特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ゴーバスターズ第10話「戦う理由」

冒頭から大量のバグラーと戦うゴーバスターズ。
変身はバンクだけどカッコいい。
倒しても倒しても再現なく出てくるバグラーたち。おかげでリュウジも熱暴走に。
冷パックで冷やそうとしてたけどあれで冷やせるのか。暴走してくれたおかげで一気にバグラー殲滅。
がエンターの新の狙いはデルタニウム39が入ったコンテナ。
コンテナそのものは奪ったけど亜空間への転送にはメガゾードが必要。
まだ送られてきておらず場所も探知できないので動くことが出来ず。

その間にニックは姉のリカのイラスト展に誘うがヒロムは拒否。
あの手この手で会う口実を作ってくる姉だけどヒロムとしては言い争いはしたくないらしく会うつもりはない。
元々機械が苦手らしくメガゾードなどは見るのも駄目。そのため13年前に研究所に行くことはなく事件は免れたんだとか。
黒木指令によるとゴーバスターズへの加入はもちろん、ボディーガードとしてニックを置くことすら凄い拒否反応だったらしい。
仕方なくニックは1人でリカに会いに行く。説得を試みるも話を聞いてくれないリカ。
リカの「ニックは他人」オーラが凄い。仮にも13年間一緒にいた仲だろうに。

エンターが動き出しメタロイドとメガゾードγの反応が。
γは一番強いタイプだけど6分とは早い。
エンターとしてはメタロイドがやられてもメガゾードが倒されてもコンテナ転送のみが目標。
ここらへん徹底としていて素晴らしい。他の戦隊組織だと「ついでに○○」「あわよくば戦隊も倒そう」なんて考えて失敗しそうだし。
現場に到着したヒロムの前にはニックとリカが。

「ニック!何考えてんだよ。作戦中に一般人を入れるな!」
「その文句はあとでたっぷりきく。でも俺はこうしなきゃと思った」

姉でも一般人と叫ぶ当たりプロっぽい。
今度はリカがヒロムを説得。単に義務だと思い込んでいるだけだと。

「これは義務なんかじゃない。誰に言われたせいでもない。俺が自分で決めたんだ、自分の意志で」

1話のように確固たる意思で答えビル内に突入するヒロム。
広い通路には拳銃から生まれたダンガンロイドが。
高速移動することができヒロムとバトル。スピードは互角だけど戦闘技術はメタロイドが一枚上手な感じ。
リュウジとヨーコはコンテナ奪取&人質の救出作戦を試みるも人々が操られているため傷つけることができず。
やむなくヨーコが降りて対処するもメガゾードγもやってきて一人で粘るリュウジ&ゴリサキ。
メガゾードを見て怯えるリカに語りかけるニック。
ヒロムたちがこんな状況を13年前の7歳に味わったこと。
みんなを守る切り札として亜空間へ飛ばされる危険があろうとも自分たちが希望であると言うこと。
誰もバラバラにしないために戦っていると言うこと。

ダンガンロイドと高速戦闘を繰り広げるも疲れもありスピードダウン。
人間と機械の差がありヒロム本人もスピードダウンを実感。
武器を捨ててスピードアップ。そんなに重さがあるのか高速移動中は余計な物を持っていると重みになるのか。
吹っ飛ばされながらも武器をつなぎ合わせ必殺技でダンガンロイドを倒す。
1対1とはいえかなり強い方のメタロイドだった。
屋上にいる人々をギリギリのところで救出するもコンテナは取られる。
この時点でエンターは目標達成。棒立ちでゴリラに殴られるメガゾードを見て本当に捨て駒だったんだと実感する。
メガゾードγを倒すべくゴーバスターオーへ合体。いかにγと言えどゴーバスターオーの敵でなくあっという間に撃破する。

リカが残していったスケッチブックには両親の画と一緒にいるニックの姿が。
ニックのことも家族として迎え入れてくれたのかな。


以上第10話でした。
1話に登場したリカが再び登場。
ブラコンに思われそうだけどリカの気持ちも分からなくはない。
一夜で両親がいなくなり最愛の弟まで戦いの場に連れて行かれるっていうなら引き止めるのが普通だし。
結果的に認めてくれたから良かったけど姉的にはよく決断したものかと。

人々は守れたけどコンテナは取られたのに「作戦成功」はどうなんだろ。
ゴーバスターズ的には救出と奪還の内の1つしか果たせず、エンターからすればコンテナ以外はメガゾード含めて全て捨て駒。
前回はエンターを負かしたけど今回はしてやられたし。どっちも負けず劣らずというか。
にしてもエンターは本当に近年の戦隊の敵じゃ優秀だ。
攻防一体、負けず劣らずと言ってもやっぱり戦隊はなんだかんだで目標達成、敵を阻止している印象が強いから例え五分五分でも押されているように見えるし。

バトルシーンは高速戦闘がカッコよかった。
捨てた武器を拾うのは予想通りだけど「It's Time for Special Buster!」も凄くカッコよかったし。
ストーリーに軸を置いたせいかロボ戦はいつもの戦隊のように消化試合だけど。エンターも捨て駒扱いだったからある意味消化試合と言うのは正しい。
改めて前回のバスターエースがカッコよかったと再認識。そりゃGW中だから合体しないわけにはいかないんだけどね。

次回はリュウジの熱暴走がやられる話。
真っ先にリュウジを狙うということはまだヒロムのウィークポイントはばれていない模様。
その点ヨーコは長期戦を持ち込まれて糖分取れない状況に持ち込まれない限り大丈夫そうだけど。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/30(月) 19:14:02|
  2. ゴーバスターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食玩アストロスイッチ6 | ホーム | フォーゼ第33話「古・都・騒・乱」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2054-2b88e41e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する