特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ゴーカイジャー第40話「未来は過去に」

驚きの連続


食事をしていると豪獣ドリルが出てくる。
鎧が呼んだわけじゃないのに来たため中に入るとタイムエンブレムが。
あの鎧がタイムエンブレムを知らないのが不思議だ。
ガレオンに戻るとエンブレムからドモンの映像が。
大いなる力を手に入れるチャンスをくれるという。そのために2010年にタイムスリップ。
指定された神社を守ればいいらしい。そこには大量のナナシが。
なぜかいる子供と神社を守る為にゴーカイチェンジ。
実はこの時代ある2つの戦隊が共闘していた時期。


gokai40-1.jpg
おお!

gokai40-2.jpg
おおおおおおおおおおおおお!!

ゴセイVSシンケンの裏側ということで当時の映像が!
こういう時は声が変わるものかと思ったけどそのまんま!
殿やアラタの声だ代役じゃなくて嬉しい。まさかまたテレビで殿の声を聴けるとはw
当然影でやっていたシタリとの戦いもあり。ここは当時とアフレコが変わっているね。
マーベラスは「おりゃあ!」で突っ込んでるけど、当時の映像じゃ「ゴーカイガン!」「ゴーカイサーベル!」とご丁寧に武器の名前を叫んでたはず。


gokai40-3.jpg
VSで披露した歴代レッドだけのゴーカイチェンジも。
今見るとアイムとルカの位置が逆だったりして違うところがあるね。
変身とゴーカイチェンジの時は立ち位置を変えてまで固定位置に戻ってるし。
シタリもVSで死ぬとは思わなかったけど今見るとやっぱ複雑だなw
ダイゴヨウに黙っててもらうようにお願いするシーンもなし。これは入れても良かった気が。


鎧は神社にいた子供とお話中。
家でもとい自立するために家を出てきたらしい。
母親はフリーの記者で仕事の都合であちこち転校。
そのせいで友達ができず嫌な思いをしているらしいけど、鎧も同じ境遇だったらしい。
それでも友達はいっぱい出来ていた模様。
新しい町に行くたびに頑張って話しかけて友達を作っていたと。
ここまで頑張れれ凄いけど実際引越しばっかしちゃうとこの子みたいになりそうだ。


この頃ゴセイジャーの敵はユウマジュウからマトリンティスになっていた頃でマリナ登場。
ザンKT0という怪人を引っさげて神社を破壊しに来た。
変身して応戦する鎧。久しぶりのノーマル状態でのファイナルウェーブを見れたけど装甲に弾かれて通用せず。
シンケンゴールド・キングレンジャーにチェンジして応戦。
せっかく影でゴセイ・シンケンジャーが戦っているんだからここはゴセイナイトにも変わって欲しかった。


gokai40-4.jpg
そこにシタリたちを倒したマーベラスらが駆けつけてタイムレンジャーにゴーカイチェンジ。
OPがOPだから全くテンション上がらんww
変身シーンはみんな当時のポーズかと思いきやハカセだけおかしいw
けどタイムレッドとファイヤーの2人が一緒にポーズとってくれるのは貴重だ。
マトリックス避けをやったり時計をバックにした攻撃だったりと懐かしい。
後はいつものようにガレオンバスター・レジェンドリームでフィニッシュ。

ロボ戦は鎧が単独で挑む。
カンゼンゴーカイオー出さないで豪獣神催促ということは、これがまともに活躍できる最後の機会?
ここで黒騎士のキーを使ったのが良いね。ギンガマンの大いなる力自体は分からない訳だが。
データ収拾をしていたマリナはデータ不足としてゴーカイジャーを相手にせず去っていく。
戦いの後で少年の母親が出てくるが


gokai40-5.jpg
ああああああああ!!

すげえ驚いた。なるほどそういうことか!
この子が2人の子供ってわけね。
名前が森山未来だから俳優の方を想像してしまい「大丈夫なの?」と心配してしまうw
鎧の書いた手紙は豪獣神を通じて未来に届きドモンの手に。
記念写真も入っておりそこには過去に置いてきた妻と最後まで見ることが出来なかった息子の姿。
これは泣く。タイムレンジャー見たことのある人は感動するけど、見てない人だとポカーンってなってそうw
少なくとも今の子供たちは絶対分かってないw
しかし一番驚いたのはこの後。守った神社の中には――


gokai40-6.jpg
ニンジャマン・・・だと!?

