特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ゴーバスターズ第1話「特命戦隊、集結せよ」

50万ヒットありがとう!

ブログ開いて7年目にして50万も。
次はこのペースで行けば2年半~3年後に来る100万ヒットを目指したい。

35年間守ってきた地球から舞台を変え地球に良く似た世界で話が始まる。
空からいきなり巨大ロボが降りてきてエネトロンタワーを破壊する。
突然巨大ロボットが何体も降りてくるのはガンツのカタストロフィーを思い出す。

レッドであるヒロムはなぜかフリーズ状態。
ブルーとイエローであるリュウジとヨーコはエネトロン流失の疑いがある場所へ。
無罪なら良いが悪用していると分かれば突撃許可も。
ヨーコが食べてるのはなんだ?と思ってよく見たら最後らへんに「late」って書いてあるからチョコっぽい。
エネトロン流失と敵組織であるヴァグラスの反応も確認しビルに突っ込む2人。
銃を撃ってくる相手に躊躇なく飛び込んで行きブルーバスターとイエローバスターに変身。

ここでOP。本番は来週からかな。
ただ1人逃げたエンターと言う男を追い屋上へ。どうも人間ではないようで触手を出して抵抗、逃走する。
逃げたエンターはウイルスをショベルに感染させ怪人を生み出す。

「さあ、フェスタの始まりです!」

良い顔芸だ。

ゴーバスターズの部署に新しくミホが配属される。
そこに先ほどショベルから生み出された怪人・メタロイドが現れて驚くバディロイドたち。
13年前に力を受けた日からリュウジたちはバディロイドと鍛えておりついに実戦を迎える。
ヨーコのような小さい子まで戦うことに驚くミホ。


gobasu1-1.jpg
ショベルロイドの前に立ち変身する2人。
グラサン投げ捨てて変身ってのがカッコいい。
異空間から何か転送されて来るらしいがその時間が3分半しかない。
訓練よりずっと早いらしく驚くヨーコ。
さらに驚くべきは3分半がリアルタイム進行で進むこと。これはカッコいい。
ピンチの時は最後の1人の登場がお約束だがヒロムは幼い頃から姉に守られ収集されなかったらしい。
おかげでシスコン呼ばわりされるが当のヒロムは13年前から決意を固めていた。

「俺たちが戦わなきゃまた悲劇が起きる。俺たちの父さんや母さんみたいに。
姉さん。13年間 守ってくれてありがとう。俺は戦って勝ってまた戻ってくるよ」


gobasu1-2.jpg
姉ちゃんを演じる吉木リサってどこかで聞いたことある名前と思ったらゴシックのOP歌っている人か。あの曲は好きだ。
3分半が経ち巨大ロボ・シャベルゾードが出現。エネクトロンタンクを狙ってくる。
相棒のチダニックと共に戦う現場へと急行。
戦隊でこういうカット割は珍しい。


gobasu1-3.jpg
ピンチの2人の前に颯爽と駆けつけるヒロム。
このバイクアクションがカッコよすぎてやばい!
その場は2人に任せてレッドバスターに変身、バイクに変形したニックと共にバスタービークルに乗り込む。
そのまま人型ロボに変形。レッドのロボが人型に変形と言うのは珍しい。


gobasu1-4.jpg
アクションはこの飛行シーンはグッと来る。
短い時間とはいえ言い動きとカメラアングルだ。
さっきのバイクといいこれといい福沢さんがいきなり良い仕事するからすげえw
壊れたビルを治したりしてるけど場面が変わればいつも通り。割れた部分は普通に死者がいるような気もするが・・・
まぁここらへんはご愛嬌ということでw


gobasu1-5.jpg
なかなかダメージを与えられないので最短距離を探し一度バスターエースからチーターに変形し町を駆け巡り懐へ。
再びバスターエースへ戻り地上戦を繰り広げていた2人と共にフィニッシュ!
ゴーカイでもあったけどやっぱこういうカットは戦隊では新鮮。
初戦で勝利を飾りこれからやっていけることを確信するニック。

「最高だヒロム!これなら戦える、間違いない!戦って勝つ」
「戦って、勝つ。絶対に」

ここまでは良かったのにEDが・・・
シリアスな雰囲気だったからそれを払拭するためなのかな?
オーズでも真木が似たようなことやらされていたけど悪い癖が出てるなぁ・・・
ダンスEDはゴセイぶり2年目。ダンスEDはデカレンとマジレンの印象が強い。


