特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

フォーゼ第30話「先・輩・無・用」

ジャイロ+ガトリングかっけええええ!


蘭に邪魔されつつもムスカと戦うフォーゼだがパワーアップして苦戦。
見かねたメテオストームがリミットブレイクでダスタードを一層。
前回よりはマシになったけどやっぱりベイブレード。この直角移動はマグネットを使ったVシリーズを思い出すw
変身解除して蘭に心を開けよと歩み寄るも先輩を信じる気はない彼女は去っていく。

ラビットハッチに戻るとアンガ田中がいることに驚愕する弦太朗たち。
やむなく事情を話して変身、宇宙にも連れて行き信じさせるがライダー部は認めないという。
顧問がいないから認めるわけにはいかないとのことだけど、そんな事言っている場合じゃないような。
全て校長に話す!というアンガ田中を全力で止めるライダー部であった。

タチバナから流星の元へ連絡。流星が前いた昴星高校にゾディアーツが現れたらしい。
第1話でも賢吾が「ザ・ホールが活性化した」と言っていたように天高にしか現れないはずのゾディアーツがなぜ。
数ヶ月ぶりに昴星高校に行ってみると知り合いの女の子が。シンケンレッド姫である。
なんか訳ありっぽいけど何かな?
その先でリブラを発見してバトルへ。初登場の時は互角の戦いをしていたけど今は押さ気味。
メテオストームになってようやく互角かそれ以上ってところかな。ワイヤー全開のアクションだけどどっちも棒対決で面白い。
途中で友子に変わって中の人もアクション。
ユウキの時同様ある程度はスタントマンの人がやってるんだろうけど、普段大人しい子が派手にアクションするとギャップが凄いw

蘭はハルに捨てられたストラップを探しに。
弦太朗も登場して大ジャンプ。これ本当に高いところから飛んでるから福士くん凄い。
どんなに喋りかけても無視する蘭を見て黙々と探す弦太朗。
もう見つからないと諦めて返った蘭の前にはラビットハッチを奪取し証拠でスイッチをゲットしたアンガ田中が。
犯人だと思い込み詰め寄るも怒り狂ったハルが登場、ムスカに変身。
この前にクラスの女生徒に切れてたしかなりやばいところまできてる。


foze30-1.jpg
ライダー部全員で探したストラップを届ける弦太朗。
アンガ田中を助けてフォーゼに変身。シールドで攻撃を防ぎエアロで吸い寄せる。
さらにジャイロで空中戦へもつれ込みガトリング連射!ここすげえ良かった。
既にフェーズ3へと移行しており自由にハエの姿にもなれるようで苦戦。
アンガ田中から38番目のスイッチ・ネットを受け取りもとの怪人の姿に戻す。
なんか今の受け渡しアンクっぽいw
戻して拘束したところでマグネットステイツにチェンジ。
だが賢吾によるとこのまま倒しても重態で入院になるだけ。せめて心を取り戻さなければとのこと。
蘭にハルの説得をさせ「もう守るなんて言わないから」の言葉で我に返る。
それを見届けた弦太朗がリミットブレイク、ムスカを倒しハルもフラフラになりながらも無事のよう。
ライダー部に入部したい、という2人を受け入れる弦太朗ら。
まだハルの身体のこともあるからとりあえず仮入部。美羽のように部活動をやりつつライダー部といったところかな。

ラビットハッチに戻り最後の問題であるアンガ田中が。
なんとと言うかやっぱりと言うか顧問に。
ギャグシーンとはいえちゃんと生徒のことは考えているようなので印象的なシーン。
嫌がらせはしてくるけど本当に悪い先生ってわけじゃないからね。


以上第30話でした。
新入生にいきなり心を開け!と詰め寄るのはどうかと思ったけどストーリー自体は良かった。
新学期が始まるからちゃんと新入生を出して2人にスポットも当ててるしトラウマもやったし。
特にディケイドまでのライダーは1月下旬スタートでなかなか季節ネタに合わせることができなかったからね。
フォーゼのように上手く季節ネタに絡んでいるのを見ると9月スタートはドラマ的にも商業的にも成功に見える。
それと同時にアンガ田中が顧問就任。
ギャグパート以外にも「教師がスイッチを?」とライダー部の中で唯一核心に迫るところにも行ってい。
弦太朗たちは不自然なくらい「ホロスコープスは誰だ?」なんて考えて行動してないから今回のエピソードで橘さんに一番近づいたのがアンガ田中。
これはもしかしたら今後大活躍の可能性があるかもしれない。

