特撮の軌跡

ここは、特撮・アニメ の感想を載せていくページです。

ゴーカイジャー第15話「私掠船現る」

ついに禁断の戦隊同士の戦いが


宇宙新聞を見るとマーベラスたちの懸賞金がさらに上がっている。
こういう新聞は届けてくれる宇宙配達屋みたいなのがあるのかな?
ザンギャックでは私掠船を確認。

「しりゃくせん・・・?」

知らないのかよw
ナビィによると次のヒントは危険なもの。
それを探して街中を歩いているとバスコと猿が。
怒り狂って突っ込むマーベラス。この猿凄いぞw
争っている間にいきなりスゴーミン。
ロボの催促を終わらせるかのごとくさっさと決める。
マジ・デカゴーカイオーでさっさと終わらせる。
最初の2つだから宣伝やっておくのかな。ガオライオンは一石二鳥みたいなものだし。


gokai15-1.jpg
船に戻ってもいらつくマーベラスにナビィによって語られる過去。
元々赤き海賊団にいたのはマーベラス・バスコ・アカレッドの3人。
ザンギャックに対抗していてアカレッドがリーダーなんだからかなりの大所帯だと思ったのにたった3人とは。
宇宙に散らばったレンジャーキーを探し求めて旅をしていたらしい。
ザンギャックと対立することはあれど3人で楽しくやっていたようだ。
他の4人には悪いけどこの時のマーベラスの方が今よりも楽しんでいるように見えるな。

かなりのレンジャーキーが集まったところでザンギャックに襲われる。
バスコが宇宙最大の宝を得る為にマーベラスとアカレッドを売っていた。
で2話の映像に繋がり現在に至ると。
一度は持っていかれたレンジャーキーの箱とさらにはガレオンまで取り戻すとは。
こんな事があった後で今のメンバーを集めたんだから4人のことは相当信頼しているんだろうね。


バスコから連絡がきてサシで決着を付けるよう約束を。
いざ行ってみれば歴代6人目を5体も召還するバスコ。
あのラッパみたいなやつのおかげか。
お宝に歴代召還とこれでディエンドって言うなって方が無理なキャラに。

危険なものを探しに来ていた4人も合流しゴーカイチェンジ。
歴代と戦い始める。
何気にデカブレイク強いけどパンチを片手で止めて0距離で撃つアイムも酷いなw
オーレンジャーは好きだけどなぜか記憶からキングレンジャーが消えているw
初登場時ではジュウレンジャー5人を圧倒したドラゴンレンジャーもさすがに今回は操り人形に。
シュリケンジャーが影の舞使うとは思わなかった。その後のラッキーマンなハカセw
いつもふざけているけど、こういうマジメなときにハカセみたいなのは見てて安心する。

苦戦しつつも5人を倒す。後はバスコだけと思ったら凄い爆発が!
ここで残りの6人目も登場。やっと倒した後にさらに倍になって出てきた後の絶望感が半端ねぇ。
メガシルバー・ガオシルバー・ボウケンシルバー・ゴーオンシルバーと銀の戦士多いな。
金もマジシャイン・ゴーオンゴールド・シンケンゴールドがいるけど、白の戦士もいたからより銀(と白)が目立つ。
抵抗してもあっという間に倒されてしまう。最近の作品で敵に回るときついね。
最初から最後まで良い人だったシンケンゴールドや子供の頃好きで応援してたキバレンジャーやメガシルバーが敵に回るのは辛いものがある。アバレキラーだけは全然違和感ないけどw
変身解除させて終わりかと思ったらアイムの髪掴んでさらに殴るのはビビった。
昔だと生身の役者殴るのも珍しくなかったけどここ最近で変身解除させてさらにボコるのは珍しい。
マーベラスもふと後ろ向いた時に仲間がボロクソに殴られているのを見たのはショックだろうに。



gokai15-2.jpg
こ う い う の が 見 た か っ た!


お祭りなのにいまいち弾けきれなかったゴーカイジャーも前回に続き言い感じで盛り上がってきたw
しょっちゅうライダーバトルしてるライダーと違って戦隊同士の戦いはかなり貴重。
6人目が出てきて戦うくらいならまだしもこれは本当に命かけた戦いだしね。
VS戦隊でも激突しないのは結構あるし本当に激突するのはこれが初めてかな。
次回はたった5人で多数と、しかも6人目の戦士と戦うというかなり豪華な状況。


今回の登場のバスコは実は良い人、がない限り久々の外道野郎。
ここまで酷いと安心して倒してくれ!って思えるなw
旅していたころはあんなに仲良かったのにあっさり裏切るとは。
まぁアカレンジャーは人を見る目がなかったということで・・・
そのアカレンジャーも全ての情報は2人に教えていなかった模様。
全部教えなかったのは情報が漏れるのを恐れたかな。
信頼はしてたけどもしピンチになって6人目のレンジャーキーやまだ教えていない情報がザンギャックにばれるとまずい。
ピンチになった後で自力でそれに気付いてもらおうという魂胆だったのだろうか。

何にせよ次の話は楽しみだな。
シンケンでもこれでも2話使ったりと基本1話完結の戦隊でこんなに短期間で前後構成を使うのは珍しい気が。
スポンサーサイト

テーマ:海賊戦隊ゴーカイジャー - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2011/05/31(火) 16:39:40|
  2. ゴーカイジャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<S.H.フィギュアーツ ファイズブラスターフォーム | ホーム | オーズ第36話「壊れた夢と身体とグリード復活」 >>

