殺技はソードガンで。動きを止めて風の塊を飛ばして倒す。動きを止めたのに自分から斬りに行かないのは珍しい。
これはこれで良いけどキックストライクでの必殺技も見たかった。

ケットシーも倒しコンクールが終わった高木は清々しい顔。
優勝どころか入賞さえ出来なかったけど本人は満足。これからは海外に行って一から勉強しなおすとのこと。
コヨミと凜子たちの関係も少しは改善された様子。

以上第5話でした。
今回はアンダーワールドでの戦いは無し。デンライナー戦みたく月に1度くらいのペースに落ち着くだろう。
大人気?のケットシーは今回で退場。あんな陽気な人がどんな原因で絶望したのか知りたいw
ゲストのお悩み相談はもう飽き飽き、と言いつつも今回はコヨミらと上手く絡ませていたからそんなんでもなく。
コヨミは凜子たちの暖かさに触れ高木も今を生きると言う事を教えられたし。まだ序盤でコヨミが凜子たちに心を開いていないから上手く出来た話というか。
「絶望してもかまわないって言ってる奴ほど、絶望したくないんだよ」とか鋭い台詞も良かったな。
最初の内はともかく終盤にはどうなってんだろ>ゲスト話

高木は前半でピアノに関しては諦め気味だったけど、あれでひび割れが起こらなかったのは絶望と言うよりは失望に近かったからだろうか。
ファントムを生まれさせるのもゲートが勝手に絶望するんじゃなくてファントムが手を加えた上での絶望じゃないといけないとか。
ゲートとしての資質は残ったままだけど「今を生きる」という強い意志を持ったし、さすがに海外まで行ったら追っては来ないだろうから安心かな。
今回は海外行きで上手く交わしたけど今後はどうするんだろう。毎回ドラゴン戦や海外(遠くに引っ越す)を使う訳にも行かないし。
メデューサたちからしたら遠くに行った奴はともかく近くに残っている奴を再度狙わない理由はないし。

コピー×3のインパクトがでかいけどバトルシーン自体は1回だけと少な目。
まだ5話目だから確定ではないけれど、少なくとも今のところ後半の戦闘シーンが1回だけってのは嬉しい。
謎解きというかゲストの核心にせまるBパートはじっくりドラマを描いて欲しいし。
にしてもコピー×3は本当にびっくりしたw
グリーンの背景をバックに映像コピーしてそうだからガタキリバよりは活躍頻度があるかも。
ムービー大戦じゃフォーゼも巻き込んでコピーして全ステイツ&スタイルの並びとかを見たいw

とりあえず5話(1か月)経ったけど今の感想としては突っ込み所はあれど面白い。
キバやオーズも最初の1か月は面白かったから油断ならないけどw
やっぱ最初に謎を出されてそれを解く楽しみがある平成初期のちょっと暗い作風のが好きなようだ。
あんま晴人に関しては突っ込んでないけどまだ引っ張る気か。映司は中盤~後半に触れ始めたけど弦太郎は最後まで良く分からなかったから晴人に関しては早めに掘り下げてほしい。
フォーゼヒロイン達に続きコヨミや凜子といった女性陣も可愛かったり凛々しかったりで良いね。(ユウキは好きになれなかったけど)
反面瞬平は本気でいらん。顔芸も気持ち悪いし朝からたまったものじゃない。
凜子はまだ情報持ってきてくれそうだし前回みたくゲートを保護したりと役に立ちそうだけど瞬平はどうすんだよこれ・・・
他には魔力(切れ)に関してだけど、どの指輪がどれだけ魔力食うとか細かい設定はなくて、コヨミへの魔力配給が一番多くて他は変わりないくらいにしておくのかな。
魔力配給>コピー・キックストライク>その他>コネクト・ガルーダ等、なイメージが。
この手のMP的な概念はどうもガッシュを思い出すw
あれも最初はザケル10発で心の力が切れたけど、終盤はバオウザケルガ3発に強力呪文連発。
果てには全員の「シン」を連発できるトンデモ状態だったけど終盤の晴人もそんくらい吹っ飛んでるんだろうかw

uxizad5-4.jpg
色々話題になっているムービー大戦もCMが。
既に情報が出ているようにイナズマンやらポワトリンやら。
ポワトリンって90年放送だからちょうど俺が生まれた年なのか。
どうも最近の映画の第一報はがっかりすることが多い。自分の世代じゃないヒーローがリメイクされること程どうでも良い事はない。
レッツゴーのキカイダーたちはオマケで宇宙キターのキョーダインなんてあの扱いだし。
個別パートは諦めてフォーゼとウィザードが共演するムービー大戦パートを楽しみにするしかないかも。
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーウィザード - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2012/09/30(日) 11:34:17|
  2. 仮面ライダーウィザード
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:4
<<ゴーバスターズ第32話「ギャバンとの友情タッグ」 | ホーム | S.H.フィギュアーツ クローモジュール&コズミックステイツ魂ステージ>>

