特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

劇場版フォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ! 感想

120805-01.jpg
本当は昨日更新するつもりだったんけど急にバイト入ったから更新できず。
いつものように完全ネタバレで行くので見てない人は注意。

まずはゴーバスターズ。
今回はどう見ても東京タワーにしか見えない東京エネタワーが舞台。
上空から写しているシーンだと至る所にエネトロンがあるのが分かる。
1つの地区に1つらしいから、東京23区(正確には同じ東京じゃないけど)として23個はあるわけだ。
冒頭から3人は新スタックマシン・フロッグのお迎えに。少々我が儘なところがありいかにもバディロイドといったところ。
基本的に夏映画は色変えのロボが登場するけど、ゴーカイジャーは偽ゴーカイオーが敵として出ただけで新規の味方ロボはいないから2年ぶりの復活に。

そんな中エンターが生み出したスチームロイドが現れて噴水にある水を大量摂取。
ゴーバスターズが登場してバディロイドと共に名乗り戦闘開始。
ヒロムの登場の仕方がまんま1話の再現で良いね。

「仕事の邪魔をするな!」
「お前こそ俺たちの仕事を増やすな」

ってやりとりが良いw
3人ともワクチンプログラムで得た能力を生かして戦闘。ヒロムの高速移動がいつものようにカメラ固定じゃなくてカッコいい。
水を入れ終わったスチームロイドが蒸気?らしきものを出して退散。
その蒸気はバディロイドたちに使われている特殊金属を錆させるもの。
これでバスターマシンを封じ東京エネタワーを使った作戦を実行するエンター。
展望台と特別展望台の間に装置を設置してエネトロンを回収、周りを亜空間へ転送するというもの。

マサトたちも来るもののJも蒸気にやられたようだ。
2人が加入すると同時期に取ったせいか「被ってるだろ!」でさえ懐かしく感じるw
敵ながらあっぱれ、とのことだけど引くわけにも行かないヒロムたち。

大量のバグラーたちがいるエネタワー前に行きスチームロイドを倒す事に。
フロッグに載せられてエネタワー前に行き熱暴走状態のリュウジも突っ込ませるという無茶な作戦に。
ヨーコが援護し加速したヒロムが一気にスチームロイドの前に行きバトル。
高速移動でかく乱してるのに見抜かれた?と驚いたけどパイプに石を入れたのか、あれは上手い。
ヒロムにしては攻撃もせず後ろだけ取ってるからおかしいと思ったんだ。
これで勝てる!という訳ではなくチラシに印刷されたニワトリを見てフリーズ。
フリーズネタは随分久しぶりだw
リュウジも熱暴走で疲れきり助けに入ったヨーコもカロリー切れでダウン。3人揃ってボコられる。
ヒロムとヨーコはスーツ状態なのに生身でやられるリュウジの扱いww

フロッグが助けに来てくれたおかげで難を逃れるけど作戦失敗に変わりはなく。
それどころかエンターが一気に5体のメガゾードα・β・γ・δ、そして謎の1体を転送することに。
メガゾードでやるとはいえ序盤でエンターがやりたがっていた「数で攻める」が映画で実現かw

本日3度目の変身をしてバスターズレディーゴー!
先月東京タワー行ったばかりだからこの赤い階段を覚えてるw
実際あそこでアクションするのは凄く大変なことなのにスーアクさんすげえな。
エネタワー内に入っても激しいアクションを。1対1では苦戦するけど3人揃えば敵ではなく。
外に吹っ飛ばして空中でIt's Time for Special Buster!移動できない空中でやるとは容赦ないなw

メガゾード転送時間が来て4体転送。ヒロムたちもエースに載り迎え撃つ。
エースがラピットに連れられて外から、ゴリラが地上から装置を破壊しにかかるけどここにきてエンター専用のメガゾードがw
地味に強く海まで吹っ飛ばされるエースとゴリラ。
やられたと思いきやビートルとスタッグ、そしてフロッグが助けに来てくれる。
フロッグはマサトが開発、バスターマシンのプロトタイプのようなもので合体にも対応しておりエース・ゴリラと合体してゴーバスターケロオーに。
改めて地上はバスターヘラクレスに任せてケロオーはエンターが載るメガゾード一直線。
途中の光線を合体解除で交わしてヒロムはエンターと一騎打ち。

エンター「もらったああああああああああああ!!」

ここは映画館大爆笑www
中間管理職でストレス溜まっているせいかはっちゃける。
エンターどんだけ苦労してるんだよww黒木指令まで何やってんのwww
地上でも全てのメガゾードを倒して無事に平和が訪れる。
最後はキャスト陣が歌うEDをバックに東京エネタワーを観光する一同であった。

