特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

オーズ第45話「奇襲とプロトバースと愛の欲望」

大方テスト終わった

まだ少し残っているけど難しいのは終わった。ようやく映画見に行ける・・・
パンフレットとトレカ残ってますように。
そしていつの間にやら40万ヒットをありがとう!次は50万だ。

カザリから奪ったメダルをアンクに渡す真木。
カザリが死んだ原因の半分は真木ということをアンクは知っているのだろうか。
死んだというよりは消えただけという真木。
アンクは自らがメダルの器となりグリードより上の存在になると欲望むき出し。


映司と後藤はジリ貧状態。
相変わらずメダルも少ないままでバースは前回のダメージが酷く修復に時間がかかる。
ある程度は自己再生機能とかも備わっているのかね。
ブレイドもマスク割れた時やガタックがカッシスにボロクソにやられた時は次の変身までには直っていたりして
平成ライダーはある程度のダメージなら時間と共に自己修復されているイメージがある。
先週ゴーカイチェンジしたゴーゴーファイブなんかはブレスの中にあるチップを変えれば変身できたりしたけど。

どっちにしろこのままではグリードたちに攻め込まれてしまう、ということでこちらから仕掛けることに。
予告見た時点では鴻上ファンデーションの人間も動員するのかと思ったけどたった3人かよw
けどグリード相手にただの人間がいても意味ないしこれだけでいいのかな。
スタングレネードを投げ込みグリードたちをかく乱。その隙に映司が屋敷内部に突っ込みアンクと対峙。
ここらへんはホームアローン的なノリで面白かった。
ウヴァが落とし穴に落ちるシーンは本気で笑ったww
メズールだけは罠にかかってなかったけどそこはプロトタイプのバースで上手く対抗。
セルバーストでも倒せないのはプロトタイプで出力が足りなかったか。


乱闘しているところに真木がやってきてまた紫のメダルで映司を苦しめる。
だが何度も使っているうちに映司もなれてきたようで逆に衝撃波でに弾き返す。
ここで改めてグリードとなって自らの身体を見せる真木。普通にかっこいいデザインだ。
オーラを出しただけで周りの木々を枯らせるほど。このままどっかいかないで普通に戦えば良かったのにw

とりあえず奇襲はできたもののメダルはさらに少なくなってしまう。
後藤が一枚だけ取り返してくれたおかげでメダルも4枚にラトラーターにもなれる。
正直どれだけメダルを失おうが、極端な話0になったとしても「どうせプトティラがいるんでしょ?」ってのが現状。
敵にそんなでかいダメージ与えたわけじゃないし逆にメダルを大量に失っちゃったから結果論としては攻めなかった方が・・・


どかのビルの屋上でアンクと真木がメダルの山分けをしているとメズールたちがやってくる。
当然メダルを渡すように迫る。ポイッとメダルを投げ捨ててメズールは完全体になる。
母子愛を求めるため水流となったメズールは街中の親子を遅いまくる。
どこかの浄水施設?かに攫った人たちを卵の中に閉じ込めている。

駆けつけた映司と後藤だけどメズールは邪魔をしないで、と2人を追っ払う。
映司と後藤は2人で変身。メズールと戦い始めるけど水流状態になられると手も足も出ない。
ラトラーターの高熱は不完全な姿のメズールだからこそ通用したけど完全体となって今ではまさに焼け石に水なのだろう、全く通用せず。
メズールの強さを引き立たせるためか高速移動もしないし試作故にもう限界が来るプロトバース。
そうだ、と近くにあったライドベンダーにトラ缶を合体させてトライドベンダーに。
本当にいつ出てきたのか分からんw

高速移動できるのにわざわざトライドベンダーに乗ったのはそれ自体が意思を持ったように自分で行動してくれるから
その間にメダガブリューにメダルをセットする時間を作れるからかな。
乗らなかったら自分で高速移動しつつ攻撃を交わしてさらにメダガブリューも出してメダルをセットしないといけないし、何より変身してから時間経っているから一気に疲労がくるかもしれないしね。
メダガブリューはそれ単体で冷気を出せるようでメズールの下半身を固めて水流状態に出来なくしそのまま突っ込んでフィニッシュ。例によってあっけない・・・
先週のカザリの時点で思っていたけど、プトティラになった瞬間冷気で脚を固めればいいんじゃ・・・