まさかニンジャマン封印の壷が出てくるとは。
最初は半信半疑だけどネット上でもニンジャマンの壷だ!って判明して確信したよ。
これも「ニンジャマン出して欲しかった」というファンの声が届いた結果だろうか。だとしたら嬉しい。


以上第40話でした。
ゴーカイ・ゴセイ・シンケン・タイム、そしてカクレンを思わせる要素と計5つの戦隊が絡む珍しい話。
これも時間をテーマに扱ったタイムレンジャーだからこそ。
ゲストはドモン役の和泉さんが。全然変わってなくて驚いたw
さすがに永井大は無理だけど、神社破壊された時の記事のタイトルがトゥモローリサーチになってるから例え出なくともこういうところでファンサービス。

ホナミまで出てきたのはびっくりした。相変わらず記者を続けている模様。
息子の未来くんは父親いなくて辛いだろうケドドモンのようなでかい男になって欲しいね。
その2人の写真を見て涙ぐむシーンをぐっときた。タイムレンジャー見てて良かった。
こういうシーンあるからゴーカイジャーは凄いよ。完全に子供置いてけぼりで当時見てた人たちにサービスしてるし。
もうレジェンド回は開き直ってるなw

最後はニンジャマンのサプライズ。
199ヒーローじゃ最初にロボ戦があってそこでニンジャマンやデータスはやられたからレジェンド大戦に参加してないと監督は想定していたようだけど
実際はゴセイジャーが活躍の次点で既に神社ごと破壊されたから参戦すらできなかったと?
同じ壊すでもニンジャマンが登場するのは鶴姫が割った時に限るから物理的な破壊では復活できなかったはず。
これを守ったおかげでニンジャマンもレジェンド大戦に参加の流れかな。
4年に1回しか変身しないスワンや死んだ者でさえ出てきての総力戦なんだからニンジャマンだけ参戦しないなんてことは無いだろうし。
ドモンは「大いなる力を手に入れるチャンスをやる」って言っているから本来カクレンジャーの大いなる力は失われたはずだった?
それがゴーカイの活躍で神社が守られニンジャマンが大戦でも生き残った結果に修正されていたら、200本目はニンジャマンになるわけだ。これは嬉しいw

次回はついにアイム回。
ようやく彼女の過去話に触れるよう。ここまで長かったなぁ。


○タイムレンジャーの思い出
子供の頃は時間や恋愛について扱っていたから「大人っぽい」と感じていた。
今でも特オタ人気は高い方だけど玩具の売り上げはかなり低かった模様。

実際戦隊にしちゃ難しい話だったし、終盤のリュウヤが出てきて次々と謎が明かされていくところなんかは特に。
今にして思うと過去の人間の子供を生むのはどうかしてるw
直人とリュウヤが死にユウリたちが未来に強制送還され竜也がたった1人で戦い続ける終盤はなかなかきついものが。
最後の最後でみんな帰ってきて変身する時、腕をクロスした竜也の腕にVコマンダーがついているところはめちゃくちゃ燃えた。
この頃から相変わらずの小林脚本というかw当時はクウガやコスモスもあって凄かった。
スポンサーサイト

テーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2011/11/29(火) 23:10:48|
  2. ゴーカイジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<HDM オーズタジャドルコンボ | ホーム | フォーゼ第12話「使・命・賢・命」>>

コメント

>ゴセイジャーの敵は幽魔獣からマトリンティスになっていた頃
10月2日てのがマトリンティス編開始した放送日の前日なのが芸コマ。基本的にVSは整合性無視のお祭り作品だから、ゴーカイの参戦経緯がフォローされるとは思いませんでした。
>豪獣神催促ということは、これがまともに活躍できる最後の機会?
残り話数から言っておそらくそうでしょうね。今回は過去の世界だからガレオンが無かったのも要因でしょうけど。
>ニンジャマンの壷
ギャバンのスーツ新造するよりニンジャマン新造しろよ!と思ってたから嬉しいですね(ギャバンを軽視しているのではなく、戦隊なのだから予算等は戦隊優先にして欲しいという事)。もしこれで壷だけの登場だったら泣きますが。・・・あとはガンマジンですけど登場は絶望的かな。
  1. URL |
  2. 2011/12/01(木) 00:03:45 |
  3. U戯O #-
  4. [ 編集]

>U戯Oさん
コメントどうもです。
過去に飛んだ日付がマトリンティス編開始前と言うのは上手いですよね。
確かにVSモノは時間軸が分からない事が多いですがゴーカイジャーで見事にフォローしてます。
豪獣神はこれが最後でしょうね。クリスマス1ヶ月前だし後はガレオンバスター・カンゼンゴーカイオーの宣伝に回すかと。