というわけで劇場版ゴーバスターズでした。
3人の加速やパワー・超脚力と言った長所、ニワトリでフリーズなどのウィークポイント・新ロボにエースだけでフィニッシュなど出来ることは全部やった30分。
ゴーバスターオーよりエース単独で活躍する方が嬉しいからエースで決めてくれたのは嬉しい。
今回の劇場版で改めてゴーバスターオーやグレートゴーバスターよりもエースの方が好きなんだと再確認。
アクション的にはエースの方が良く動くからカッコいいしね。

エンターも大活躍w
話的にエスケイプがいてもいなくてもなりたつけど少なくともマサトやJが加入以降の話であることは間違いなし。
スカイツリーと比較しているのは何か意味があるんだろうか。本当はスカイツリーでやりかったけど予算うんぬんとか?
199ヒーロー以降「戦隊も90分やって欲しい」と思うようになったけど今回は30分で正解かと。
30分だからこそテンポよくダレることなく仕上がったんじゃないかな。
良く出来てるけど結局は戦隊映画によくある「豪華な30分エピソード」って感じだけど。


続いてフォーゼ。
橘さん・立神率いる理事長が財団Xと取引を始めるところから始まる。
財団Xに売り払うのは12個のホロスコープススイッチ。
売っていいのかよ!?と思った矢先に原幹恵演じるインガがスイッチを奪う。
襲い掛かる財団Xを軽く払いボディーガードのブラックナイトも参戦し蹴散らしていく。
ここで橘さんと立神がリブラ・レオに変身。「え、売り渡したんじゃないの?」とここらへんは完全にポーカン。
キューティーハニーの頃より原幹恵
のアクションが上達していて驚く。
当時は「良く動く」くらいだったけど、今はパンチやキックに重みが増した感じ。

結局スイッチを奪って逃げ出す2人。
連中は仮面ライダー部に任せておけば良いと余裕の理事長。
そのライダー部は大杉から緊急収集がかかる。臨時教師?はゲストのアンガ山根w
ラビットハッチには木下あゆ美演じる白山という女性が。
弦太朗らがライダーであることやこのラビットハッチの存在も知っており話に来たのだという。
宇宙の平和を守る組織「OSTO Legacy」なる組織に所属しており宇宙にあるXVIIを破壊したいというもの。

早速車で送られるものの途中でインガとブラックナイトの妨害に。
フォーゼはブラックナイトと、流星は生身でインガとの戦いに。
フォーゼVSブラックナイトはスイッチ連発で見ていて楽しい。
TVシリーズを見ている時は「ここでこのスイッチ使えばよくね?」と想像してるけど、マッシグラーに載った状態でガトリングってのは想像してなかったw
飛び道具が付いていないマッシグラーに運転している状態で自動発射のガトリングは上手いね。ランチャーも一緒に使えば良かったけれど。
ウインチで拘束して勝ったと思われたけどすぐに立ち上がるのはまさに機械というか。
流星VSインガも激しいアクションを。寸止めしてからのパンチは流星が弦太朗に止めを刺したときのアレか。
戻ってきたフォーゼのおかげで難を逃れるけど流星は腹部にダメージが。

OSTO Legacy本部に到着し宇宙に行くための訓練開始。
アクエリアス回でも特訓をやったけどそれを楽しくした感じ。ここらへんは役者陣も楽しんでそうで良いね。
一通り訓練をこなしてさあ月へ!という時に12ホロスコープス勢ぞろい。
ライダー部のみんなを生かせてW変身!これは先にテレビで見たからそこまでの感動はないかな。
バトルはスイッチ・リミットブレイクをフルに使った戦闘。
まさにテレビじゃできない映画だからこそってシーン。
偽者と言っても弱いわけではなくある程度の強さを持っており中でもサジタリウスとレオはさすがの強さ。
カメラで撮影→レーダーでチェックとかハンドでメディカルを使うとかは面白い。
強敵が多い中少しずつ倒していっても強敵だけは4体残る。
そこに現れたのが新ライダーウィザード。もうマント翻したのがカッコよくてカッコよくて。

「そんな簡単に仮面ライダーを名乗るな!」

って台詞は思わず笑ってしまう。
近年のライダーは「仮面ライダーである」ということに意味を持たせているからウィザードの立ち位置は平成初期に近いんだよね。
作品としては面白いけど別に「仮面ライダー」じゃなくとも成立するっていう(龍騎とブレイド別として)。
そういう意味では