メズールの最後を見届けるガメル。
いくら愛を集めても満ち足りることのない欲望。それはガメルが相手でも同じだった。
おままごとは終わりとガメルを突き放したけど、そのガメルの思いこそが本物の愛情だということはグリードだからこそ理解できないメズール。
このグリードだからってのが空しい。冒頭でもアンクに人間になったら見得る景色が変わった?と聞いていたけど
ただのグリードのままじゃ人間と同じ景色を見れないし、人間と同じ感情を向けられていても気付くことすらできない。

メダガブリューの一撃は意思を持ったコアメダルどころか9枚中8枚を破壊。
残ったメダルを胸に抱きしめ絶叫するガメルは完全体に。
おまけのように水ぽちゃするオーズとバースで45話は終わり。



凄いスピードで退場していくグリードたち。ロスト含めてこれで3人目、次はガメルかな。
例によって決着は呆気ないものに。あっけないというか迫力がない。

戦闘はアレだったけど、冒頭から戦闘までは面白かった。
ギャグパートだと思ってみていたのでホームアローン的な罠も面白かったし、映司と後藤の作戦会議とかも見ていて好き。
こういう戦術的な話をドラマパートでやってくれると嬉しい。
メズールも最後は呆気なかったけどグリードだから愛情が理解できなかったりと。
ガメル同様、グリードの最後は色々と空しいものがある。
残ったメズールのコアは1枚だけっぽいけど、これってシャウタ終了・・・?
何にせよもう出られるコンボなんて限られているけど。

次回はガメルとの決着回のようで伊達が復帰!
成長した後藤と一緒に戦ってくれるのは嬉しいけど、いなくなってから2ヶ月あるかないかくらいだし期間だけ見ればまだ早い気がする。
いよいよ伊達はもっと早く退場させて後藤バース期間を長くさせた方が良かったんじゃ・・・
映司とアンクも対峙してついにグリード化する映司。今週も既に景色がモノクロになっていたけどついに変わるか。
ここにきてラスボスが真木なのかアンクなのか鴻上なのか全く分からない。
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダーオーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2011/08/08(月) 23:52:41|
  2. 仮面ライダー000
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<劇場版オーズ 将軍と21のコアメダル感想 | ホーム | けいおん!!BD ライブ come with me>>

コメント

話自体は面白いしトライドベンダー+ガブリューなどバトル的にも燃える要素はいっぱいありましたが
先週に続き決着のつけ方があっけなかったのは少し残念です。

というかオーズは引いた絵での決着が多くもう少し密集した絵で撮れば迫力は段違いなのにな…と思いつつも
終盤で予算とか時間も取られるしこの辺は我慢しないといけないんでしょうね。

ストーリー的には歴代でも盛り上がってますしそれなりの着地をしてくれそうで安心してますが
ラストバトルくらいは派手でカッコいい映像が見たいですね。
  1. URL |
  2. 2011/08/10(水) 11:53:26 |
  3. 鯖缶 #-
  4. [ 編集]

>鯖缶さん
コメントどうもです。バトルの方は久しぶりにトライドベンダーが出てきたり
メダガブリューを上手く使ったりと工夫していますけど、やはり呆気ないってのが素直な感想ですね。
仰るようにカメラアングルに問題があるような気もします。
ビーム系ならまだしも剣や斧のように接近して倒す武器なのに遠目でやっては迫力に欠けますね。
倒すにしても切裂いたら溜めもなく即爆発なのも呆気なさを助長しているかなと。

前回は映司もグリード化するみたいですし最後くらいは盛り上がる戦いを見てみたいものです。
  1. URL |
  2. 2011/08/10(水) 23:47:43 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/1856-5a8c567a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する