コメント

確かにバスコはかなり久々の根っからの外道野朗ですね。ここまで外道なのは久しぶりな気が。
ゴセイナイトやアバレキラーのように一時期は敵対していたのは敵に回っても違和感無いですが
シンケンゴールドやマジシャインのように最初から味方だったのは味方に回るとツライですね……。
変身解除させてもなお殴るアバレキラーの外道っぷりだけは見てて変わりないなぁと思ってしまいましたがw

歴代戦士に変身&極力当時の武器や技を使うという豪華さに押されてすっかり追加戦士のキーを使って
いないことを忘れていましたので、まさか持っていなかったとは思ってませんでした。
思えば一回も追加戦士のキーを使っていないので気付きそうなものだったのですが……。

戦隊同士のバトルは追加戦士の敵対期間orVSシリーズでないと無いので本当貴重ですね。
それも今までに無い大人数かつ相手が多いと言う不利な状況。
今の所、ゴーカイは前後編の使い方が上手いので次回の後編が非常に楽しみです。
  1. URL |
  2. 2011/05/31(火) 20:39:04 |
  3. 雷光 #km62nynQ
  4. [ 編集]

今回はようやくゴーカイジャー本編の大筋に動きが見え始めた回でしたね
バスコはやっぱり嫌でもディエンドを彷彿とさせますよねw武器はイブキのそっくりですしw
ただ海東と違ってバスコは生粋の悪人っぽいですね、可愛気がまったくないというか
個人的にはこういう純粋な悪役は嫌いじゃないので変に後付け設定を付けて同情を誘うような過去持ちにはしないでほしいですね

しかし今回の戦闘は面白かったですね、確かに戦隊vs戦隊はまさにお祭り作品でしかできない禁じ手中の禁じ手ですよ
特に今回は前後編だとは知らなかったので苦労して5人の戦士を倒した後に
更に一斉に大勢の追加戦士が登場した場面は思わず震えました、本当に上手い話の構成だったなと

次回予告は本当にワクワクさせられましたね、あの大勢の追加戦士部隊にどう戦い抜くのか予想もできませんよ
バスコは何かを得る為に何かを捨てるという主義みたいで、実際に人質の代わりに倒した戦士のキーを置いて行きましたが
マーベラスと仲間達がどうやってバスコの信条もろとも倒すのかも楽しみですね

それにしても赤き海賊団が3人だけなのは自分もちょっとしょぼいなと思ってしまいましたw
普通に大所帯の海賊団をイメージしてしまいますよね、
3人しかいないのに多額の懸賞金をかけられていたという点では凄いですが
そう考えると個人経営なのに帝国を名乗っていたゴセイジャーのマトリンティスが小さく見えますね…
  1. URL |
  2. 2011/05/31(火) 22:08:17 |
  3. ハート #-
  4. [ 編集]

>雷光さん
バスコは久しぶりの外道野郎でした。
外道という意味では十臓もそうでしたけど、あれはむかつくとかそういうタイプの外道ではなかったので。
最初から仲が良かった6人目が敵に回るのは辛いですよね。
みんな別人でしたよ。ただ一人、アバレキラーを除いてはw

>歴代戦士に変身&極力当時の武器や技を使うという豪華さに押されてすっかり追加戦士のキーを使って
いないことを忘れていましたので、まさか持っていなかったとは思ってませんでした。
ぶっちゃけネタバレ見ちゃったのでキーの存在は知っていましたけど
マーベラスたちが全く知らなかったあたり本当に秘密のキーなんでしょうね。
なぜかアカレッドも教えていなかったようですし。


>戦隊同士のバトルは追加戦士の敵対期間orVSシリーズでないと無いので本当貴重ですね。
>それも今までに無い大人数かつ相手が多いと言う不利な状況。
>今の所、ゴーカイは前後編の使い方が上手いので次回の後編が非常に楽しみです。
いや本当に次も楽しみですね。ここ最近楽しんでますよ。
戦隊VS戦隊はVSシリーズでありますけど、あれは死なないし誤解から来るものが多いですけど、
アバレキラーとかはともかく本当に総当りでのガチの戦いはこれが最初になるんじゃないでしょうか。



>ハートさん
バスコは設定上海東を思い出させますけど、あっちとは比べ物にならない外道ですね。
ここまでストレートに嫌なやつなんだから仰るように実は良い人、ってのは余程の理由がない限りやめて欲しいところ。



>しかし今回の戦闘は面白かったですね、確かに戦隊vs戦隊はまさにお祭り作品でしかできない禁じ手中の禁じ手です
バトルシーンは良かったですよね。大人数での戦隊VS戦隊をテレビでやったのは初めてっぽいですし。
予告見た限りのあの5人で終りかな?と思った矢先での不意打ち&残りの10人集合はさすがにびっくりしました。
この予告でネタバレをしない、見せないあたり平成ライダーより上手くやっているなと。
こういうサプライズ感は大切ですね。
予告見る限りさらに楽しめそうですしマーベラスも決断の時です。
船長としてどういう行動を取るのか、どうやってあの10人を相手にするのか見ものです。


赤き海賊団が3人ってのはびっくりしましたよ。てっきり大所帯かと。
ザンギャックに特別目を付けられていたのもあるんでしょうけど、3人で多額の懸賞金かけられるあたり凄いんでしょうね。
マトリンティスも3人だったのに帝国名乗っているしサブタイに「総攻撃」とか書いちゃうしまぁ・・・あれでしたね・・・
  1. URL |
  2. 2011/06/02(木) 01:24:28 |
  3. 天道飛翔 #LAZ6lyd6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokusatunokiseki.blog53.fc2.com/tb.php/1818-855fe77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

飛翔

Author:飛翔
特撮ヒーローが好きな社会人のブログ。
サイトに関係の無いコメントなどは返信しなかったり削除することがあります。
当サイトはリンクフリーですが一言書いて頂けると助かります。

フィギュアレビューまとめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する