「人知れず悪と戦うことだ」
「じゃあ俺も仮面ライダーだな」

のおかげで全作品が「仮面ライダーである」ということが通用するわけだw
ここからはウィザードのアクション開始。
戦闘BGMが魔法ちっくというかちょっとブラックな感じがあってかっけえええええええ!
マントを翻したアクションに魔方陣・電信音声とカッコよすぎる!!
ビックで手を大きくしたりコピーで自身が分身したりw
ディケイドのイリュージョンもだけど分身が許されるのはサブライダーまでだろww
4体に分身した時点でフレイム・ウォーター・ハリケーン・ランドの各スタイルに変身して決めてくれるのかと思ったけどそのままライダーキック。
ダブル・オーズはメモリ・メダルチェンジしたから期待してたけどさすがに指輪ギミック先見せが限界かな。
キックの時に「サイコー!」って聞こえたようなw
残ったホロスコープスを倒して見送るウィザード。数ヶ月経ってからこのシーンを見返すとウィザードも別人に見えるんだろうな。
比較的本編に近い21のコアメダルゲストの弦太朗でさえ髪型や雰囲気が違ったりしてたし。

カンナギが使っていた同型の宇宙船に載っていざ宇宙へ。
強力なGを抜けてXVIIの攻撃を掻い潜り内部へ。4個ある装置を爆弾で破壊すればミッション完了とのこと。
窓を開けた瞬間にインガが入ってきたのはびびったw
またしてもフォーゼVSブラックナイト、流星VSインガが勃発。
大文字もパワーダイザーに載って応戦。久々に輝いている大文字を見れたw
大文字だけでなくライダー部一同、SF作品に出てきそうな銃を持ってアクション。
大の男に混じって美羽の人が凄いアクションしていて驚き。モデルだけあって立ち回りも綺麗だね。

ライダーキックを喰らっても立ち上がるブラックナイトは凄すぎだ。
それでも振り切って爆弾を付けようとする。
ここらへん凄いシリアスなのにユウキのせいでぶち壊し。
途中でもトラップがあったりと機械と友達になるのは無理・・・と諦め気味になる弦太朗。
4組にバラけた面々も爆弾を付け終り後は流星&友子コンビのみ。
銃を付けられて怯む友子だけど流星の助けもあり無事爆弾をセット、一斉に起動させてミッション完了。
何故撃たなかったの?と友子。年頃の女の子を見て撃てるわけがないとインガ。
何やら雲行きが変わってきた感が。

メインルームに行くとインガをつれた流星&友子到着。
本当の敵は白山とOSTO Legacy社長の冴葉。爆弾で制御装置を壊すことでキョーダインとしての力を取り戻す。
元はインガの父がキョーダインとブラックナイトを開発したけど、自我を持ったグランゼル・スカイゼルが襲い掛かる。
死の直前に制御装置を起動したおかげで2人は人間に擬態した姿しか維持することが出来なくなった。
制御装置を壊す手段を失ったためライダー部やフォーゼ・メテオの力を利用して自分たちの力を取り戻そうとしたわけだ。
本性を発揮し攻撃してくるキョーダインの一撃をブラックナイトが庇い爆死。
自我を持った機械とそうじゃない機械の良い対比なのに呆気なさ過ぎる・・・

「頭にキター!」

で変身する2人。流星よ、ここにきても正体を気にするかw
逃げるライダー部をパワーダイザーで援護する大文字。
さすがに1人ではきついダイザーだけど美羽とJKがダイザーに載って駆けつける。
XVIIに軍事用で保管されていたダイザーを操りパワーダイザー・クイーンダイザー・JKダイザーが戦う。
JKはコーマ戦で戦えることが分かってるし美羽も8話を見るに体力消費は凄いけど扱えないことはないみたいだ。
無事にザコを振り切り地球へ帰還するライダー部+インガ。

その頃フォーゼとメテオは謎の光線を受けて変身解除。建物下まで落とされてしまう。
XVIIを掌握したキョーダインは日本の海に向けて威嚇射撃を。
次はフルパワーで撃つという。このアナウンサー本物じゃw
落下した2人を助けてくれたのはXVIIの本体?
システムは奪われたけど自爆機能だけは生きているのでそれを使うとのこと。
機械とも友達になりたい弦太朗は反対するがもう手段はないと流星。
地球に向けた光線を止めたら自爆は止めることを約束しコズミックに変身、ワープを使いXVII本体の前まで。
リミットブレイクを使いビームを撃とうとしているXVII本体毎月までワープし危機を回避。
巨大な物体毎移動、ということでハイパーカブトを思い出した人も多いのでは?