以上ゴーバスターズ第1話でした。
オーズは要所要所は良かったけどそれ以外は「・・・」だから小林脚本も限界かと思ったがそんなことはなかったぜ。
確かにリュウジとヨーコのキャラも弱いしアクションに助けられているところもあったけど、
短い出番ながらヒロムの決意は伝わってきたし3分半のリアルタイム表示も良かった。
地上戦・ロボ戦の同時進行も新鮮だったし少なくとも新機軸・マンネリ打破を掲げた第1話としては十分なスタートを切れたと思う。

キャラ立て・世界観紹介を一気にやったゴーカイの影に隠れがちだけど元々戦隊はキャラ立てか世界観紹介のどっちかだし、どっちかが置き去りになるのは予想通り。
それよりも小林脚本ということで最近のライダーにありがちな決め台詞が付けられると思ったけどなくて安心した。
オーズの時も付けないと決めていたみたいだし結構意識はしている模様。
ニックを初めとしたバディロイドたちは声優さんの特徴的な声も相まって目立っているしすぐキャラを確立できそう。

ヒロムはカッコいいし1話の短い出番ながら決意は伝わってきたけど残りの2人は弱い。
まだ1話だしまだまだこれからかな。次の2話も世界観紹介に充てるだろうし。
最初に期待させといて残念になったハカセやアイムの例もあるしそこまで急がなくても良いのかな?
ただヨーコからは凄い空気臭がするw
ぱっと見ゲキレンのランっぽいし小林戦隊は女性が空気になりやすいところがあるから不安。
ユウリはリーダーだけあって空気ではなかったけどサヤやことはなんかは特に。

演じる役者さんらは最初から演技上手くてびっくり。
ヒロム役の鈴木勝大君もイケメンパラダイス初めドラマや舞台やってるから上手いのか。
ヨーコの子もあの顔と体系からは考えられない程凄い声出してるw
エンター役の人も良い味出しているしキャスト面ではそんなに不安がなく安心して見れそうだ。
声優陣も豪華な人たちが集結。ひろしに説明不要の玄田さん、ドラゴンナイトでキッドの吹き替えをやっている鈴木達央さんなど。


変身シーンやロボ変形はバンク使用ではなくライダーやトランスフォーマーのようにそのまま変身。
バンクは好きじゃないから嬉しい判明、戦隊の変身シーンくらいはバンクであって欲しいと思うから微妙でもある。
変身シーンなんかはモロに平成ライダーだね。マスクの装着が最後だから毎回役者さんがスーツに入る?
最近だとゴーオンジャーがマスク(メット)オフ多用してたけどゴーバスはそれ越えるかも。
ロボ変形シーンがバンクじゃなくなってのは嬉しい。アニメならともかく特撮物でバンクはちょっと。
一瞬で変形終るからカッコいいんだけど予算が気になる。その内爆発と共に煙の中で変形完了は当たり前のようにやりそうだ。

アクションはレッドバスターはカッコ良かったけど後の2人はちょっと地味かな。
地味というか怪人と長時間戦っていて決定打がないからそう見えたのかも。
動きも画面映えする派手な動きと言うよりはリアリティを追求したように見える。
ロボ戦はかなり好き。正直ロボ戦は対して興味ない俺から見てもおもちゃが欲しくなるレベル。
戦隊でここまでのCGが出来れば立派。とくにミサイル交わすところは凄くカッコいい。

右下のカウントはめちゃくちゃかっけえ。
ああやって律儀に時間守るのも珍しいね。ウルトラマンの3分や牙狼の99.9秒ですら目安だというのに。
リアリティを出すためにクウガでも時間表示はやってたけどこれ凄く時間かかるらしいね。
おかげでクウガは3回も総集編やることになったし。
ゴーバスターズの方は毎回移動のたびに時間計るクウガ方式じゃなくて、
1度3分とか4分って決めたらその間の行動を撮影すればいいからちょっとは楽そうだけど。
しかしニックが迎えに来て病院を出る時にワープしたら駄目だろw