ニンジャマンの壷はびっくりしました。最初はまさかと思いましたよ。
この壷のためにわざわざ過去に飛んだのでカクレンジャー回やニンジャマン関連で何かあると信じたいですね。
ガンマジンはもう無理でしょうね・・・
黒十字王の声が神谷さん(ガンマジン)だったのはせめてものファンサービスだったのかもしれません。
  1. URL |
  2. 2011/12/01(木) 00:39:00 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

正に衝撃の回でしたね、予告見た時はまさかこんな盛り沢山の回になるとは思ってませんでしたよ
ゴーカイジャー製作陣の情熱は凄さに改めて感心します

ドモンの息子は驚きましたねぇ、ひょっとすると?という疑惑が確信に変わる時の驚きは凄いですね
しかもホナミまで出るとは予想外でした、OPクレジットに出てるのに自分は気付きませんでしたよw
まさかタイムレンジャーから10年以上経ってこうやって当時の疑問に一つの決着が付くとは思いませんでしたね
最後のあのシーンは確かに見てない人にはさっぱりでしょうけど、当時のファンにとっては最高のシーンかと
自分もちょっと涙腺やられましたし、本当良いラストでした

そしてあの壷は今回の大きなサプライズの一つでしたね、まさかこの終盤でカクレ回の伏線
しかもニンジャマンに関わることなんて予想外でしたよ、散々ニンジャマンは199ヒーローにカウントされてない!と突っ込まれてただけにちゃんと触れてくれるのは嬉しいですね
ドモン役の人がインタビューで今後の展開にこの壷が関わると答えてましたし、
バスコが新しく手に入れた大いなる力の中にカクレンジャーが入っていないことからしても間違いなくカクレ回はほぼ確定したも同然ですね
ゲストは誰になるかはまだ分からないですが、是非ニンジャマンには本編に出てもらいたいところです
年内には出ないみたいですし、来年になるということは時期的にも恐らく最後のレジェンド回になりそうですね

それにしてもアバレンジャーもタイムレンジャーも既に大いなる力を手に入れてるのに再度レジェンド回があったのに
ジュウレン回だけはレジェンド回無いのは残念ですね、玩具だと古い作品の中でも結構優遇されていたのに…

タイムレンジャーは当時はストーリーをちゃんと理解してなかったんですけど
何年か経ってから見返したら凄い完成度で驚きました、特オタには受けるけど子供には絶対受けないでしょうw
今回のドモンも確かに設定だけが一人歩きして妻子残して未来帰った奴みたいなこと言われることもありますけど
本編ではちゃんとお互い話し合って悩んだ末に導き出した答えですし、港で言われてるほど悪い印象はなかったですね
タイムレンジャーという作品自体、未来を変えることに肯定的な作品でしたし
あと竜也は馬鹿レッドと真面目レッドの中間みたいな感じの性格が好きでした、俺たちの明日くらい~みたいな台詞といい結構良いこと言ってますよね
  1. URL |
  2. 2011/12/02(金) 20:54:39 |
  3. ハート #-
  4. [ 編集]

>ハートさん
ドモンの息子はびっくりしましたね。
最後の最後でホナミと一緒にやられましたよ。
OPでホナミのクレジットが出てきた時は見逃してしまったので分かりませんでしたw
確かにドモンとホナミについては今でも色々言われてますけど、最初から見るとネットで言われてる程悪いわけではないですからね。
それでも子供の未来くんは寂しい思いをしてしまったと思いますが今回鎧にアドバイスされたことで前向きになったと信じたいですね。
竜也はバカ・マジメの中間くらいの性格でしたね。時間をテーマにしているだけあって彼の口から出る台詞も良いものばかりでしたし。

ニンジャマンの壷は本気でびっくりしましたw
ある意味ゴーカイジャー見てきた中で一番のサプライズでしたよ。
199ヒーローでは見事なまでにノーカウントだったのでついに199ヒーローの200番目に入れるのかと思うと嬉しいです。
バレ情報でもカクレンジャーの大いなる力はバスコに奪われてないようですし小川さんも出てくれてるしでもう決まったようなものですね。
仰るように残り話数的に最後のレジェンド回になりそうです。最後のレジェンド回がカクレンジャーで嬉しいですよ。

ジュウレンジャーは役者の関係で仕方ないとはいえ残念ですね。
むしろ豪獣神絡みで既に大いなる力は貰っているのにタイム・アバレに出番が回ってきたのが凄いと思うべきでしょうか。
ジュウレンはジョイント合体や武器セットで獣奏剣があったりと比較的優遇されている方だとは思うんですけど
最後までレジェンド回はやらなくて残念ですね・・・
  1. URL |
  2. 2011/12/07(水) 00:00:16 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/1941-f81b1d46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する