ダブルリミットブレイク以上の無茶をしたせいか40個のスイッチ全てが使用不可能状態でラビットハッチに送られる。
例のポーズを交わしてこれでXVIIとも友達に。と思った瞬間キョーダインの2人が戻ってきて破壊されてしまう。
変身できない弦太朗とメテオはキョーダインの2人に一方的にやられる。
ラビットハッチに戻ってきたライダー部は新たなスイッチを弦太朗に送るために使用不可になったスイッチを学校中の生徒に配り始める。
弦太朗と関わりのある人に教えてもらえば絆の力で新スイッチが誕生、弦太朗の元へ送られるとか。

これまでのスイッチャーや関係者を回りスイッチを配り始める。
ライダー部を除いたら30人強だけどそんなにいる?と思ったら案外いた。
スイッチャーだけでなく事件の関係者にも配るけどこの中に弦太朗=フォーゼと知らない人もいるのに良いのかな。
弦太朗の事を覚えばそれで良いからフォーゼであることを知らなくとも良いかもしれないけど。
言っちゃ悪いけど「数合わせ」にしか見えなかった。
新田が出てきたのは嬉しい。キグナスの江口もいたし醜いアヒルの子会長のミサ。
もう大学生になったコーマの子や陸上部の野本など。
一番子供たちが知ってそうな反応はエリーヌだったかな。子供たちが「エリーヌだ!」と反応していたように見える。
最近までやっていたおかげで覚えてる子も多そうだ。
最後に「私もいいかな?」と理事長が来たのは感動した。21のコアメダルといい敵が力を貸してくれる事ほど燃えるものはない。
ここらへんダブル以降夏映画=1年の集大成になったからこその恩恵を受けられる。

全員でカウントダウンしてスイッチオン!
40番のユウキから始まり全員でオン。理事長はドリルのようで最後はロケットの賢吾。
ライダー部で始まりライダー部で終るのが良い。
全員の絆が届いてフュージョンスイッチが完成、弦太朗の元に送られる。
変身と同時に起動するとメテオの力と合わさりメテオフュージョンステイツに。
身体はメテオストーム、顔はフォーゼ+メテオのカラーリングに。正直ダサいw
ベルトのソケットは

メテオ・ランチャー・ドリル・フュージョン

に。メテオが○型だから仕方ないとはいえ個人的には

コズミック・メテオ・ドリル・フュージョン、バリズンソードにメテオストーム

の配置が一番綺麗だと思ったり。
バトルは宇宙でも行いバリズンソードを構えてマッシグラーに乗ったり、合体したキョーダインに対してダイザーを使ったりと全戦力をフルに使った戦いに。
必殺技は当然ライダーキック。フォーゼ・メテオのイメージが出てくるのが良い。

戦いも終り各々の生活に戻る一同。
流星がインガにキスされて影から見てる友子が可愛いなw
最後は弦太朗がスクリーンの前にいる君とも友達に!と宣言。
こうやって振られると子供は嬉しいんじゃないかな。


以上劇場版フォーゼでした。
全スイッチ&宇宙での戦いなどテレビでは出来ない事を映画でやってくれた感じ。

まずストーリーの感想からでも。
とりあえずキョーダイン要素は別にいらなかったなーと。宣伝のために名前だけ借りたようなもんだし。
キョーダイン要素が入ったせいでストーリーや雰囲気があまりにもテレビ版からかけ離れている。
いつもの宇宙キターや仲良しライダー部で持っているだけで中身や雰囲気は別物。
ダブル・オーズ共に本編のサイドストーリー的な立ち位置で予算があるから映画でやるけどテレビ版でも問題ないよねって言う映画だった。
T2ガイアメモリ・失われたコアメダルと本編でありえたかもしれない要素が続いて「キョーダイン」では訳が分からない。
これならまだT2ガイアメモリの二番煎じと言われようとも「最新技術で作られたアストロスイッチ」とかの方が納得はできる。
フォーゼのアストロスイッチは既に旧式だからカンナギが残した資料から財団Xが新型を作った、とかね。
それにフォーゼの映画は3本目でどれもコラボばっかりだったから純粋にフォーゼ単独の映画も見たかった。
去年のお助けキャラで終わった将軍様と違って今年はモロにストーリーに関わってきてしかも最後まで敵だしね。
そのキョーダインはリメイクされて復活。これは賛否ありそうだね。
ファンの人には悪いしこれは完全に個人の主観になるけどギャバンは現代でも通じるデザインだからVSゴーカイでそのまま出れたと思うけど正直キョーダインを元デザインのまま出すのはきつい・・・
そういう意味ではリメイクは一つの手段ではないだろうか。少なくとも初めて見る俺にとってはリメイクの方が好き。

