特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国 感想

オーズ最終回で更新した最高アクセス記録がさらに更新されとる。
左上のカウンターにカーソル当てればカウント数が出てくるんだけど1005て・・・
今までどんなに多くても600とかが最高だからびっくりだよ。
二重アクセスは防止してあるからフォーゼの記事だけで1000人以上見てるのかと思うと逆に怖くなってくるw
一時期フォーゼ 1話でぐぐるとこのブログが公式サイト押しのけて一番上に来たりしてたし。
今はもう下がったけど他にもモモタロスやオーズ最終回とか仮面ライダーアクセルでも一番上に来てたしどういう基準で上に来るのかよく分からんなぁ。


てわけでやっと見れた銀河帝国の感想を少しだけ。
ストーリーは1人また1人と仲間を集めていってRPG的な感じ。
いきなり新ヒーローが3人も増えるからどうなるかと思ったけど限られた時間で存在感抜群だから凄い。
ここらへんは声優補正もあるかもしれん。最初はガンダム00でも見てるのかと・・・

光の国が襲撃されているのを見て「またかよ!w」と突っ込みたくなる。
セブンが助けに来たところの
「ゼロ!」
「親父!?」
はカッコよかった。前々から思ってたけど宮野君の発音って独特だね。
しかしいつの間にやらゼロに似たダークロプスなんて出てきたのやら。
OVAで先に出てたっぽいけど。

前情報で散々知っていたとはいえノアが出てきたのは嬉しかった。
ネクサスが一番好きな特撮物だし。
ネクサス知らない人でも「こっちの宇宙にある凄いウルトラマン」くらいは分かるだろうし時間も時間だからあんなものでいいかな。
Nプロジェクトさえこけなければ・・・

ゼロを最初に送り出したときに光を貰ったことを除けば最後までM78星雲側から援護が来なかったのはいいね。
あくまでゼロと彼が自分で見つけた仲間たちで戦うというのが良かった。
変身する度に光の国でも1つずつ光が消えていったけど最後の変身に使ったら「我々の光をもう1度ゼロに」的な感じで助けが来ると思っていたから。


最後はエメラナの家族らも消えてなくて何より。ミラーナイトのおかげだったか。
ゼロも一緒に戦った4人と防衛チーム組むみたいだし人気次第ではスピンオフなりOVA作れそうだね。
ウルティメイトゼロの4人はM78星雲世界で戦うのか今回の別世界の宇宙で戦うのかは分からないけど。
どっちに行ってもゼロだけか残りの3人かは太陽光線の関係で不利になりそうだけど。

「俺達は、ウルティメイトフォース・ゼロだ!」

俺がガンダムだ!にしか聞こえない・・・
EDは00年代初期のようだ。鈴木亜美のDelightfulに似てる。


ゼロはあの性格が改善されたようで何より。
普通に元気なウルトラマンくらいにはなった。それでも浮いてるけどw
けどあの喧嘩早いグレンファイヤーより先にまず話し合いだったり以外に落ち着いたとこもある。

グレンファイヤーは普通にいい奴だったね。
こういう緊迫感のある戦いの中でちょっとくらい軽口叩けるやつは頼もしい。
ピコンピコンピコン
「あっ・・・」
「おい大丈夫かお前?ぴこぴこいってんぞ?」
これは面白かったw
視聴者はすぐに危ない、時間切れが・・・ってなるけど全く見たことない外宇宙の人たちからすれば何か鳴ってるくらいの印象だし。
それでも心配する辺り危険信号か何かかのイメージはあったんだろうけど。

ミラーナイトも礼儀正しいタイプで普通に好感持てる。
中の人的にはネガタロスやトップゲイラー。
若本さんの怪人とミラーナイトが戦ったときに一面鏡張りにしたけどあれで倒すとは。
最初鏡展開した時は千本桜景厳かと。これで声優が置鮎さんだったらそのまんまだけどw

ジャンボットはロボット変形とは思わなかった。
てっきり中にデータとして入っていて戦うときはエメラル鉱石の力で実体化と考えてたから。
まぁそれやったら本当にティエリアになっちゃうけど。
しかしロボットか。うーん・・・

あの子供は見ていて終始イライラ。
子供向け番組なんだから子供出るのは当たり前だけど、平成は子役レギュラーあまりいないだけあって好きになれないな。
大人でさえこれが初ドラマ作品って人が多くて演技がヘタな人もいるのにに子供に出られちゃ余計鬱陶しい。子供自体は頑張ってたんだけどね。
基本的に大人だけで回して欲しいな。