仮入部とは言えライダー部に2人追加、アンガ田中の顧問就任は止めて欲しかったな。
先週も書いたとおりもうライダー部は飽和状態。
ただでさえ出番なくて空気気味の人もいるのにこれ以上増やしてどうするのかと。
東映公式によると仮入部状態らしくハルは入院中。
宇津木先生も全然出てこないからAtoZ同様に映画か最終回での応援要員かな。
アンガ田中には最後まで日常の1人としていて欲しかったというか。
最後らへんで元気なくしたライダー部を叱咤激励する役どころとばかり。

バトルはモジュール多用で満足。
エレキやファイヤーのようなステイツチェンジ系を除く中でガトリングスイッチは一番好きだから活躍が多くて嬉しい。
CG使う時は画的に派手だから選ばれやすいのかな。これでランチャーまで使ってれば文句なしだったわ。
坂本監督回だと急にモジュール使ってくれるけど他の監督もこれくらいやって欲しい。
先週のマジックハンド+ホッピングといい今回のといいモジュール連携でなんぼだし。


次回は最強フォーム・コズミックステイツ回。
メテオステイツとかアポロステイツと言われていたけど最終的にコズミックに。
同時にアリエスも登場。ダブルを考えると28話で出なかったから40話以降になると思ったけど以外と早く登場。
これを機にライダー部と流星の関係に進展があるから期待。

ヒーロー大戦の映像も続々と。
相変わらず開きなおったようなネタバレオンパレード。
もうOPやEDで映像流すの止めて欲しいわ・・・
ただライダー&戦隊が敵怪人とバトルしてるところを見るにヒーローショーではなさそうだし面白そうだ。
これまでヒーローと敵が入り乱れて戦っているところをカメラが斜め横から迫るようなカットなんてなかったしね。
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーフォーゼ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2012/04/08(日) 14:40:20|
  2. 仮面ライダーフォーゼ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<ゴーバスターズ第7話「エース整備不良?!」 | ホーム | 食玩アストロスイッチNSマグフォン>>

コメント

>ライダー部は飽和状態
大文字と美羽が卒業してタマに出る程度なら新入部員も有りだけど、今現在頻繁にライダー部にきてるから正式加入は無いと思いたい。
>昴星高校にゾディアーツ
これは交換留学で行った生徒か?だとしたら凄い伏線だ。
>ネタバレオンパレード。もうOPやEDで映像流すの止めて欲しいわ
流すにしてもせめて公開までは止めて欲しいですね。映像やスチール写真見る限り面白そうなんだけど鳴滝ネタはウンザリ。何がドクトルGだよ、平成ファンにはどうでもいいだろうし、昭和ファンにとっては思い出破壊だろうし自分達だけで楽しんでるというか何というか。あとジョーカー(剣の方、念の為)が雑魚みたいに映ってるのが気になる。ディケイドの時からそうなんだけどジョーカーをただの怪人として扱ってるのが悲しい。ウルフオルフェノクやシシーラワームを怪人として倒すようなもんだと思うんだけど…、剣は白倉Pが関わってないから思い入れが無いんだろうか。
  1. URL |
  2. 2012/04/08(日) 21:29:08 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
なんだかんだで大文字と美羽も結構な頻度で出ていて実質8人のままなのでこれ以上の加入は止めて欲しいですね。
昴星高校に天高の生徒がいたのは流星と交換留学で行った子でしょうね。正直これは凄いと思います。

>流すにしてもせめて公開までは止めて欲しいですね。
ですよねえ。公開の次の週だったらまだ分かりますけど1ヶ月前からバリバリやってますし。
鳴滝も中の人が出てきてくれること自体は嬉しいんですけどドクトルGって・・・
名前聞いて調べるまでV3の敵って分かりませんでしたよ。仰るように双方のファンにも得しませんしこの際「おのれディケイド!」だけ言ってればいいかなと。
ジョーカーもただの怪人になってしまいましたね。オールライダーの頃からラスボスの戦闘員化は始まっていたとはいえなんだかなーと思います。
ウルフとシシーラはライダーサイドでジョーカーは(どっちかに割り切ってしまえば)敵サイドだからという理由でしょうか。
  1. URL |
  2. 2012/04/08(日) 22:38:04 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2033-c102afdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーフォーゼ 第30話「先・輩・無・用」

仮面ライダーフォーゼの第30話を見ました。 第30話 先・輩・無・用 ムスカ・フェーズ2と戦う流星のもとに遅れて駆けつけた弦太朗がまだ自分の力を制御できないムスカ・ゾディ
  1. 2012/04/08(日) 17:57:28 |
  2. MAGI☆の日記

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する