弦太朗は機械とも友達になる!と宣言してたけど目の前にいるキョーダインとは何も言わず聞かず。
テレビ版以上に友達・絆が強調されていたけど、テレビ版以上にうるさくて騒がしいだけで伝わってくるものは何も無かった。
まずは目の前にいるやつから説得しろや。
ユウキに関してもシリアスな場面でさえ「あー!あそこだー!」とかアホかと。
TVシリーズもだけどユウキのせいで雰囲気台無し。

一番の感想シーンである全校生徒のカウントダウン。
MEGA MAXでライダー部とカウントしたのを見た時は最終回でやると思ったけど映画でやるか。
上でも書いたようにスイッチャー以外でもOKだったとは。
両親が喜んでくれるから友達になってるって話を聞いた時から弦太朗は友達に「なる」じゃなくて「作ってる」としか見れてないからあんま感動しなかった。
ここ良いシーンですよ~泣けるシーンですよ~って作り手の声が聞こえてくるようでそこまででは。
そりゃ理事長や宇津木先生・教授といった大人たちまで出てきてくれたのは嬉しかったけどさあ。
何よりも恐ろしい程AtoZと被る。住人が屑揃いだった風都市民に応援されるよりは今回のほうが良かったけど。
ダブルとフォーゼの放送順が逆だったらまた違う印象になったんだろうけど

他に気になったのはスイッチャーがいないのに実体化したホロスコープスや倒したはずのホロスコープスがいるのにいまいち反応が薄い弦太朗。橘さんと立神が財団Xに渡したはずのスイッチを持ってることかな。
ここらへんは盛り上げるためにやったんだろうけどもうちょいフォローは欲しい。
何の説明も無くただ盛り上げるためにやるんじゃディケイドまでの平成ライダーのライブ感笑えないわ。
ストーリー的には44話と45話の間くらいかな。
ピスケススイッチがあるけど12スイッチはコピーや偽者と考えれば納得いくし。(それでも奪われた時に「どうせ偽者だから構わんよ」くらいはほしかったけど)
なにより今週の橘さんを見ていると円満に理事長サイドに戻れるとは思えないw


続いてバトルシーン。
雑誌で言われていたように40スイッチをフルに使ったホロスコープス戦が見物。
人によっては最終決戦よりここがピークだったのでは?
作り手もMEGA MAXを超えるには全部使うしかない!とのことでかなり意識はしていたようだけど、OPかかっていたMEGA MAXの方が燃えたかもしれん。
MEGA MAXは告知なしで来たのと今回は40個使う!って期待して見た差なのかもしれないけど。
MEGA MAXはOP(1分10秒)に合わせてステイツチェンジやカメラ・パラシュートなど一部除外して使ったけど今回は明らかに戦闘に向かない奴も無理矢理入れるハメになったからちょっとテンポ悪いしね。
40個全部使うのも凄いんだけど予想の範囲というか「普通に凄い」としか書きようがない。
それどろこか単純な疲労にもメディカルが効くなら普段から使えよと。メディカルは毒に対してしか効かないもんだと思ってたから。
○○が重傷→何でメディカル使わないんだよ→きっと毒専用なんだよ。
ネットでこのやり取りを何度見たか分からないw

ここでウィザード登場は上手。
これまでは最終決戦直前に参戦することになったから「おいおい」な面もあったけど宣伝があるから登場させない訳にも行かず。
なら早めに出てもらおうって考えは凄く賛同できる。ここは中島氏良い仕事した。
戦隊で言うならAパート始めにロボ戦を済ませちゃうようなもんだね。最近ならゴーカイのジェットマン回とか。
ウィザードの戦い方はかなり好き。カブト・ディケイドのようなスタイリッシュさを感じる。
ベルトが手なのはダサいと思ったけど映像で見ると全然気にならないね。それよりも綺麗な魔方陣に目が行く。
けど指輪の付け替えは面倒くさそうだ。メダルよりはテンポ良さそうだけどいちいち取り外しか。
右手左手1個ずつみたいだけどせめて2個付けられれば。