平成ライダーっぽい、って感想を何度か目にしたけどそうは思わなかったかな。
確かに最近のライダーよりはシリアスだしバイクアクションも下手なライダーよりはカッコよかったけど、最初からチーム組んでて色が赤・青・黄色で巨大な人型ロボが出たらもう戦隊って感じ。
ただここ最近はシンケン・ゴーカイ・ゴーバスと戦隊がかつての平成ライダーのようにシリアス作風になって
ライダーが電王・ダブル・オーズ・フォーゼと戦隊のような雰囲気になっている。
今まで戦隊を担当していた塚田Pがライダーに来てライダーをやっていた武部Pや小林さんが戦隊に来たりと東映内部でも変革は始まっているのかな。
新しいことにチャレンジするのは良いことだけど良くも悪くもマンネリやお約束が最大の売りである戦隊を変えてくる訳だからこの先ちょっと受け付けないところも出てくるかもしれない。
とは言えやるなら徹底的にやらないとね。少なくとも特オタからボロクソに言われるくらいやらないと変革なんて無理だろうし。
小林脚本は好きだから期待してるけどオーズみたく要所しか盛り上がらないって作りは止めて欲しいな。
もっとも後半からマシになったキバを見るに武部Pが原因のような気はするけど。
どうも武部P担当作品はブーストがかかるのが遅いから今回はもっと早いうちからかけて欲しい。
色々書いたけど1話目としては面白かったしアクションに引き込まれた。どうなるか分からないからまさに「今後に期待」って感じ。
毎週楽しみな作品になりそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:特命戦隊ゴーバスターズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2012/02/28(火) 10:26:03|
  2. ゴーバスターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<今日のお買い物 | ホーム | フォーゼ第24話「英・雄・願・望」>>

コメント

ゴーバスターズは中々よかったですね。しばらく戦隊から離れてた自分としては敵の幹部集団が存在しないor顔出ししなくて、ボスとそれを補佐するエージェントだけしか出なかったのが新鮮でした。

天道さんも仰るようにアクションはいいんですが、決定打が足りないというか……戦闘員クラスに1対1でだらだら戦ってたり怪人クラスに銃撃やらでチョコチョコとしかダメージを与えられてないのがすごく歯がゆかったですね。

時間表示はガオガイガーの弾丸Xに入ってから劇中の台詞通り一分間ぴったしで出てくるところを思い浮かべましたが、ヒロムが海に向かって「この景色もしばらくお別れ」って言ってたり病院から現場までかなり遠いような描写にもかかわらず、あっという間に到着してたりでどうも腑に落ちないというかなんというか……病院を出たのはもっと前だったとかも考えられますが、それならリアルタイムのところだけで時間表示をさせてほしいですね。
  1. URL |
  2. 2012/02/28(火) 17:57:23 |
  3. おりん #-
  4. [ 編集]

>どうなるか分からないからまさに「今後に期待」って感じ。
1話だけでは何とも言えないですね。気になったのはロボ戦と等身大の怪人(?)とで2体いたところ。年間通して毎週2体の怪人用意できるとも思えないのでどうなるのか?デカレンジャーの怪重機みたいに同タイプが出るのが妥当かな。バイクはライダーと被るような気もするけど戦隊でも昔は普通に乗ってたし問題ないか。最近だと(っても8年前)デカレンの白バイ以来かな。
>クウガは3回も総集編やることになったし
間違いじゃないですけど『初夢』は正月SPで一部地域では放送されてないから総集編は2回と考える事も出来ます。ただSPが全て新規映像でもいいのに総集編だったからには製作がキツかったのは確かでしょうね。
  1. URL |
  2. 2012/02/28(火) 22:07:50 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>おりんさん
コメントどうもです。
ゴーバスターズは良いスタートを切れたかと。
おりんさんのように新鮮な気持ちだった方は多いかとw

戦闘はレッドバスターは良かったんですけど他2人が長かったですね。
確かに戦闘員相手に関節技決めたりするのはリアリティあるかもしれませんが派手じゃない分物足りないというか。
時間表示はかっこよかったんですけどワープは駄目ですねw
移動時間を見越して多めに設定すれば良かったのでは?と思いました。



>U戯Oさん
コメントどうもです。
まだ1話なんでどう転ぶかはまだ分かりませんね。
仰るようにバトルはどうなるか気になります。
同時進行も面白いですけど、それだと3人一緒に戦うシーンが見られないわけですし。
マンネリ打破とは言っても最低限変えて欲しくないところはありますからね。

クウガの正夢は一部地域でした。当時普通に見てたから知りませんでした。
あの頃は予算もですけどスケジュール的にもかなり押していたらしいですからね。
おかげで今でも凄い作品として見ることが出来ますけど制作側の苦労は凄かったかと。
  1. URL |
  2. 2012/02/29(水) 20:14:16 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/2007-803e7200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する