特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ゴーバスターズ第2話「13年前の約束」

これは面白い


最初の戦いが終った後リュウジとヨーコはメガゾードの回収。
ヒロムだけはやる事なく黒木司令官とお話を。お互いに知った仲らしい。
司令官は科学者であるヒロムの父親を尊敬していたらしい。
その間にエネトロン流出を確認し出動、映像付きOPもここで。

バイクに乗ったヒロムがガソリンスタンドでエネトロン満タンを頼む。
お兄さんがニックの声に反応してるからゴーバス世界でも特殊な存在のよう。
遠くから見張っていたリュウジとヨーコがそのガソリンスタンドから流出を確認。
リュウジはエンターと対峙するがヒロムはニワトリを見てフリーズ・ヨーコも糖分を摂取できないため動けなくなってしまう。
それを聞いたミホはまるでコンピューターと驚愕する。
ポケットに飴を見つけたヨーコは回復し苦戦するリュウジの援護しなんとか撃退。
ヒロムもニックに連れられてやってくるがヨーコに怒られる。

黒木指令から語られる13年前の出来事。
転送研究センターという場所があり本当に突然正体不明のコンピューターウイルスにメインシステムが乗っ取られてしまったらしい。
それは自我を持ちメサイアと呼ばれバグラーも出てくる。
これを防ぐ為にヒロムの父は研究施設ごと亜空間へ転送するがいつかは戻ってくるから対抗手段を残すという。
転送に耐えられるデータを持ったからヒロムたちは無事ということはただの人間であるヒロム両親を初め研究員の人はみんな亡くなっただろう。
この時点でエースバスターとメガゾードは存在していてエースバスターだけ外へ逃がす転送が間に合ったのかな。
間に合わなかったメガゾードだけは分析されて大量に生み出さた模様。
もし順番が逆だったらエースバスターが大量に出てきたのかもしれない。

エンターが生み出したバーナロイドが出現しメガゾード出現までの時間は8分。
何で戻ってきたの?というヨーコの問いに約束を果たすためとヒロム。
命からがら転送されて無事だった幼い頃の3人。泣きじゃくるヨーコに「きっと元に戻す」と励ましたヒロム。
だから13年経った今戻ってきたヒロム。変身して敵の下に。
当時3歳ながらもそれを覚えていたヨーコ。15歳ではっきり覚えているリュウジ。
2人も変身してヒロムの元に駆けつける。


gobasu2-1.jpg
「バスターズ、レディ!」
「「「ゴー!!!」」」



カッコよすぎる。
2話目でやっと3人が一緒に戦う姿を見れた。
お互い組み込まれたプログラムを駆使して追い詰めていく。この連携の良さは既にバスコ戦でもお披露目済み。
リュウジ・ヨーコが押さえつけヒロムがスペシャルバスターでバーナロイドを倒す。
残り時間は3分ありメガゾード出現に備える。
ここで時間が飛んだけどいちいち戻る様子まで見せられるのはたまったものではないので特に気にならず。
「まだ時間ある」ってのはいつかはやらないといけないことだろうしそれを先にもってきたかな。

メガゾード出現でパニックになり逃げ場を失った人々をリュウジ&ゴリサキ、ヨーコ&ウササが助けヒロム&ニックはエースバスターで対抗。
メガゾードは2体の戦闘員ポディションのロボを出すことが出来1対3に。シンケンといいゴーバスといい最近はロボ戦でも戦闘員が出てくるね。
まずは戦闘員ロボから確実に倒していきメガゾードの相手を。
強力な炎を出してきてなかなか近づくことができないものの無理矢理突っ込んで撃破!
必殺技は例によって遠めの横画面だけどコックピット画面から奥に突っ込むカットがあるのが最高だ。


以上ゴーバスターズ第2話でした。
面白い!面白い、が物足りないのもある。
OPでタイトルコールなくなったのはさみしいね。
名乗りの時の「バスターズ、レディゴー!」もカッコいいけど素直に「特命戦隊、ゴーバスターズ!」も欲しかった。
いくら変革とはいえ最低限残して欲しいものはあるというか。
好き勝手やってる平成ライダーでさえ一部を除いて変身・バイク・ライダーキックは残しているわけだし。

ヒロムたち3人と研究施設のことも早々と明らかに。
乗っ取られたとはいえ結局は人間が生み出した物で争っているのか。
ヒーロー側が敵勢力の力で戦うライダーとは違いヒーローも敵も人間の力で戦うという構図になりライダーとは逆に。
エンターなんかはあの研究室の生き残りってのはありそうな展開。
まだまだ研究施設や中の組織については謎がありそうだし盛り上げようがあるね。
自分の子供にデータ入れるなんてのはビックリしたよ。平成ライダーよりよっぽど改造人間やってる気がする。

この3人の「約束」は凄くよかった。
子供の頃の約束の為に主役が戦う・戻ってきてくれたって展開は大好き。
シンケンの「ことはだって一生懸命やってるんですよ!それを「一生懸命だけじゃ人は救えない!!」と言い
オーズの「人の命よりメダルを優先させるな!」でトラクローでビルに這いながらの変身だったり小林作品には2話目で一気に掴まされる。
本当にこのシーンは良かった。グッと引き込まれたよ。
当時中学・高校くらいだからはっきり覚えているリュウジにそこそこの年だったヒロム、本当に小さいから覚えていないこともありそうなヨーコ。
後々この年齢さを使ったエピソードや過去は入れてきそう。そうじゃないちここまで開いた年齢さにはしないだろうし。