ラストバトルはフュージョンステイツに。これで平成2期ライダーは全員最強フォームのさらに上が存在することに。
デジモンも究極体のさらに上があったりと、最強フォームのさらに上って要素は大好きだから嬉しい。
VSキョーダインだけどキョーダインが強く見えなかった。
これまで謎の合体光線でいつの間にか2人が変身解除。後は疲労困憊の2人を痛みつけるだけでそんなに強さは伝わってこなかった。
合体光線に気をつければコズミックとメテオストームでも勝てたんじゃないの?っていう。
最初はダサいと思ったフュージョンステイツも平成ライダーによくある動けば気にry
単体で動いた時はそんなんでもないけどバリズンソード持ってマッシグラーに跨っている姿は素直にカッコいいと思えた。
そしてメテオの動きを真似る高岩さんすげえw

ざっと書くとこんなものかな。
珍しくテレビや雑誌でネタバレしてないなーと思ったらもうネタバレするところが無かったというw
それでもフュージョンステイツくらいは隠し通して欲しかったかな。
監督は坂本監督だけあってよく動くけど相変わらずカメラブレが凄い。
バトルシーンはいくら動かしてもいいけどドラマパートまでブレるのはきつい。
こういうのは一度意識しちゃうと駄目だね。気になって仕方ない。

ゴーバスターズ・フォーゼ共につまらなくはないけどめちゃくちゃ面白いわけでもなく「普通に面白い」としか。
ゴーバスターズはエンターが良い味出してたけどね。
パンフのインタビューだとエンターの役者さんが「映画終わった後テレビでのエンターの撮影が分からなくなりました」ってw
フォーゼは面白い部分がある反面キョーダイン要素も強くて別にキョーダインいなくとも・・・と素直に乗り切れないところはあったし。
40スイッチを使ったバトルを良かったけど期待しすぎていたかもしれない。
決してつまらない訳じゃないけどMEGA MAXに比べたらうーん・・・って感じ。
そのMEGA MAXに出てきたカンナギ関連やS-1ワッペンを弦太朗が付けてるってのは良かったけど。
何と言うかいろいろとMEGA MAXが凄すぎた・・・

そういやスカイタワー西東京でロケットステイツが撮影してる、ってのが5月くらいにあったけど映画じゃないのか。
映画じゃないってことは本編でやる?


120805-02.jpg
そして年に1度の楽しみであるトレカ。オーズ同様3種類に。
もうダブルまでの4種類は戻ってこないのか。ディケイドの5種類が懐かしい・・・


120805-03.jpg
120805-04.jpg
まずはフォーゼパック。裏側はアストロスイッチに。
これまで裏側はライダーの1枚絵になっていたからこれは初めて。


120805-05.jpg
120805-06.jpg
メテオストームパック。流星イケメン。


120805-07.jpg
120805-08.jpg
コズミックステイツパック。
弦太朗・賢吾・コズミック・フュージョンステイツと絵柄的にこれが一番豪華かも。


120805-09.jpg
120805-11.jpg
全部揃えるとこんな感じ。表面よりも裏面の方が壮観。


120805-10.jpg
ライダー部の並びはあってもホロスコープスの並びカードはなく別々に。
改めてどのホロスコープスも良いデザインだ。リブラの浮きっぷりが凄いなw
デザイン的にはレオ・ヴァルゴ・アクエリアスが好き。

というわけでカード。
オーズの時はそんなに収録する絵柄ないから3パックでも仕方ないかなーと思ったけど、フォーゼはライダー部が1人1枚で収録されてないし
ホロスコープスが一列に並んだ絵柄もないしで(もしかしてシクレ?)4パックもあっても良かったんじゃないかなーと。
絵柄もフォーゼ・メテオ・メテオストーム・コズミックでいいし。
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーフォーゼ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2012/08/05(日) 12:02:36|
  2. 仮面ライダーフォーゼ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7
<<フォーゼ第45話「天・秤・離・反」 | ホーム | S.H.フィギュアーツ ハイパーシンケンレッド>>

コメント

>風都の住民屑
アスカ母、タンゴ&千鶴、ジミー、リリィ、ひめかりんの事ですねry
でもレギュラーキャラは園咲家含め亜樹子以外全員大好きだったし明らか糞なゲストドーパントを除けば屑だったのってこんぐらいなのでは?他はあんまり・・・。



今回の1番の見所は、私的にインガこと原幹恵さんだなと思いました。
二年前のヒートのレイカ的なおっさんサービス要因かなと思ったけど、私も思春期だけに悶々しちゃいましたし(変態か
でもやはりかなりの魅力的キャラだったとは思いますッ!ライダー興味無くとも原幹恵さんの為にお金払っても十分イケるw
テレビ番組でもたまに宣伝してましたし、何より女優として結構好きなので嬉しかった。
流星とのアクションシーンもかなり評価出来るかなと。
彼女のアクションの凄さ自体キューテーハニーで承知してたんですが、やっぱ惚れるなぁ~。