コメント

とりあえずマツケンでもキョーダインでもAKBが防衛チームでも驚かなかったので、今回もそんなに…w

ってかあれですよね、MEGAMAXは面白かったけど、一旦この企画休むべきだと…。

今回は国家試験受けに行ってたので先程一回見ただけなので具体的な考察は出来ませんが、ゲストが脇を固めるドラマ要因って感じで良かったですね。

あくまでゲートとしてのドラマを描いて必要最低限に、そしてあくまでメインのドラマは晴人達で…。まぁ、普通はこんなんなんですよね、何で今までこれが出来なかったのか…。

にしてもメデューサの子、可愛いなー、1個年下というのが残念でならん(まさかの話逸れw




直接関係はありませんが、お引越し機能を使ってFC2でもブログを始めさせていただきました♪記事はまだ全てYahoo!からの引用なのでまだ挨拶やらの投稿もしてません…。

FC2に関してはまだまだひよっこなので、宜しくお願いします♪


http://smartbrain1022.blog.fc2.com/



  1. URL |
  2. 2012/09/30(日) 22:37:09 |
  3. 疾風サイクロン #-
  4. [ 編集]

>疾風サイクロンさん
いつもコメントどうもです。
マツケンでもキョーダインでも驚かなかったって凄いですねw
見てみるまで分からないとはいえ自分はガクッと来ましたよ。
こんなのが続くならムービー大戦は一旦お休みでも良いかもしれませんね。
MEGA MAXは素晴らしい出来でしたけど今回は不安しかありません・・・

今回の話の作りは良かったと思います。
ゲストとは近すぎず遠すぎずでコヨミの話をできましたし。一貫して「晴人が希望になる」ってのを貫いているのは良いなーと。
結局ゲストを中心に話を展開できたのは、ゲストを描く事をそのまま戦う理由・街を愛する理由になったダブルだからこそ成せる事であってオーズやフォーゼでは無理があったんですよね。
コヨミも好きですけどメデューサの子も可愛いですねw
以外に身長高くて驚きました(汗

そしてFC2でもブログを始めましたか。1Gまで無料ですし結構使い勝手は良いですよ。
ホームページの方は頻繁に画像が落ちるのでオススメしませんがw
  1. URL |
  2. 2012/10/01(月) 00:07:21 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

本編も少し一区切りがついた印象ですね。
全体的にサラッとした作風と主人公のカッコよさがいい感じに出てきたのが見てて面白いです。
ただ1話を見た時の期待値よりは結構下がったなというのが正直なところです。

まず天道さんも仰る通り瞬平が本気で鬱陶しいのが理由の大半ですね。
役者さんに失礼だとは思いつつも普段の表情から顔芸の端から端までが気持ち悪く
画面に映るたび不快感がこみ上げてきます。
狙ったドジ要素もテンポを損なう上に何も面白くないですし、
凛子とポジションがそこまで違わないうえに警察や車の運転といったオプションまでない始末。
今まで気に入らないキャラは何人もいましたが「いるだけで視聴が苦痛になるキャラ」は彼が初めてです。

あと1話の時以上に他の媒体の創作作品からの影響が強く
サバト関連も完全に某漫画の展開に沿っていたのが残念でした。
まだまだ展開はあるのでしょうけどもこれ以降も多分オリジナリティを感じることはできなそうというか。
今のところ脚本のきださんならではの魅力もなくサブライターっぽい人だなという印象です。

ただ悪い面が見えてきつつもアクションは歴代でも一番かっこいいと感じていますし
これ以降の新フォームに対する期待やヒロインが本編にがっつり絡んだストーリーなど
様々な期待できる要素があるのでこれからも楽しんで視聴したいと思います。
特に戦闘は剣の逆手持ちや色々と見せ方を工夫しているのが嬉しいです。
まあハッキリ言えば瞬平さえいなければ普通に面白いのになと。

>みんなが違う場所にいる中1人残って戦うのがカッコいい。
やはり陰で戦うシーンというのはかっこいいです。
演奏をバックに戦うのも平成でもよく見る演出になってきましたね。
ノブナガは忘れましょう。

>色々話題になっているムービー大戦もCMが。
まさか劇場版で浦沢脚本とは…。
ポワトリンの脚本担当だったらしいので当然といえば当然なのですが
正直貴重な映画枠で浦沢空間をやられてもな…というのが正直な感想です。
フォーゼも5年後と弦太朗を教師にしたいがための設定に見えてしまい微妙です。
プレゼンターが投げっ放しになるのかも不安です。
まあ歴代屈指の出来だったMEGA MAXも最初は
「また財団? 主役差し置いてWがセンター? サッカーでなでしこ?」という感じだったので
今回もいい意味で予想を裏切ってくれればなと思います。