今週もカウントダウンは健在。いつまでやってくれるかな。
倒した後も3分残ってたけど、それでもメガゾードの出現は防ぎようがないのね。
あくまで備えることしかできないというか。
3分あったけど人々の避難は完了せず。30分番組見てると3分もあるのに、って思うけど現実的に3分じゃ荷物まとめて家族集めて車で逃げてちょうど3分くらいだよね。
メガゾードがどこに出現するかは分からず下手なことは発表できないかもしれないし。

ロボ戦は今週も楽しめた。
これまでの戦隊よりも「操縦している」感が凄い。コックピット内のエネルギー?の表示とも良かった。
さすがはロボに重点置いてるだけはある。ゴーカイはぐるぐる回しているだけでよく伝わってこなかったし。
まさか剣のストックがあんなにあって転送されてくるとはw
ライダーでも戦隊でも「あれ、この武器どこから出した?」ってのは良くあるからそういうご都合主義を極力無くす為にああしたのかな。
戦隊はいつからか分からないけど平成ライダーは王蛇のべノバイザー辺りから始まり今のフォーゼでも何もないところからスイッチ出しているしね。

研究施設・3人の年齢さ・ロボ戦など楽しませてくれそうな要素が多くてこれからも楽しみ。
この1年間も楽しめそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:特命戦隊ゴーバスターズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2012/03/06(火) 15:47:17|
  2. ゴーバスターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<雑記 | ホーム | フォーゼ第25話「卒・業・後・髪」>>

コメント

>メガゾードの回収
ロボット物なんかではあるけど戦隊では珍しい。こういうところもリアルですね。
>ヒロム両親を初め研究員の人はみんな亡くなっただろう。
生き残りがいて追加戦士として帰還するかもしれませんよ。しかしリュウジ・ヨーコの弱点は事前に対策とれるけどヒロムは難しい上、その間動けないし、結構キツイですね。この先どう克服していくか興味深い。
>最近はロボ戦でも戦闘員が出てくるね
ゴーカイもそうでしたし、恒例になりそう。ロボ関係の販促としてはロボ戦でも戦闘員がいた方が都合いいだろうから意外と理にかなってるのかも。
>戦隊はいつからか分からないけど平成ライダーは王蛇のべノバイザー辺りから
おそらくゴレンジャーからかと。全話見た事ないんで断定出来ないんですけど、最後に使う必殺技のボールをどこからともなく出してるように見えたので(ゴーカイで使った時も同様)。もし設定がちゃんと有ったら御免なさい。…べノバイザーはミラーワールドが特殊空間だから『ちょっと変だな。』くらいにしか感じなかったんですけど、これが契機になってそういうのが増えていきましたねえ。少々の事なら気にしないんですけど多すぎると目に付きます。
  1. URL |
  2. 2012/03/06(火) 22:42:47 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
コメントどうもです。
メガゾードの回収はリアルですねw
電キバで投げたパスを探したやつを本格的にしたというかw

あの転送された研究室の中に生き残りや追加戦士はいそうですね。
既にエンターなんかはそれっぽいような気もしますし。
ヒロムの対策はもう本人がニワトリになれるしかないんでしょうか。
正確にはパニックを起こすとフリーズみたいなのでニワトリ嫌いさえ克服できれば大丈夫な気も。

>ゴーカイもそうでしたし、恒例になりそう。ロボ関係の販促としてはロボ戦でも戦闘員がいた方が都合いいだろうから意外と理にかなってるのかも。
これまで35年も続いた戦隊で恒例にならなかったのが不思議なくらいですね。
ロボでも巨大化した1体を相手にダラダラ戦うよりは何体も相手にした方が面白そうです。

>おそらくゴレンジャーからかと。全話見た事ないんで断定出来ないんですけど、最後に使う必殺技のボールをどこからともなく出してるように見えたので(ゴーカイで使った時も同様)
多分ですが仰るようにゴレンジャーからでしょうね。
言われて見ればべノバイザーの件も元はミラーワールドなのであんまり気にすることでもないかもしれませんね。
次のレンゲルあたりからは本当にいきなり出すようになりましたがw
カリスは空気中の水蒸気?を集めて実体化と上手くやってたんですけど。
そこらへんゴーバスは丁寧というか徹底するみたいなので安心ですが。
  1. URL |
  2. 2012/03/07(水) 11:31:21 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

ウルトラマンはもうオワコン
あんたもそう思うだろ?
全然記事書いてないんだから
  1. URL |
  2. 2012/03/07(水) 15:07:51 |
  3. #-
  4. [ 編集]

またあんたかw
総集編だけの列伝で書けと言われてもね。
最近はウルティメイトフォースとかAKBとか求めてないのが展開してるからいまいち乗り切れない。
  1. URL |
  2. 2012/03/08(木) 00:06:02 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

>天道飛翔

特撮の軌跡なのにそんな理由でウルトラマンdisるとか、恥ずかしくないの?
それでも特ヲタかよ!
  1. URL |
  2. 2012/03/09(金) 12:01:12 |
  3. #-
  4. [ 編集]

なんだろう、一見ウルトラマンを馬鹿にしているようで物凄く愛しているオーラが伝わってくるのは。
  1. URL |
  2. 2012/03/11(日) 00:23:59 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2012-3d87ef5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する