>AtoZと被る
これは誰もが思う事かと・・・。
テレビシリーズの敵組織と財団に加え、冒頭で財団から変身用ツールを第三勢力が奪ったり、ゆかりの人物が出て来て皆の思いで最強フォームになったり・・・。

>メテオフュージョン
かっこ良かった!戦闘シーンでオープニングかかったり、何と言っても戦闘シーンの迫力!坂本監督だから、というのもありますが、迫力が尋常じゃない。
ただ、何故あくまで素体が弦太郎なのに「ホワチャァ-!」って言ったり、拳法使ってるかは謎でしたが。
あれってメテオの能力じゃなく流星のスキルだろw



気になった点はおっしゃる通りシリアスなシーンなのに・・・と突っ込みたくなるところですね。
ユウキはもうあんなんなんだと諦めてますが、メテオフュージョン誕生で皆の思いで生まれて泣きそうになったのに大杉先生のせいで・・・。
「宇宙キター!」もあのシーンでは控えるべきだったと思います。

あと、貴方と逆で、私は敵の協力に対して否定派なので、そこもあまり良しとはできませんでしたかね。
去年も返す保障もない映司にメダル貸すなんてメダル獲得に命を懸けるグリードをテレビシリーズで知ってる身としては考えられないし。


個人的にAtoZと同等以下、将軍以上だと思いました。
2011~2012年の私の特撮最高傑作は「ウルトラマンサーガ」なんですが、それに見合うクオリティ。

銀河伝説のクオリティには圧倒されましたが、坂本監督はやはり凄かったw


最後に、デカイエローとファイブイエローが出演してくれたのは凄い嬉しかったです!
  1. URL |
  2. 2012/08/05(日) 13:27:40 |
  3. サイクロン #-
  4. [ 編集]

スカイタワー西東京はジャンクで使われてましたね
本編ではなかったかと
  1. URL |
  2. 2012/08/05(日) 21:51:46 |
  3. #-
  4. [ 編集]

>サイクロンさん
>風都の住民屑
アスカ母、タンゴ&千鶴、ジミー、リリィ、ひめかりんの事ですねry
コメントどうもです。
その人たち+風都の住民ですね。
メモリどこだ?→頑張れ仮面ライダー!はどうかと。
住民たちはメモリが悪い存在と知らない人が多いので仕方ないとはいえ見ていてあんまり気持のいい物では。
応援を受けてパワーアップというシチュエーションが良かっただけに。

原幹恵さんのアクションはキューティーハニーの頃よりパワーアップしてましたね。
流星とのアクションも長時間に及び見応えがありました。

>メテオフュージョン
>かっこ良かった!戦闘シーンでオープニングかかったり、何と言っても戦闘シーンの迫力!坂本監督だから、というのもありますが、迫力が尋常じゃない。
初見はダサいと思いましたけど意外とカッコよくて驚きましたw
やっぱ武器持ってバイクに乗ると画面映えしますね。
ライダーキックもフォーゼとメテオが重なるのが良かったです。

>気になった点はおっしゃる通りシリアスなシーンなのに・・・と突っ込みたくなるところですね。
これはもう映画に限らず本編もですね。
子供が怖がらないように、と言えば聞こえは良いですがそのせいで大事なシーンまで台無しになってますし。
シリアスとギャグをしっかり区別すればいいのにまるで出来てませんから。

>あと、貴方と逆で、私は敵の協力に対して否定派なので、そこもあまり良しとはできませんでしたかね。
あらら(汗
まあお気持も分かりますが。
映司の性格的に返してくれるだろうと踏んでいたのかもしれませんし、仮にそうでなくともあの状況では全メダルが奪われるのは時間の問題ですから
それなら帰ってこなくともガラを倒せる可能性があるオーズに賭けたということで良いのでは。
自分の中じゃAtoZ=21のコアメダル>>>みんなで宇宙キターですね。
デカイエローはは一発で分かりますけど何気にファイブイエローの人が財団Xで出てるんですよねw


>名無しさん
>スカイタワー西東京はジャンクで使われてましたね
>本編ではなかったかと
あ、既に使われていましたか。気付かなかった・・・
  1. URL |
  2. 2012/08/06(月) 00:41:36 |
  3. 天道 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