また他記事ですがS.I.C.のオーズは素晴らしい出来ですよね。
生物のキメラというS.I.C.の特徴をフルに活かせる題材で久々にいい仕事をしたというか。
いきなりタジャドルということで間のコンボが抜かされないか心配ですが
初めてS.I.Cを本気で集めたいなと思いましたので他のコンボもぜひ出していただきたいですね。
まあプトティラを出して終了が一番現実的なのでしょうけど…
こういう造形物の出来や最終回とMEGA MAXなどの評価で
中盤かなり酷かったオーズでもとても面白い作品に見えてくるのが色々上手いですよね。
単純な面白さとは関係なくなにか惹きつける魅力があるので作品を好きになってしまうというか。
あれだけ売れたのも納得してしまいます。
  1. URL |
  2. 2012/10/03(水) 01:31:15 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
コメントどうもです。
やっぱり瞬平は鬱陶しいですよね。さっかく面白い展開になってもつまらない顔芸や過剰リアクションでで冷めますし。
凜子のようなサポートが出来るわけでもなくいるだけで面白いというキャラでもありませんから。
雑誌見たら役者さんは本編よりはカッコよかったのですが・・・

>あと1話の時以上に他の媒体の創作作品からの影響が強く
>サバト関連も完全に某漫画の展開に沿っていたのが残念でした。
某漫画だったり某魔法少女を彷彿させるような設定はありますね。
1か月経った今でも「どっかで見たことあるな」や「なんかキバっぽい」という雰囲気は抜け切れていませんし。

アクションは本当に素晴らしいと思います。
コートを靡かせながら戦うのはカッコ良いですし新しい指輪を使うたびに「どんな効果が?」とワクワクして見れます。
ウォーターとランドは怪しいですがハリケーンは上手に差別化出来ていますし風に乗って攻撃やソードガン逆手持ちなどは良い味出してるかと。
今週は高木の演奏をBGMにして戦うのもカッコ良かったですしね。
ノブナガもバレエを入れなければ悲壮感漂う戦闘だったのですが・・・

>まさか劇場版で浦沢脚本とは…。
今のところ映画要素は不安しかありません。
仰るようにMEGA MAXの時も最初は嫌な予感があったので見てみるまで分からないとはいえ今回はさすがに・・・
フォーゼ5年後はびっくりですね。未来に時間移動とかじゃない限り思いっきり時間軸がずれているような。(ダブル&オーズの時点とはいえ)
とりあえずプレゼンター関連をやってくれればそれで良いです。

>また他記事ですがS.I.C.のオーズは素晴らしい出来ですよね。
久しぶりにSICを買ってしまう程カッコ良かったです。
近年のSICはちょっとディティール入れただけで「はいアレンジ入れましたよー」的な印象しか無かったのですが、今回のオーズは本当に凄いアレンジです。
もうこれがSICだ!ってくらいのアレンジで大満足です。
仰るように次がタジャドルなのでガタキリバたちが飛ばされないか不安で仕方ありませんw
自分もオーズのSICは全部集めたいと思っているので続いてほしいですね。
さすがにタマシーやスーパータトバは厳しいかもしれませんが売上次第ではもしかして?もありえるので。

>こういう造形物の出来や最終回とMEGA MAXなどの評価で
>中盤かなり酷かったオーズでもとても面白い作品に見えてくるのが色々上手いですよね。
ですね。オーズ好きな自分でも中盤は擁護不能の酷さですが、最終回や映画は飛びぬけて面白いですし。
上手く言葉にできませんが惹かれるものがある作品なんですよね、オーズって。
  1. URL |
  2. 2012/10/03(水) 18:55:05 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2178-7c98b681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーウィザード 第5話「決戦のコンクール」

仮面ライダーウィザードの第5話を見ました。 第5話 決戦のコンクール なかなか絶望しない高木に苛立ちを募らせるファントム・ケットシーの前に晴人が駆けつけるのだが、晴人
  1. 2012/09/30(日) 11:50:36 |
  2. MAGI☆の日記

仮面ライダーウィザード 第5話「決戦のコンクール」

仮面ライダーウィザードの第5話を見ました。 第5話 決戦のコンクール なかなか絶望しない高木に苛立ちを募らせるファントム・ケットシーの前に晴人が駆けつけるのだが、晴人
  1. 2012/09/30(日) 11:50:37 |
  2. MAGI☆の日記

仮面ライダーウィザード 第5話「決戦のコンクール」

仮面ライダーウィザードの第5話を見ました。 第5話 決戦のコンクール なかなか絶望しない高木に苛立ちを募らせるファントム・ケットシーの前に晴人が駆けつけるのだが、晴人
  1. 2012/09/30(日) 11:50:39 |
  2. MAGI☆の日記

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する