CGはさすがといったところ。
牙狼を作っているオムニバスジャパンといい国内の特撮技術としてはかなり上の方かと。
実写版宇宙戦艦ヤマトなんかもCG凄かったけどさすがにあっちはスポンサーも金も人数も違うだろうし一概には比べられない。
みんなから光を貰ったゼロが宇宙を越えるシーンは凄く綺麗。
ただCGの弱点である「重量感のなさ」はなかなか改善出来てないっぽい。
逃げるダークロプスにゼロが胸から光線を出すシーンで地面が重さで割れたけど安っぽいし軽い感じ。

戦闘シーンは180度自由自在に回れる宇宙空間だけあってなかなか良かった。
前作では人間が出てこなかったからスケール間が掴めなくなりウルトラマンでも等身大の人間のようにしか見えなかったから
冒頭で人間や飛行機を出してウルトラマンや敵ロボットのサイズ比を出していたのはいい。
やっぱりウルトラマンは「巨人」なわけだしね。でかく見えてなんぼ。
ただ最近はライダー・戦隊と等身大ヒーローのが人気だし巨人じゃなくて等身大として見てもらおうとした面もあったのかな。


ベリアル戦は色々残念。マントを羽織ったベリアルがカッコよかったけどあっさり脱いで前回と同じ戦いだし。
グレンファイヤーの技で戦ったのはおお!と思ったけど。光線同士の対決でゼロがあっさり押し負けたのが以外。
期待していたアークベリアル戦はいまいち。
グレンファイヤーやジャンボットがただ正面から突っ込んで吹っ飛ばされてゼロが必殺技撃って終り。
ミラーナイトの鏡錯乱は上手いと思ったけど。
劇場版ウルトラマンの敵は巨大怪獣が多くて今回もそれだったけれど以前までのウルトラマンにあった高速戦闘がなくなってる。
ザ・ワン・Uキラーザウルス(ネオ)・ギガキマイラとCGレベルが各段に上がったネクサスの映画辺りからは空中を自由自在に回りながら戦う戦闘が多くて
今回もそれを期待してたんだけどそういうのは見れなかった。
超巨大な敵に対してみんなでぐるぐる回りながら光線撃ちまくるのが好きだっただけに残念。
そういった点ではUキラーザウルスネオ戦は凄い好き。

最後の決め技はジェネッスブルーのオマージュだろうか。
ノアの鎧っぽいしライトニングノア的な光線が見たかった。
ジェネッスブルーもだけど弓だとどうもしっくりこない。


銀河伝説・帝国をここ数ヶ月でやっと見れたわけだけどなんか無難な面白さというか。
ゼロ出したりウルティメイトフォースゼロだったり新しいことにチャレンジはしているけどそこまで面白いわけでは。正直レンタルで十分。
過去のウルトラマン映画のインパクトが強すぎて期待していた程じゃなかったかな。
銀河帝国と一緒にULTRAMANも借りてきたけど、何回も見ているはずのそっちの方がまだまだ楽しめたし。
銀河伝説の時も書いたけど新宿都庁旋回シーンが凄すぎる。このシーンは今でも余裕で通用するよ。
当時レンタルで出て借りた時に何十回も見直したシーンなのにまだ感動できるってことはそれほど凄いシーンだと思うし。
CGの使い方も今みたいなフルCGじゃなくて実写+CGが好きなのもでかいけど。


今回の映画は興行収入は振るわなかったみたいね。
ゼロ自体ぽっと出のウルトラマンなのに、そのぽっと出のウルトラマンにさらにぽっと出の仲間じゃきついか。
まずは新作TVシリーズやらないときついかもね。子供は毎週やってる番組の方が喜ぶし。
列伝も1クールに1回でいいから新規撮影の話があればいいと思うんだけど。

80→ティガの間は15年くらいあったみたいだし今は充電期間だと思えば。列伝や映画やってるだけマシだし。
今でこそヒットしている平成ライダーだってRX→クウガの間は11年も空けてたんだしその内復活するさ。
仮面ライダー氷河期と言われていた裏側でティガ・ダイナ・ガイアが大ヒットして、今平成ライダーが人気の時にウルトラマンが停滞ムードとまぁ時代かな。
TVもなかなか新作やらないけどまだ5年程度。上でも書いた15年のまだ3分の1だし。
特撮物なんて一生の趣味なんだから次の新作シリーズまで気長に待つさ。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/06(火) 17:42:23|
  2. その他特撮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーメダルを塗装 | ホーム | ゴーカイジャー第28話「翼は永遠に」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/1881-4c395d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する