はじめて書かせてもらいます

映画昨日見てきました
スイッチ、必殺の嵐は見ていて爽快でしたw
本編でももっとスイッチ使ってほしいですw
フュージョンも想像以上にかっこよかった
誕生するまでのみんなでスイッチ押すシーン
僕は涙があふれでましたw

総合的にいい映画だったと思います

ところで質問なんですが
僕ははじめてトレカかったのですが
No.specialというカードが入ってたんですけど
これってシークレットなんでしょうか?
ここには載ってないようなので
  1. URL |
  2. 2012/08/09(木) 11:18:44 |
  3. コズミック #/gD2/bv6
  4. [ 編集]

>コズミックさん
初コメントありがとうございます。
12ホロスコープスを相手にしたスイッチラッシュは良かったですね。
ある意味ではあそこがピークというかw
本編でもやったコズミック+ランチャー+ガトリングがまた見れて嬉しかったです。
みんでスイッチオンは理事長が来てくれて感動しました。

>No.specialというカードが入ってたんですけど
>これってシークレットなんでしょうか?
おめでとうございます。シークレットで間違いないと思いますよ。
自分は去年オーズでシクレ当たったんですけど今年は当たらなかったので残念ですw
  1. URL |
  2. 2012/08/09(木) 17:39:50 |
  3. 天道 飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

・ゴーバス
良くも悪くも例年通りって感じでしたね。例年と違うのは敵がTV版と同一なとこかな。夏映画は全然違う敵と戦うこと多いんで珍しい。あとはエンターが自らメガゾード操縦するとこ。普通ならTV終盤に取っとくようなネタなのに…。
・フォーゼ
40スイッチをフルに使ったりとかバトルは凄かったんだけどストーリーはイマイチかな。冒頭のスイッチ奪われるとこや終盤の皆の力でパワーUPとかAtoZと被ってるし、財団Xに渡そうとしたスイッチは何か?ブラックナイトだけ暴走しなかったのは何故?とか説明不足なとこが多い。
あとはキョーダイン。『デザイン別物・完全に悪役』ってキョーダインである必要無いんじゃ?当時のファンはどんな気分なんだろうか。例えばの話ですがクウガやティガがそういう扱いを受ける映画が作られても私は見に行きません。しかしXVIIが大鉄人17とは思いもよらなかった。しかも事前にアピールされてたキョーダインより扱いがいいw
余談ですがリメイクに関しての私の意見は今回は悪役なので有り。一発限りのゲストキャラ(味方・中立)ならそのまま。主役で新作、又はウルティメイトフォースの様にレギュラー化するならリメイク。…ようはケースバイケースと考えます。ただ今回は「似てる」とネタにされたのが企画の発端なのに別物にしたら意味無い気もするんですよねw
>分身が許されるのはサブライダーまでだろww
コピーの時点で卑怯くさいのにコピーも分身出来るとはチートの匂いがするw
ガタキリバの例もあるし大事にはならないだろうけど。
  1. URL |
  2. 2012/08/12(日) 21:36:55 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
返信が遅れてすみません(汗
ゴーバスは例年通りの出来といったところですね。
30分の中に出来ることは詰め込んだ感じでした。
言われてみれば敵がTVシリーズのままというのも珍しいですね。これまでは第3勢力だったりしたんですが。

フォーゼはアクションこそ凄かったですけどストーリーはいまいちでしたね。
仰るようにAtoZと被っているところがかなりありますし、キョーダインの扱いに関しても突っ込みどころ多数。
自分もクウガやティガが敵としてリメイクされて何のフォローもなくやられるような映画があったら見に行きませんね。
最も酷い扱いだけだったらクウガは経験済みですが・・・
何にせよ今回のキョーダインに関しては失敗な部分が多かったかと。昭和ライダーをリスペクトしている塚田Pや三条氏らしからぬ扱いでした。

>コピーの時点で卑怯くさいのにコピーも分身出来るとはチートの匂いがするw
>ガタキリバの例もあるし大事にはならないだろうけど。
分身しただけでも驚くのにコピーがコピーは凄いですよねw
ガタキリバみたくあからさまなCG頼みではなく実際のスーツを使っているように見えるので、そこそこの活躍頻度だと思いたいですね。
  1. URL |
  2. 2012/08/21(火) 12:07:13 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2129-42e1ec71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【劇場鑑賞】特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!/仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!

特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!/仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!をTジョイ京都で上映後にゴーバスターズキャストによる初日舞台挨拶の
  1. 2012/08/05(日) 12:19:26 |
  2. MAGI☆の日記

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する